「いずも」にはF-35BとV-22を

今日の閣議で正式に決定される「防衛大綱」「中期防衛力整備計画(中期防)」の内容が次々と新聞やテレビで報道されています。中国のならず者的脅威は高まるばかりで、日本向けの中短距離ミサイルなど1発も削減するつもりのない北朝鮮も不気味な存在です。合わせて韓国は少なくても友好国ではなくなっています。

このような状況で、三軍の自衛隊の装備を強化することは当たり前ですし、特にステルス戦闘機であるF-35の話題が多くなっています。とりわけ、垂直に離発着できる「B」タイプのものが注目されているようです。以前にもお伝えしましたが、アメリカでは空軍が「A」を、海軍が「C」を、海兵隊が「B」タイプを配備しています。

そして、わが国ではそれをヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に載せる計画で、そのためには甲板の耐熱化が必要ですが、これは「いずも」を発注したときから予定されていたことで、特に驚くことではありませんし、改造工事もそれほど難しいことではありません。

なお、「いずも」型は僚艦として「かが」があり、一回り小さいサイスとしては、「いせ」「ひゅうが」が就役しています。それぞれ母港が決められていますが、乗組員の休養や船体修理などのため、半分程度しか運用することができません。イージス艦や潜水艦なども同様です。ですから、あと4隻は追加で必要でしょう。

それにしても、いつまで“護衛艦”と称しているのでしょうか。戦闘機を搭載すると攻撃型空母となり、憲法の規定に反するなどといつまで言っているのでしょうか。前述の4隻はもともと、ヘリコプター搭載空母であり、その空母は護衛するものではなく、イージス艦などに護衛してもらわなければ戦いになりせん。

合わせて言えば、「こんごう」などはミサイル護衛艦と呼ばれていますが、これも世界基準では「ミサイル駆逐艦」です。さらに、お立場から理解できますが、防衛大臣が、「他国に脅威を与えることにはならない」などとおかしなことを言っています。仮想敵国にとって脅威になるから、抑止力が働くのに変ですよね。

さて、今日のタイトルですが、F-35Bの搭載は見せ方としては良いのですが、何を積むのかを考えると、混載でもいいですから「V-22」(オスプレイ)が必要と思います。これは垂直離着陸機ですが、航続距離、速度、輸送兵員数&物資搭載量など、大変に優れた能力を有しています。

繰り返しますが、F-35Bは仮想敵国への威圧には効果がありますが、離発着時にはもの凄い燃料を消費しますので、航続距離に難がありますし、ステルス戦闘機ゆえにミサイルなどをお腹の下に吊り下げることもできません。出っ張ったものは敵のレーダーに補足されてしまいます。

また、オスプレイの「いずも」や「かが」への離発着はすでに行われており、戦闘機と違って耐熱化する必要もありませんので、すぐにでも作戦に投入することも可能です。南西諸島防衛が焦眉の急となっているとき、あらゆる選択肢を繰り出していくことが重要と考えています。

なお、今後は「空母」という意味合いよりも米海軍などで就役している「強襲揚陸艦」という概念で新しい艦船を建造していくべきだと思います。陸上自衛隊には「水陸機動団」も創立されましたし、AAV7も配備されました。ここで重要なのは兵員と装備品を運ぶ輸送艦でしょう。

その意味でも、強襲揚陸艦の建造、就役が急がれると考えますし、艦尾からは水陸両用車エア・クッション型揚陸艇が出入りできる構造にしなければなりません。すでにアメリカでは莫大な建造費がかかる空母より強襲揚陸艦にシフトするべきだという考え方が出てきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です