「スーパードライ」から「黒ラベル」へ

 居酒屋さんやレストランなどでお酒をいただくことが極端に減ったことが原因なのか、それとも、歳を重ねてきたのがそれなのか、よく分からないのですが、これまで数十年間、それこそ、浮気なしに飲み続けてきたアサヒビールの「スパードライ」からサッポロビールの「黒ラベル」に切り替えが始まっています。

 もちろん、家飲みのことで、外では何を出されても、何を飲んでも美味しくいただいていますが、冒頭のとおり、その回数が急減していますので、もしかしたら、ビールの志向が変化してきたのかもしれません。あとはその「量」ですが、こちらも明らかに減っています。まあ、身体のためにはいいのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。