穴があったら入りたいです(;O;)

 今日の写真は今から10年前の8月下旬、鳩山由紀夫さん(当時の民主党代表)の選挙区(北海道9区・室蘭市や苫小牧市など)で応援演説させていただいた私です。場所ははっきりと覚えていないのですが、日高町の農協前だったかと思います。この応援活動は自ら手を挙げたものではありませんでしたが、数名の都議会議員が派遣されました。現地での待遇はとても良く、地元事務所の皆さんもすごく親切でした。

 そして、この衆議院選挙で民主党は大勝し、政権を奪取して鳩山さんが内閣総理大臣に就任しました。私も何となくそうなるような気がして、宣伝カーからは、「民主党のリーダーから、この国のリーダーに押し上げてください」と叫んでいましたし、嬉しいことに帰るころには、地元の地方議員やウグイスさんもそれを使ってくれました。

 それから、彼が総理を辞めてからのことはご存知のとおりですが、奇異な行動や発言は最初は驚いていたものの、もう政治家ではないのですから、「しょうがないね」と思うようにしていました。お金に困っているわけでもないし、想像ですがお人柄はけっして悪い方ではないのでしょう。ただ、先日の鳩山さんのツイッターのつぶやきにはさすがにびっくりしました。以下がその全文です。

 『沢尻エリカさんが麻薬で逮捕されたが、みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である。私も桜を見る会を主催したが、前年より招待客を減らしている。安倍首相は私物化し過ぎているのは明白である』

 いわゆる「謀略論」の類ですが、これによれば安倍さんは芸能人などのスキャンダルリストを常に作成していて、政権に危機的な不祥事が起これば、リストの中から適当な案件を選んで警察に逮捕させるというものです。これが事実ならば、その過程でかなりの関係者が関わることになり、それを完全に保秘することは不可能ですし、発覚すれば内閣は間違いなく飛びます。

 芸能人でも同じようなことを言っている人もいますが、短い間とはいえ、わが国の最高権力者であり、自衛隊の最高指揮官でもあった内閣総理大臣を務めた人の言葉とはまったく思えません。もちろん、私が反省しても、嘆いてみても、どうにもならないことは理解していますが、人の話をすべて受け付けない性格ではないでしょうから、彼を注意するご意見番みたいな人はいないのでしょうか。

酉の市はすごい賑わいでした

 東京でいちばん有名な酉の市は文字どおり、浅草の鷲神社なのでしょうが、新宿の花園神社のそれもなかなかの規模です。今年も訪れましたが、例年通りの大混雑で、熊手を求める人、参拝をする人、見世物小屋で楽しむ人、屋台で一杯やる人と、境内ばかりか周辺の歩道も含めて大いに賑わっていました。

 ただ、熊手を売っているお店の方とお話をしましたが、やはり、景気の良い時代と比べると売り上げは少なくなり、ご祝儀をはずむ人も同様だそうです。時代の流れといえばそれまでですが、ちょっと寂しい気もします。何と言っても縁起物ですからね。そして、その後は歌舞伎町の焼き鳥屋さんで一杯やりました。

「地元の皆さんの喜ぶ声が何より」

 衆議院議員の岡田克也さんには過去、私が初めて都議会議員選挙に挑戦したとき、とてもお世話になりました。厳しい選挙戦でしたが、当時の民主党代表として、セシオン杉並での決起集会や阿佐ヶ谷駅での演説会にも来ていただきました。このご恩はけっして忘れることはありません。

 さて、タイトルの「地元の皆さんの喜ぶ声が何より」は少し前になりますが、彼が主催して地元の三重県の後援者の皆さんのバス旅行を行ったときの想いを語ったものです。5回に分けて開催され、合計では2000名の方々が参加されたそうです。しっかりと地元を固めていることが分かります。

 それで、当時のブログを見ると、東京の一流ホテルに泊まって、しかも、上述のように参加者が多いので、旅行業者にも非常に頑張っていただいて、2万9000円で東京旅行ができたと書かれています。合わせて、彼の事務所からの持ち出しはまったくなかったとも記載されています。

 まさに旅行業者も参加費をできる限り値引きしたのでしょう。というか、原価割れの可能性もありますが、民間企業とは常に経営努力をしていて、この場合でも仮に赤字になっても、2千人も参加者があったのですから、地元のバス会社も旅行業者もそれ以降の利用を期待することは不自然ではありません。

