台湾から素敵なマスクが届きました

 日本でも布やウレタンのマスクはカラフルなものもありますが、感染防止にもっとも効果的と言われているサージカルマスクは残念ながら、白色かブルーやピンクの淡色のものしかなく、これからもけっこう長いお付き合いになることが確実なマスクですので、どこかに可愛い、素敵なものがないかと探していました。

 それで、ありました!やっぱり、世界でいちばんのCOVID-19対策を講じている台湾(中華民国)のサイトに様々なマスクが販売されていることが分かり、早速、いろいろな種類のサージカルマスクを購入しました。右下は孫のためですが、ちゃんと、サンリオの承諾シールも付いていました。

 その以外は大人用のものですが、早く着けたくなるようなものばかりです。ほかにもすごくたくさんの種類があって、見ているだけでも楽しくなります。ここにあるごく一部はわが国での販売も始まったようですが、品数は限られていて、やはり、現地の豊富な種類から選ぶのはそれだけでもウキウキしてきます。

 そして、価格も比較的廉価(サージカルマスクですから使い捨てです)で、梱包や納品書などもしっかりしていました。航空便事情はあまり良くないと思うのですが、発送から1週間でわが家に届いたのはちょっと驚きでした。なお、台湾のサイトでは値段が「$」と表示されいることがありますが、これは米ドルではありません。

 それから、使い方はそれぞれでしょうが、例えば、上の段の4種類はプライベートのお出かけに、下の薄い花がらのものは職場にはどうでしょうか。このくらいの淡い色や柄でしたら、多分、上司から注意されることはないでしょうし、同僚から羨ましがられるかもしれませんね。

セブンの惣菜パンは美味しいですね

 昨日からセブン-イレブンのアプリからpaypayが使えるようになり、これでますます、セブンでの買い物が増えそうです。ただ、こうなると、7payの失敗はとても残念だったと思います。まあ、今言っても詮無いですね。

 それで、そのセブンから美味しい惣菜パンが発売になりました。「ローストビーフロール山わさびソース」「たんぱく質が摂れるたっぷりサラダチキンロール」ですが、お値段は少々高めなものの、それだけの価値はあると思います。

 ところで、最近はコッペパンがブームのようですが、今回紹介した商品も作りはコッペパンのようです。小学生のころは給食で毎日のように出てくるコッペパンがあまり好きではなく、たまに登場するお砂糖をまぶした揚げパンが楽しみでした。

ハワイABCストアでのお買い物(第2弾)

 誰もが大好き「ハワイ ABCストア」とクレジットカード・JCBのコラボ企画の第2弾は、何と!送料の無料でした(現在はこのキャンペーンは終了しています)。海外から商品を購入するときの最大の難点は送料の金額が大きいということではないでしょうか。場合によっては商品の価格よりも送料が上回ってしまうということもあり、それがネックになっています。

 もちろん、今回はABCストア限定ですが、ここの通販はけっこう品揃えも豊富で、とても信頼感があります。実際、私も前回のキャンペーン(25%ディスカウント)を利用したときも、まったく問題ありませんでしたし、お馴染みのナッツチョコレートは差し上げた皆さんの評判も良かったです。何よりも海外から荷物が送られてくることはそれだけで楽しいです。

 そして、写真はごちゃごちゃしていて恐縮ですが、今回、買ったものはキティちゃんグッズがほとんどです。4種類のトートバッグ、真ん中はちょっと見にくいのですが、チョコレートのお得パッケージです。それから、写真にはありませんが、定番のLIONコナ・コーヒーも注文してみました。ちなみに、私が着ているのは生地を裏返しにしたアロハシャツのボタンダウン版です。

 ちなみに、今回の買い物の合計は$47.88で、通常時の送料は$28.82です。また、JCBからは日本円で請求されますので、この金額が5097円でした。これを見ても、送料が無料というのはいかにメリットが大きいか分かります。なお、JCBでは現在、第3弾として$40.00以上の利用があれば、25%のディスカウントになるキャンペーンを実施中です。こちらは来月末までとなっています。

Uchi Café&八天堂のコラボスイーツ

 どこの地下鉄の駅かは忘れたのですが、そのに続く通路の途中にあった八天堂の「くりーむパン」がとても美味しかったです。その後、それに出会うことはなかったのですが、今度はローソンでコラボ商品を見つけました。

