とても興味深い二つの図表

 夜中にトイレに起きて、珍しく寝付けなかったので、テレビのスイッチを入れたら、全米女子オープンがライブ放映されていました。現在、最終組は15ホールですが、渋野日向子さんの優勝を願いながら、更新ボタンをポチッと押して、ワンコの散歩に行きます。

 さて、医療財団役員としてやるべきことは多いのですが、最近はCOVID-19に関することの連絡調整が業務のメインになっています。これは仕方のないことなのですが、全面建て替えを行う新病院のことを始めとして、コロナ以外のことも少なくない毎日です。

 それで、タイトルのようにとても興味深い図表をSNSなどで見つけました。まず、上のものですが、すごく分かりやすいですね。実はこれには「マスクやフェイスシールドの効果(スーパーコンピューター『富岳』によるシュミレーション結果」という題名が付いています。

 このところ、大活躍の「富岳」ですが、このスグレモノを使った飛沫拡散のシュミレーションをご覧になられた皆さんも多いと思います。これを駆使してマスクなどの吐き出し飛沫量と吸い込み飛沫量を比較しています。数量が多いほど効果がないというものです。

 そして、これを見るとやはり、不織布マスクをお互いに着けているケースがもっとも感染させるリスクと感染するリスクが少ないことが明らかになっています。また、フェイスシールド(だけ)やマウスフィールドは二つのリスクにはほとんど役に立たないということも分かります。

 私は特にマウスシールドに文句をつけるつもりはありませんが、テレビのバラエティ番組などでこれを着けて大声を発していることを見たことがあり、何となく「ああ、やっている感だけを演出しているな」と思いました。でも、幸いにして街中でこれを利用している人を見たことはありません。

 ただ、皆さんに押し付けるつもりはまったくありませんが、ファーストフード店やレストランのカウンターの向こう側で、店員さんがマウスシールドだけを着けて食べ物を渡したり、料理をしていることがあれば、彼ら彼女らの飛沫はほとんど防げていないと考えたほうがいいと思います。

 それから、下段のものですが、これはフェイスブック友だちになっていただいた、大阪大学名誉教授の宮坂昌之先生が紹介されていた記事の中にありました。それによると、オーストリアのウイルス学者の方が言われていることで、コロナ対策にはイラストのスイスチーズ・モデルが大事だということです。

 スイスのエンメンタールチーズを切ってみると。たくさんの穴が空いていて、これをコロナ対策になぞらえているそうです。すなわち、単独の対策では穴は塞げないが、何層にも方策を重ねればお互いに穴が封じられて、最終的に防御策がうまく講じられるということのようです。

 さらにここからが秀逸で、チーズの壁は左から、対人距離保持、マスク着用、手を洗う、咳エチケット、密の場所では滞在時間を短く、迅速な検査と経路追跡、送風・換気、政府からのはっきりとしたメッセージと財政的な補助、有事の自己隔離、ワクチンとなります。

 私はこれを見て、読んで「なるほど!」と唸ってしまいまし、あらためて、基本の徹底が大切だなとも思いました。もう一つ象徴的なことはワクチンが最終の壁になっていることです。つまり、大いに期待をするが、それまでにやるべきことはいっぱいあるということでしょう。ここが大切ですね。

 なお、上の図表については、国立大学法人豊橋技術科学大学のプレスリリースから引用させていただきました。この大学は新潟県にある長岡技術科学大学と並んで、全国の高等専門学校(高専)からの編入生が8割で、大学院への進学が同じく8割だそうです。再び技術立国・日本を目指し、頑張ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。