 まして、岡田一族といえば、地元三重では知らない人はいない名家で、しかも、民主党政権で総理大臣も夢ではなかった岡田克也さんに大サービスをするのは当然のことだったでしょう。世の中にはステータスというものがあり、それを勘案して商売するのが民間企業というものです。

 そして、これだけの大人数であれば、夕食懇親会や朝食もそのホテルを利用したのでしょうし、数カ所に分散して一流ホテルに後援会の皆さんが宿泊されても、ホテル側にとっては上お得意様ということになり、またのご利用も織り込んで、相当な値引きをしたことも理解できます。こちらも当然のことです。

 また、当時の岡田さんは外務大臣を務められていて、月に1度にしか地元に帰れないので、東京で皆さんとお会いできることは、大変ありがたいと言われています。原理主義者などと揶揄されることもありますが、ごまかしは嫌いな彼らしい実直な想いであることは間違いないでしょう。

 それから、この後援会旅行会は4年に1回くらいの割合で行っているそうですが、特にご夫婦の方に好評だとも言われています。それほど長い記事ではありませんが、全体的には暖かい気持ちが伝わってきます。岡田さんも朝が大変早くても「元気をもらったという感じになります」と語っています。

 もちろん、地元の皆さんも長年にわたり彼を支援し続け、外務大臣になったことはものすごく嬉しかったでしょうし、格安な会費で、一流ホテルに宿泊できたことも、地元に帰って自慢の種になったでしょう。やはり、地元を大切にして、このようなサービス活動を怠らない議員は選挙も強いですね。

初めて『日展』を鑑賞しました

 母校の後輩が国立新美術館で開催されている『日展』に誘ってくれたので、行ってきました。絵画とか書にはまったく縁のない私ですが、大きなキャンバスに描かれた日本画や洋画は素晴らしかったです。書は難しくて理解できませんでし、彫像は数が多すぎてちょっと窮屈でした。

 そして、昼食は近くにある中華料理店・蒼龍唐玉堂でいただきました。3人で別々のものを注文しましたが、後輩の友人も含めてどれも美味しかったようです。お店の方ともちょっとお話をしましたが、やはり、有名な展覧会などがあると店内も賑わうと言われていました。

 なお、偶然なのですが、当日は入館無料ですごく混んでいて、撮影も禁止でした。また別の日に行きたいと思いますので、次回は素敵な絵画を何枚か紹介でききるかもしれません。あと、気になったのは展示されている絵画などの価格のことです。誰がどのように決めるのでしょうか。

「桜を見る会」追求劇は早くも閉幕か?

 久しぶりに表舞台に復帰した立憲民主党国会対策委員長の安住淳さんですが、調子に乗ってはしゃぎ過ぎる姿が何だか惨めに思えてきました。安倍さんが「桜を見る会」について記者会見を行ったことを「不意打ちの言い訳会見」だと怒ってみせたことが、この人の度量のなさを的確に示してしまいました。

 確かに「桜を見る会」での安倍さんの関係者がどんどん増えていったことは、あまり褒められたことではないでしょう。でも、違法でもありませんし、来年は中止して、選考基準などをきちんと見直すと言っているのですから、「ちゃんと線引をやってくださいね」という話なのです。

 そして、冒頭の総理の記者会見ですが、詳細な全文を読んで、公選法違反の支出などはまったくなかったことが分かります。久兵衛のお寿司が出たとか、出ないとかバカバカしくて呆れるばかりですし、今回の前夜祭は政治資金パーティでなかったことは立憲民主党も分かっているはずです。

 それを、安住さんは安倍さんの記者会見でこれから突っ込むところをすべて明らかにされてしまったので、居直り、開き直り、「こういう姿勢で来たからには国会がどうなるか保証できない」と負け惜しみ根性丸出しです。もしかしたら、モリカケの再来だと期待していたのかもしれません。

 もっとも、そのモリカケも足掛け2年以上やっても、安倍さんが関与したという証拠は何一つ出てきませんでしたし、今回の記者会見での様子を見れば、総理はすべての質問に答えていて、余裕すらありました。国会が決めれば予算委員会でも説明すると言っているのですから、実質的にこの問題は終了です。

