ありがとうございました!菅義偉さん

 さすがに、「総裁選挙に出ても勝ち目がなくなりました」とは言えず、「コロナ対策に集中したいので、総裁選には出ません」と弁解がましい言葉となったのでしょうが、この1年間の菅義偉さんのCOVID-19対策、特に唯一の切り札であり、ゲームチェンジャーになったワクチンについてはその実績はとても大きかったし、十分に評価できるものと思います。短い時間でしたが、本当にお疲れさまでした。心より感謝いたします。

 ただ、悲しいかな、その伝え方、打ち出しの仕方、表現力の欠如から、国民の皆さんからの評判は芳しくありませんでした。彼は多分ですが、「ちゃんと仕事をやっていれば、かっこよくなくても、喋り方が上手でなくても、必ず人々は分かってくれるはずだ」と考えていたのではないでしょうか。しかし、現在ではそのような姿勢は古臭く思われ、政治の世界といえども見せ方が重要になっているようです。

 私もここ1年半ほど、COVID-19関連の記事を載せることが増えましたが、「それでもワクチンとマスクしかない」「打って、打って、打ちまくれ」のタイトルで述べたとおり、究極のCOVID-19対策はワクチンであることは間違いありません。もちろん、感染症病床や国産ワクチンの製造などについては、確かに「後手」だったと思いますが、これは現政権でも、過去の民主党政権の責任でもありません。医療や政治の環境がそこになかったのです。

 ですから、なおさらのこと、ワクチンをどのように調達するのか、打ち手の確保はどうするのか、必要な経費をどこから捻出するのか、などなど、困難な問題ばかりの道を進まなければならなかったわけです。その状況下で、「7月末までに高齢者への接種を必ず終わらせる」「一日100万回の接種」など、あのイケイケ太郎こと、河野太郎さんでも、「総理、それはいくら何でも無理です!」と、一時は音を上げるほどでした。

 また、東京五輪のために来日したファイザー製薬のCEOを異例の厚遇で迎賓館で接待したり、その前にはバイデン大統領への挨拶と称して渡米し、同じくファイザーのCEOと電話会談したりと、とにかく、ワクチン確保のためだったら何でもやるという行動でした。一時は自治体への供給が滞りましたが、モデルナやアストラゼネカとの契約も順調でしたし、ノババックス製ワクチンについても1億5千回分の目処がついています。

 それから、ちょっと前まで、「ワクチンがあっても打ち手がいない!」という悲鳴が聞こえてきましたが、いつの間にか、その問題は解消しています。これも菅さんの、「それって、法律違反じゃないの」と思われるほどの荒業を繰り出し、歯科医や検査技師まで動員して打ってもらう態勢を作りました。実際に歯科医などが打った例は少なかったのですが、詳細は省くものの、これによって、本来の打ち手である医師の皆さんが手を上げてくれたことは間違いないでしょう。

 さらに、医療現場が逼迫する中、看護師不足も深刻になったとき、一般的な“急募”は当然ですが、家庭などに帰っていた看護師確保のため、復帰したことによる所得分は課税対象にしないと決断しました。つまり、医師も看護師も、病院も開業医も、いい意味で「お金で解決できることはお金で解決する」を実践したのです。推測ですが、財務省の反対もあったのでしょう。

 そして、ワクチン接種が軌道に乗るとなぜか沈黙してしまうマスコミや野党ですが、今や人口あたりの接種者は彼ら彼女らが絶賛していたアメリカや韓国を追い抜き、ドイツも抜き去り、近いうちにイギリスやフランスの回数を上回る勢いです。国内の接種も足踏みの時期もありましたが、欧米のような頭打ちにはなっておらず、11月中旬には希望者全員への接種が見えていますし、慎重に対処しなければならないものの、3回目の接種も大きな問題はないと思います。

 菅義偉さんはきょう、総理大臣を辞められますが、これから政権選択選挙である衆議院選挙に向かうとき、少なくない有権者の皆さんが、「なんだかんだ言っても、よくやってくれたよな。ちょっと批判過ぎちゃったかな」と思われるような気がします。それも含めて衆議院選挙はとても大切なものになるでしょう。私たちにとっても自民党総裁選挙直後にこれで本物の民意を示せるのですから、とてもありがたいことですし、今から結果が楽しみです。

 菅さんが今後、どのような道を進まれるのかは分かりませんが、わずかに1年間だったものの、就任当時に言われていた「仕事人」であったことは、今になって理解できました。そのことは後世の人たちが認めるのでしょう。世界中の国々でCOVID-19対策が完璧に行われている国など一つもありません。むしろ、他国からは都市封鎖もなく、強制力がなくても国民のほとんどがマスクを着け、死者が桁違いに少ないことがとても評価されています。少なくても私はこの国に生まれて良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。