蛇窪信号所について考えてみる

 日本に鉄ちゃんや鉄子がどのくらいいるのかは分かりませんが、その分野は多種多様です。代表的なのは乗り鉄、撮り鉄ですが、私は場合はそれらもありますが、相直(相互直通運転)鉄&分岐器(ポイント)鉄です。

 それで、全国の分岐器鉄同志にとってはすごく有名な「蛇窪信号所」について、あまり専門的にならないように考えてみたいと思います。蛇窪は“へびくぼ”と読み、信号所は昔のことで、今は大井駅構内扱いになっています。

 そして、私はとても恥ずかしいことに、この信号所を通過していく列車の方向がどうしても理解できませんでした。上の写真は横浜方向から北側を見たもので、左側の2線が横須賀線、右側の2線が湘南新宿ラインとなります。

 つまり、横須賀線上りの次の駅は品川で、湘南新宿ラインのそれは大崎になります。頭の中で両駅を想像すれば、両線は左右が反対側に走っていくことになると長い間、疑問を抱きつつも思っていたわけです。

 でも、最近になってやっとそれが氷解しました。何のことはないのですが、この先の大崎駅東側で両線はクロスしていたのです。ちなみに、東海道新幹線もこの区間は横須賀線と並走していることは知られています。

 さて、前置きが長くなりましたが、蛇窪信号所は両線が平面交差していることに問題があります。それまで仲良く一緒の線路を使っていた横須賀線と湘南新宿ラインの上りはここで左右に別れます。

 しかし、横須賀線の上りは問題ないものの、湘南新宿ラインは下りの横須賀線と線路が交差しているので、万が一のときには大事故となりかねません。湘南新宿ラインと横須賀線の下りの交わりは一般的なものです。

 まして、相鉄の乗り入れにより今までより上下線で1日に100本近い電車が増えていますし、もともと貨物専用線ですので、現在でも貨物列車は通っていますし、成田エキスプレスなどもここを通過しています。

 ですから、平面交差が続く限り、どの路線も増発するのは難しいのではないかと思います。では、どうすれば良いかですが、素人なりに調べてみると、横須賀線から大井駅付近に「短絡線」(連絡線)を作る案がありました。

 こうすれば、湘南新宿ラインや相鉄・埼京線は蛇窪信号所のポイントを通過して右に曲がらず、横須賀線線路をお借りして大崎短絡線を通って大崎駅に到着することになり、安全性は格段に向上します。

 ただ、かなりの急カーブになること、用地が十分に確保されていないこと、地元の理解を得づらいことなどがあり、JR東日本が動くことは残念ながら、近年中にはなさそうです。あとは、蛇窪信号所で事故がないことを祈るばかりです。

 なお、3段目写真左側は北側から南側を見たもので、私が車内から撮りました。上段は写真はウィキペディアから、2段目はグーグルフォトから引用させていただきました。長々とお付き合いしてもらい、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です