 2種類あって、「かすたーどチョコたい焼き」と「かすたーどチョコロール」で、チョコロールは普通に美味しかったですし、たい焼きはあのもちもち感が懐かしかったです。どちらも、一昨日から販売されているようです。

 また、お値段ですが、チョコロールは220円(税込み)、たい焼きは180円(同)でした。それから、カロリーはそれぞれ、259kcal、212kcalです。八天堂ファンの皆さんは試されたらいかがでしょうか。

「プライチ」の罠にはまってしまった

 セブン-イレブンの「プライチ+1」を知ってから、いい意味で罠に落ちたようです。もっとも、会員カードやクーポン(券)を買い物で使うことをしなかったのは、私が今まで面倒くさいのでそうしてきただけのことです。

 それで、先々週に「午後の紅茶 おいしい無糖」を購入し、先週はそのご褒美で「午後の紅茶 MILK TEA」をもらいました。同じく先週には「ワンダ 極 微糖」「ワンダ 極 カフェオレ」と買って昨日、「ワンダ 極 贅沢な糖類ゼロ」を2本もらいました。

 さらに、この2本をゲットしたとき、次のプライチ商品「キリン ファイア ワンデイ ブラック」を2本、お約束的に購入してしまいました。もちろん、来週には同じものか「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」が合わせて2本、無料でもらえます。どうやら、無限連鎖への突入です。

 これからは、毎週火曜日が楽しみになりますが、お店の方にお聞きしたら、「1箱お買いになれば、もう1箱差し上げますよ」と言われていました。つまり、“お一人様◯個まで”という縛りはないようです。もちろん、好きでもないものを買っても仕方ありませんね。

 ところで、私のSNS友だちにはセブン-イレブンのオーナーさんが何人かいるのですが、こういった場合の経費は全額を本部で負担するそうです。ですので、お店としては2個が売れたということになり、それを聞いてちょっと安心しました。無料のおむすびも同じ理屈なのでしょう。

鉄分補給が少し苦しくなってきました

 昨年の今ごろまでは休日を使って、毎週のように大好きな電車に乗り、日帰りですがどこかに出かけていました。それが昨年3月3日の高尾山参拝を最後に、その回数が激減したというか、趣味の領域では完全にゼロになりました。

 ですから、鉄オタの私の鉄分は著しく欠乏状態になるところですが、何とか工夫して補給しています。そのほとんどが先日も紹介したYouTubeで、とりわけ、前面展望動画になります。これも同様に4Kも増えているので、ありがたいことです。

 それで、写真の説明ですが、大好きな京阪電車本線の守口市駅手前の様子で、乗っているのは特急の淀屋橋駅発、出町柳駅行きです。京阪は種別が多いので、京橋駅⇔七条駅ノンストップの快速特急「洛楽」の動画もちゃんとあります。

 また、映像を観ながら、「森小路ってもりしょうじと読むんだ」「パナソニック本社の最寄り駅は門真市ではなく西三荘だったのか」「滝井駅と土居駅の間はすごく近いよな」「朱色の柱が見えたら伏見稲荷駅だな」など、楽しみは尽きません。

 こんな感じですが、最近はほとんど関西の私鉄やJRの新快速の動画を観ることが多くなりました。まだまだYouTubeで我慢できそうですが、いつかは大阪のホテルに5連泊くらいして、電車を乗りまくり、あいりん地区や飛田新地も再訪したいですね。

これは懐かしい!「復刻版ホームランバー」

 「メイトー」という名称は「共同乳業株式会社」の商品ブランドだということを初めて知りましたが、そのメーカーが製造している「ホームランバー」を小学生のときは毎日のように食べていました。現在はどうなっているのか分かりませんが、その「バー」に当たりが刻印されていて、しかも1塁打だったら1本、本塁打だったら4本をもらえたような記憶があります。

 そして、この製品そのものは継続して製造販売されていたようですが、1960年の販売当時の銀紙デザインの復刻版をコンビニで見つけ、早速、購入しました。もう数十年前のことですが、お味は変わっていないように感じました。正統派のラクトアイスですね。ただ、昔はチョコレート味はなかったと思いますが、それはそれで、そちらも美味しくいただいています。

接種日はおニューのラグビージャージで

 COVID-19ワクチンの先行接種が医療従事者を対象に始まりましたが、その第1号となられた国立病院機構東京医療センター院長の新木一弘先生の言葉を目にしました。いわく「注射は好きじゃないが、痛くなくて良かった」と言われたようです。

