箱根4連覇に向けて応援隊結団式

 箱根駅伝まで3週間となりましたが、今年は出雲と全日本が健闘したとはいえ、いずれも優勝することができませんでした。そのこともあり、応援隊結団式はかなり気合が入って開催されました。
 そして、2次会は銀座から新橋に移動し、例のサラリーマンの聖地ビルの居酒屋さんで行いました。先日、紹介したデコレーションSLもとても綺麗でした。
 さらに、3次会は西新宿のホテルのバーでしたが、このあたりから、だいぶ酔いが回っていたようです。でも、ちゃんと地下鉄で帰宅しました。
2日と3日は小涌園前で、5区と6区の全力応援です!

kaddy台北散歩の三日目

 この時期の台北の気候が少し不順なのですが、今回も傘の出番はありませんでした。最終日の移動はまず、中正紀念堂に向いました。いつものホテルから歩いて行くのですが、その途中には国会や政府機関が並んでいます。
 それで、日本の国会にあたる立法院前では大勢の警察官がバリケードを撤去していました。ひまわり学生運動以降、このような光景は珍しいものではなくなりましたが、“撤去”ですから、状況が落ち着いたのでしょう。
 次に中正紀念堂ですが、理屈上は“どうなんだろう”とも思いながら、中国大陸の観光客も多かったです。孫文記念館なら分かるのですが。ただ、蒋介石さんも年々、台湾では人気がなくなり、宿敵の毛沢東さんと「お互いに寂しいね」とあの世で慰め合っているかもしれません。
 それから、桃園国際飛行場行きのMRTに乗り、急行は停車しない林口駅で下車して、三井アウトレットパークに行きました。私は日本のそれを利用したことはありませんが、駅から徒歩数分でとても便利な場所にあります。ただ、平日ということもあり、お客様はかなり少なかったです。週末集中型なのでしょうか。
 そして、市内に戻り、有名な牛肉麺屋さんで、牛肉と牛すじが半分ずつ入ったものをいただきました。店内はもの凄く活気があり、女将さんと思われる方も親切に接してくれました。写真左の食べ物も美味しかったです。
 そうしているうちに帰国時間が迫ってきましたが、ホテル近くのレストランで今回の結婚式の主役であり、私の友人でもある花嫁さんとお会いしました。馴れ初めや新婚生活などをお聞きしましたが、台湾女性と日本男性のゴールインですから、日台友好という意味でも素晴らしいですね。末永くお幸せに!

今朝の2時間の行動

 昨晩は出撃を控えましたので、もちろん、二日酔いとも無縁で、いつものように早朝から“精力的”に動き始めました。まず、身支度を整えて、毎回行っているお店で朝ご飯をいただきました。あまり、ガイドブックには載っていないようですが、私のお気に入りです。
 それから、お馴染みに行天宮に参拝しました。失礼ながら、今までは手を合わせて頭を下げていただけでしたが、今回は係の人に教えてもらい、正式の参拝をさせてもらいました。また、あの三日月型の木片を投げる占いですが、「良い!」と出ました。
 そして、雙連朝市に向かい、途中の総合病院に停車中の救急車の前で一枚。台灣にいてもやはり、救命救急のことは気になります。ちなみに、この病院はキリスト教長老派の教えがバックボーンにあり、極めて評判が良いです。
 それで、有名な朝市は食品が多いのですが、雑貨屋さんもけっこう出店しています。赤い袋の中は孫のジーパン、トレーナー、靴下です。その後はいったんホテルに戻り、まだ行ったことのない「猫空ロープウェイ」に向かうため、今度は地下鉄中山駅に歩き出しました。  なお、建物は今回もお世話になっている國賓大飯店の外観です。

とても感動した結婚式

 日本と台湾(中華民国)との間に正式な国交はありませんが、お互いの国に対する好感度などを見ると、この2つの国の相思相愛の強さがわかります。
 昨日の結婚式はそれを象徴したようなものでした。細かい名称は省きますが、新婦は台湾外務省日本セクションに勤務、新郎は台湾の日本大使館に勤務と表現したら分かりやすいでしょう。
 ですから、結婚式の進行は日本式で進められ、とっても感動的なものとなりました。お料理はさすがに國賓大飯店ですべてが美味しく、お二人もとても楽しく、明るく、お客様に対応されていました。職場でも人気者なのでしょう。
 今回は二泊三日の台北訪問ですが、実質的にはこの結婚式に参列するのが目的ですから、今日と明日の二日間は、従来のように計画尽くめではなく、少し気ままに行動しようと思っています。

