岳南電車が渋すぎてかっこいい

在来線(東海道本線)で丹那トンネルを抜けて西側に行ったのは何年ぶりだったでしょうか。もしかすると、十数年ぶりかもしれません。JR東海エリアで降りたところが吉原駅です。熱海から7つ目、沼津からは4つ目の駅です。

そして、ここで岳南電車に乗り換えて、終点の岳南江尾駅で5分ほど散策し、折返しの同じ電車で戻ってきました。片道9.2km、所要時間は21分ほどの短い路線で、駅の数は10、無人駅も多かったです。

駅舎も車両もけっこう疲れた状態ですが、それがかえって渋い味を醸し出していますし、電車の中は地元小学校の工作品などが飾られていて、とても楽しい雰囲気でした。また、関連グッズもかなり充実して販売されていました。

それから、駅間には操業しているのか、そうでないのか分かりませんでしたが、工場群があり、そのパイプラインをくぐって列車が進んでいくことには感動してしまいました。多分、安全上は問題ないのでしょう。

なお、行きの吉原までは東京駅始発の沼津行きに乗って熱海で静岡行きに乗り換え、帰りは吉原から熱海行きに乗車して、終点で始発の上野東京ライン・古河行きに乗り換え、さらに小田原駅で湘南新宿ライン・籠原行きに乗り換えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です