辻元清美さんの”転向”は本物か?

 最近は立憲民主党の国対委員長から外れたこともあり、すっかり存在感が薄れている辻元清美さんですが、先日の衆議院憲法調査会で、過去の皇室に関する著書での発言が問題になりました。私はこの内容は以前から知っていましたので、「何をいまさら」との思いですが、その発言を振り返ってみましょう。以下がそれです。

 「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」「天皇っていうのも、日本がいやだというひとつの理由でしょ」「人生訓とか道徳を押しつけたがる。天皇とあの一族の気持ち悪さに直結している」。

 なかなか辛辣な文章ですが、ここまで皇室を忌み嫌っている人は立憲民主党でも多くはないでしょう。ご本人によると30年ほど前の学生時代の思想だったようですし、前述の憲法審査会の場で「深く反省している」と謝罪しています。その意味では潔いと思いますし、誰でも過去の間違いはあるものです。

 ですから、今日のタイトルの答えは”本物でしょうね”となります。また、写真はとても嬉しそうに御代替わりの饗宴の儀に参加する彼女ですが、依然として「天皇制は諸悪の根源」と思い続けていれば、このような宴席に出られるはずはありません。余談ですが、胸元のお花も素敵です。

 ついでですが、先日もお伝えしたように、最近は辻元清美さんがまともに思えてきました。今回はちゃんと謝ったからですが、彼女が所属している政党の幹部は過去の発言がコロコロ変わっても、ドヤ顔で「なんか文句あるの!」みたいに振る舞っています。困ったちゃんですね。

 さて、私は一つの疑問があります。それは「憲法9条を守れ!」と叫んでいる皆さんの少なくない人たちは天皇制(左翼用語)をこころよく思っていないのではないかということです。であれば、憲法第一章(天皇)を改正し、皇室典範を廃止してしまえば、彼ら彼女らの望む共和制を樹立することが可能です。

 日本は言論が保証されている国ですから、左派や自称リベラルの皆さんこそ、憲法改正の声を大きくして主張すればいいと思うのですが、なぜかそれをすることはありません。見方を変えれば、それだけ立憲君主制が大半の国民から支持されているので、言い出しにくいという面があるのかもしれません。

 一連の天皇陛下即位に関する行事もすべて無事に終わり、大嘗宮の一般公開が明日まで行われていますが、私は「この国に生まれて良かった」とあらためて感じました。皇后陛下のパレードのときのお姿を拝見していると、こちらも不思議と涙が出てきました。これが日本人なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です