ホテルのお部屋でまったりと

早朝の中華航空便は慣れているというものの、午前3時起きで、お昼から午後3時前までお酒をいただくと、かなり疲れることも事実です。しかも、式が終わったらお部屋で小休止するつもりだったのですが、土日しかやっていないマーケットに行ってしまいました。明日も早いので、今日の夕食は昼間に美味しいお料理もたっぷりいただいたので、写っているもので済ませます。結婚式にことは明日、お伝えします。

台北での結婚式に行ってきます!

おはようございます。今、羽田空港国際線ターミナルにいます。これから今年3度目の台北に向けて出発しますが、中華航空の早朝便にもすっかり慣れました。以前にもお伝えしたように、台湾の友人の結婚式に出席しますが、今回はその会場が宿泊ホテルでもあるので気が楽ですね。それでは、行ってまいります!

やっぱり新宿がいいね!

 新宿御苑にも年間パスがあり、大人は2000円だそうです。それで、苑内にある大温室に初めて入ってみました。それほど広くはないですが、さすがに国立だけあって、とても良く手入れされていました。入園料200円にここも含まれています。また、御苑からはエンパイアステートビルのミニ版みたいなNTTドコモビルがどこからも綺麗に見えて、なかなか素敵な風景です。
 それから、新宿通り沿いの世界堂さんに向い、6階で開催されているカレンダーフェアで数種類のそれを購入しました。そのあとはいつものTOHOシネマズ新宿で「ザ・サークル」を観ましたが、大ファンのトム・ハンクスの役どころが面白かったです。夜の部は新宿駅近くで友人たちとの拡大懇親会に参加、この会の名称も決まり、盛り上がりすぎた3時間でした。顔が真っ赤ですみません。新宿はいいですね。

稜ちゃんと二回目の新宿へ

 先日に続いて孫の稜ちゃんと新宿に行っていきました。次男一家が住むアパート前でママに向かってバイバイし、自転車に乗せてJR阿佐ヶ谷駅まで行って、総武緩行線で新宿駅に向いました。
 アルタ前の広場に出て、上ってきた階段の上を振り向くと、アニメのゴジラ映画の大きなオブジェがありました。そして、前回同様、伊勢丹までゆっくり歩いて、すっかり気に入ったエスカレーターで屋上に行きました。
 それから、前回の約束どおり新宿御苑を目指しました。その途中、紀伊國屋書店と伊勢丹の前に設置されている「SHINJUKU STREET SEATS」で記念写真をパチリ。新宿通りにせり出している新しいスポットですが、東京ドームのエキサイトシートのようです。
 また、新宿御苑にはとても久しぶりに入園しましたが、いつ行っても素晴らしいですね。東京のど真ん中にこんな素敵な、広大な公園があることは都民の誇りです。小学生が大勢来ていて、楽しそうにお弁当を食べていましたが、その生徒たちに稜ちゃんは盛んにバイバイをして、可愛い彼ら彼女たちはこれに応えてくれていました。
 帰りは丸ノ内線新宿御苑駅から南阿佐ヶ谷駅のコースでしたが、予想どおり稜ちゃんはおやすみモードに。ベビーカーや抱っこひももないので、自宅まではかなり重かったです。次回は羽田空港で飛行機の見学をしてみます。

台北での結婚式に行ってきます

 台湾でお世話になっている友人で、中華民国外交部(外務省亜東関係協会経済部)で勤務していた(寿退社)、張嘉舫さんが結婚されることになり、私にも招待状を送っていただきました。お相手の男性は日本の方で、台湾での結婚式のあと、来年には岡山で同様に式を挙げられるとのことです。
 そして、式場はいつも私が宿泊している國賓大飯店なので、美味しく料理とお酒をいただいき、酔ったら部屋に戻って小休止もできます。これは偶然なのですが、亜東関係協会が公式レセプションや晩餐会でこのホテルを使うことが多いので、ここを選択されたのかもしれません。
 また、これまで彼女は通訳を兼ねて、自分の休みを利用して視察や観光にお付き合いしてくれました。とてもありがたいことです。写真は今年2月に行った観光地・九份で撮りました。末永くお幸せに!

