この人たちのダブスタが醜い!

 意地の悪い安倍晋三さんの陰謀にまんまとはまってしまい、環境大臣に就任させられた小泉進次郎さんですが、国連での言動などで早くも能力がまったくないことが明らかになっています。きっと、安倍さんは一人でニヤッとしていることでしょう。

 その小泉進次郎さんに不倫問題が発覚しました。下世話な言い方ですが、私はおへそより下のことでいざこざが起きたときには、関係者がよく話し合って解決すればそれでいいと思っています。もちろん、刑事事件になればそれは許されません。

 それで、彼のダブルスタンダードですが、滝川クリステルさんとの結婚会見のときは、事前にマスコミをいっぱい呼んでおいて長い時間、官房長官に挨拶してきたとか、偶然、総理もいたから報告してきたとか得意げに喋っていました。

 それはそれで、おめでたいことですからけっこうですが、不倫問題が報道されると一転、「個人的なことはお話することはありません」と居直りました。普通は言い訳の一つでもするのでしょうが、あくまでしらを切り通すのでしょうか。

 だいたい、お相手はクリステルさんとも面識があるようですし、母校の後輩であるクリステルさんを悲しませるなんてとんでもありません。生まれてくる赤ちゃんに悪影響を与えないことを祈るばかりです。

 次に意地の悪さでは安倍総理と双璧と友人の社会部記者が言っていた、立憲民主党代表の枝野幸男さんのことです。ここで登場するのが嘉悦大学教授の高橋洋一さんと立民参議院議員の石垣のり子さんのお二人です。

 高橋さんは財務省の元キャリア官僚で、現在は保守の論客として活躍している方です。一方、石垣さんは昨年の参議院選挙で宮城県選挙区から当選した人で、前職は地元のFM局のアナウンサーだったようです。

 そして、その石垣さんが高橋さんのことを「レイシズムとファシズムに加担するような人物」と言い放ったのです。確かに立民の皆さんにとって高橋さんは目障りな方だとは思いますが、レイシズムとかファシズムとかは尋常ではありません。

 一人の民間人を気に入らないからといって、安易にレイシズムやファシズム認定すること自体が私は恐ろしく感じます。いつも申し上げているように、民主主義の危機は右側からやってくるとは限りません。むしろ、左側への警戒が必要です。

 しかし、枝野さんは彼女の発言を記者会見で問われると、驚くべきことに「私が何かコメントすることではない」と自慢げに超上から目線で開き直りました。立民代表ってそんなに偉いのでしょうか?この代表、本当に大丈夫でしょうか?

 最後は同じ立憲民主党で幹事長をされている福山哲郎さんです。彼はお人柄は良いようにお見受けしますが、委員会質問などで突然に激昂したり、かと思うと、諭すように話し始めたりと、感情の抑揚をコントロールすることが苦手のようです。

 彼もまた、立民の衆議院議員の下半身の不祥事について、離党届を受理しただけで、何の対応もしていませんし、それだけはなく、「捜査当局の判断を待っているときに、仮の話をしたら予断を与えます」などと悠長なことを言っています。

 ここまでお伝えすると、今日のタイトルの意味がお分かりいただいたと思います。特に左派や自称リベラルの対処は酷く、相手には徹底して謝罪や辞任を求めるのに、自分や自分たちが追い込まれると、ほっかむりする姿はすごく醜いです。

 もはや、伝統芸の域に達した「疑惑はさらに深まった」とダブスタ、連続ブーメラン投擲、意味不明のパフォーマンス、官僚吊し上げ集会など、すべて似たりよったりですが、縮小再生産への道をまっしぐらに走っているようです。