『クーデターとか気をつけろよ!』


右「しかし、なんでございますな~、この透き通るような白頭山の風景は。委員長様のお父様、お祖父様のご遺徳を肌で感じられる幸せをいただいています。ああ、ありたがや!ありがたや!」

左「あのな~、喜んでくれるのはいいんだけど、ちょっと、はしゃぎ過ぎじゃないか!俺は父ちゃんやじっちゃんはそんなに偉かったとは思わないんだけど。まあ、一応、血統の聖地だから、いいけどよ」

右「それにしても、燦然と輝く革命一家の3代目である委員長様とこうして妻とともにご一緒できることは光栄の至りでございます。そして、あらためて、私を選んでくれた南朝鮮人民に感謝しなければなりませんね」
左「ふ~む、なかなか謙虚でいいぞ!だけどよ~、じっちゃんが本物の金日成じゃなかったり、大好きな母ちゃんが大阪で生まれ育った在日だってことは絶対秘密だかんな!」

右「もちろんでございます!で、委員長様はあのクソ大統領とも短時間で昵懇になられ、外交上手でもいらっしゃいますね。私など世界からまったく信用されていなくて、憎っくき日帝からは“仲人口”などと揶揄されていて、悔しくて仕方ありません!」
左「お前!自分ってものが分かっているよな。その気持ち悪い笑い顔はちょっとあれだけどな。ところでよ~、お調子に乗ってくれるのはいいんだけど、お前の国でまさかクーデターなんか起こされる心配はないだろうな?」

右「そのご心配には及びません、元帥閣下!わが国の保守派なんてちょろいものですから。ついでに、軍や国家情報院の弱体化もしっかりと進めていまし、国情院の親分なんて元帥閣下の下僕を任命しておきました。ですから、悲願の北南統一も着々と実現に近づいています。もちろん、統一の初代元首は委員長様でございます」
左「いいね!そんときは首相くらいにはしてやるよ。しかしよ~、お前の日本嫌いもかなりのもんだよな。俺なんかさ~、母ちゃんの生まれ故郷だし、やっぱり、正常化してだな、USJやディズニーランドとかに行ってみたいから、あんまり悪口言わないことにしたんだ。特にディズニーは海もできたんだっていうじゃないか。俺が秘密のパスポートで入ったときはシーなんかなかったから、行ってみてえな」

右「わが国のロッテワールドじゃ~ダメですか?ところで、委員長様はさすがに懐が深いです、感服しました。ただ、わが国は伝統的に国内で政権が困って“反日”と打ち出すと、あっという間に批判がそっちに行きますから、すごく便利なんです。しかも、日本の野党、労働組合、市民団体、大学教授、大手マスコミと強力な応援団が付いていますから」
左「なるほどな~。応援団はわが共和国も似たり寄ったりだね。あと、与党にも隠れファンがけっこういるしな。じゃ~、そろそろ、下山するか。後ろの嫁はんも最近は妹を連れてこないので、機嫌がいいんだ。お互い嫁はんは大切にしようや、なっ!」

アフター5の過ごし方

「アフター5」という概念も最近ではあるのかないのかよく分かりませんが、どんな職種でも現役で仕事をしていれば、それが楽しかったり、そうでなかったり、それこそ、人それぞれなんだろうと思います。

もちろん、お付き合いの範囲もなかなか難しく、それほどご一緒したくない人やそれほど出席したくない会合なども少なくないのが世間様で、選択肢が限られているというか、それ以外の選択肢が存在しない場合もあるでしょうし、ビフォー5もほぼ同じようなものです。

それで、私は政治組織から一線を引こうと思ったとき(その理由は今まで何回もお伝えしてきたとおりです)、信頼させていただいている団体の責任者の方にそのことをお話しさせていただいたことがあります。

そして、最初は驚かれていましたが、会話を進めていくと、「そうですね。それが門脇さんの矜持なのですね」と十分な理解を示していただき、続けて、「これからは、自分が楽しいと思ったことだけをやればいいですよ」と言われました。

