とても痛い立憲民主党

 国会議員対抗ブーメラン選手権みたいな競技があれば、優勝までは届かないでしょうが、立憲民主党政調会長の逢坂誠二さんの入賞は間違いないでしょう。その逢坂さんがまたもやらかしてくれました。過去のことですが、ご自分が代表者となっている党総支部名で香典などを支出していたのです。

 彼ら彼女らは追求する相手にこれでもかこれでもかと謝罪を求めるのが大好きですので、一般的に考えれば、「大変申し訳なかった。こんなことでは私に菅原さんを追求する資格はありません」くらいのことを言うのかと思ったら、まるで居直るような回答を、しかも本人ではなく党名で出してきました。

 曰く「本人か支部関係者が、選挙区内の人に、個人名が特定されない『支部』として支出した。公選法上問題ない」です。たいだい、支部関係者って秘書のことでしょう。香典には党総支部名が記されていると言っても、その代表者は逢坂誠二さんです。受け取る側からはどちらでも同じことです。

 彼の選挙区は函館市や北斗市などですが、香典が届くほどの関係の有権者が逢坂さんの「個人名が特定されない」などということはまったくありえません。そんなことは常識以前で、本当に「この人、大丈夫かな?」と思ってしまいます。もちろん、写真に一緒に写っている枝野幸男さんが注意したとも聞きません。

 つまり、とても僭越ながら、何度も指摘してきたのですが(しつこくて本当にすみません)、左派や自称リベラルの皆さんは、教条的で、不寛容で、人には激しく謝罪を要求するが、自分では屁理屈をこねてドヤ顔で知らんぷりなのです。皮肉や嫌味ではなく、あの人も、あの人もです。

 立憲民主党には過去、お世話になったかたも数人いらっしゃいますので、申し上げにくいのですが、いまだに党代表(党首)をどのように選出するか何も決まっていないというのですから驚きです。枝野さんに事故があったとき、この党はじゃんけんかあみだくじで後任を選ぶのでしょうか。

 ついでに言えば、防衛大臣の河野太郎さんの発言への批判はむしろ悲しくなってきます。前述のことも同様ですが、立憲民主党の皆さんは「自分たちは絶対に間違わない」とう意識で頭がいっぱいのようです。共産党の無謬性は有名ですが、ある意味、私はその共産党より救いがたいと思います。

 このようなことでは政権奪取など夢の夢のそのまた夢でしょう。実際、現在の政権に国民、有権者の皆さんは大きな期待など抱いていませんが、あまりにも野党が情けないので、仕方なく自民党に投票しているのでしょう。もしかしたら、立民の皆さんはそれを分かっていてやっているのかもしれません。

 河野大臣の発言だって個人的には謝る必要はなかったと思いますし、市内のあちこちで甚大な被害を受けた千葉市長の熊谷俊人さんは「被災地の首長として全く気になりません」と至極まっとうなことを言っていました。その一方、立憲民主党はさらに“まっとうな政治”から遠のいているようです。

 さらにマスコミの姿勢もいかがなものかと思いました。私は安易に“偏向報道”などという嫌らしい言葉は使いませんが、何かと物議を醸し、関係者の不祥事が話題になるテレ朝の報道ステーションが、河野発言を何と“速報”で報じたそうです。何か特定の意図があるような気もします。

 そして、お馴染みの「軽率な発言だとして批判を受ける可能性があります」と主語を省略してのコメントです。立憲民主党とテレ朝って似てますね。内容にもよりますが、河野さんも謝ったのですから、「そのことを諒とする。今後は気をつけてもらいたい」とでも言えば良いのでしょうが、それが絶対にできません。

 それどころか、共産党大会に来賓として出席してすごく嬉しそうだった国対委員長の安住淳さんは偉そうに、「大臣を辞めたほうがいい。被災地や自衛隊に失礼だ。笑い話にする感覚が信じられない」と言われていました。この方はどれだけ上から目線で、どれだけ「意識高い系」なのでしょうか。

 それから、台風19号の被害が深刻になっていたとき、立憲民主党の有志が軽井沢でゴルフをやられていたことは記憶から消されているようです。普通の感覚であれば、「俺たちも相手を批判できる立場じゃないよな」となるのですが、立民の方々はそれができないようです。むしろ、可哀想にも思えてくるのです。

 こんな情勢で小沢一郎さんが、「今年中に立憲民主党や国民民主党などで新党を結成し、次期衆議院選挙で政権交代を実現する」と言われたようです。彼の取り巻きには友人も多いのですが、同時に言われた「一つの大きな党になれなかったら、もう野党には望みがない」の可能性のほうが高いと思います。

 また、一方では元総理大臣の鳩山由紀夫さんが「共和党」を設立すると言い始めました。彼は講演で「『共和主義』を正当化する必要があるか議論することが大事だ」と言っていました。ちょっと分かりにくい言い回しですが、これは何を意味するのでしょうか。

 隠されたメッセージは共和主義(=共和制)とは元首が国民なら選ばれる政治家であるということですが、日本の元首は天皇陛下で、これを立憲君主制と称しています。まだらっこしいのですが、鳩山さんは「立憲君主制(左翼用語は天皇制)を廃止して、大統領制にする必要を論議しよう!」と言っているのです。

 もちろん、わが国では言論の自由が保証されていますし、憲法を改正して皇室典範をなくしてしまえば、共和制を実現することは可能ですが、私はいかがなものかと思います。昔のことですが、彼の選挙区に行って宣伝カーから「ここから北海道初の総理を!」を叫んでいた自分が恥ずかしいです。

 鳩山さんは過去の人で、小沢さんの影響力もすごく小さくなっているようです。でも、このような人たちが登場するたびに野党への負の影響力は少なくありません。玉木雄一郎さんはお人柄は良いのでしょうが、何をやっているのかさっぱり分かりませんし、野党の冬は当分続きそうです。残念で仕方ありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です