やったね!完全優勝達成だ!

 母校が箱根駅伝で、往路、復路、総合の完全優勝を成し遂げました。昨年は何となくモヤモヤしていたので、新年早々、すごく爽快な気分になりました。選手、監督、それから、すべての裏方の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 そして、COVID-19の影響で、せっかく入学したのに、満足にキャンパス生活を過ごすことできなかった後輩の皆さんこそ、もっとも喜んでいるのではないかと思います。近年は大学の評判はかなり良いようですし、何よりですね。

 また、写真ですが、沿道の応援に行こうと企んだものの、主催者からも校友会からも自粛要請がありましたので、家の近くでバーチャル姿になってみました。あまり愉快な正月ではありませんが、優勝だけがほとんど唯一の慶事です。
(スポーツ新聞は今朝、コンビニで買ってきました)

百恵から大晦日のご挨拶です

 きょうは一年のいちばん最後の日ですね。私(最近は特に意識してそう言っていますよ)にとってはジイジがたくさん遊んでくれたので、すごく楽しかったです。ちょっと前に行ったサンリオピューロランドもジイジと二人だけでしたが、昼寝もしないで頑張りました(帰りの電車では眠ってしまいましたが)。

 来月にはママとパパ、お兄ちゃんたちとディズニーランドに行くんだけど、その次はジイジがディズニーシーに連れてってくれると嬉しいですし、多分、それは実現できると思います。この前、ジイジがシーのホームページで空いている日を見ていたから、間違いないと思います。

 それから、私と同じくらいの高さのタンスの上に乗って、離れたところにいるジイジにジャンプできるようになりました。絶対に受け止めてくれるので、私も安心ですが、そのあと、ジイジが肩が痛いと言うので、私のげんこつで叩いてあげました。ジイジは、「やってもらうと楽になる」と言っていました。

 私は来年の4月からは幼稚園に行けそうもありません。ママはバアバに、「1年間、浪人です」と喋っていたけど、それで今までどおりにジイジと遊べればそれでいいです。今年も周りの人たちは何だか大変だったみたいけど、来年もよろしくお願いします。みんなで身体を大切にしましょうね。

忘年会はたったの1回だけでした

 きょうの写真は一昨日に撮ったものですが、12月中のいわゆる忘年会は私の不注意もあり、結局はこの1回だけになってしまいました。友だちがだんだん少なくなってしまうような気がします。

 その不注意とは風邪を引いてしまい、熱が出てしまったことなどです。もちろん、高熱ではないのですが、入店するときの検温で、友人たちに迷惑を掛けてしまうので、自主辞退しました。

 もちろん、COVID-19ではなかったのですが、この時期、お互いに気まずい雰囲気になってしまっては、せっかくの忘年会が台無しになってしまいます。自分で言うのも恐縮ですが、このような判断は大切だと思います。

 また、今回、利用させていただいたお店は赤坂でしたが、中に入るにはインターホンで女将さんを呼び出してドアを開けてもらうという、ちょっと変わった仕組みになっていました。

 それから、インターネットで検索しても、まったくヒットしないのには驚きましたし、ストリートビューでも発見できませんでした。この時代、むしろ新鮮に感じるのも不思議ですね。(諸般の事情で店内写真はありません)

 なお、素敵な手ぬぐいがありますが、これはお店からいただいたものです。あと、余談ですが、ここに到着するまでの間、ガラス越しに店内が見えるいくつかの居酒屋さんなどがありました。

 店内はかなり混雑していて、いかにも換気が悪そうでした。ちょっと神経質かもしれませんが、新株のウイルスのこともあり、この先、近日中に数百人の陽性者が東京で出てくるように感じました。

本命の京阪カレンダーが届きました

 少し前にお伝えした鉄道カレンダーですが、ゼンゼン同盟(当時)に勤務していたときの先輩から、大好きな京阪電車のカレンダーが届きました。毎年、この時期にいただいているのですが、とてもありがたいことです。

 今回は都民共済が配布している富士山カレンダーも一緒に送っていただき、こちらも、すごく素敵なものでしたし、京都にある隆彦院という浄土宗のお寺のそれも同梱されていました。何となく徳を積むことでできそうです。

 それにしても、数回しか乗ったことのない京阪にときめくのはどうしてなのでしょうか。これは東京でも同様で、近くを走っている小田急や京王より、京急、京成、東武などに惹かれます。人の世界も同じような気がします。

