京急「産業道路駅」を見に行く

 京急大師線の「産業道路駅」が地下化され、地上の県道踏切が廃止されたことが、テレビでけっこう大きく報道されていました。その映像を見た方は、「これだけの交通量があって県道?」と思われたでしょうが、確かに県道だそうです。
 それで、京急愛に燃える私は早速、現場に行ってきました。まず、大師線終点の小島新田駅まで乗ってみました。写真では少し分かりにくいのですが、左側の窓に記念のステッカーが貼られていて、「産業道路立体化完成」と書かれています。
 そして、すごくラッキーだったのは、大師線を行ったり来たりしている車両のすべての編成にこれがあるのではなく、どうやら、私が乗車した編成だけだったようです。そんなことにこだわるのが鉄ちゃん&鉄子でしょうか。
 それから、新しい産業道路駅で下車しましたが、かなり深いところに位置しています。地下3階くらいではないかと思います。また、私が立っているところの反対側が例の県道になりますが、いずれ、この線路や旧駅も撤去されるのでしょう。
 次にせっかくここまで来たので、川崎大師に参拝し、隣の駅にある味の素うま味体験館に寄って、可愛いパンダさんと記念写真をパチリ。その後は目の前にあるイトーヨーカドー港町店を訪れました。詳細は次回にお伝えします。