超私論~上手に歳を重ねるのには

 写真は以前に行われた母校の法学部同窓会幹事会の新年会で撮ってもらいました。会場は青学会館でしたが、ご覧のように老若男女が集い、同じ大学の同じ学部ということだけで、時間や空間を超えて、様々な話題で大いに盛り上がりました。

 そして、そのときに私が思ったのは、以前にもお伝えしたある団体の長の言葉でした。この方とは同年齢ですから多分、昨年に一線を引いているでしょうが、私が政治から距離を置こうとして、それを伝えに伺ったときのことでした。

 「門脇さん、これからは自分が楽しいと感じられる集まりだけに参加するといいよ」と彼は言われました。一瞬、意味が分からなかったのですが、あとになって理解することができ、それを実践することで、現在の自分があるような気がします。

 何だか抽象的な言い方で申し訳ないのですが、このことが今日のタイトルの一番手になっていることは間違いありませんし、あまり、「有意義に時間を過ごす」などを前面に持ってこないほうがいいようにも思えます。

 あとは、議員時代にはほどんど意識しなかったのですが、“今日は何を着ていこうかな”みたいなワクワク感も大切でしょうか。また、可能な限り異性と時間を共有することも一種の秘訣のようにも感じます。変な意味ではありませんよ!

 それから、同世代の人たちだけで群れないことも大切かもしれません。山登りや史跡探訪会も悪くはないのでしょうが、私は集団で移動する人たちの姿を見ると、自分が一緒に行動するのは無理だなと思ってしまいます。

 もちろん、趣味や家族はとても重要なことです。私で分かりやすく言えば、鉄道と百恵ちゃんです。これらも将来に向けて都度、修正をしなければなりませんが、計画を立て過ぎても、それがすべて良い結果を生むとも限りません。

 さらに可能ならば、現役時代に取り組んだことを一つでもいいから継続できると生き方に若干の余裕が出ると思います。私の場合は医療政策や総合病院の顧問活動ですが、これで勉強というものも必要になってきます。

 なお、何をやるのにも経済的な一定の基盤は必要です。ここはけっこう難しいところですが、逆にある程度はクリアーしないと、上手に歳を重ねることは難儀になってくるかもしれません。だいたい、そんなところでしょうか。

 もう一つ忘れていました。それはこの記事や写真のように自分を晒すこと、やや目立ちたがることです。しつこくならない程度にとの前置きを踏まえれば、それはそれで悪くはありませんし、SNSという格好の場も用意されています。

 以上ですが、勝手なわがままな考えと行動規範をダラダラと述べてきました。不愉快になったらお許しください。まあ、人生100年時代だそうですから、ぼちぼち進むしかないのでしょう。お互いにかっこよく生きていきましょうね!