稜ちゃんとジイジの小旅行

 午前8時に区内下井草に住んでいる次男の家に稜ちゃんを迎えに行き、近くの西武新宿線の踏み切りで電車を見て、井の頭線の西永福駅と永福町駅の間で同じく孫とジイジの鉄ちゃん修行をして、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から新宿駅に向いました。
 それから、入場券を買って山手線の内回りホームから行き交う電車を見学しました。次から次へとやってくる山手線、総武緩行線、中央線などに稜ちゃんは大興奮で、あずさ、成田エクスプレス、金色のスペーシアが走っている姿も見ることができ、ジイジも負けずと感激でした。
 そして、東口アルタ前で鳩と遊んでもらい、伊勢丹に到着、ベビールームでおむつを取り替えましたが、すごく充実して綺麗なスペースでした。また、屋上の庭園も素晴らしく、簡易な遊具もあり、新宿の喧騒が嘘のような空間です。ここは穴場スポットですね。
 ジイジバカになりますが、1歳9カ月の稜ちゃんはこの間、抱っこをしないで自分の足ですべて歩き、なかなか良い子と感じました。ただ、帰りのJR阿佐ヶ谷駅までの僅かの時間に寝てしまいました。次回は新宿御苑に二人で行ってみようと思います。

久しぶりに“全員集合”

昨日は門脇家全員がとても久しぶりに集まりました。いつもお伝えしているとおり、次男一家は区内に住んでいますので、毎週末にはやってくるのですが、長男一家は茨城県古河市にいますので、年に数回の実家帰りとなります。ワイワイ、ガヤガヤと楽しい一日でした。

助川ダンス教室とお疲れ様会

 青山学院大学の先輩でもある助川友朗さんがオーナーを務めている助川ダンス教室ビルにあるイタリアンレストランで、9月に開催された青学同窓祭・ダンスイベント委員会の打ち上げが行われました。とても素敵なお店で、お料理とワインも美味しかったです。また、ビルに掛けられた懸垂幕の内容が素敵でした。
 そして、その懇親会の前に少し時間があったので、2階の教室を見学させてもらいました。フロアーはかなり広く、何組かの皆さんがワルツを優雅に踊っていらっしゃいました。ちなみに、助川友朗先生は世界的に著名な方で、「門脇さんも(ダンス)を始めなさいよ」とアドバイスをいただきました。やろうかな~。
 それから、ここでのお開きのあとは帰宅方向が同じの後輩と酉の市で賑わう花園神社に向かいしました。境内は大変な混雑で、後輩も、「凄いですね、凄いですね」といたく感激していました。勢いも手伝ってお酒の量も進み、翌朝は久しぶりの“痛飲”でしたが、とても充実した楽しい時間でした。

とても素敵な英国風パブ

 昨日の記事は新橋での友人との会食などでしたが、今日はそのあとの二次会の話題です。と言っても、タイトルのように新橋駅近くの英国風パブに繰り出して、美味しくお酒をいただいたということだけですが、内装や雰囲気、支払いシステムなども素敵でした。場所がらでしょうか、サラリーマンやOLの皆さんが多く、それほど長居をする飲み屋さんではないようでした。
 それから、大きめのトートバックですが、お客様の荷物入れとして各テーブルの端にぶら下がっていました。ロンドン名物の二階建てバスが可愛くデザインされていて、四面ばかりか底にもユニークなイラストがありました。「俺をよく見つけたな!」みたいなこと言ってます。
 非売品と思ったのですが、「これって売ってますか?」とキュートな女性店員さんに聞いたら、どなたかに確認して、「ハイ、300円です」と教えてくれました。あまりそんなことをリクエストする人はいないようでしたが、なかなか良い買い物をしたと思います。

ゴジラ・ストアと新橋亭

 新宿マルイアネックスの1階に日本初の「ゴジラ・ストア」が開店し、とても賑わっていると評判なので、行ってきました。独立した店舗ではなく、フロアの一角に展開していて、思ったよりスペースは大きくありませんでした。
 それから、友人と会食するため新橋に向かったのですが、少し時間があったので、徒歩で新宿御苑の新宿門前を通り、新宿通りを丸ノ内線四ツ谷駅に到着、赤坂見附駅で乗り換え、虎ノ門駅に到着しました。
 場所は老舗の「新橋亭」で、かなり昔のことですが、当時の民社党本部が近くにあったので、ときどき利用していました。“しんきょうてい”と読みます。お土産でいただいた肉まんセットも美味しそうです。なお、時節がら、話題は超満載でした。

