もの凄くレアーな車両に遭遇!

 最近は諸般の事情からすっかり「YouTube鉄」になってしまいましたが、やはり、実際に見る鉄道車両はいいものです。特にあまりというか、ほとんど見る機会がないレアーな編成に遭遇したとき、それも事前に調べたのではないときは極楽の殿堂、悦楽の境地となります。

 それで、イトーヨーカドー武蔵境店で買い物をして、駅のホームに上がると、やって来たのは中央線快速で暫定的に運用されている極めて珍しい編成でした。どのくらいレアーかと言えば、数多い中央快速線の中でわずかに2編成しかありません。それが目の前で見られて、乗車できたのですから、当日は寝るまで興奮気味でした。

 そして、その理由は中央線快速にグリーン車が増結されるためです。詳細は鉄オタ以外はややこしくなりますので省きますが、そのことにより、既存車両にトイレが必要になり、その工事期間中は予備の編成を投入しなければならないからです。これを順番に行っているわけです。

 ですから、車両工事と並行して駅ホームの延伸も行われています。つまり、グリーン車2両分のスペースを確保しているということです。写真は武蔵境駅の延伸工事のものですが、中央線快速が走っている駅では順次、このような工事が行われています(五日市線など一部の例外はあります)。

 なお、運転席の前面展望の写真がありますが、上部の白いプレートみたいなものに、「東京~高尾・宮ノ平 限定運用車」と書いてあります。文字どおり、この範囲外では走行できないということですが、グリーン車の運用区間は中央線の大月駅まで、青梅線の青梅駅までのようです。

 それと、グリーン車の利用は2023年度末までに実施予定ですし、普通車のトイレ使用は工事が終わった車両からすでに始まっているようです。こちらも、すべての編成で使用可能となるのはグリーン車と同じ時期だそうです。また、早朝&深夜の中央・総武緩行線での走行も終了になると思います。