 それにしても、立憲民主党はつい先日まで、「臨時国会は関電国会だ!」と叫び、「メロン&カニで追い込むぞ!」と意気込んでいたのに、そんなことはすっかり忘れてしまい、しかも安住淳さんの見せかけだけの脅しも空振り三振の連続で、まるで、不謹慎な表現ですが、自虐ショーを観ているようです。

 ですから、野党も「桜を見る会」疑惑を追求するための人員を3倍にするとか言っていましたが、そちらも早めに撤収し、官僚いじめに過ぎない糾弾会のようなものも止めたほうがいいと思います。また、立憲民主党の幹部の一人は野党も桜を見る会に参加していたことを指摘されて居直っていました。酷いものです。

 さらにその幹部は前夜祭の会場だったホテルが会費を値引きしたならば、それは企業団体献金であり法律違反だと言っているようです。これから、立憲民主党や所属する議員が例えば印刷物を発注するとき、常に相手の言い値でお金を払うことになります。こうゆうのって、党内で誰も注意しないのでしょうか。

 この調子だとまさかとは思いますが、「ホテルの社長を予算委員会に証人として呼ばなければ、一切の審議を拒否する」なんて言いかねません。そういえば、閣僚二人が辞任したとき、別の幹部は「これで審議拒否しても、国民は理解してくれるだろう」とうそぶいていました。大丈夫でしょうか?

 まったく見苦しい言動ですが、そのようなことが政党の支持率調査にも如実に出ています。比較的自民党に厳しい記事を配信している時事通信の最新調査でも、安倍政権の支持率は上昇し、立憲民主党のそれはついに公明党を下回ってしまいました。国民の皆さんは野党にはもう何も期待していないのでしょうか。

 もちろん、その調査は少し前に実施されたので、最新のそれは内閣支持率も自民党支持率も下がることは当然ですが、安倍さんや自民党を擁護するつもりはさらさらないものの、今までと同様に時間が経てば回復するでしょうし、一連の立憲民主党の醜い対応で、彼の党のそれは再び低下することは間違いありません。

 ただ、共産党との共闘にもとっても熱心な安住淳さんを冷ややかに見ている野党の国会議員も少なくありません。今回の件で党内は知りませんが、世間の統一会派への評価は急降下するでしょう。ほんの一部の熱烈な「まっとうな政治」を求める支援者のために、縮小再生産を繰り返していく運命ですね。

 過去のことも同様ですが、立憲民主党によるブーメラン直撃量産も今回のようなお粗末で陳腐なままごとも一番喜んでいるのは政権与党です。友人の自民党議員は、「俺たちがなんにもしなくても、勝手に野党は坂を転がり落ちてくれるんだよな」と笑顔で言っていました。当たらずといえども遠からずです。

 生意気な言い方ですが、良識ある国民民主党の皆さん、自身の選挙のことを考えれば、『再び民主党』も理解できますが、いつまでも立憲民主党と付き合っていると、結局は選挙区の有権者から見放されると思います。その意味では枝野幸男さんが言われているような合併が実現したときが、絶好のチャンスでしょう。

 さらに僭越なのですが、国民民主党を応援されている個人や団体の皆さん、もしも立憲民主党との合体が実現したとき、それでもまだ、その新しい政党を支援されるのでしょうか。かつての日本社会党以上に硬直化し、“安倍憎し”が唯一の政策である立憲民主党からは離れていかれることが大切のように感じるのです。

 それでも、代表の玉木雄一郎さんはご自身も過去の桜を見る会に支援者を招待したことを認め、「民主党政権時代も含め、選考は基準があいまいなところがあるのも事実だ。しっかりと事実関係を明らかにし、廃止も含めて検討する」と至極まっとうなことを言われています。このあたりが常識でしょう。

 繰り返しますが、衆議院選挙に向けて『再び民主党』が再編されたときに、穏健良識の中道右派政党を立ち上げるべきと思います。立憲民主党は固定のお客さんがいますので、それはそれで左旋回していくことは仕方ありませんが、それに国民民主党が引きずられるのは自らを否定することになるような気がします。

今回は「オリーブ&オニオン」を作りました

 1カ月に1回くらいのサイクルで新宿タカシマヤ12階にあるABCクッキングスタジオに通っていて、今回は「オリーブ&オニオンを作りました。まあまあ、上手にできたかなと思います。

 ただ、玉ねぎを包丁で切るとき、手付きが危うくて友人が手伝ってくれたのですが、その様子を同じテーブルの生徒さんたちが見ていて、思いっ切り笑われてしまいました。仕方ないですね。

 それから、4個作りましたが、そのうちの1個は先生が作ってくれました。どれがそれなのか想像したいただくと嬉しいです。また、同じ12階にあるデッキみたいな場所はけっこう素敵です。

レモンサワー『檸檬堂』が旨い!

