共産党の軍隊が強化される中国

トランプ大統領はすでに訪朝が決まっていたポンペイオ国務長官に、「行かなくていいよ!」と言ったそうです。何度目かの北朝鮮行きかは忘れましたが、インチキ爆破ショー以外は何一つ、非核化に取り組んでいない彼の国ですから当然でしょう。望んでいるのではありませんが、トランプさんの堪忍袋の緒が切れる日が来るかもしれません。

それにしても、以前には世界最強の軍事力を誇る米軍が日本海に三つの空母打撃群を航行させたのに、非核化どころか、本当は大嫌いな中国に急接近して、合同で対決姿勢を強めている北朝鮮はあらためて恐ろしい国だと思いますし、緊張緩和などまったく実現していないのに、「北の脅威は低下した。来年度の防衛費は高すぎるし、イージス・アショアは必要ない」などと言っている残念な日本の国会議員がいるのは、それこそ残念です。

それから、そのアメリカと中国の経済・貿易戦争がすごいことになっています。ある意味、アメリカはこの問題に関して、北朝鮮にブラフを掛けるというか、制裁をちゃんと取り組まない中国への嫌がらせかもしれません。それにしても、米中の貿易戦争で弾を打ち合うと間違いなく、中国が先に弾切れになるのですが、それでは、習近平さんのメンツが立たず、分かっていても止めれれないのでしょう。

さて、中国ですが、タイトルのように独裁政党・共産党の私兵軍隊である人民解放軍がますます強化されています。南シナ海での横暴な基地建設、宇宙軍の建軍のことはもちろんですが、今年に入って二つの出来事がありました。どちらかというと、あまり目立たないし、報道されていないのですが、私はかなり重要な、つまり、日本にとっても脅威が一段と増すと考えています。

そして、その二つは今年の1月のことでした。同じようなことなのですが、一つは準軍隊であった武装警察がそれまでの中央軍事委員会と国務院公安部の二重指揮体系から軍事委員会に一元化されたことで、もう一つは海警局が武装警察組織に組み込まれたことです。日本のマスコミは海警局のことを「(日本の)海上保安庁に相当」と表現していますが、これは明らかな間違いで「武装警察の一組織」となり、その結果、中央軍事委員会の隷下となります。

さらに大切なことは、この国には中央軍事委員会は二つあって、国家・政府組織としてのそれと、中国共産党がすべてを牛耳っているそれです。メンバーは習近平さんを主席としてすべて同じなのですが、共産党のほうが遥かに力を持っっているというか、もう一つはあってもなくても同じです。中共の強権的な支配はもの凄い勢いで拡大していますが、憲法に国家(政府)は共産党の指導を受けると書いてある不思議な国ですから仕方ありません。

とにかく、独裁国家(北朝鮮も)中国では国会で答弁する必要がありませんし、そもそも野党が存在しませんので、追求されることもありません。人民代表大会というのがありますが、これも「国会に相当」どころが、共産党の決定を追認するだけのものです。また、マスコミを共産党が追求することはよくありますが、その逆はありえません。

あと、熾烈な共産党内権力闘争はお馴染みですが、西側諸国のような自由で公平な選挙などもありません。習近平さんがどのような民主的手続きで総書記に就任したのかを説明できる人は誰もいません。つまり、何から何まで共産党のやり放題ということになり、ここに来て、さらに習近平さんの権力集中が進んでいますので、つまるところ、習近平さんの思いのままです。

ですから、「安倍一強」とか「トランプの横暴」などとは比べ物にならないくらい強力で、決定が迅速で、即戦力があり、そんな国がすぐ上にあるのですから、民主主義国家・日本の選択はあらゆる場面で難儀な状況が続くばかりか、朝鮮半島の南北二つの国も基本的に日本が大嫌いですから、外交・防衛の舵取りがますます大切になっています。

なお、余談ですが、日中の偶発的衝突を回避するためのホットラインみたいなシステム構築が中国側の事情により遅れていると報道されていました。人民解放軍は非常に官僚的であることは知られていますが、新聞には書かれていなかったものの、それは特に現場での司令官と政治委員との対立でしょう。

共産党がすべてを決定している中央軍事委員会や人民解放軍には、軍人としての司令官と政治将校である政治委員がいて、階級は同じクラスが多いのですが、けっこう仲が悪いケースが少なくないようです。民主国家の国防組織や軍隊では考えられないことですが、かつてはソ連やナチス・ドイツにも政治将校が存在していました。

最後ですが、GoogleEarthで東アジアの南北方向をひっくり返してみました。確かに外務大臣の河野太郎さんが言われたとおり、中国は太平洋に面していませんが、それを何としても現実のものとするため、これから何をしてくるか、地図をじっと、特に九州から台湾にかけての奄美群島や沖縄諸島、宮古島、石垣島など西南諸島の位置を見ていれば、理解できるような気がしますし、中国にもっとも近いのが尖閣諸島ですし、民主国家・台湾との連携が重要なのは一目瞭然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です