「キリン一番搾り糖質ゼロ」はどうかな?

 鮮やかなブルーのアルミ缶には、「一番搾り麦汁だけでつくった糖質ゼロ。おいしいに決まっています」と書かれています。かなり自信たっぷりな表現ですが、本当にそうなのか、早速、購入して飲んでみました。

 それで、健康食品や健康器具ではお馴染みになった「個人の感想」としては、なかなか“微妙”な味わいでした。これまた、個人的には今後、同じビールを買うことはないと思います。

 また、確かに糖質ゼロは日本初なのですが、3年ほど前にアサヒビールから糖質50%オフの「アサヒ ザ・ドリーム」という生ビールが発売されました。当時はラグビーの五郎丸歩さんを使ったCMが流れていました。

 しかし、この鳴り物入りの新製品はわずかに2年ちょっとで製造終了となってしまいました。だからというわけではありませんが、なかなか、ビールで糖質を減らす、なくすことと旨さの両立は難しそうです。

 もっとも、近年の糖質や脂質を排除するブームみたいなことを考えると、あるいは、血糖やHbA1cの数値、糖尿病などへの影響を考慮すれば、若干の旨さを犠牲にしても、今回のビールの選択肢もありかなと思います。