マスクと消毒液が購入できる幸せ

 今になってみれば、「大変だったけど、何とか工夫して乗り切ったのかな」という思いです。もちろん、COVID-19の影響で、街中からマスクや消毒液がなくなり、どちらも、購入することがとても難しくなった当時のことです。

 それが、それほどの時間がかからずに、どこのお店でも買えるようになりましたし、価格も安定しています。現在では、マスク、手指消毒、3密回避が誰でもが守っている約束事になりましたが、あの時期はそのうちの二つがそもそも入手困難でした。

 当時を思い出してみると、お店やレストラン、公共施設などの入り口に置かれていた消毒液はまるで「しばられ地蔵」のようになっていました。盗難防止だったのでしょうが、どこでも、誰でもが厳しい体験をしていました。

 ですから、私などは店頭に、通販サイトに、これらの品物が不足なく出ていることをありがたいと感じています。3密回避は行動変容で対処できましたが、マスクや消毒液は現物がなければ防ぐことができないので、なおさらそう思います。

 ところで、写真ですが、国産の白十字製のマスクとイトーヨーカドー100周年限定のそれ(中国産)です。どちらも、社名の彫刻印が右下にありますし、イトーヨーカドーのものは30枚入りで個別包装されていました。

 また、右端にはあの「サラヤ」とセブン&アイがコラボした消毒液(後ろは詰替え)ボトルがあります。サラヤ製品は一時期、絶望的に店頭から消えていましたが、こんな素敵なコラボで登場したことは嬉しいです。