やっと住宅ローンが終わります

 写真の上には、「住宅ローン完済!」とありますが、この26日の最後の引き落としで「完済」となります。長かったような、そうでもなかったような気がしますが、これで、銀行から土地を差し押さえられることもなくなり、妻とともに一安心です。

 それにしても、マイホーム派vs賃貸派、一軒家派vsマンション派、固定金利派vs変動金利派などなど、結論が出ない選択もありますが、結局は正解というものはないのでしょうね。ちなみに、我が家の直近利率は0.8%でした。借り始めは2.6%くらいだった思います。

 また、これからは、毎月の返済金額と繰り上げ返済していた金額を合わせて、遅ればせながら貯蓄しようと思っています。また、この機会にあらためて、遅延なく返済できたのはお世話になった数多くの皆さんのお陰だと、感謝の気持ちを忘れないようにします。

百恵ちゃんとメンバーセールのお買い物

 カンタベリーの2021秋冬商品が、メンバー限定で30%引きになるというメールが来たので、早速、百恵ちゃんを連れて吉祥寺のお店まで行ってきました。このところ、彼女はあまり抱っこを要求しないので、かなりジイジは楽になっています。

 このメンバーセールは1週間ほどで終了し、その後は一般的セールとなりますが、どうしても、サイズや色柄に偏りが出ますので、いわば“早いもの勝ち”になるのは仕方ないと思います。なお、商品には会員だけが分かる印が小さく付けられています。

 今回はその初日に行ったので、お目当てのディフェンダー・ジャケットを購入することができました。店内で撮らせてもらいましたが、バックの刺繍がなかなか素敵です。百恵ちゃんは近くのキディランドでシールを買ってあげましたが、かなり気に入ったようです。

『ちゃんこ門脇』はきょうも元気に営業中

 少し前に新装オープンした『ちゃんこ門脇』ですが、お休みすることもなく、元気に営業中です。きょうは直近の5日間の鍋を並べてみました。「なんだ、前のものと一緒じゃないか」などという声も聞こえてきそうですが、毎日、ちゃんと違った汁や具材を使っています。

 最近、かかりつけ医から、「若干ですが、コレステロール値が高くなっています」との指摘があり、それが悪者ではありませんが、揚げ物は控えるようにしています。鍋には様々な種類があるのでしょうが、その対策としても優れもののような気がします。まだまだ、ちゃんこ風鍋は続きます。

百恵ちゃんとサンリオピューロランドへ

 予定では百恵ちゃんのママとお兄ちゃんと私の4人でサンリオピューロランド行くことになっていたのですが、稜ちゃんも来年4月から小学生になることもあるのか、「行かない!」となりましたので、百恵ちゃんとジイジの二人で決行してきました。

 それで、新宿駅から京王相模原線橋本行きに乗って、多摩センター駅で下車しました。ピューロランドまではそこそこ歩きますが、例によって百恵ちゃんは駅を降りたときから絶好調でした。予約はしていなかったのですが、問題なくチケットを購入できました。ジイジはシニア割引、彼女は3歳になったので子供料金になりましたが、どちらも同じ入園料(2500円)でした。

 そして、園内はお客さんの数も多かったのですが、それぞれのイベントはそれほど混まずに観ることができましたし、お約束のハートマークのライトを買ってあげると、百恵ちゃんはとても楽しそうに振っていました。どのような仕組みになっているのか分かりませんが、会場の音楽とライトがシンクロしているようです。

 それから、ゲスト参加の「ぐでたま・ザ・ム~ビ~ショ~」では、なぜかジイジも指名されて、スクリーンに自分の顔が大写しになりました。また、ぐでたま君からは『かどあきはかせ』と命名され、画面に写った早口言葉を読むはめとなってしまいました。マイクを持って隣に来てくれたお嬢さんも可愛くて、いい想い出になりました。

 なお、百恵ちゃんはほとんど抱っこを求めなかったので、けっこう楽でした。帰りの電車ではちょっと遅いお昼寝となったことも良かったです。新線新宿駅から丸ノ内線までもしっかり歩き、南阿佐ヶ谷駅で待っていたバアバと一緒に自転車で帰っていきました。あと、ほんの僅かですが川崎市に入ってしまったことは不可抗力でしたね。

百恵ちゃんとジイジのニューバランス

 百恵ちゃんの靴のサイズがどんどん大きくなってきていて、新しいものを買いたいと思っていたら、ニューバランスの公式サイトで、単品で30%引きと2足以上はさらに合計金額から10%とのアナウンスがあり、せっかくなので、ジイジの分も一緒に購入しました。
 ただ、前回の靴もそうなのですが、なかなか履いていく機会がないので、何とか工夫しなければと考えています。それにしても、前日の午後3時ころに注文し、当日の午前10時には配達されたのには驚きました。

このカードが出てパーフェクト達成!