 私などはこの一言で接種への怖さが氷解しました。あの長い針が垂直に入っていく光景を見ているだけでビビっていましたが、これで一安心です。あとは接種日ですが、私たち夫婦の順番は4月以降と伝えられています。

 ただ、ワクチンの供給日程が遅れることもあるでしょう。前回も申し上げましたが、それまで静かに待っています。これまでも少々窮屈な生活を過ごしてきましたので、半月や1カ月くらいは十分に我慢の範囲ですね。

 それから、先行接種は1~2万人と聞いていたのですが、4万人の皆さんが手を挙げてくれたようです。それに続く一般の医療従事者の希望者も当初より100万増えて、合計で500万人くらいになりそうです。

 これはとてもありがたいことです。もともと、ファイザーのワクチンは日本人の治験(臨床試験)の数が少ないと指摘されていました。もちろん、そのことを含めて承認されたのですから、大きな問題ではないと思っていました。

 ただ、罹患者や重症者、死者の数を世界の国々と比較すると桁違いに少ないので、「日本(人)の何らかの特徴が影響しているのでは」と言われていました。ですから「だったら、そのワクチンは日本人に打って大丈夫かな」との疑問もありました。

 でも、これだけの医療従事者が大変失礼な言い方になりますが、日本人への「治験」を大規模にやってくれると言えなくもありません。もちろん、承認されているのですから治験ではありませんが、国民にとってこんな力強いことはないでしょう。

 しかも、1万人についてはその後の経過、副反応などをシビアに追い続けるのですから、すごく参考になることは間違いありませんし、実際、これによって、国民の皆さんのワクチンへの不安が少なくなってきているようです。

 それで、その医療従事者の皆さんからワクチンを打ってもらうのですから、きちんと清潔な服を着て、謙虚な気持ちで臨まなければなりません。また、上腕への筋肉注射ですから、半袖が望ましいと思います。

 ということで、大好きなカンタベリーのラグビージャージを購入しました。3週間後にはもう一回、接種しますので、2枚を用意しました。あとはできればですが、接種直前に「チクッとしますよ」と言ってもらうとよりありがたいです。

 それと、海外の接種とその効果についてはイスラエルのケースが連日、報道されています。まだまだ分からないことも少なくないCOVID-19ですが、同時にワクチンの有効性もかなり明らかになってきました。感染、発症、重症化などです。

 私は天の邪鬼ですから、もしも、イスラエルの結果が惨憺たるものだったら、日本はどうしたのだとうかと想像してしまいました。これは結果ですが、少し前に書いたように、日本の接種の遅れが逆にアドバンテージとして役立っているようです。

 追加です。ワクチンの保存については超低温冷凍庫が必要で、このことが流通や接種場所での管理の隘路になっていましたが、ファイザーでは一般的な医療用冷凍庫でも2週間は保存できると発表しました。

 これから、アメリカはもとより、日本でも厚労省の承認が必要になりますが、ぬか喜びは禁物だと分かっているものの、それで問題ないとなれば、接種環境が劇的に向上します。なお、温度はマイナス15~25度だそうです。

「ミラクルギフトパレード」を観たいです

 以前に百恵ちゃんとサンリオピューロランドに行ったことをお伝えしましたが、彼女からは会うたびに、「また、来週行こうね」とリクエストがあります。なぜ“来週”なのかは不明なのですが、すごく楽しかったのでしょう。

 それで、諸般の事情からすぐに行くことは現在のところ避けていますので、YouTubeのお世話になっているのですが、特に「ミラクルギフトパレード」は素晴らしいですね。30分くらいのショーですが、何回見ても感動します。

 しかも、4K配信をしてくれている動画も多くなっていますので、55インチテレビで観るとかなりの迫力です。また、同じショーでも多くの皆さんがそれぞれの角度でアップしてくれているので、飽きることもありません。

 ただ、こうなるとLIVEで観たいという気持ちも高まってきます。残念ながら、COVID-19の影響でショーは中止されているそうですが、いつかきっと、百恵ちゃんの「来週」が実現できるでしょうし、それを今から楽しみにしています。

「鬼滅の刃」マグネットコレクション

 映画「鬼滅の刃 無限列車」の次回作が今から楽しみですが、孫の稜ちゃんはグッズ集めに夢中ですし、ジイジとバアバもそれにできる限りお手伝いしています。それで、そのグッズはシールが多いのですが、冷蔵庫などに貼るマグネットを見つけ、どうせならと思って、全14種が入っているコンプリートBOXを購入しました。