カウンター席の楽しさ

私は昔から飲食店のカウンター席に座るのが大好きです。料理を作ってくれる様子も見られますし、美味しそうなお魚やお肉などが目の前にあれば、「それ、お願いしします」とリクエストできます。店主や女将さん、中居さんたちとも話しやすいロケーションですし、料理以外のお酒などの注文もスムーズです。そして、何よりもご一緒した先輩や友人が横に座っているので、意見や情報の交換がとてもうまくいくケースが多いですね。

話題には事欠かない懇親会

通常よりインターバルが短いのですが、いつものメンバーでの懇親会です。ここのところ、少し調子に乗って“冷酒”をいただくことが多くなりましたが、やはり、とても美味しいですね。また、近日中に西荻窪にあるお店で熱燗をいただくことも合意しました。そして、私の誕生日のプレゼントをいただきました。大好きなスヌーピーのマグカップと紅茶です。なお、タイトルのように時節がら話題が満載で、大いに盛り上がったというか、盛り上がり過ぎでした。次回は拡大版でさらに充実して開催予定です。

 

日本酒が美味しい

先日に引き続いて冷酒をいただきました。名前をよく聞く「獺祭」で、純米大吟醸は何となく分かりますが、“磨き三割九分”とか“50”の意味がまだ理解できませんが。なお、サントリーパブ「ブリック」はかなりの歴史があるようで、写真は映画のセットのようです。2店ともJR中野駅北口の東側飲食街にあります。この一帯のはとてもゴチャゴチャしていますが、たまらなく大好きな場所です。

三人目の孫は“鉄ちゃん”のようです

 長男一家の颯之介くんは鉄ちゃん路線を驀進中ですが、次男一家の稜(りょう)ちゃんも同じ路線を歩み始めたようです。彼の自宅は区内の西武新宿線の近くにあるので、私の妻がその踏み切り横に連れて行くと、稜ちゃんは、「カン、カン、カン」と喋っているそうです。
 それで、私も井の頭線の永福駅と西永福駅の中間に電車が間近に見れるところがありますので、例の電動アシスト自転車に乗せて行ってきました。そしてそのあとは、区立の交通公園で人力ゴーカート、ブランコ、静態保存のSLなどで楽しみました。ジイジのほうが嬉しいかな。

新しい電動アシスト自転車

次男一家に慶事があり、私たち夫婦もそれを全面応援するために電動アシスト自転車を購入しました。妻は10年ほど前からアシストに乗っていますが、私の自転車は100%人力でしたので、孫たちのためとはいえ、何となくウキウキします。ブリジストン製で同系色のチャイルドシートも装着して準備万端です。スタンドも販売者のアドバイスに従い、オプションで強化したものに付け替えています。ワクワク!

このどら焼きが楽しみです

 先日、お伝えした母校の同窓祭ですが、毎年の楽しみの一つが「榮太樓總本鋪」さんのどら焼きです。ここの経営者の方が青山学院の卒業生で、当日は高等部の保護者の皆さんがお手伝いをして作られていました。その関係で焼印は高等部のマークです。
 また、ダンスイベントの準備は多くの現役学生に協力してもらいました。彼ら彼女らは11月上旬に開催される青山祭の実行委員だそうです。また、事後の紹介で申し訳ありませんが、キャンパス内では仮想通貨の“イーゴ券”と使っていました。
 それと、記念館でも青山オーナー会の皆さんが大活躍で、同じく卒業生の「にんべん」社長さんが自ら商品を販売されていました。お店で買うより安くなっていたようです。

3連休の連続来襲

この3連休は次男一家が連続でわが家にやって来ました。私の部屋は孫たちの遊び場となり、あらゆものが移動し、彼らは1階と2階を行ったり来たりしています。次男はお疲れモードのようです。写真のクッションはオムニ7で購入しましたが、バイヤーさんが気合を入れすぎて発注したのか、定価の三分の一でした。マシュマロみたいで独特な触覚です。メモ用紙はウルトラシリーズが楽しそうだったので買ったのものです。少しだけ疲れましたが、とても楽しい3日間でした。

