難儀なCOVID-19ワクチン開発

 COVID-19については今後、どのように感染が収まっていくのか、そうでないのか、依然としてとても心配ですが、それに対するワクチンや薬剤(治療薬)の開発が全世界レベルですごく急いで進められています。それらに関わっていらっしゃる製薬会社、研究機関、大学などで頑張っている皆さんに心より敬意を払わせていただきます。

 それで、COVID-19問題がなければ私たちは、「PCR検査」「ジョンズ・ホプキンス大学」も「アビガン」の名前を聞くことはなかったでしょう。その意味では、ほかの疾病と違って、世界のどこの国民であれ、COVID-19からすぐには逃れられることはできません。逆に言えば、知恵の出しどころですね。

 さて、2カ月以上前になりますが、私は「ワクチンへの過渡な期待は禁物かも」というタイトルの記事を載せました。少なくない皆さんからご賛同をいただきましたし、上から目線で恐縮ですが、物事はだいたい内容のとおりに進んでいます。もっとも、この考察は何人かの医師にお聞きしてまとめたものです。

 そして、政府もこのワクチン確保ではなかなか頑張っていますし、一つの製薬会社に頼ることはなく、今回、重大な副作用が発生した(その後に臨床試験を再開)アストラゼネカのほかにもファイザーとモデルナとの契約も進めています。ただ、正直ところ、アストラゼネカは18年前のイレッサのことがあるので心配はあります。

 ところで、治療薬(抗ウイルス薬)とワクチンとの違いですが、申し上げるまでもなく、治療薬は患者さんに投与するもので、ワクチンは健康な人に接種するものです。ですから、治験(臨床試験)のやり方も大きく異なっています。私には専門的なことは分かりませんが、急ピッチで行われているCOVID-19ワクチンの治験はこのあたりにも課題がありそうです。

 また、ワクチンを接種したあと、重い後遺症が出てしまった場合は、製薬会社ではなく、政府がその補償をするという方針も悪くはないのですが、それを始めから承知で接種を実施することは若干の不安があることも事実ではないでしょうか。その意味でも、慎重に治験を行ってもらいたいものですし、スター・トレックではないのですから、トランプ大統領の「ワープ・スピード作戦」はどうなんだろうと思ってしまいます。

 もちろん、目の前にある命運をかけた大統領再戦への向けての焦りもあるのでしょうが、世界を代表する、本来は商売敵である9つのバイオ企業が共同で「最高度の倫理的、科学的基準に基づいて臨床試験を進める」との声明を出したことも異例でした。本来は最短でも3~5年はかかるワクチン開発ですから当然でしょう。日本も社会経済を潰すわけには生きませんが、接種までは極めて慎重に対処する必要があります。

 それから、友人の医療関係者が興味深いことを言っていました。それは中国でのワクチン開発のことでした。彼曰く、「治験とか臨床試験とか言っているけど、ワクチンは新しいがん治療薬などと決定的に異なり、病気でもない被験者への人体実験だよ。もちろん、各国とも被験者への報酬などは支払っていて、保険会社ともリスク分散で契約をしているけどね。その点、中国はかなり優位に立っているんだ」と言いました。

 私が「それは分かるけど、どうして中国が開発でアドバンテージがあるの?」と尋ねると、「具体的なことは避けるけど、新疆ウイグル自治区やチベットでの人権弾圧、圧倒的に多い死刑囚の数から考えれば理解できるだろ」と返してきました。確かにかなり恐ろしいことですが、彼の国の共産党が何でもやり放題のお国柄からすれば、人体実験という単語からも結論は導けそうです。ワクチンで世界に恩を売るつもりなのでしょうか。

 いずれにしても、治療薬の開発というか、どれとどれを組み合わせることによって、COVID-19の患者さんに効くのかも分かってきましたし、ワクチンへの期待も当然です。でも、依然とし“未知のウイス”なのですから、やっぱり、日本ではかなり確立されている社会的約束事を守っていくことが、少なくても当面はワクチンや治療薬に匹敵する最大のやり方と思います。

(写真は数多い中国のワクチン開発グループの中でもっとも進んでいると言われている“シノバック・バイオテック”の開発中のワクチンです。中国には「武漢生物製品研究所」というシュールな名称の企業もありますし、人民解放軍でも開発を急いでいるようです。何となく怖いもの見たさのようでもありますね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です