 また、この手のものは単価✕個数よりもけっこう割高になっていることが多いのですが、比較的良心的な価格で買うことができたのは良かったですし、結果、ダブリがなくて経済的です。また、その大きさも想像していたより大きく、そんなに頑丈ではありませんが、今までの中ではすごくかっこいいと思いました。稜ちゃんの反応が楽しみです。

特典などをちゃんと使うことにします

 私は今まで、コンビニなどで精算するとき、お店の人が「◯◯カードはありますか?」とか「クーポンをお持ちですか?」とか言ってもらっても、面倒くさいので否定の意味で「いいです」とずっと返していました。

 ところが、先日、セブン-イレブンの1個買うともう1個もらえる(これを「プライチ」と称するそうです)ことにすっかり味を占めてしまい、「それでは、使えるものはすべて使ってみよう!」と一念発起しました。

 それで、直近では写真の商品を購入してきました。「午後の紅茶おいしい無糖」は後日、同じく「ザ・マイスターズ・ミルクティー」がもらえました。ただ、無糖レモンも買ったのですが、こちらは対象になっていませんでした。

 それから、スマホに届くクーポンでおにぎりを1個、無料でいただきました。マリオたちのお菓子パンは、スマホのバーコードを店員さんが読み取ってくれて、抽選ですが、オリジナルグッズが当たるとのことです。

 あとは「春木屋監修チャーシュー麺」ですが、こちらは50円引きになっていました。夕方になると値引きになるのとは違って、終日、この価格のようです。だいたい、こんなところですが、これからも追い求めて行きますね。

肩車が大好きになった百恵ちゃん

 正確には「大好きになった」ではなく、「(私が)大好きにさせた」ですが、特に最近は彼女からのリクエストが多くなっています。もちろん、十分に注意をしてやっていますが、彼女いわく「だら~んもやって!」が追加注文になりました。

 それで、縦長の写真ですが、時間は極めて短く、足首を持って安全にやっています。やはり、二人のお兄ちゃんの影響は大きいようですが、問題は私の体力がいつまで続くかということですし、さらに難しいことを要求してきそうです。

 ところで、百恵ちゃんはまた、髪の毛を切りました。本当は2枚の写真のように縛るととても可愛いのですが、どうも嫌がってそうさせません。ですので、一段といたずら度が増したようなお顔になり、ジイジは楽しく悩みそうです。

 

マスクと消毒液が購入できる幸せ

 今になってみれば、「大変だったけど、何とか工夫して乗り切ったのかな」という思いです。もちろん、COVID-19の影響で、街中からマスクや消毒液がなくなり、どちらも、購入することがとても難しくなった当時のことです。

 それが、それほどの時間がかからずに、どこのお店でも買えるようになりましたし、価格も安定しています。現在では、マスク、手指消毒、3密回避が誰でもが守っている約束事になりましたが、あの時期はそのうちの二つがそもそも入手困難でした。

 当時を思い出してみると、お店やレストラン、公共施設などの入り口に置かれていた消毒液はまるで「しばられ地蔵」のようになっていました。盗難防止だったのでしょうが、どこでも、誰でもが厳しい体験をしていました。

 ですから、私などは店頭に、通販サイトに、これらの品物が不足なく出ていることをありがたいと感じています。3密回避は行動変容で対処できましたが、マスクや消毒液は現物がなければ防ぐことができないので、なおさらそう思います。

 ところで、写真ですが、国産の白十字製のマスクとイトーヨーカドー100周年限定のそれ(中国産)です。どちらも、社名の彫刻印が右下にありますし、イトーヨーカドーのものは30枚入りで個別包装されていました。

 また、右端にはあの「サラヤ」とセブン&アイがコラボした消毒液(後ろは詰替え)ボトルがあります。サラヤ製品は一時期、絶望的に店頭から消えていましたが、こんな素敵なコラボで登場したことは嬉しいです。

ワクチンクーポンを静かに待ちます

 わが国でも最前線の医療従事者へのCOVID-19ワクチン接種が間もなく始まります。その後の接種日程については概略が発表されていますが、様々な制約もあり、それが遅れることもあるでしょう。

 もちろん、それについての批判報道も当然のように出てくるでしょうし、ワクチンの効果そのものに対しての疑義みたいなものも飛び出すと予想されます。日本は民主主義国家ですから、それを抑え込むことはできません。

