「ウルトラQ」が4Kで鮮やかに甦る

 円谷プロとTBSが製作した「ウルトラQ」は私たちの世代にとっては文字どおり、空想科学の世界で、タイトルバック(写真上)の文字がおどろおどろした音楽とともにできあがっていく様子が怖かったけど、楽しかったです。

 それで、そのウルトラQがNHKの4Kチャンネルで放映されています。1966年当時のオリジナル35mmフィルムを4Kリマスターしたそうですが、女性の写真の左下の髪の毛を拡大して見てください。すごいクオリティです。

 しかも、これはテレビの画像をスマホで撮ってパソコンに取り込んだものです。髪の毛もそうですが、お顔の皮膚までアリルに再現されています。なお、ウルトラQといえば「カネゴン」がとても有名です。

 右側のカネゴンはアマゾンで購入したフィギアですが、身長は5cmほどしかありません。これを自宅でスマホを使い写してフォトショップで加工して貼り付けたものですが、同じく実物のようです。画像技術の進化はとても早いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です