「地獄への二人三脚」から脱出できるか

 立憲民主党代表の枝野幸男さんが、衆議院選挙惨敗の責任を取って辞任されることになりました。もともと、彼が都知事・小池百合子さんの「排除します」の発言から立ち上げた政党ですから、いわば創業者であり、その意味からも今回の決断は高く評価しなければと思います。それほど長い間ではありませんでしたが、「お疲れ様でした」と申し上げます。今後の身の振り方は分かりませんが、ご自分の選挙区では次回の選挙で自民党候補に抜かれる可能性が高いようですので、地元でしっかりと頑張られることになるのでしょう。

 さて、選挙も終わり、ちょっとは落ち着きましたので、タイトルについて考えてみたいと思いますが、結論から言えば、共産党との二人三脚から脱出することはかなり難しいでしょう。その最大の理由は、惨敗したと言っても、全国の小選挙区では共産党との共闘、あるいは彼ら彼女らが大好きな言い回しである「野党と市民の本気の共闘」で見事に当選した候補者もけっして少なくなかったからです。実際、立憲民主党は小選挙区では当選者数を増やしているのです。

 となると、いささか気が早いのですが、次回の総選挙で共産党の応援をもらった人たちはそれがなくなってしまうと、落選してしまう候補者が続出してしまいます。もうこれは、連合の皆さんがどのように言われようとも、自分たちの生死に関わることですから、柳に風となるでしょう。私は文字どおりの「立憲共産党」はすごく嫌いですが、それによって当選した方々の立場になれば、しょうがないのかなとも思います。それは、立民国対委員長の安住淳さんの発言、「共産党のリアルパワー」に象徴されていると思いますし、事実、その安住さんは、「今回の戦略は決して間違っていなかった」と総括しています。

 そして、その立憲民主党の代表選挙ですが、あれだけ自民党の総裁選挙にああでもないこうでもないと文句をつけていましたので、この機会に是非、党是である「まっとうな政治」を実践してもらいたいと思います。ここのところは重要で、新しい役員体制と今後の政策などを間違えてしまうと、政権交代は夢の夢のそのまた夢になってしまいますし、かつての日本社会党と同様に没落の道を歩むことになるような気がします。健全な野党は日本の政治に絶対に必要ですし、それを目指していただきたいです。

 また、来年夏の参議院選挙に向けて、「1人区」での野党共闘をどう展開するのかも大きな鍵になってくるでしょう。今回の小選挙区での各党の獲得票を単純に計算すると自民党の大勝利となってしまうので、共産党を除外しての戦略が大切と思いますが、「政権選択の衆議院とは参議院は違う!だから、共産党も加えるべきだ!」と結局はなってしまうのでしょうね。確かに勝てる割合はそのほうがすごく大きいのですし、衆参の“ねじれ”も再び起こってしまうかもしれませんが、それはそれで、厄介でもあります。

 それから、選挙運動とは多くの場合、どこそこの候補者を当選させるためですが、同時に落選させるための運動も含まれます。私は嫌味や皮肉を好みませんので、ここだけははっきりと申し上げますが、立民の黒岩宇洋さん、今井雅人さん、川内博史さんが落選(比例復活もダメ)して本当に良かったと思います。一方、変なもので、さんざん批判してきた辻元清美さんが同じく落選したことは可哀想だなと感じました。彼女の選挙区の高槻市の辻元ポスターがいっぱい貼ってある居酒屋さんで、支持者と議論することを楽しみにしていたのでなおさらです。

 ところで、私のバーチャルお友だちである、朝鮮日日新聞の築地支局記者の宇曽八佰さんですが、9月11日の記事で、枝野さんのポスターの「変えよう。」について、以下のように語っていました。「次の衆議院選挙は立民と彼にとって雪隠詰めになることを予想していて、『変えよう。』と発信していた節がある。『変えよう。』とは自分自身が代表を引退して、党の支持を回復するという、文字どおり、標語に託された捨て身の暗号のようなものだったわけだ」と。

 いやいや、すごい分析力ですね。現在でこそ、新聞や党内でも同じようなことを言っていますが、この段階での的を射た予想には驚きました。私もこのような友人はこれからも大切にしていきたいと思いますし、多分ですが、節目ごとに私のSNSに寄稿すると思いますので、皆さんも期待してお待ちください。なお、この新聞社の略称は「朝日新聞」となりますが、あの旭日旗みたいな社旗が風に揺れている築地にある新聞社とまったく関係がありません。

 いずれにしても、共産党の応援で勝ち上がった人も少なくありませんし、前述の安住淳さんのように共産党大好きの人もいるわけですので、新しい執行部の「色」にもよりますが、将来的には分裂していくのかもしれません。特にそれを望むものではありませんが、連合もやりやすくなると思いますし、それによって、中道路線が強化されれば、国民、有権者の皆さんも、自民公明連合vs穏健良識中道vs立民共産連合という選択肢が分かりやすくなるでしょう。

 だらだらと長くなってしまいましたが、健闘した国民民主党のことです。ちょっと前に行われた参議院静岡選挙区の補欠選挙ですが、国民民主党が主導して勝利しました。枝野さんは勝ちそうになってからアリバイ的に登場しましたが、実際には立憲民主党はほどんど動かなかったようです。しかも、共産党には一切の協力を要請せず、共産党は仕方なく独自候補を擁立しました。これで、ちゃんと勝ったのですから立派なものですし、当選された方も国民民主党会派に入られています。なお、国民民主党がいわゆる「野党国対」から離脱したことも素晴らしいです。

 もちろん、そう簡単に静岡のように全国には広がらないでしょうが、本番の参議院選挙も半年先に控えているので、国民民主党には今回の選挙で健闘したのですから、頑張っていただきたいです。比例区もですが、花の東京選挙区の定数は6名ですから、しっかりした候補を擁立してもらい、何とか議席を確保できる選挙戦を今から展開すれば、当選も叶うのではないかと思っています。それぞれの産別の立ち位置も明確になり、労働運動にとっても、組合員にとっても良い結果に結びつくでしょう。

 すみません、二人三脚のもう一方の日本共産党を忘れていました。ここはいつものことですから「またか!」ですが、今回も共産党ならではの独特な論理を持ってきました。委員長の志位和夫さんも言っていますが、簡略にまとめると、「正しいと判断して活動した結果だから、辞任などの責任を取る必要はない」となります。これは、日本だけではなく万国共通の共産主義者の考え方です。それでなくては、党内選挙すら20年以上行われていなくても、委員長職に君臨していられるのですから、ある意味、当然のことなので、驚きもしません。

 さらについでに言えば、自民党も「勝った!勝った!」とうつつを抜かしていると大変なことになります。立民の枝野さん、幹事長の福山哲郎さん、そして、多分ですが安住さんのお笑い三人組が退くということは、党内でその程度は別として、「まっとうな政治」に近づく可能性があります。今回の結果もどちらかというと、立民&共産の連合軍が勝手に転んだだけですし、その連合軍に僅差で勝利した自民党の候補者も少なくありません。上から目線で恐縮ですが、そのことを忘れると、政権交代が「夢の夢のそのまた夢」から「夢のまた夢」くらいになってしまうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です