原口一博先生!大丈夫でしょうか?

 現在は国民民主党の国会対策委員長を務められている原口一博さんには過去、杉並区議会議員選挙のとき、とてもお世話になりました。彼の地元の佐賀県に本社のある建設会社の東京支店が区内にあり、朝礼で挨拶をさせていただきました。

 また、彼の秘書さんが区議会選挙に立候補(結果は残念ながら惜敗)したことなどもあり、総務省の大臣室を訪問させていただいたこともあります。まったく気取ることがなく、とても親しみやすい方だったと記憶しています。

 そんな原口先生ですが、最近の言動が少し気になります。グーグルアースの件はけっこう有名になってしまいましたが、彼の数日前のツイッターでの発言はかなり変に感じました。文字どおりの“短文”は以下のとおりです。

『全く異質の事を共有しようと言っているのではありません。中国も民主主義国家です。一党独裁ではないかとの私の問いに共産党一党独裁ではない、他にた6あると答えてくれました。彼らにも人権を守る姿勢があります。それを貫いてくれる事を期待しているのです。私と共に中国の友人と話されませんか?』

 正直なところ、文脈がよく分からないのですが、それはそれとして、「中国も民主主義国家です」は到底、納得できないというか、あの日本共産党でさえ、先日の党大会で強烈に中国を批判しているのです。

 香港、新疆ウイグル自治区、チベットなどでの手段を選ばない弾圧、南シナ海や尖閣諸島での軍事行動などなど、あらためて詳しくは述べませんが、特に習近平体制になってからの中国共産党の振る舞いは民主主義の破壊者です。

 それから、共産党のほかにも6つの政党があるから「一党独裁ではない」は著しい勘違いです。確かに6つではなく8つの民主党派と呼ばれている政党があることはありますが、すべて共産党の完全な支配下にあり、影響力はゼロです。

 僭越ですが、こんなことくらいご存じないのでは、国会議員として、野党の国会対策委員長としていかがなものかと思います。これでは結果、中国共産党の思う壺であり、中共の露払いと言われても仕方ありません。すごく残念ですね。