 居酒屋さんでのお酒の注文は、生ビール→レモンサワー→ハイボールと進みますが(最後に芋焼酎ロックも)、最近は「とりあえずビール!」を省略する方も増えているようです。身体との調整でしょうか。

 それで、日本コカ・コーラから「こだわりレモンサワー『檸檬堂』」が新発売になりました。早速、「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」「鬼レモン」の4種類を購入してみました。

 まだ、「定番レモン」しかいただいていませんが、けっこう美味しかったです。残りの3種類を飲むのが楽しみですが、「鬼レモン」のアルコール度数9%で酔が早いでしょうね。「はちみつレモン」逆に3%です。

 ところで、日本コカ・コーラは酒類に進出するのは初めてだそうで、もちろん、失敗は許されないので、かなり力を入れているようです。ただ、レモンサワーは比較的簡単に製造できるので、ほかのメーカーとも激戦でしょう。

久しぶりに「門脇会」が開催される

 “開催”という言い方はちょっとオーバーですが、定期的に行っている懇親会です。会場はいつもの居酒屋さんで、名前は忘れましたが、ビールジョッキの中に凍ったレモンが入っているサワーはすごく旨かったです。「中」だけ3回もお代わりしてしまいました。けっこう経済的でもあります。

 また、もつ鍋はあまり美味しそうに写っていませんが、なかなかのお味でした。これからは鍋シーズンですね。それから、今回はメンバーの一人からすごく嬉しい発表があり、大いに盛り上がりました。忘年会はそれぞれの事情によりできそうもありませんが、年明けの新年会も今から楽しみです。

ローソン100の威力がすごい!

 私はタレントの石塚英彦さん(通称・石ちゃん)が大好きで、特に食レポはどんな番組でもすごくおもしろいです。とても感じがよく、お人柄も良さそうですし、お馴染みの「まいう~」も素敵です。

 それで先日、彼が「ローソン100」の商品を紹介していました。レトルトカレーとおにぎりでしたが、正直なところ、「これが100円なのかな?」と思い、早速、自宅から徒歩数分のお店で購入しました。

 レトルトカレーは写真のように4種類あって、文字どおり“たっぷり300g”で、おにぎりは“丸ごと”具が載っています。カレーは中辛しか食べていませんが、けっこう美味しかったですし、斬新な発想のおにぎりも同じでした。

 それから、レトルトカレーパッケージの上に“バリューライン”マークがあるのですが、これはこの企業が自信を持って発売しているオリジナルブランドだそうです。百均ストアも同様ですが、なかなか良品を揃えていますね。

百恵ちゃんと荻窪タウンセブンへ

 百恵ちゃんをサンリオピューロランドに連れて行こうと思い、そこでの遊び方などを考えていたのですが、妻から「まだ、早いから」と反対され、近場の荻窪タウンセブン(ルミネも併設)に変更しました。

 ここの屋上には遊具がたくさんはないのですが、人工芝が敷き詰められていて、屋内の食事スペースなどもあり、彼女は楽しそうに走り回っていました。身近なところでも子供たちはいきいきしていますね。

Netflixがめちゃめちゃ楽しめる!

