駅前の違法カジノを根絶しよう!

 カジノを含む統合型リゾート施設事業(いわゆるIR)が1カ所も稼働していないのに、日本には世界でも深刻なギャンブル依存症が蔓延していると言われています。とても不思議なことで、確かに競輪、競馬などの公営賭博はありますが、それだけでは、そんな表現は使わないでしょう。

 もちろん、多くの皆さんが感づかれているように、その原因の大部分は駅前や国道沿いにあるパチンコ店で白昼堂々と行われている換金です。今まで何度かお伝えしてきましたので詳細は省きますが、「三店方式」という摩訶不思議な方法は明らかに違法であるということです。

 ですから、そこで真面目に頑張って働いている従業員さんはとても可哀想です。二人で愛し合って結婚しようと思っても、どちらかが(二人とも)パチンコ店で勤務していることが肉親などに知られると、破談になると聞いたことがあります。こうなると、人権侵害と言ってもいいでしょう。

 だから、そんなことにならないように、違法な換金をやめて、健全に遊べるホールやパーラーにすれば良いのです。それが実現すれば、わが国のギャンブル依存症の患者は激減するでしょう。公営ギャンブルの問題は残されますが、こちらは少なくても透明性は確保されていますので、仕方ない面もあると思います。

 ところで、国際観光産業振興議員連盟IR議連)という国会議員の団体があります。目的の一つであるカジノの合法化は理解しますし、私も富裕層を対象として富の再分配を行うことは何の問題もないと思います。ただ、この議連のもう一つの目的に「パチンコ換金合法化」があることにはすごく驚きました。

 しかも、この議連には与野党ともに2百数十人もの衆参議員が所属しているというのですから、さらにビックリです。そういえば、パチンコチェーンストア教会のことを紹介したとき、この団体の政治分野アドバイザーにもダブって名前が登場する国会議員も少なくなかったことを思い出しました。

 そして、写真の秋元司さんが特捜に逮捕され、今後の展開がどうなるのか関心がありますが、ただ単に賄賂だけではなく、政治の世界に広がる闇をえぐってもらいたいと思いまし、すでにその兆候は出ているようです。それを望んでいるのではありませんが、場合によってはかなりの疑獄に発展するかもしれません。

 また、これに関連して都内に本社のある大手パチンコチェーンにガサ入れが行われました。家宅捜索というのはそんなに簡単にできることではなく当然、裁判所の令状が必要です。でもなぜか、マスコミは社名を発表していませんが、裏社会に詳しい友人は、「それって、“ガイア”(GAIA)だよ」と言っていました。

 私にはそれが事実なのか分かりませんが、この企業は業界でマルハンダイナムに次ぐパチンコ大手だそうです。しかし、特捜によるガサ入れまでやられているのに、いつもだったら大騒ぎするのに、マスコミは会長や社長に記者会見を求めているとは聞いていません。不可解なことですね。

 今後、与党も野党も手を抜くことなく、検察の捜査も見ながら、徹底的に追求してもらいたいです。与党はいい加減にやれば、内閣や自民党の支持率は急減するでしょうし、野党も仮に身内にけが人が出ても、攻めの姿勢を加速しなければなりません。桜を見る会などとは比較にならないほど深刻な政局です。
(写真引用:ウィキメディア・コモンズ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です