 ただ、接種業務を担う全国の区市町村は一所懸命に頑張っていることも事実で、未曾有の国難に対処しているのです。私は長い間、地方公務員の皆さんに接してきましたが、大きな目標には全力を出し切ることを知っています。

 ともすると、「お役所仕事」などと揶揄されることもありますが、少なくても今回のことについては接種体制を確立するために、地元の基幹病院や医師会とも連携して、仕事を黙々と進めています。

 しかし、何と言ってもこれだけの業務は初めてなので、関係機関とのコミュニケーションがなかなか順調にできていないこともありますが、必ず隘路を切り拓いてくれると確信しています。

 実際、杉並区長の田中良さんともメールでやり取りをしていますが、彼も「区、病院、医師会のコミュニケーションがとても大切です。これが固まることによってスムーズな接種体制ができます」と、準備に余念がありません。

 ですから、私と妻は自宅にクーポンが届くのを落ち着いて待ちます。考えてみれば、個人は何もしなくても、多少の遅れはあるでしょうが、その指示に従っていけば、ワクチンの接種を受けることができるのです。しかも、すべてが無料です。

 ありがたいですね。でも、心配なこともあります。それは欧米での接種の様子をビデオを見ていると、「あんな長い針を垂直にズブっと刺したら痛いだろうな」と、ちょっと怖くなることです。私は注射が小さいころから苦手なのです。

 それにしては、打ってもらっている皆さんの顔の表情に特に変化はないようですし、筋肉注射が必ずしも痛いとは限らないと聞いていますので、接種までの時間、「筋注は痛くないぞ!」と信念強化しなければと思っています。

販売停止の決定取り消しは大歓迎です

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ビール缶に表記されている英語のスペルが間違っていたことにより、ファミリーマート限定の「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」が販売停止になっていました。

 それが、ファミマとサッポロで慎重に検討を重ね、お客さんのご意見を真摯に受け止めた結果、そのままで発売することにしたそうです。つまり、スペルはそのままということです。

 そのスペルですが、「LAGER」と表記するべきを「LAGAR」となっています。EとすべきところがAになっていたということです。ただ、表示はご覧のように極めて小さく、言われてみなければ分からないレベルです。

 でも、上述のように両者で悩み、それを公表し、廃棄をしなかった選択は大いに評価できるような気がします。ですので、私も近所のファミマで早速、購入しましたが、お世辞抜きで美味しかったです。レトロなデザインも素敵ですね。

3種類を上手に使い分けています

 この歳になると外からは分からないものの、身体もけっこう疲れてきていますので、肩こりや腰痛などはそれほど酷くはありませんが、それでも、薬のお世話になっています。

 それで、私が使っているのは写真の3種類です。左の「メンタームQ」すり傷切り傷でお馴染みの「メンターム」と同じ会社のもので、匂いはかなり強烈ですが、そこがまた、効能があるように感じます。

 真ん中は以前にも紹介した「タイガーバーム」ですが、街中のドラッグストアで売っていることはほとんどないようです。ですから、私はいつも通販で購入しています。ただ、偽物も少なくないようですから、要注意ですね。

 そして、右は「スミルスチック」で、上述の二つは第3種医薬品ですが、こちらは医師が発行する処方箋が必要になり、それを持って調剤薬局で受け取ることになります。つまり、保険適用になるお薬です。

 なお、奥にいるお嬢さんはもちろん、お薬ではありませんが、それ以上に私を和ませてくれるいちばん効き目のある最高のお薬と言っても良いかもしれません。私が写真を撮っていたら偶然、入り込んできました。

これはかなりのお買い得でした

 まずは写真の説明ですが、上がセブン-イレブンで購入した「ガーナチョコレート」「じゃがりこサラダLサイズ」です。私たちの世代ですと、この赤い箱にとても親しみを感じますし、じゃがりこもお馴染みすぎるくらいの定番です。

 そして、下ですが、同じくガーナチョコレートの「ローストミルク」「ホワイト」「ブラック」の3種とじゃがりこのり塩バター味です。また、見づらいのですが、斜めになっているのはレシートです。

 それで、「そんなことは見れば分かるじゃないか」とご指摘されそうですが、きょうのタイトルどおり、上の6個を買ったら、少し時間をおいて、下の6個がタダでもらえたのです。

