想い出の煙突がなくなってしまう

杉並区に住んでもう40年以上になりますが、その間、区内で5回の引っ越しをしました。学生時代と結婚してから最初のアパートには浴室がなく、近くのお風呂屋さんに行っていました。当時は歩いて数分から10分くらいのところに4カ所の銭湯があり、不自由に感じたことはありませんでした。

それで、学生時代と新婚のときにお世話になった「成宗湯」さんが廃業され、取り壊し作業が進んでいます。以前から「あの煙突は寿命が来たら、どのように壊すのかな?」と思っていましたが、写真のようにやぐらみたいなものを組んで、上から順にやっていく様子が分かりました。

また、この銭湯は私の自宅と同じ成田東5丁目3番地にあり、つまりは住宅地のど真ん中で営業をされていましたが、これで前述の四つのお風呂屋さんはすべてなくなり、とても寂しく感じています。かぐや姫の名曲・神田川の♪小さな石鹸 カタカタ鳴った♪が懐かしいです。

私にはこんな素敵(悲しい)な想い出はありませんが、男湯から壁越しに、「令子~、そろそろ上がるよ」と叫んでいたことはよく覚えています。♪いつも私が待たされた♪の”私”は彼女ではなく、わが夫婦の場合は私でした。あれから数十年、お風呂から妻が、「稜ちゃんが上がるわよ、早く迎えに来て!」と叫んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です