台湾総統は蔡英文さんで決まり!?

 世界の中で間違いなくナンバーワンの親日国家である台湾(中華民国)の総統(大統領)選挙が1月11日に行われます。何度も申し上げていますが、台湾のトップは台湾の人民が選ぶものですから、あまり余計なことは言わない方がいいと私は過去から思っています。

 ただ、大陸との関係もありますし、東アジア全体の安全保障のことを考えれば、その選挙に行方は大いに気になることも確かですので、現地の友人などに情勢を聞いてみました。ちなみに、台湾では地方選挙はそれほど家族内で意見が分かれることはありませんが、総統選挙だけは侃々諤々やるようです。

 それで、日本でもけっこう関心が高く、一般紙などでも報道されているとおり、民進党(民主進歩党)の蔡英文さんがかなりリードしているようです。一方、その民進党の超鉄板地域である高雄市で市長に当選した国民党(中国国民党)の韓国瑜さんは調子に乗りすぎて劣勢と伝えられています。

 それでは、統一地方選挙で大負けした民進党がこれだけ盛り返したにはなぜかといえば、もうひとえに中国共産党のおかげでしょう。つまり、中共が香港でやらかしてくれた暴挙を台湾の人たちは固唾を呑んで見ていました。そして、「次は私たち台湾がやられる」と切実に悟りました。

 まったく、中共はおバカさんというほかありませんし、過去の総統選挙でも台湾海峡にミサイルを打ち込んだ結果、反中共の李登輝さんが勝利しました。武力で脅かせば何でもできると勘違いしている全体主義特有の行動でしょう。それと、今回は台湾とアメリカが極めて良好な関係を保っていることも大きいと思います。

 ですから、総統選挙がほぼ決まりの情勢で、人々の関心は同日に投票される立法院(一院制国会)に移っているようです。定数113名の過半数57ですが、現勢はグリーンチーム民進党が68議席、ブルーチーム国民党が35議席で、引き続き、民進党が過半数を確保できるかどうか鍵です。

 もちろん、総統選挙に引っ張られれば民進党が優勢になりますが、議員の場合は、特に台湾では地元におけるサービス活動が大切です。地域にもよりますが、やはり、長年に渡り政権を担ってきた国民党に分があることも事実ですから、接戦になるかもしれません。

 ところで、10月の双十節で蔡英文さんが、『中華民国台湾』という言葉を使ったことが話題になっています。私は過去からある想いがあって、「台湾(中華民国)」と表現していますが、日本人に何回か、「門脇さん、中華民国は必要ないよ」と指摘されたこともあります。そうでしょうか?

 また、台湾に行かれた皆さんは経験されているでしょうが、西暦のほかに「民国」とう元号みたいな歴を頻繁に使います。中華民国が建国されたのが1912年でこれが民国元年になり、今年2019年は民国108年になります。西暦の下二桁から11を引いて百を足せば民国になりますね。

 今回は残念ながら、訪台することが叶いませんでしたが、比較にならないほどの友人である台湾(中華民国)とはさらに、さらに関係を深めていきたいですし、台湾や台湾人の多くの皆さんもそれを望まれています。巨大な軍事力を持ったアメリカのようにはいきませんが、日本もできることは何でもしたいですね。

 なお、写真左側は副総統候補の頼清徳さんです。台湾では正副総統を同時に選ぶアメリカ方式です。彼は独立志向が強いので、中共はより警戒しているようです。もともとはお医者さんで、台南市長や行政院長(首相)を経験されています。宙に浮いているポンカンは日本の代表処(大使館)からいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です