素敵な冷凍タンブラーが届きました

 少し前にお伝えした「アサヒビールオリジナル アサヒスーパードライ 東京2020大会祈念エクストラゴールドタンブラー」という長い名前の賞品が届きました。申し込んだのは別々でしたが、二つが一緒に配達されました。

 まず、開封して驚いたのは、ずっしりと重かったことですし、タンブラーには“DRY”と五輪&パラリンピック”の“エンブレム”が上品に刻印されています。購入したらそこそこの値段でしょう。

 それから、このタンブラーを振ってみると、中で液体が動くのが伝わってきます。オリジナルの冷却ジェルが入っているので、その分だけ一般のタンブラーに比べて容量がかなり少なく、350ml缶でも2回に分けて注ぎます。

 そして、これを冷蔵ではなく冷凍庫で20時間以上、冷やして使うのですが、その前に乾いたふきんなどで内側を拭き取ります。そうしないと、残っている水分が氷になってしまいます。けっこう手間がかかりますね。

 ただ、注いでから60~90秒くらいで氷点下のスーパードライ(ほかのビールでも同じと思いますが)が楽しめるのは魅力的です。居酒屋さんに行かないので、家庭でそれができるのは嬉しいです。

 なお、写真上にステレオスピーカーみたいなものが左右にありますが、左がこのタンブラーを上から見たもので、右はTHERMOSのそれです。ちょっと見づらいのですが、賞品のタンブラーの容量が少ないの分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です