「ワクションアプリ」に登録完了です

 COVID-19ワクチンの接種記録「TOKYOワクションアプリ」に登録が完了しました。その手続は簡単にできますが、マイナンバーカードとは紐付けられていなくて、運転免許証などの証明書類と区市町村から送られてきた接種クーポン券に接種会場で貼ってもらった接種済みシール(2枚)を写メして、それを事務局に送りました。

 そして、その確認は人力でやっているようで、完了まで中3日間ほどかかりました。また、LINEのアカウントを利用しますが、ここに来て、登録者の数は急増しているようです。この記事をアップする段階では約13万人でしたが、当面は都民限定とアナウンスされています。今月中には都内に通勤・通学している人たちも対象となるとのことです。

 それから、これを示すことによる特典ですが、個人的にはあまり期待しないほうが良いと思います。まあ、当てにしないで、抽選で何かがもらえたりしたらラッキーくらいの感じでしょうか。要はどれだけ協賛してくれる企業などが集まるかですが、こちらも、このアプリがなくてもお店独自でサービスを提供してくれれば、それで問題ありません。

 それよりも、政府が年内にワクチンパスポートの電子発行を実現させる準備を進めていますが、マイナンバーカードと紐付けするようで、こちらが「本命」になりそうです。ただ、国も都も連携はきちんとやっているようで、どちらかというと、今回のアプリは登録の際の目詰まりなどが発生しないかの実証実験のように気がします。

 いずれにしても、自治体が発行する公式な接種証明になりますので、今後に期待したいと思いますし、未接種の人たちへの勧奨という意味合いでの拡大ができればいいですね。なお、運用はコンペの結果、博報堂が9億9千万円で受注しています。大切な都民の皆さんの税金ですから、この事業が成功することを願っています。