 最近はインターネットを利用したストリーミング配信企業が大人気のようです。私も自動的に会員になっているアマゾンプライムビデオやHuluなども観ていましたが、1カ月ほど前からNetflixに入れ込んでしまい、気がつけば無料のお試し期間が終わり、現在は課金月間に突入しました。

 特に4K対応のドラマが豊富に揃っていて、その画像の美しさはとても素晴らしいです。これまで、オリジナルの「ザ・クラウン」「サバイバー宿命の大統領」「ペーパー・ハウス」などを観ましたが、どれも相当な制作費を掛けているようですし、日本法人もかなり重要視しているようです。

 現在はオリジナルではありませんが、「THE BLACKLIST/ブラックリスト」にはまっていますし、+マイリストは増加の一途です。料金プランは4Kが視聴できる“プレミアム”ですが、映画館での1本分とほぼ同じですから、割り切って考えれば、けっこうお得と思います。

 それから、ペーパー・ハウスの写真に4Kプレイヤーと同じく4Kテレビのリモコンがありますが、それぞれ、真ん中と左下にある白いボタンでNetflixに一発でつながるようになっています。どのような契約になっているかは分かりませんが、それなりの金額をメーカーに支払っているのかもしれませんね。

地域の人と考える健康ライフイベント

 私が役員を務めている社会医療法人・河北医療財団主催のイベントが昨日、阿佐谷地域区民センターで行われました。この財団の理事長は救急車の写真の真ん中、河北博文さんです。

 会場はとても多くの皆さんで賑わい、スタッフの皆さんも一所懸命に頑張っていました。骨密度・肺年齢測定や血糖値測定などのコーナーも人気で、鰹節削体験やなりきり看護師体験などもありました。

 また、杉並区の後援もあり、キャラクターのなみすけ&ナミーも登場していました。私も案内板を持って写真を撮ってもらい、集会室でのセミナーも3本連続で参加しました。特にがんと防災医療のことは勉強になりました。

 それから、昼食は以前からちょっと気になっていたラーメン屋さんでいただきました。正統派札幌味噌ラーメンで美味しかったです。なおこのイベントは今年で11回目になりますが、今後も内容を充実しながら続けていきます。

ラグビーWCを終えて思ったこと

 ラグビーワールドカップ日本大会が大成功で終了してから1週間が過ぎました。興奮も少しずつ収まってきましたが、今後の展開についてにわかファンの一人として考えてみます。また、先日もお伝えしましたが、今回の大会でいちばん良かったのは全国(12会場)で開催されたことではないでしょうか。

 それで、今日の写真は先日、新聞に全面広告として掲載されてものです。紙面の上部には、「感動をありがとう!」みたいな言葉が並んでいて、私もそのとおりだと思いました。そして、こんな文章もありました。曰く「次は、トップリーグ、スーパーラグビーで盛り上がろう。」です。

 まず、トップリーグですが、来年1月12日から5月9日まで土曜日(一部は日曜日も)を中心に行われます。その後、プレーオフとして準決勝と決勝があります。桜の戦士たちがそれぞれ所属するチームが対戦するわけですし、外国からの有名選手も続々とやって来ますので、かなりの人気になるでしょう。

 実は今までのトップリーグは観客も少なく、収益も上がっていませんでしたが、各チームは日本を代表する大企業直轄ですので、運営にそれほど困ってはいませんでした。しかし、これからは秩父宮のSSでも4200円(前売り)、そのほかの会場の中央席は2700円(同)ですから、かなり期待できそうです。

 スポーツ報道には、サッカーやバスケットなどのプロチームに比べて、人気や運営方法を嘆くものもありますが、ラグビーの場合は様々な意味で「プロ化」はなじまないと思います。ただ、以前はサッカーよりも人気があったスポーツですから、何もやらなくても大企業がいるから、と考えるのはどうかとも思います。

 次にスーパーラグビーですが、こちらは残念ながら来年がサンウルブズの最後の参加となることが決まっています。でも、今回の日本チームの活躍がベスト8入とあまりにも素晴らしかったので、主催者団体は「10億円払ったら考え直しても」のようなことをいい始めたようです。

 もちろん、今後の展開がどうなるかは分かりませんが、私は復活の可能性は十分にあると思っていますし、仮に10億円だとしても、交渉で値引きして、ファンや企業から寄付を募れば、けっして集められない金額ではないと思います。合わせて南半球4カ国対抗戦にも参加できるといいですね。

 でも、ちょっと残念なのはトップリーグの大企業がサンウルブズに選手をあまり出したくないような雰囲気があることです。確かに今期は僅かに2勝しか上げられませんでしたが、これはワールドカップに備えて、そちらの練習に重点を置きましたので、それは仕方のないことでした。来年に期待しています。

 さて、この広告は右下にあるように(公財)日本ラグビーフットボール協会の提供ですが、「そして、再び、日本でラグビーワールドカップを開催しよう。」とも書かれています。「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」のコピーがすごく良い意味で上書きされて良かったです。百恵ちゃんは観られそうです。

 あと、スタンドの外国人サポーターを見ていて気づいたことがありました。それは鉢巻きのことなのですが、真ん中の日の丸(旭日旗もありました)は同じで、左右の2文字が「必勝」は定番ですが、「闘魂」「日本」なども多く、なぜか「合格」や「切腹」もありました。これだけでも楽しめました。

最新作「ターミーネーター」がすごいぞ!

