「マウスシールド」はいかがなものか

 最近、テレビのバラエティ番組などで、出演者の皆さんがマウスシールドを着けている姿を見かけることが増えてきているようです。それはそれで、目くじらを立てるほどのことではないような気もしますが、少なくても、医師など医療従事者や専門家でこれを推奨する人は一人もいません。

 もともと、マスクそのものも人から罹患しないこともありますが、ほかの人に罹患させない効果が大きいと知られるようになっていて、これはスーパーコンピューター「富岳」などを使った実験で証明されています。

 そして、その実験でもマウスシールドのしない、させない効果は極めて少ないことも分かっています。それなのに、テレビの向こう側ではこれを着けて、芸能人たちが距離も取らないで、けっこう大声で喋っているのはなぜなのでしょうか。

 それで、友人のテレビ局社員に電話で聞いてみました。彼は報道セクションなので、担当者に聞いてくれたそうです。曰く「そんなことは分かっています。ただ、こっちも“やっている感”だけでも演出していないと、やっぱりまずいですからね」とのことだったそうです。

 実際、出演者の間に設置されているアクリル板を含めて、「大丈夫なんですか?」みたいな視聴者の声も少なくないとのことです。“やっている感”はやはり問題でしょう。そんなことだから、自粛警察の出番となるようにも思えます。個人的なお願いですが、効果のないマウスシールドはやめてもらいたいですね。

 特に、テレビの世界はともかく、飲食店の調理人さんやファーストフードの店員さんがこれを着けて仕事をしているとなれば、それは大いに問題でしょう。私自身はお店に入ってその光景を見たら、食事やテイクアウトをせずに、すぐにUターンして外に出ることにしています。

 なお、手話通訳者がこれを使用していることがありますが、発言している人と、手話を読み取っている人の距離が2m以上あれば、むしろ、使わないほうが口元の動きがよく理解できると思います。いずれにしても、何でこんなものが流行しているのかですが、“やっている感”しかないのでしょう。アリバイ的で嫌な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です