青山学院大学同窓祭が開催されます

 今年で24回目を迎える青山学院大学同窓祭が今週の23日(土曜・秋分の日)に開催され、ホームページでは以下のようにアナウンスされています。『青山学院大学同窓祭(AOYAMA GREEN FESTIVAL)は、青山学院校友会大学部会を中心に開催するOB/OGの学園祭。参加者約2000人、参加団体400を数えるイベントです』
 もちろん、卒業生だけではなく、どなたでも参加することできますし、この機会に青山キャンパスを見学するだけでもいいかもしれません。昨年はバケツをひっくり返したような雨でしたが、今年は好天になるでしょう。
 それから、昨年は総合案内でお手伝いしたのですが、今年はご縁があって「ダンスイベント委員会」の実行委員になりました。詳しいイベント内容は下のリンクから見ていただきたいのですが、なかなか素敵で、楽しく、お得な企画と思います。http://aogaku-doso.jp/event/list/id/10

冷酒とつけ麺に初挑戦!

 不定期と言いながら、2カ月に1回くらいやっている異業種懇親会ですが、今回は中野駅北口の居酒屋さんでした。開宴まで少し時間があったので、ブロードウェイの各階を歩いてみました。懐かしいキャラクターもいっぱいいて楽しかったです。
 そして、懇親会のお店は日本酒の品揃えがかなり充実していました。ほかのメンバーも率先して日本酒を飲んでいたので、私としては珍しくいただいてみました。なかなか入手困難なお酒のようでしたが、すーっと喉を通り、とても美味しかったです。ボリュームのあるふぐの唐揚げもとても旨かったです。
 それから、ラーメン好きの皆さんは“〆”と言われているラーメン屋さんに入りました。「二代目えん寺」というけっこう有名なお店だそうです。チケットの買い方と何を選んでいいか分からなかったので、店員さんにお聞きしたら、親切に教えてくれました。太麺と濃いつけ汁は少し重かったですが、また行ってもいいかなと思いました。
 正確には日本酒つけ麺ももちろん初めてではありませんが、今まで苦手なものをそれなりに自分から飲む、食べるようになったのは、やはり、本人のモチベーションが上がっているからのようです。でも、カロリーには気を付けなければ!

タワーマンションからの素敵な景色

 昨日の記事の最後で、“横須賀線久里浜駅行きに乗り換えて品川駅に向かいしました”と書きましたが、その品川駅から徒歩10分くらいにあるタワーマンションに、建築士である山崎敏先生を訪ねました。
 先生のお住いは杉並区ですが、ご出張が多く、クライアントなどの利便性から、新幹線や羽田空港にも近い場所を選ばれたそうです。区内では河北医療財団傘下の老健施設“シーダ・ウォーク”を設計されています。
 それで、JR阿佐ヶ谷駅北東地域の大規模再開発に関連することについて勉強させていただいたあと、「せっかく来られたので、屋上に案内します。景色が良いですよ」となり、ヘリポートもある屋上に行ってきました。
 いわゆるタワーマンションは杉並区内には和田地区環八沿いの1棟だけで、私は超高層マンションの中には今回初めて入りました。予想はしていましたが、それ以上のセキュリティーの厳しさで、エレベーターではけっこう難儀でした。
 しかし、写真のように屋上からの展望は素晴らしいの一言で、お台場、レインボーブリッジ、スカイツリー、東京タワー、六本木ヒルズなどが良く見えて、山手線新駅の位置も確認できました。それから、小さいのですが、車庫から出てきた新幹線や東京モノレールが走っているのも分かりました。

外国人特派員協会でのランチ

 日本外国人特派員協会はJR有楽町駅近くのビル20階にあります。私には特に縁のない世界ですが、“時の人”が記者会見する場所としてよく知られていますし、いつもテレビにも登場します。エントランスには写真のように各界の著名人が並んでいます。
 それで、昨日のランチ(日ごろは“お昼ご飯”ですが、ちょっと洒落てみました)は、お馴染みの李愛珠さんと一緒にここでいただきました。台湾の公立中高一貫学校と都立のそれとの交流についての打ち合わせだったのですが、注文して出てきたものがすごかったです。
 いわゆる「クラブサンドイッチ」なのですが、ボリュームが半端ではありませんでした。これで一人分ですが、全部食べるのはけっこう難儀でした。もちろん、野菜も多くジューシーで美味しかったです。
 そして、この場所で1300円くらいだったと思いますし、ランチメニューも三種類あって、豪華な牛肉ステーキがメインのランチも千円以下でした。もっとも、ここは会員専用でその会費もかなりお高いようです。私は彼女のゲストとして入れてもらいました。