 ターミーネーターシリーズの最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」が昨日から封切りになり、いつものTOHOシネマズ新宿に行ってきました。このビルの入口には精密なターミーネーターが展示されていて、多くの人たちが写真を撮っていました。なかなかにくいと思ったのは、「ターミーネーター2」の最後のシーンの溶鉱炉の模型があったことです。

 それで、映画ですがもうすごいの一言ですし、「ターミーネーター2」の正当な続編というのもなるほどと思いました。とにかく、ポップコーンを食べている余裕などなく、口の中が乾きっぱなしで、トイレに行きたいことも忘れてしまいました。いちばん大ききスクリーンと大音響も最高でした。

 そして、ネタバレになりますので、余計なことは言いませんが、サラ・コナー役を演じたリンダ・ハミルトンさんが素晴らしかったです。初作から三十数年経っていますが、彼女の年齢を刻んだ顔はむしろ美しさが増したように感じました。有り体に言えばいい年の取り方をされているのでしょう。

 それから、ジェームズ・キャメロンさんが制作として復帰したのも良かったです。もちろん、シュワちゃんも相変わらずかっこいいですし、メタル野郎のREV-9も強すぎて同じくかっこよかったです。また、観賞後はこれまた、いつもの串カツ屋さんで締めくくり総括会合でしたが、もう1回観たいですね。

「厳重に抗議し、強く非難する」って?

 写真は朝鮮労働党(共産党)の機関紙・労働新聞に載っていたもので、彼の国では革命の聖地と呼ばれている白頭山で白馬に乗る金正恩さんです。同じような写真が何枚か公開されていますが、最近はレタッチの技術もかなり向上しているようです。白頭山も美しいですし、白馬もなかなか凛々しいですね。

 さて、その北朝鮮が弾道ミサイルなどをぶっ放すたびに日本政府は「北京の外交ルートを通じて、厳重に抗議し、強く非難した」と発表します。もちろん、そのことは至極まっとうなことなのですが、「厳重に抗議」とか「強く非難」とは具体的にはどのような行為なのかが気になっていました。

 例えば、「今度やったら承知しないからな!」「覚えておけよ!次はただじゃ済まないぞ!」とか言うのでしょうか。でも、そんなことを言ったって、あの国はせいぜい「あっかんべー」くらいの反応で、逆に「グズグズ言うと、ホントにミサイル打ち込むからな!」と思っているかもしれません。

 つまり、いくら気負ってみても、意気込んでみても、たとえ実験であっても、武力による威嚇にはそれに相当する武力の用意がなければ、相手は痛くも痒くもないのです。さらに、わが国の軍事力は北朝鮮のそれを凌駕していますが、正直なところ、弾道ミサイルと「核」には敵いません。

 このことは中国による尖閣諸島を巡る領海侵犯も同じことで、悲しいかな安倍総理は「日中の関係は完全に正常化した」と言わざるを得ないのです。北朝鮮からのミサイル攻撃はイージスシステムなどで何とか防げますが、中国から日本に向けられている数百発のミサイルは防ぎようがありません。

 保守層の人たちの一部は「毎日のように尖閣が侵されているのに日本は弱腰だ」と叫んでいますし、確かにそのとおりなのですが、公務員(例えば沖縄県警の警察官)を常駐するようなことは考えていないでしょう。強い相手に真っ向勝負するには、それと同様かそれ以上の実力(組織)が必要だからです。

 わが国では憲法改正の議論をするのだか、しないのだか、さっぱり分かりませんが、外国からの侵略から国民を守る自衛隊の存在そのものが、国家の最高法規である憲法に書かれていないのですから、その結果、いちばん喜んでいるのは上述のような国々でしょう。

