成田山開運号と新春特別大祈祷会

 今日のタイトルだけでもご利益が何倍にも感じますが、京成上野駅から「成田山開運号」に乗って、成田山新勝寺に行ってきました。スカイライナーが京成本線に投入されるのは朝晩の有料ライナーを除けば、このおめでたい時期だけになります。しかも、先頭車両のヘッドマークは歌舞伎の隈取のデザインで、令和初の開運号になります。ただ、車内はお客さんの数は少なかったです。

 そして、新勝寺の参道から境内は13日だというのにすごい人出で、有名な鰻屋さんでは3時間待ちと店員さんが叫んでいました。また、昨日は午前11時に本堂で御護摩祈祷をしていただきました。こちらもすし詰め状態でしたが、ほかの方を見習って自分のサコッシュをお坊さんに持っていってもらい、しっかりと祈祷してもらいました。太鼓と炎が何ともすごい迫力でした。

 余談ですが、そのサコッシュの中には本堂横で求めた友人に差し上げる新春限定のお守りが入っていたので、ご利益はさらにアップしたと思います。阿佐ヶ谷駅に着いてから友人に来てもらい、その経緯を話すと、とても喜んでくれました。お正月の幸せはやはり分かち合わなければと感じました。

 お寺をあとにしてからは、成田駅から単線の成田線で我孫子駅まで向かいました。初めて乗った路線でしたが、ゆっくりと空気が流れている田園の風景が素敵でした。我孫子駅からは常磐線に乗り換えましたが、両線とも前面展望を確保することができ、立ちっぱなしで疲れましたが、楽しいひとときでした。