 「ビックリマン」「鬼滅の刃」がコラボした「マン2チョコ」については先日、入れ替え処分された商品を大量に購入したことをお伝えしました、その前の定価で買ったものを含めれば、100個くらいにはなっているでしょう。

 それで、孫たちのお目当てはウエハースよりも、全24種類あるシールにあります。とりわけ、S1からS4までのスペシャルが出てくるのをいちばんの楽しみにしています。この4枚だけはビックリマンの登場人物と二人でセットです。

 つまり、鬼滅の刃のキャラクターだけが20種類あるのですが、通称「スペシャル」と呼んでいるなかで3種類は出ていたものの、稜ちゃんが持っている「竈門炭治郎×ヘッドロココ」だけはなかなかゲットできませんでした。

 なので、これが出ないうちはジイジも妥協ができなかったのですが、やっと、コンプリートとなり一安心です。なお、彼が実物を示していますが、分かりにくいので、シールだけ別に撮って合成しています。あとの2枚はおまけです。

稜ちゃん&百恵ちゃんの七五三

 孫の稜ちゃん(5歳)と百恵ちゃん(3歳)の七五三参拝を大宮八幡宮で行いました。昨日は風が少し強かったのですが、雲ひとつない晴天で、二人の門出にふさわしい記念日になりました。

 また、お兄ちゃんの圭佑くんのときと同様、ママのパパとママも一緒で、お参りが終わったあとは次男のお家で乾杯となり、前から食べたかった「すしの美登里」からも写真の3倍くらいのボリュームのお寿司がテーブルに並びました。

 そして、これからは百恵ちゃんが7歳になったときの七五三なりますが、早く大きくなったもらいたいような、そうでないような気持ちです。稜ちゃんも来年4月からは小学生になりますが、体重20kgを目指しているそうです。

百恵ちゃんは幼稚園浪人になるかな

 ちょっと前に百恵ちゃんのママやパパ(私たち夫婦も)が彼女を入園させたい幼稚園の抽選がありました。もともと、年少さんの人数はとても少ないのですが、その結果は補欠になってしまいました。しかも、彼女の補欠番号は最後で、合格者の全員がキャンセルしても、百恵ちゃんの順番は回ってきません。

 来年の4月以降に空きが出れば、現在の補欠順位をチャラにして補充するようですが、あまり当てにしないほうがいいようです。両親はほかの幼稚園には行かせるつもりはないようなので、1年間の浪人がほぼ決まり、来年の年中さんにチャレンジすることになります。

 ただ、ジイジ的には百恵ちゃんと過ごす時間は今までと同じになるわけで、ちょっぴり嬉しい気持ちがないわけではありません。また、来年4月からも保育園の一日有料保育を利用することなるので、その送りやお留守番にも変わりがないと思いますし、我が家でのお泊りも同様になると思います。

一日の始まりは孫の顔から

 もちろん、正確には妻の顔ということになりますが、特に飽きているのではないものの、もう45年になりますので、まあ、それはそれでということですね。多分ですが、相手も同じ思いではないかと思います。

 それで、ほぼ毎朝、孫たちを幼稚園などに送ったり、次男宅でお留守番をしたりしているのですが、これがけっこう楽しく、ジイジの生活のエネルギーになっています。僅かな時間なのですが、その後、解放されますので、余計にそう感じるのでしょう。

 そして、きょうの写真は二人の孫に、「変な顔と、優しい顔やって」とリクエストしてスマホのカメラで撮りました。あと、少なくても3年くらいは孫たちもそれに応じてくれると期待しています。あっという間でしょうね。

孫たちも「ソーシャルディスタンス」?

