セブン-イレブンの出血大サービス

 近年は「出血大サービス」という表現は使わなくなりましたが、そう遠くない昔には、パチンコ屋さんの入口にはこの文字が躍っていました。もちろん、本当にそうなれば、お店は潰れてしまいますが、何となくそんなことが許されていい時代だったように思います。

 それで、写真のペットボトル3本とポテトチップスで、支払った金額は152円でした。そのからくりは、カルピスソーダが前週にもらったクーポン(プライチ)で2本が無料、同じくスマホに送られてきたクーポンで、紅茶花伝とポテトチップスが半額になったことです。

 そして、本来の商品金額の合計は564円なのですが、上述の理屈で423円の割引となり、その結果、152円だけで購入したわけです。ちなみに、これらの割引金額はそれぞれの店舗ではなく、チェーン本部の負担になるそうです。まあ、メーカーの協賛はあるでしょうね。