もちろん、刹那的に快楽的にという意味ではありませんが、この一言が今の私を支えてもらい、むしろ、日々の活動にもメリハリが出ています。ただ、経済的に折り合いをつけることも必須で、ここがしっかりしていないと空回りしてしまいます。

さて、何だか抽象的な、皆さんにとってはどうでもいい告白みたいなことになってしまいましたが、今日の写真はいつもの異業種交流のものです。砂肝炒めはご覧のように大量の焦がしにんにくが入っていて、とても美味しかったです。

また、ちくわの磯辺揚げってどうしてこんなに人気があるのでしょうか。のり弁でも富士そばのトッピングでも、やや大袈裟ですが、これが一番嬉しいです。でも、マヨネーズよりもお醤油のほうが好みですね。

四十数年で初めての光景

 台風24号の影響でご苦労をされている皆さんにお見舞いを申し上げます。
 私の自宅はいつもお伝えしているように、都立善福寺川緑地(公園)の近くにありますが、昨夜から未明にかけてのもの凄い強風で、公園内の樹木もご覧のようになってしまいました。
 この地に住んで四十年以上になりますが、これほどのことは初めてです。復旧には時間が必要ですから、公園を散歩される方は注意されてください。

日米安保条約の最大のメリットは

少し前に「えっ!15年前からやってたの?」のタイトルで、海上自衛隊が南シナ海で対潜水艦攻撃の訓練を15年も前から行っていたと公表したことをお伝えしました。このことについて、居酒屋さんで友人が、「中国は長い間、気づいていなかったんだろうか?」と言っていました。

私はそれに対して、「多分、知らなかったと思うけど、知っていてもあえてとぼけている可能性もあるかも」と答えました。北朝鮮のミサイルが本州や北海道を飛び越えたとき、「なんで迎撃ミサイルで撃ち落とさなかったんだ!」と怒っている人たちがいました。

これは同じような理屈であり、抗議や迎撃をすれば、「相手はこちらの手の内を知っている」ということになり、確実に自国に突入しないことが探知できれば、迎撃する必要はありませんし、それをやっては、相手国の思う壺にはまる可能性すらあります。

それで、南シナ海での対潜水艦の訓練に続いて、今度は東シナ海で航空自衛隊の戦闘機・F15&F2がアメリカ空軍の核兵器を搭載できる戦略爆撃機・B52と大規模な共同訓練を実施していたことが判明しました。正確には尖閣諸島がある東シナ海だけではなく、連続的に北上して日本海上空まで進んだようです。

そして、今日の写真がそのB52です。搭載できる爆弾やミサイルが並んでいますが、米軍はこんな見ただけでも恐ろしく、核爆弾も積める大型ジェット爆撃機を70機以上保有しているようです。しかも、初飛行は何と!昭和27年で、それから何度もバージョンアップしていますが、これから先も30年くらいは使い続けるそうです。

さて、今日のタイトルですが、一般的に考えれば、わが国が他国から攻撃や侵略されたとき、アメリカが助けてくれるとされています。特に尖閣諸島がそうなったとき、そこが助っ人の範囲に入るのかどうかを、米国の国務長官や国防長官が替わるたびに確認して、“一安心”みたいなことになっています。

ただ、それももちろんなのですが、私は日米安保の真のメリットは、「もの凄い兵器や兵力を保持しているアメリカと同盟しているからこそ、そのアメリカと戦わなくてもいい」ということではないかと以前から思っています。「そんなこと、当たり前じゃなか」とご指摘を受けそうですが、ここ2年ほどのアメリカ指導者の言動から、いっそう、「ああ、良かった」と感じています。

なお、下の写真の左側はB52とF15、右はB52とF2で、日米の共同訓練は昨年の8月と今年の7月にも行っています。このときは日本海上空で、今回は東シナ海の空まで出かけていきました。しかし、もしかしたら、冒頭の対潜水艦攻撃訓練のようにすでに何回かは東シナ海でもやっていたかもしれませんし、中国の防空識別圏にも入っていたようでが、お馴染みの猛烈抗議がなかったので、多分、見つけられなかったのでしょう。