 そう考えると、「自衛隊は憲法違反だ!」とか、逆に「自衛隊を違憲だと思っている国民はいないのだから、わざわざ憲法に明記しなくてもいい」と言っている人や政党の中国や北朝鮮との親和性がとても良く理解できます。敵とは言いませんが、批判すべき対象はこの国の中の同胞かもしれません。

 例えば、沖縄県知事の玉城デニーさんです。彼は沖縄県民の選挙で選ばれた代表ですが、「中国公船が尖閣諸島の周辺海域をパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」と驚くべき発言をしました。さすがにこれはまずいと思ったのか、すぐにこの発言は撤回しました。

 しかし、尖閣諸島が沖縄県石垣市内にあることは玉木知事も知らないわけがありません。であるとすれば、彼の胸の中には尖閣諸島が日本の領土(領海も)とは思いたくないどこからかの影響があると考えても不思議ではありません。彼は人の良さそうな知事ですが、その背後にはちょっと怖いものも感じます。

 平和への願いや祈りは素晴らしいと思いますし、「日本国憲法の前文を読むだけで感動的だ!」も分からなくもありませんが、それだけではこの国と国民を守ることはできません。長く続く戦後の平和は憲法9条の賜物という人たちも否定しませんが、最大の貢献はどう考えたって「日米安保条約」でしょう。

 わが国への侵略を狙っている国には、「日本と戦っても勝てないだろう」と常に思い知らさなければなりません。まさに“戦わずして勝つ”の大原則であり、恒久平和へのほとんど唯一の道でしょう。そのような視点から憲法改正や防衛力整備をやっていかなければ、日本は戦争に巻き込まれてしまいます。

 左派や自称リベラルの皆さんは、「戦争をするための9条改正」とか「軍靴の音が聞こえてくる」とかを好んで使いますが、軍靴の音は国内ではなく、海の向こうから聞こえてきます。しっかりした議論を急がなければならないと思いますし、左派や自称リベラルの宣伝力を軽く見るのは危険なことです。

大陶器市で焼酎カップを購入

 正式な名称はカップでもグラスでもないのでしょうが、晩酌用に愛用していたカップが割れてしまい、小金井公園で開催されている「佐賀の物産と全国大陶器市」にそれを探しに行ってきました。江戸東京たてもの園前の広場が会場です。

 余談ですが、JR武蔵小金井駅から西武新宿線の花小金井駅までの道は、40年以上前のことですが、当時、妻が花小金井の寮に住んでいたので、二人でよく歩きました。この日も歩いてみましたが、沿道の風景などはまったく覚えていませんでした。

 そして、私は陶器も磁気にも関心はありませんが、なぜか“織部焼”には魅せられていました。幸いにしてそれを専門に扱っているお店があり、素敵なカップを買うことができました。特に「まけてください」とはお願いしませんでしたが、「2千8百円だけど、2千5百円でいいですよ」と言ってくれ、商談成立です。

 それから、65歳以上は半額の200円で入園できるというので、たてもの園をちょっと探訪することにしました。ここは以前、稜ちゃんと行ったのですが、今回は2・26事件で殺害された高橋是清邸を見学しました。港区赤坂にあった建物を移設したそうで、事件現場は2階の部屋だったそうです。

 また、隣接している小金井カントリー倶楽部の入り口であまり意味のない記念写真を撮りました。ここで過去に1回だけプレーしたことがあります。帰り道も歩きましたが、小金井市は市長選挙があるらしく、ポスターが貼ってありました。その2連ポスターには杉並区長の顔写真があり、少しびっくりしました。

1枚の写真から伝わる人間性

 写真は陸上自衛隊新発田駐屯地開設65周年及び第30普通科連隊創隊56周年記念式典で撮られたものです。当日は小雨が降っていましたが、手前にヘルメットをかぶった隊員の皆さんが整列している様子が分かります。余計なことは一切、申し上げません。あの辻元清美さんがまともに思えてきました。

羽田空港はパラダイスだ!

