インフルエンザではないけれど

 箱根駅伝の往路での応援前から微熱が続いていたのですが、場所取り死守の強い指示があり、2日は小涌園前で午前8時から午後1時半くらいまで立ったまま、一回のトイレ休憩以外は、母校のノボリ旗を持って陣取っていました。

 そして、途中からかなり体調が悪化するのが分かったのですが、戦線離脱は許されません。すべての大学が通過したあと、皆さんで昼食となり、それから、いつもなら宿泊して復路の応援をするのですが、帰京させてもらいました。

 それで、自宅に着くと40℃近い発熱で、結局、一昨日と昨日は家から一歩も出ることができず、ワンコの散歩も妻にお願いしました。幸いにして食欲はあり、少し落ち着いてきましたが、皆さんもカゼにはお気をつけください。

 それから、結果的に昨晩を含めて三日間、休肝日が続いています。また、小涌園前応援団には迷惑を掛けたので、来年からは違った形で応援をしたいと思っています。それを考えるのも楽しいですね。