 偶然なのでしょうが、次男夫婦の3人の子供たち、私たち夫婦の孫たちですが、どこかの公園で、お互いに距離を保って座っています。ママが撮ったのですが、何となくほのぼのした光景ですね。
 この孫たちは我が家に入ってくると、「ただいま!」「おかえり!」となるのですが、まずは手洗い、または消毒液でシュシュすることが習慣になっています。これからも、それが継続しいくのでしょう。

区議の安斉昭さんと久しぶりに懇親

 衆議院選挙や杉並区議会の定例会も終了しましたので、区議の安斉昭さんと久しぶりにJR阿佐ヶ谷駅南口からすぐのところにある居酒屋さんで懇親しました。また、駅周辺ではクリスマスの飾り付けも始まったようです。
 そして、彼とはとても長いお付き合いになりますし、二人とも「民社党=同盟」の出身なので、この日の話題の中心になった政党や労組のことについても、同じ思いを共有することができました。
 やはり、文字どおりの同志と一緒に飲むのは楽しいものですね。とりわけ、樽生ビールは最高です。あとは、来年の参議院議員選挙や杉並区長選挙のことでも大いに盛り上がりました。

 

東京タワーがサンリオ展になりました

 一昨日はお日柄も良かったので、百恵ちゃんと東京タワーに行くことになりました。丸ノ内線→日比谷線を乗り継いで、東京タワーの至近駅の神谷町で降りましたが、そこで彼女がホームに掲示してあった「サンリオ展」のポスターを見つけて、「こっちに行きたい!東京タワーは行かなくていい!」となり、もう一駅乗って六本木ヒルズ52階に向かいました。

 それで、六本木ヒルズに入ったのは開業してからすぐだったと思いますが、もうあれから20年が過ぎているのですね。現在でもIT企業やそこで大儲けしたお金持ちが住んでいるのでしょうか。また、最後に六本木に来たのも数年前になります。昔はけっこう素敵なライブハウスに通っていたのが、良い想い出になっています。

 そして、会場は東京シティービューと称されていて、文字どおり、晴れ渡った東京の景色を観ることができましたし、東京タワーの展望台がすごく下にあると感じました。もしかしたら、東京タワーより視界が良かったかもしれません。急遽、変更を告げた百恵ちゃんに感謝しなければなりませんね。

 それから、イベント会場での彼女はすごく嬉しそうでしたが、お約束のサンリオギフトショップで購入したグッズは入場料より高くなりました。まあ、こんなものでしょう。帰路は逆コースで戻りましたが、怒涛の抱っこ攻撃でジイジはかなりきつかったです。ただ、地下鉄内では就寝となり、南阿佐ケ谷駅に着く直前で起きてくれたので、我が家までは何とかなりました。

3歳と半分になった百恵ちゃん

 子供や孫の成長は早いと言いますが、百恵ちゃんに接していると本当にそう感じます。つい先日まで、階段の電気をつけるのに背伸びをしていましたが、今ではたやすくそれをやっています。

 そして、彼女は3歳半になりました。これまた、3歳のお誕生日をちょっと前に祝ったらと思ったら、もう、4歳まであと半年になりました。このようにして、大きくなっていくのですね。

 それから、あいかわらず、抱っこや肩車が大好きですが、それも長くなると、ジイジは痛みが翌日まで繰り越してしまいます。もちろん、それはそれで、孫への愛情の証しだと割り切っている毎日です。

 また、我が家の塀に映っている「虹」を彼女が見つけました。そこに置いてある自転車のどこかに反射しているのでしょうが、青空の中にいるお月様を見つけたりと、感性が豊かなのかと思います。

 

霧雨けむる靖國神社に正式参拝しました

 昨日は天候が不安定でしたが、十数年ぶりに靖國神社に正式参拝をしました。「正式」というのは神職に案内されて本殿まで入り、玉串奉奠するものです。本殿内はとても簡素で、賑々しい雰囲気はまったくありません。

 また、その前に境内にあるレストランで、素敵な模様を描いたコーヒーをいただきました。これって、どうやって作るのでしょうか。ここにはテラス席が用意されていて、そこを利用しましたが、雨に濡れず良かったです。

 それから、都営新宿線に乗ってハルチカに行きました。ランチタイムは終わっていたので、お客さんは少なく、落ち着いて昼飲みできました。慣れ過ぎてはいけませんが、先日もお伝えしたように、少しずつ前に進みたいですね。

柿沢未途さん~必ず勝利してもらいたい!

