梅大使~偕楽園は素晴らしいです

 昨日の続きですが、水戸駅から30分以上歩いて偕楽園に行ってきました。武漢肺炎の影響もあり、お客さんが減っているという記事を読んだことも理由の一つです。まて、せっかくですので、遠回りして好文亭表門から入りました。

 そして、清掃のオジサマと記念写真を撮り、竹林を抜けて好文亭に上がりました。建物はなかなか渋く、3階から見下ろす梅林がすごく素敵でしたし、椅子に座っている写真の部屋からの景色も同様でした。

 それから、広い梅林を見て回っていると、着物姿の美女が二人いました。聞いてみると(たすきに書いてありますが)「水戸の梅大使」とのことでしたが、実はこの写真はさらにお二人が合流して4人になったときに撮りました。

 それで、これは大切なことだと思っていますが、お土産の購入です。そんなにたくさん買ったのではありませんが、水戸の梅&のし梅はまったく同じような商品が2種類あり、店員のオバサマにそっとよりベッターを教えてもらいました。

 そのあとは、賑やかな東門から退出して駅に向いました。ただ、すぐには駅に入らず、セット観覧券に「弘道館」が付いていましたので、そこに行くことにしました。結果、その選択が大正解でした。それについては明日、お伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です