この夏は甲種焼酎で乗り切ろう!

 私は今まで申し訳ないことですが、甲種焼酎(サトウキビ糖蜜、大麦、トウモロコシなどが原材料)を乙種焼酎(本格焼酎&泡盛)のちょっと下に見ていました。実際、芋焼酎のロックをこよなく愛しています。

 そして、そのことは変わらないのですが、最近のレモンサワーブームに影響されて、毎日の家呑みでそれを作るようになりました。甲種焼酎と炭酸水とレモンとロックアイスを用意していますが、濃度を自分で調節できのがいいですね。

 それで、甲種焼酎は乙種と異なり、4リットルの業務用みたいなボトルで売られていることが分かり、早速、名門の宝酒造のそれを購入しました。酒屋さんから持ってくるのは難儀でしたが、その分を美味しくいただいています。

 それから、甲種焼酎は糖質と脂質、プリン体がゼロというのも魅力的です。また、乙種に比べて朝の目覚めが気のせいかもしれませんが、爽やかな感じです。つまり、いただく量にもよりますが、二日酔いになりにくいようです。

 ちなみに、ボトルの上に「極上」とありますが、一般のものに樽貯蔵熟成酒を3%使用しているそうです。これが13%になると同じメーカーの「純」になるとのことです。次回はこちらを買ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です