今年もよろしくお願いいたします

 昨年の暮に母が他界しましたので、本来はこのような新年のご挨拶は控えなければならないとは思いますが、気丈で明るく、元気な彼女でしたので、その母の分まで含めてお許しをいただければ幸いです。なお、納骨は済んでいませんので、お正月は母も一緒に過ごしています。

 今年はいよいよ新病院のグランドデザインも出てくる予定ですので、その分野で奮闘努力してまいります。また、様々な政治活動も助っ人として働かなければなりません。もちろん、孫対応と鉄分補給も充実していきますので、変わらぬご指導を引き続きお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です