立民が石破茂氏に代表就任を打診か

【9月11日 朝鮮日日新聞 東京築地支局 記者・宇曽八佰】
 「政治の世界は一寸先は闇」とは英国の著名な劇作家であるシェイクスピアの言葉だが、それを今の日本でもっとも噛み締めているのは立憲民主党代表の枝野幸男氏かもしれない。菅義偉総理の支持率の低下により、来たるべき衆議院選挙であわよくば政権交代も夢ではないとはしゃいでいたが、皮肉にもその菅総理自身が自民党総裁選挙に立候補しないと表明したことにより、世間の関心は完全にその選挙や候補者に集まってしまい、立民はいるんだか、いないんだか分からない哀れな状態になってしまったからだ。全国の立民総支部長(衆院選立候補予定者)のため息がまるで9月の秋空に充満しているようだ。

 しかし、転んでもただでは起きない枝野代表のことであり、どうやら、このことは折り込み済みだったと思われる。それは、8月の党の新しいポスターのお披露目のときに暗示していたのだ。それは「変えよう。」という言葉に隠されていた。つまり、このときから次の衆議院選挙は立民と彼にとって雪隠詰めになることを予想していて、「変えよう。」と発信していた節がある。「変えよう。」とは自分自身が代表を引退して、党の支持を回復するいう、文字どおり、標語に託された捨て身の暗号のようなものだったわけだ。

 そうなると、いったい誰に変えたいと願っていたのかが注目されるところだが、それはズバリ、石破茂氏を意識したものだった。すなわち、石破氏が出るとも出ないとも言っていない段階で、河野太郎ワクチン担当大臣の支援に回ることを読んでいたことになる。この構想は一部の限られた幹部だけで共有されていたようだが、そこは人事の話であり、多くの衆参国会議員の知るところとなった。それでなくても、比例復活当選の割合が少なくない同党にとっては、あるいは、絶望の世界に叩き落されていた候補者にとっては、慈雨ともいうべき奇策であろう。

 すでに、多くの小選挙区総支部長から感嘆の声が上がっている。「存在感がまるでない代表だったが、さすがに東日本大震災のときの官房長官を務めていただけあり、空前の敗北を奇跡の政権交代に転換した。見直した!偉い!」とまるで、もう当選を決めたような反応だ。また、「この際、幹事長の福山哲郎さんや国対委員長の安住淳さんもともに党内下野してもらいたい」という切実な意見も少なくないそうだ。一方、今回の取り組みに厳しい視線を向けている議員もいる。

 民主党政権で閣僚を務めた議員は、「先日発表した7項目の政策は何なんだ!補正予算などはいいとしても、任命しなかった日本学術会議の会員を直ちに任命するとか、入管施設で外国人女性が亡くなったことで、監視カメラの映像を公開するとか、森友の報告書の黒塗り部分をすべて公開するとか、それぞれに問題のあることは分かるが、これが政権を目指す政党の一発目の政策とは情けなくて涙が出そうだ。立憲共産党か!」と憤りを隠せない様子で、続けて、「党の方針であるゼロコロナについてはまったく触れられておらず、何だこれはって感じだ」とさらに声を震わせた。

 また、国民民主党から合流した別の幹部は、枝野氏が8月末の記者会見で、「こんなにしんどい仕事をがんばって、歯を食いしばってやっているのは、首相になってこの国を変えたいから」とむきになって語ったことに対して、「しんどい仕事を頑張ってとか、歯を食いしばってとか、野党第一党の代表が言う言葉か!一般社会でもそうだが、本当に頑張っている人はこんなことは絶対に言わない。彼の人間性が透けて見えるようだ」と半ばあきらめ顔で吐き捨てた。

 そして、最大の問題は当人、すなわち、石破氏の承諾を得られるかになる。複数の立民幹部が本紙に語っとところによると、実は枝野代表は積極的行動には至っていないというのだ。このことが党内に知れるとかなりの混乱が間違いないので、党幹部たちは必死に隠蔽しているが、いつまでも何もしなくていいはずはなく、上述の幹部たちはそれでも彼に期待している。というか、立憲民主党が生き残る道はこれしかないわけだから、最終的な対応を行う時期に来ていると言っていいだろう。

 もっとも、石破氏の心境も複雑だ。今回の総裁選挙で誰を応援するとしても、過去の4連敗、自派閥の人数減など、明るい材料は見あたらない。一時は幹事長の二階俊博氏に応援要請をしたものの、二階氏から「本当に自分の派閥内をまとめられるのか」と問われ、その答えを出せなかったという情報もある。地方議員や一般党員の間では人気の高い石破氏だが、さらに負け癖を重ねれば、将来の展望すらなくなってしまう。そこを枝野氏が説得できるかどうかが鍵だろう。

 ただ、ここに来て石破氏の発言が立民のそれに近づいていることも注目される。森友の再調査も必要と明言しており、桜を見る会についても、「開催はやめたが、それでいいとは思っていない」、参議院広島選挙区で買収の原資になった思われる河合杏里氏陣営への1億5千万円に対しても、「買収に使われていないと明らかにすればいい。きちんと証明するのが党の責務だ」と言い切っている。これらが、何らかの秋波だとすれば、立民は期待できるだろう。

 いずれにしても、東京五輪・パラリンピックが特に大きな問題もなく開催され、衆議院選挙が遅れれば遅れるほど、ワクチン接種率は上がっていくので、このままだと同党の獲得議席は以前の予想よりかなり減少するだろう。今となっては詮無いが、菅総理には自民党総裁選挙で勝ってもらい、彼を政権の顔として敗北に追い込むというシナリオはもろくも崩れ去ったようだ。立民議員の生殺与奪の権を握るのは石破氏の決断次第という、これ以上の皮肉はない状況になっている。冒頭のシェイクスピアも空の上から苦笑しているだろう。