超人気の「えび千両ちらし」

現在では駅弁は必ずしも列車内で食べるものではありませんし、例えば京王百貨店が毎年開催している駅弁イベントはずっと大好評が続いています。大手スーパーなども同様ですが、売れ筋の商品を確保するのはそれなりに大変のようです。

そして、私は利用したことはないのですが、JR東京駅の「祭」はとても有名で、いつも多くの皆さんで混雑しています。一方、上野駅の「匠」は大きなお店ではありませんが、人気の商品はほぼそろっています。

それで、ベスト5に入ると言われている「えび千両ちらし」は東京駅では売り切れていることも少なくないようですが、「匠」に売っていましたので、迷うことなく購入しました。昨年の駅弁ランキングでは第1位になったそうです。

また、お値段は1380円で少し高めですが、ご覧ように卵焼きの下に玉手箱のような具材が並べられています。なお、売り上げトップは圧倒的に「牛肉ど真ん中ですよ」とお店の方が教えてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です