 稜ちゃんが飛行機を見たいと言うので、羽田空港に行ってきました。いつもは京急を利用するのですが、彼がモノレールの経験がないので、浜松町からそれに乗って向かいました。そして、国際線ビル駅で下車してビル内をくるくるしたあと、お待ちかねの展望デッキに到着したました。

 展望デッキはここだけではなく、無料の連絡バスに乗って第2ターミナルにも行きました。どちらも、彼はとてもご機嫌で、テンション高く走り回っていました。また、全日空の五輪ラッピングの機体にも会うことができましたし、博品館ではスロットカーサーキットを体験しました。

 帰りは京急→都営浅草線→銀座線→丸ノ内線と乗り継ごうと思ったのですが、彼の興奮がまだ続いていたので、リムジンバスで新宿まで戻ってきました。車内は乗客は少なく、いちばん後ろの席に座りましたが、稜ちゃんはさらにモードがマックスになり、ジイジはけっこう難儀でした。

4インチストライプラグビージャージ

 ラグビーワールドカップ日本大会でいちばん良かったのは、全国各地(12会場)で開催されたことだったと思います。地方が元気になれば、日本全体に活気がみなぎるからです。また、台風で3試合がキャンセルされたのは残念でしたが、JAPANの大活躍もあり、もしかしたら、再来年のスーパーラグビーへのサンウルブズの復活も叶うかもしれません。

 それで、タイトルのラグビージャージですが、縞々は4インチの2色が基本の一つのようです。明治、慶応、早稲田などはどうだったでしょうか。ただ、WCをTV観戦していて、少し残念だったのはアルゼンチン以外のチームのジャージには「襟」がなかったことです。選手は襟を掴まれるのが嫌だからだそうですが、何となくTシャツみたいで、かっこ悪いと感じました。

すごく感謝です!秋本治先生

 漫画家の秋本治先生先生が文化の日の今日、紫綬褒章を受章されました。先生といえば「こちら葛飾区亀有公園前派出所」がとても有名ですが、昭和51年から何と!一度も休むことなく週刊ジャンプに連載されたそうです。

 私が大学3年生のときからとなりますが、ジャンプで読み始めたのはそれから数年後だったと思います。それ以後、すべてではありませんが、ジャンプを買ってもこち亀だけ、その後は単行本を購入するサイクルとなりました。

 写っている写真は2001年に発刊されたこち亀辞典みたいなカメダス2、最終巻となった40周年記念特装版、2006年の30周年記念本ですが、物持ちがいいんだなと感じています。どれもきれい本ですよ。

 そして、ちょっとロマンチックに申し上げれば、心の中にはこれからもずっと両津勘吉さんが行きていくと思っています。破天荒な型破りの彼ですが、人情に厚く、優しいおまわりさんでした。こち亀は永遠ですね。

『杉ぼっくり』が『シダーローズ』に

 公園から拾ってきた杉ぼっくり(写真上)を愛情を注いで育てたら、ではなく、雨に濡れないように自然乾燥させたら、シダローズになりました。写真下の真ん中がそれですが、特に何もしなくても時間が経つと上の部分がポロッと取れました。妻は友人に差し上げると言っていましたが、クリスマスリースにアレンジするのでしょうか。

美味しいラーメン集まりすぎ祭

 私は行列をしてまでラーメンを食べたいとは思いませんが、新宿の大久保病院に隣接する公園でタイトルのイベントが開かれていましたので、興味本位で行ってきました。このあたりはなかなかのディープゾーンですが、何年ぶりかに来ましたので、街の雰囲気もけっこう変わっていました。

 それで、会場入口の看板には「世界最大!全国100の名店が集結」とありますが、期間中に合計でその店舗数になり、一日当たりでは7店ほどが営業しています。当日は写っているラーメンをいただいたのですが、かなりしょっぱく、美味しいかどうかは意見の分かれるところでしょう。

 それから、小田急デパートの地下食品売り場に向かいましたが、その途中にターミーネーターの新作PR柱がありました。立体的で目が赤く光っていて、かなり不気味な感じでした。また、サラダはあの有名なお店の対面にあるところで買いました。「4種類きのこのガーリック」でこちらは美味しかったです。

ミスド&中村屋のコラボグルメパイ

 ミスタードーナツと新宿中村屋がコラボした「THE グルメパイ」を早速、杉並区役所隣にあるお店で買いました。ホット・セイボリーパイという商品名で4種類あって、中身はインドカリー、チキンときのこのクルームシチュー、四川麻婆豆腐、ビーフシチューです。お値段は定番よりちょっとだけ高めの237円(税込・持ち帰り)で、4個セットだと単品合計より少し安くなります。