東京五輪~裏方さんに乾杯!

 東京オリンピックのテレビ観戦が終わり、何となく張り合いがなくなっています。ただ、24日から始まるパラリンピックまではちょっと間がありますが、14日からは世界3大自転車ロードレースの一つである「ブエルタ・ア・エスパーニャ」がいよいよ開催されますので、楽しみはまだまだ続きます。

 このスペイン自転車ロードレースは21ステージありますので、二つのスポーツ大会をお家で楽しむことで、暑さを乗り切れればいいですね。余談ですが、この自転車レースは生中継されますし、この時期限りの有料契約も準備完了です。ただし、時差がありますので、結局は録画で観ることになります。

 ところで、タイトルの裏方さんですが、いわゆるボランティアスタッフのことではありません。様々な制約があって詳細はお伝えすることが叶いませんが、だいたいは組織委員会で働いている皆さんのことです。ここには、東京都だけではなく、多くの企業からもスタッフが派遣されています。

 抽象的な物言いですが、大会の成功に向けて7月から一日のお休みもなく働き、48時間も寝ていない人が続出して、現場は不平、不満、非難、怒号の嵐だったそうです。バークヤードではメダルも順位もない壮絶な戦いが行われていたわけです。東京五輪を成功させたいというただ一点のためだけにです。

 しかも、各会場で競技を観戦することもなく、テレビで観ることすらまったくできなかったそうです。それでも、すべての競技で金メダルが確定することができ、全体としては何とか合格点だったのかなと語ってくれましたし、五輪とは別の感動を伝えるパラリンピック大会が終わる9月5日まで頑張りますと結ばれています。

 パラリンピックも何としても成功させなければという意気込みが伝わってきましたし、世界も間違いなくそれを期待しているでしょう。そして、それを成し遂げれば、さらに我が国への評価は高まっていくと思います。ちなみに、持っているアサヒビールは大会記念の特別バージョンです。裏方さんたちに乾杯!始まってはいませんが、パラリンピックに乾杯!

【追記】一つ忘れていました。様々な場面で活動された自衛隊の皆さんですが、特に各国の国旗掲揚では陸海空の3軍が2人ずつ、男女は3人ずつという構成で、とても調和を感じた6人でした。パラリンピックもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。