すべては文在寅さんの筋書きどおり

いわゆる徴用工判決について、「結局、自国民の感情と国際的な常識の間で、困るのは韓国であり、大統領の文在寅だ」という考え方がわが国では多いようです。私も特にそれについて異議はありませんが、本当にそうなんでしょうか。今回のこと、慰安婦財団の解散のこと、自衛艦旗(旭日旗)のことも同じですが、文在寅さんが周到に仕組んだもので、彼の計画は着々と前進しているように思えるのです。文字どおり、南朝鮮における主体(チュチェ)思想の実践者であることは間違いないでしょう。

まず、今回のトンデモ判決を下した大法院(最高裁判所)長官の前職は、春川市という人口が30万人弱の都市の地裁裁判長です。日本で例えれば、秋田地方裁判所の裁判長が最高裁判所長官にいきなりウルトラ昇格したあり得ない人事です。これをやったのはもちろん、文在寅さんで、そのあと、大統領に近い判事を何名か任命しています。「三権分立の原則に従い、行政府は司法判断を尊重せねばならない」とか言っていますが、韓国に三権分立なんてもともとないでしょう。裁判所だって法律ではなく、時の民衆感情を最優先して判決を下してきたのです。

また、ついでに指摘すれば、5年間も判決を出さなかったとして大法院関連団体幹部をお縄にしています。これをやったのも文在寅さんで、多分、わが国が国際司法裁判所に提訴することも織り込み済みでしょう。当然、その提訴に応じることはありませんし、徴用工版癒やし財団も今度はさすがに日本が乗ってこないことも同様です。困っているどころか、楽しんでいるようにも感じます。

でも、そんなことが続けば日本と韓国との関係がメチャクチャになってしまうので、「いくらなんでも、そこまでは望んでいないだろう」と声が聞こえてきますが、彼はそれを「望んでいる」のです。日韓関係を徹底して悪化させることが目的で、これが今度は「米韓」の絆を打ち切るための必要十分条件となるのです。さらにこのことにより、在韓米軍を追い出して、北の金正恩さんとともに半島を統一することを夢見ています。

この大統領はフランスのマクロンさんと会談したとき、「フランス革命とわが国のロウソク革命には通じるものがある」みたいなことを言っていました。さぞかし、仏大統領も困惑したでしょうが、文在寅さんは本気で韓国で革命を起こし、北朝鮮との統一国家を形成して、繰り返して恐縮ですが、「民族共有の核」を有することが最終目的です。さらに、それを道具に日本に対して次々に無理難題を押し付けて、脅してくるのです。韓国事情に詳しい友人は、「あの国とその国民は日本を見下すことが最大の喜びだから」と嘆いていました。それが可能になるならば、あらゆる行動を躊躇わないでしょう。

ですから、タイトルのように彼の国の大統領の思惑は何の問題もなく、シナリオどおりに進んでいて、あえて一番困ると言えば、自国保守派の反撃、軍事クーデターが考えられますが、「反日」というキーワードでは与党も野党も困ったものですが、ブレはありませんから、今後も予定調和的に物事は運ばれていくものと思います。わが国も国民もそれに備える体制作りを急がなければなりませんね。これは繰り返しますが、あらゆる選択肢を排除しないことがとても重要です。残念ながら、「未来志向の関係」など、真の革命家である文在寅さんはとっくに捨て去っています。というか、端からなかったのでしょう。