河北ファミリークリニック南阿佐谷

中杉通り沿いのやや杉並区役所寄りに「河北ファミリークリニック南阿佐谷」が開院しました。ビルの3階から5階までがそのクリニックで、診療科目は内科と小児科になり、3階には検査室が、4階と5階には診療室、処置室、待合ロビー、子供の広場などがあります。なお、ご利用はは建物左側にあるエレベーターをご利用ください。各階では反対側のドアが開きます。

また、3階には5月の連休明けに歯科医院(5人の写真)がオープンする予定ですが、別法人であるものの、患者さんのお口の中の健康面で十分な連携をしていきます。なお、これも別法人ですが、1階には調剤薬局がありますし、9階にも医療関係施設がそれぞれあります。

それから、私とのツーショットは責任者の一戸由美子医師です。彼女は前述のファミリークリニックと「河北訪問看護・リハビリテーション阿佐谷」や8階にある暮らしの処方箋(コミュニティ広場)などを「河北家庭医療学センター」のセンター長として統括しています。

そして、その一戸さんは挨拶で、「(阿佐谷北にある)本院からむしろ離れることにより、より地域に寄り添った身近な医療のエキスパートとしてお役に立っていきたい」と言われました。なお、ここでは、家庭医や総合診療医の臨床教育機関の役割を引き続いて担っていきます。