孫正義さんの終わりの始まり

 写真のお二人はなぜか息がピッタリと合っているようですが、左の孫正義さん、あるいはソフトバンクグループがいよいよ厳しい試練を迎えるようです。私は“胡散臭い”という言葉は彼のためにあるのではと以前から思っていましたが、考えてみると、お金を出す人たちには、「私は絶対に損しない!売上げは10兆円だ!利益は1兆円だ!」とか叫んでいながら、日本政府にほとんど法人税などを納めていないのですから、まんざら、間違ってはいないでしょう。

 さて、過去からそれらのことを苦々しく思っていた財務省と国税庁がついに動きます。私は会社の財務というものがまるっきり分からないのですが、ソフトバンクの十八番である企業の買収や合併に絡んで、わざと赤字にして納税を逃れることを封じるようです。そもそも、今まで孫正義さんの手法は“違法”ではないものの、経営者としてけっして褒められるものではありませんでした。

 今までに何回かお伝えしてきましたが、会社経営や商売で大切なことは渋沢栄一翁が諭されたように「片手に算盤、片手に論語」でしょう。しかし、嘆いても仕方ないのですが、近年は「両手に算盤」が大好きな経営者が社会からもてはやされるという異常というか、少なくてもあるべきではない風景が続いています。リストラを嬉しそうに発表する銀行の経営者などもってのほかですし、世の中から退場してもらわなければなりません。

 そして、その言わばチャンピオンが孫正義さんであり、ソフトバンクです。この企業の有利子負債は15兆円で、鳴り物入りで始めた10兆円だか12兆円だかのビックファンドも苦戦しているようです。上述した財務省による大規模節税の抜け穴対策を急いでもらいたいと思いますが、WeWorkの不祥事も猛烈な逆風となり、彼と彼のグループの終わりの始まりの幕が開いたことは間違いないでしょう。合わせて“みずほ銀行”も道連れかもしれません。

 その会社ですが、創業者はいち早く逃げ出しましたし、報道によると、倒産することを恐れて孫さんは追加の約1兆円を支援するそうです。ちょっと前まで単なる貸し部屋企業に過ぎなかったWeWorkを働き方を劇的に変えるだろうとか言って絶賛していた孫さんですが、ここでもやはり、お金儲けだけが目的だったのでしょう。財務省とWeWorkで文字どおり、内憂外患への地獄の門も現れました。

  いずれにしても、ソフトバンクという名前からは携帯電話事業やヤフーなどを連想しますが、実はそのような事業会社としての部分はほんの僅かで、ほとんどは投資、つまりは上述のように企業合併や買収を繰り返して、そこに金を注ぎ込み、株価が上がったところで売り抜けたり、ファンドで資金を集めて、それを貸し付けることで儲けたりと、実体経済とはほど遠い、空虚な商いをしている企業です。こんなグループの経営者が一部の人たちとはいえ、評価されること自体が極めて不自然ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です