 もちろん、好きでないお菓子でしたら、いくらタダでも買う価値はないと思いますが、ガーナチョコレートもじゃがりこも大好きですから、大いに満足でした。「10個ずつ買っておけば良かったな」などと欲張ってはいけませんね。

「白髪ぼかし」が3週間に1回になる

 床屋さんに行くのはだいたい1カ月に1回くらいでしたが、調髪のときに「白髪ぼかし」も一緒にお願いしていました。以前にも紹介しましたが、これは真っ黒に染めるのではなく、おしゃれな感じに仕上がるので、とても気に入っていました。

 ただ、白髪になるスピードが早くなってきましたので、先生と相談して、3週間ごとに、調髪&白髪ぼかし→白髪ぼかし→調髪&白髪ぼかしのサイクルにすることになりました。これでちょうどいい塩梅になると思っています。

 でも、出かけることや友人と会う機会はかなり減っていますので、おしゃれをしてもそれを見せる人がいないのは残念ですが、それはそれとして、身の回りをきちんとしておくことも大切だと、自分に言い聞かせている毎日です。

 なお、耳にサランラップみたいなものを巻いていますが、これは白髪ぼかしの薬液がそこに染み込まないためとお聞きしました。また、頭髪が白っぽくなっていますが、薬液そのものは生クリームのような色をしているためです。

「クイーン・エリザベス」がやって来る!

 ちょっと大袈裟ですが、もはや「第四次日英同盟」締結と言っても良いかもしれません。先日、日本とイギリスの外務大臣と防衛大臣のいわゆる「2プラス2」が開催され、中国共産党に対する両国の連携強化が行われました。

 その一つが写真の英国最新鋭空母「クリーン・エリザベス」が年内に日本など東アジアにやって来ることです。もちろん、ただ来るだけではなく、日本との共同演習を実施するでしょうし、これに米軍が加わることもほぼ確実です。

 私には具体的な行動は分かりませんが、この英国空母にアメリカ原子力空母「ロナルド・レーガン」が並走し、さらにその両端には海上自衛隊の「かが」と「いづも」が展開する光景も実現するかもしれません。

 当然、作戦は中国共産党をターゲットにしたもので、日本周辺海域での演習は彼の国にとってかなりの驚異になると思いますし、南シナ海などでやりたい放題の中共はとても嫌がるはずです。最近の中共は調子に乗り過ぎていますから自業自得ですね。

 また、中国共産党の支配下にある海警局がこれまたやりたい放題できるように法律を施行しましたが、それへの対抗策にもなるはずですし、香港や新疆ウイグル自治区での乱暴狼藉についても同様です。

 さらに、NATOのインド太平洋版と称されている「クアッド」への参加も取り沙汰されています。こちらはそう簡単には成就するとは考えられませんが、英国が仲間になれば、さらなる中共への抑制になることは確実です。

 それから、今月始めにはTPP(環太平洋経済連携協定)に英国は加盟申請しました。EUという共同体幻想から脱却した今、伸び伸びと世界戦略を強化しているようですし、その最重要なパートナーにわが国を選んだのは正しいと思います。

 いずれにしても、過去の日本が暗い道に進んでしまったのは、日英同盟を解消したことが原因の一つと言われています。その意味でも、安定したインド太平洋を構築するためにも、事実上の準同盟国になる英国との連携はすごく大切でしょう。

 あと、自由と民主主義国家である台湾(中華民国)もTPPに参加の意志があると言われています。様々な隘路があることも事実ですが、日本としては大歓迎でしょう。ただ、中国は共産独裁国家なので、加盟することは絶対に不可能です。

確定申告~今年も還付で嬉しいです

 今月の15日から確定申告の受付が始まりますが、「還付」の場合はその前から受理してくれますので、自宅から徒歩5分のところにある杉並税務署に行ってきました。また、期間はCOVID-19の影響もあり、4月15日まで延長されたようですが、早く手続きをすれば、それだけ早く振り込まれますので、この時期に行っています。ちなみに、杉並税務署は静寂な住宅地にある、ちょっと不思議な国の出先機関です。

 そして、還付金の金額はそれほど多くないものの、これから1年間分の孫のおやつ代とおもちゃ代くらいにはなりますので、私にとっては貴重な一時金ですし、国から「あなたは税金を払い過ぎたので、その分をお返ししますよ」と言われているようで、悪い気持ちではありません。もちろん、納付される皆さんも制度に基づいて追加納税されるので、立派に国民の義務を果たされていることになりますね。

