宝酒造の「純」にバージョンアップ!

 少し前に「この夏は甲種焼酎で乗り切ろう!」のタイトルで、宝酒造の「極上宝焼酎」について載せましたが、その上級品である「純」の紹介です。私は最近知ったのですが、このメーカーは実に多くの甲種焼酎を作っています。中には「レモンサワー用焼酎」とか「こだわりのレモンサワー用」というのもありました。

 それで、上級品と言っても、甲種焼酎ですから、それほどお値段が高くなるわけではありませんが、「純」は11種類の厳選樽貯蔵熟成酒を13%使っているそうです。これが「極上」ですと3%ですから、これから飲むのがとても楽しみです。また、お値段はメーカーサイトで3766円となっていました。

 それから今回、購入したのは一般的な25度でしたが、20度や35度のものもあるそうです。もっとも、家呑みでは濃度をいくらでも調節できますので、真ん中の25度が良いように思います。なお、サントリーの「樹氷」はすでに製造中止、アサヒの「大五郎」もパットせず、宝酒造の一人勝ちのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です