 東京第15区(江東区)から立候補している「柿沢未途」さんとはかつて、都議会で一緒に活動させていただきました。年齢は私よりずっと下ですが、とても爽やかなお人柄で、特に医療関係ではずいぶんと彼から勉強することができました。

 それで、門前仲町駅すぐ近くの選挙事務所に若干の差し入れを持参して行ってきました。このような場合は候補者本人はもちろん、事務所のスタッフに負担をかけないことを以前から心掛けています。つまり、そこに長居をしないことなどです。

 この日も柿沢さんはお船で区内の運河などを回っていました。その動画も見ましたが、なかなかユニークな選挙運動と思いました。また、写真の私の隣は候補者のつれあいの柿沢ゆきえさんで、彼女とは都議会で同期の仲間でした。

 そして、事務所を出て、富岡八幡宮と深川不動堂で、柿沢必勝、疫病平癒、国家安寧の祈願をさせてもらいましたが、富岡八幡宮には巨大なアマビエが鎮座していて、かなり可愛かったですし、深川不動堂では昨年同様、障害者の皆さんが描いた絵画を見学することができました。

 その後、お天気も良かったので、清澄通りを歩いてJR両国駅に向かいましたが、沿道にはほかの立候補者の事務所があったり、テレビドラマに出てくるような河川があったりと、まったく飽きることはなく楽しく歩けました。

 また、ゑんま堂もあり、ここも面白かったです。日本最大の座っている閻魔様が迫力満点でしたし、お賽銭を入れると突然、心に沁みるお言葉が流れてきてびっくりしました。お賽銭を入れる筒みたいなものがたくさんあり、私は「うそ封じ」に投げ入れましたが、「浮気封じ」もありました。

 さらに、名前は忘れましたが、松平定信さんのお墓のあるお寺でも上述の三つの祈願をして、深川江戸資料館にも立ち寄り、両国駅からの総武線ではお約束の前面展望スペースを確保して、阿佐ヶ谷駅まで乗り換えなしで帰ってきました。

次男一家に誕生日を祝ってもらう

 ちょっと遅れたのですが、いつも我が家に来ている次男一家が私の誕生日をお祝いしてくれました。ちなみに、門脇家では次男やお嫁さん、孫たちが家に入ってくると、「おかえりなさい」「ただいま」と挨拶することになっています。

 そして、小さめのケーキのロウソクを吹き消そうとすると、孫たちが先にやってしまい、何度目かでやっとそれができました。また、ピザはLサイズ2枚ですが、トッピングがどちらも2倍ですので、けっこう豪華です。

 それから、鉄オタの私は復刻された時刻表を買いました。1968年10月号で、当時の国鉄ダイヤが全面改正されたものです。ファンの間では、「ヨン・サン・トオ」と呼ばれているのですが、現在のものと比べるととても薄いですね。

外飲みの生ビールはやっぱり旨い!

 母校の同窓会の打ち合わせで、青山キャンパスに行ったのですが、対面授業が再開されていて、そのキャンパス内はちょうど昼食時間ということもあって、多くの学生でにぎわっていました。COVID-19対策はとても大切ですが、そんな風景を見ると安心します

 それから、あと1年半ほどで消滅してしまう青短の芝生がとてもきれいだったので、記念写真を撮ってもらいました。別の機会にお伝えしたいと思っていますが、私が母校に入ったのは、この短大の学生の一人に影響されたからでした。今となっては、青春の甘酸っぱい想い出です。

 そして、せっかく都心に出たので、お客さんの少ない時間の昼飲みとなったのですが、嫌な予感がしたものの、それが不幸にして的中してしまいました。隣の隣に座っていた3人のおじさんたちが大声で話し始めたのです。しかも、トイレに行くときにはマスクなしで私たちのすぐ横をすり抜けていくのです。

 もちろん、お店の責任ではありませんが、このようなときは、「危うきに近寄らず」が待ってましたとばかりに出番になり、生ビールを1杯飲んだだけで、河岸を変えることにしました。結果、これが大正解で、2軒目のビアホールはテーブル間が広く、ゆっくりと会話を楽しむこともできました。

 また、先日の居酒屋さんですが、ランチ時はあまり生ビールが出ないということで、提供していませんでしたので、自宅の缶生ビールではなく、お店の樽生としては334日ぶりとなりました。贅沢を言うのではありませんが、やはり、お店でいただく生ビールは最高ですね。
※青短:青山学院女子短期大学