 なお、この時期には東京都選挙管理委員会に二つの収支報告書を提出しなければなりませんが、こちらはCOVID-19対策から、都庁まで行かなくても、郵送で受理してくれることになっています。ですので、私もそのようにしたのですが、内2日で控えが同じく郵送で返ってきました。内容には問題なかったようですが、あまりにも早かったのでちょっと驚きました。これで、確定申告も含めて数少ない提出書類の手続きが終了して一安心です。

「Fukushima 50」をWOWOWで観ました

 あと1カ月ほどで東日本大震災から節目の10年になります。「もう、10年が過ぎたのか」という思いですが、あらためて、亡くなられた多くの皆さんのご冥福をお祈りします。私も常磐線が全線で復活したことを乗って確かめ、いくつかの途中駅で下車し、その駅前だけでも風景を見たかったのですが、諸般の事情でできなくなっています。

 それで、大震災に伴って発生した福島第一原子力発電所の事故を描いた映画(事実に基づいた物語)「Fukushima 50」がWOWOWで放映されたましたので、2時間の大作を張り詰める気持ちで鑑賞しました。本当は昨年の春に劇場で観る予定だったのですが、これもご存知用のように、当時は映画館で観ることがけっこう難しい状況でした。

 なお、写真は劇中の免震重要棟での会議の様子です。左手前に立っている方が主人公の吉田昌郎さん(故人)を演じた渡辺謙さんです。右には緒形直人さんの姿も見えます。また、映画のタイトルは現場で必死の対応を行った約50名の作業員に対して、欧米など海外のメディアが称賛の意味を込めて名付けたものだそうです。

 それから、原作は門田隆将さんの「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」ですが、余談になるものの、彼の本名は「門脇譲」さんなので、何となく親しみを感じます。『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』『汝、ふたつの故国に殉ず ―台湾で「英雄」となったある日本人の物語―』など、精力的な著作が多い作家です。

 あと、忘れていました。写真右手前にいる人は当時の総理大臣だった菅直人さんです。映画では超個性派俳優の佐野史郎さんが演じていました。肩からたすきを掛けていて、そこには「本人」と書かれています。選挙区の駅前での姿なのでしょうが、総理を務めた人が事前の選挙運動みたいにタスキを着けるのは極めてというか、彼以外には絶対にできないことでしょうね。

安心の国産パナソニック製マスク

 昨年の夏にシャープが作ったマスクの記事と写真を載せましたが、今回は同じく国産のパナソニック製のマスクを紹介します。まず、お値段ですが、50枚入で3278円(税込)でした。送料はそれに含まれていますので必要ありません。

 そして、発売当初はシャープと同様、購入がなかなかできないと聞いていましたが、現在は安定して供給できているようです。発送も迅速で、私の場合は注文してから2日後に届きましたし、お客様相談センターもしっかりしています。

 また、Panasonicの印字もSHARPよりくっきりしています。でも、着けてしまえば、ほかの人からは見えませんので、残念ながら、自慢できませんね。街中にはかなり廉価のマスクも出回っていますが、国産のマスクは安心感が抜群です。

たまには「うどん」も美味しいですね

 駅の近くにある富士そばにも「うどん」はありますが、お客さんの多くは「そば」を注文しているようですし、私はコンビニでお昼ごはんを買うときは、お蕎麦かラーメンがほとんどです。

 それで、たまにはうどんを食べてみようかと思い、購入したのがセブン-イレブンの「生姜でほっこりかき玉うどん」です。その名前のとおり、生姜と卵とだし汁がいい塩梅で、けっこう美味しかったです。

 ただ、それだけではちょっと足りなさそうなので、「厚切りハニーシュガートースト」も一緒に買いましたが、これが意外にカロリーが高く、1枚で448kcalでした。うどんは410kcalですから、やや危険ゾーンですね。

ハワイABCストアでのお買い物

 台湾への旅行もなかなか叶いませんが、もしも可能ならば、ハワイにも行ってみたいです。もうだいぶ前のことですが、新婚旅行をしなかった私たち夫婦は1回だけ彼の地を訪れたことがあります。

 それで、JCBカードを使ってABCストアでお買い物をすると期間限定で25%ディスカウントになることを知り、早速、何点か注文してみました。Webから申し込んで、商品が自宅に届いたのは3週間後でした。

