思い切ってこの機会に禁煙を!

 上の写真はJR阿佐ヶ谷駅南口に、下は同じく北口に設置されている公衆喫煙所です。いずれも杉並区が管理するものですが、今月からご覧のように閉鎖されました。区内のほかの駅前や規模の大きい区立公園の喫煙所も同様です。

 以前にもお伝えしましたが、先月からは改正健康増進法が施行され、特に東京都内では独自の条例が上乗せされて、喫煙者にはいっそう厳しい環境になりました。この喫煙所閉鎖はいつまで続くか分かりませんが、緊急事態宣言中は解除されないでしょう。

 そして、居酒屋さんなどは杉並でも駅周辺に集中していますので、店内に喫煙室を作ることができないお店のお客さんは多分、これらの喫煙所を利用したと思われます。しかし、以降はそれもできなくなってしまいました。

 そこで、これは何回も繰り返しになりますが、この機会をむしろチャンスと捉えて、思い切って禁煙されることをお勧めします。意思のあまり強くない私でも10年前に成功したのですから、できないことはないと思います。

 特に今回の新型肺炎は呼吸器そのものに悪さをするものですから、受動喫煙対策とは別の意味で深刻です。お酒を飲みながらの一服はとても気持ちの良いものです。だけど、それができなくなっているのですから、選択肢はさらに狭まりました。

 いつまでも、たばこの吸える場所を探し回ったり、何となく後ろめたい気持ちに落ち込んだりするストレスより、禁煙に成功するまでのストレスのほうが少ないようにも思えます。家族や友人にも間違いなく歓迎されるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です