ワクチンクーポンを静かに待ちます

 わが国でも最前線の医療従事者へのCOVID-19ワクチン接種が間もなく始まります。その後の接種日程については概略が発表されていますが、様々な制約もあり、それが遅れることもあるでしょう。

 もちろん、それについての批判報道も当然のように出てくるでしょうし、ワクチンの効果そのものに対しての疑義みたいなものも飛び出すと予想されます。日本は民主主義国家ですから、それを抑え込むことはできません。

 ただ、接種業務を担う全国の区市町村は一所懸命に頑張っていることも事実で、未曾有の国難に対処しているのです。私は長い間、地方公務員の皆さんに接してきましたが、大きな目標には全力を出し切ることを知っています。

 ともすると、「お役所仕事」などと揶揄されることもありますが、少なくても今回のことについては接種体制を確立するために、地元の基幹病院や医師会とも連携して、仕事を黙々と進めています。

 しかし、何と言ってもこれだけの業務は初めてなので、関係機関とのコミュニケーションがなかなか順調にできていないこともありますが、必ず隘路を切り拓いてくれると確信しています。

 実際、杉並区長の田中良さんともメールでやり取りをしていますが、彼も「区、病院、医師会のコミュニケーションがとても大切です。これが固まることによってスムーズな接種体制ができます」と、準備に余念がありません。

 ですから、私と妻は自宅にクーポンが届くのを落ち着いて待ちます。考えてみれば、個人は何もしなくても、多少の遅れはあるでしょうが、その指示に従っていけば、ワクチンの接種を受けることができるのです。しかも、すべてが無料です。

 ありがたいですね。でも、心配なこともあります。それは欧米での接種の様子をビデオを見ていると、「あんな長い針を垂直にズブっと刺したら痛いだろうな」と、ちょっと怖くなることです。私は注射が小さいころから苦手なのです。

 それにしては、打ってもらっている皆さんの顔の表情に特に変化はないようですし、筋肉注射が必ずしも痛いとは限らないと聞いていますので、接種までの時間、「筋注は痛くないぞ!」と信念強化しなければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です