 通常ですと、もう少し早いのでしょうが、COVID-19の影響があるようです。でも、さすがに老舗の店舗ですから、梱包や伝票などはしっかりしていましたし、手書きでの検品チェックも好感が持てました。

 そして、その商品は現地生産の森永ハイチュウ(おまけのバック付き)、お馴染みのマカダミアナッツチョコ、ビンテージ柄の3Dマスクです。ただ、このマスクを街中で着けることはありません。

 また、現在(2月11日まで)は何と!送料が無料になるキャンペーンが行われています。同じくJCBカード限定で、米ドルで40$以上の利用が条件ですが、海外からの買い物は送料がネックになるケースが多いので、再び注文しようと思っています。

冷凍庫にアイスが詰まっている幸せ

 この時期は外気温が低いですから、コンビニでアイスクリームを買ってきても、途中で溶けてしまうこともないので、ついつい、夏場より多めに購入してしまいます。ですから、ご覧のようにわが家の冷凍庫は各種のアイスクリームがぎっしりと詰まっている状態です。

 また、そのほとんどが孫たちのおやつとなりますが、私や妻もカロリーは気にしながら、けっこう食べています。たまに“ハズレ”もありますが、どれをいただいても美味しいですね。お店で選ぶことも楽しいです。

何を削ろうかな~緊急事態宣言延長

 緊急事態宣言が来月7日まで延長されることが決まりました。思うところは様々ありますが、「まあ、仕方がないのかな」というのが本音ですし、私や妻は今まで続けてきたことを飽きないのが大切と思っています。

 ただ、それだけではあまり張り合いがないので、「だったら、この機会にもうちょっと日常行動を削れないのかな」と無い知恵を絞っているところです。これは飛躍するようですが認知症予防にも良いかもしれませんね。

 しかし、いろいろと考えてみても劇的な行動変容はもう難しいと思いましたので、取り急ぎ、散歩と買い物のうち、買い物の回数と時間を削減することにしました。散歩は運動維持のために維持しなければなりません。

 それで、きょうの写真は少し前に撮ったものですが、食料品や孫のおやつなど、ちょっとだけ多めに購入しました。当日のお昼ごはんと夕食&翌日の朝食のおかずといったところです。鬼滅の刃のお菓子は孫たちにすごく喜ばれました。

 また、当日は定期購入しているビールの在庫がなくなってしまったので、スヌーピーのエコバッグには上述の商品以外にも、ビールのレギュラー缶が12本入っています。ですので、JR阿佐ヶ谷駅北口のお店から歩いてきたのは難儀でした。

 ところで、私は学校を卒業してお客さん相手の小売業で働いていましたので、どうしたら売り上げを伸ばせるかはある程度、分かっているつもりです。例えば、衝動買いを誘導する、店内の滞留時間を増やす、家族連れで来店してもらうなどです。

 でも、皮肉なもので、現在はこれらはやってはいけないことになっています。つまり、できるだけ少人数で、できるだけ早く買い物を終えることが推奨されています。残念な気持ちもありますが、これもまた、「仕方ないね」と思っています。

 

炭治郎と禰豆子の節分ロール

 どうしてそうなるのかは分からないのですが、今年の節分は2月3日ではなく、きょう2日ということだそうです。ただ、近所の神社での豆まきは中止になってしまいました。

 そして、わが家では特に恵方巻をいただくという習慣はありませんが、ローソンで面白そうなロールケーキを予約受付をしていて、その商品を引き換えてきました。税込みで500円です。

 また、名称はタイトルのとおりですが、アンデスメロン&あまおう苺の2本入りで、どちらも、とても美味しいそうです。なお、写真右下のシールはおまけとして同梱されていました。

孫の靴のサイズがまた大きくなった

 私の靴のサイズはメーカーによっても異なるものの、だいたい、25.5cmですが、なぜか愛用しているnew balanceのそれは27cmです。そして、仕事用に履いている革靴はもう購入しなくなりましたし、これからも、それは変わることはないでしょう。

 ところで、写真の靴は百恵ちゃんに買ったものですが、2足とも30%引きで、さらに2足の合計が20%引きになるという、すごくお得なキャンペーンでした。しかも、その初期に注文して良かったです。現在はすべてのサイズが売り切れていました。

 それにしても、キッズの足のサイズが大きくなるのはとても早いですね。ですから、彼女が履いていたものはママの親戚の子供へお下がりとなり、それなりに有効活用しています。ジイジにとっては買ってあげること自体が楽しみですね。