ありがとうございました!両陛下

 わが国と国民の皆さんの象徴である天皇陛下が生前に譲位されることはとても良いと思います。なぜなら、私たちも文字通り、笑顔で「天皇陛下、美智子さま、長い間、本当にお疲れ様でした」と心から申し上げられるからです。すごく嬉しいことですね。

 僭越ながら、いつも満面の笑みで優しくお手を振られる天皇陛下に、菩薩様のように国民に接していただいた皇后陛下に、どれほど、国民は、いや諸外国の方々も含めて癒やされたでしょうか。

 阪神淡路大震災のとき、美智子様が被災者にバスの中から“ガンバ!”と激励され、東日本大震災では同じく美智子様が被災者の方に温かく手を回されたお姿を見るたびに、恥ずかしいのですが、私は涙してしまいます。

 ただ、残念なのは、天皇陛下のこれまでのお言葉などから、上皇と上皇后になられたら、新しい両陛下の立場を最大限尊重し、国民の前にお出ましになられることはとても少なくなるのではと思われることです。ただただ、お二人がお元気にお暮らしになることを願っています。

 私は日本という国に生まれ、昭和、平成、令和という時代に生かされ、ありがたいなと感じています。また同時に、これからの人生を両陛下のように、夫婦が相和し過ごしていきたいとも思っています。結婚60年にはまだまだ距離がありますが、それを目標にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です