東海大菅生を表敬訪問する

 今年の甲子園の準々決勝で惜しくも敗れはしましたが、投打の実力が全国に鳴り響いた東海大学菅生高校を始め、幼稚園円から高校まである学校法人・菅生学園を表敬訪問させていただきました。
 とてもお忙しいところ、理事長の島田幸成さんにはそれぞれの校舎やグラウンドなどをすべて案内していただきました。その途中、野球部々長の田中聡さんや礼儀正しい選手たちともお会いすることができました。皆さん、ありがとうございます。
 そして、9月16日に行われる秋の都大会初戦では、甲子園東東京代表だった二松学舎大附属が対戦相手に決まっています。いきなり、すごい組み合わせになりますが、もちろん、応援に行く予定です。

子供お神輿の休憩所

自宅近くの神社の例大祭が行われています。わが家の前が子供お神輿の休憩所になり、近所の奥様たちにも協力をいただきました。誕生日を迎えた圭佑くんもしっかり写っています。今年からは新たな気持でおもてなしができて良かったです。

圭佑くんのお誕生日会

 ほぼ毎週、わが家にやって来る次男一家ですが、昨日はその長男・圭佑くんのお誕生日会で、午前中は荻窪に出かけてプレゼントを買いました。“宇宙戦隊キュウレンジャー キュータマ合体 DXキュウレンオー”という長い名前のおもちゃで、彼はこれにはまっています。また、稜ちゃんは鉄道に興味を持ち始めているようなので、もう一人の鉄ちゃん孫・颯之介くんとともに将来が楽しみです。
 そして、お食事会の場所は阿佐ヶ谷の焼肉屋さんでした。私は相変わらずホルモン系が大好きなのは変わりませんが、カルビ、タン塩などもとても美味しかったです。次男一家もしっかり食べていましたが、その光景を見てるだけで嬉しいですね。妻はひたすら“焼き”係に徹していましたが、それはそれで楽しそうでした。

朝食がバージョンアップ

 1年ほど前に毎朝の食事についてお伝えしましたが、その後、若干のバージョンアップをしていますので紹介します。
 まず、たまねぎが赤たまねぎ(紫たまねぎ)となり、ソーセージやベーコンと一緒に炒めていたのが生となり、具材はなくなり、かつお節になりました。掛けるおしょう油は減塩です。
 次に野菜ですが、ブロッコリーとカリフラワーにトマトを追加する日が多くなりましたし、マヨネーズはハーフカロリーのものを使っています。合わせて果物が登場しています。今のシーズンはスイカですね。
 それから、お酢はおちょこに入れて飲んでいましたが、麦茶で割って流し込んでいます。かなり楽になりました。ついでに、飲み物は麦茶からコーヒーになっています。定番の納豆と梅干は健在です。
 そして、おかずは日替わりですが、シュウマイ、チキンカツ、焼き魚、はんぺん、煮物など、前日の残り物がほとんど出てきますし、ご飯は相変わらずとても少ないです。なお、いただく時間は二日酔いの朝以外は午前6時とほぼ決まっています。

杉並区議会議長の富本卓さんと

 政治の世界では、それが必ずしも褒められたものではありませんが、私は22年間の区議会議員時代(8年間の都議会も同様ですが)、“敵”というものを作ったり、意識したりすることはほとんどありませんでした。
 ですから、区議会を離れて長いのですが、今でも政党や所属会派を問わず、仲良くさせていただいている区議会議員も少なくありません。とてもありがたいことと感謝しています。
 それで、そのお一人でもあり、3度目の区議会議長職に就かれている富本卓さんと久しぶりにお会いしました。と言っても、何か特定の案件があったわけではなく、もちろん、きな臭い話もなく、彼が大阪出身ということもあり、甲子園野球のことなど楽しい会話ばかりでした。
 また、彼は戦後の保守政治の歴史にかなり詳しいのですが、それと同時に昭和歌謡史やプロ野球の順位予想などにも造詣が深いのがユニークです。お酒は飲みませんが、飲んだような雰囲気でお相手をしてくれるのもいいですね。
 それから、もう12年前になりますが、私が初めて都議会に挑戦したときに、区議会議員の辞職届をお渡しした相手が当時も議長だった富本さんでした。なお、その辞職届は本会議で満場一致で認められました。「門脇さんは区議会に必要です。留まっていただきたいので反対します」という区議は一人もいませんでした。