稜ちゃんと百恵ちゃんの七五三撮影

 七五三のお参りは大宮八幡宮でお願いする予定ですが、その前にスタジオで稜ちゃんと百恵ちゃんの記念写真を撮ってもらいました。私や妻は現場にはいませんでしたが、ママから200枚近い写真が送られてきました。

 それで、ジジバカなのですが、ハズレの写真は1枚もなく(多分、そのようなものは送らなかったと思いますが)、二人ともすごく良い表情をしています。また、洋装も和装もあり、なかなか可愛いです。

 ちなみに、稜ちゃんは来年4月から小学生、百恵ちゃんは幼稚園の年少さんとなります(希望する園に入れない場合は浪人)。孫たちの成長は本当に早いですね。ジイジ&バアバもそれだけ歳を重ねています。

「332日」ぶりの外食となりました

 外食と言っても、居酒屋さんでの飲み会だけではなく、ランチなどもすべて含めたものです。少し前に「1年半」と述べましたが、最後に友人たちと会食をしたのは昨年11月でしたので、タイトルの日数となりました。けっこう我慢できるものですね。

 それで、昨日のお相手はダイエーユニオンで委員長や会長を務められ、UIゼンセン同盟(当時)でも幹部をされた、橋本和秀さんです。彼は私と同じ歳で、また、杉並区で生まれ育った方です。昨日は私の誕生日でしたので、お祝いもしてもらいました。

 なお、彼には私の選挙ですごくお世話になりました。特に杉並出身ということもあり、区議選では妻と一緒に後援会宅を訪問してもらいました。僭越ながら、私がもっとも尊敬する労組リーダーのお一人で、ユーモアも満載のナイスガイです。

 また、美味しいお料理をいただいたお店は、JR阿佐ヶ谷駅北口にある「福八」さんで、私のSNSにも何度となく登場しています。アルコールは正午から午後3時までの提供で、夜の営業はありませんし、徹底した感染対策がなされています。

 そして、332日間、自宅では缶ビールを毎晩、いただいていたのですが、ここではサッポロ赤星瓶ビールでした。やはり、お店で飲むビールはすごく美味しいと感じました。これからは、ぼちぼちと外飲みもしていこうと考えています。

生かされている喜びを噛み締める

 おかげさまで本日、67回目の誕生日を迎えることができました。あらためて、いつも私のSNSをご覧いただいている皆さんにお礼を申し上げます。ありがとうございます。
 この1年はCOVID-19関連の話題が多かったのですが、愛しの百恵ちゃんも3歳となり、ジイジの目はさらに細くなっています。ほかの4人の孫たちを含めて家族全員(ワンコも)、とても元気です。
 そして、人生も第4コーナーを回ったあたりとなり、いわゆる断捨離もピッチを上げなければと思っています。少し前にはすべての過去の選挙資料などを感謝しながら処分しました。
 ここからは、顧問先の新病院建設に向けて、医療財団理事長からの特命事項実現に向けて奮闘努力してまいります。引き続き、皆さんから叱咤激励いただけるようお願いいたします。

「抱っこして!」は少ないけれど‥‥

 百恵ちゃんたちのママは専業主婦なので、孫たちは保育園に通うことはできませんが、その保育園では有料で一日保育みたいなことをやってくれています。なので、朝の送りはジイジがやることが多いです。夕方はママかバアバの担当となっています。

 それで、最近になって、百恵ちゃんは自宅から保育園まで、「抱っこして!」と要求しないようになりました。通園時間はわずかですが、彼女もけっこう重たくなってきましたので、私としてもかなり楽ちんになりました。

 また、彼女は角を曲がるたびに、「百恵ちゃん、歩いて偉いでしょう」と得意げに言っています。私も、「そうだね、超偉いよ。ママとバアバと◯◯先生にも言わなくちゃね」と褒めてあげます。負担は減りましたが、少し寂しいですね。

百恵画伯の傑作が二点できました

 最近の百恵ちゃんはお絵描きが大好きで、私の机の横にあるラックからコピー用紙を出してきて、小さなテーブルでボールペンを走らせています。
 そして、その最新作が写真の二点ですが、左側はジイジ(つまり私)、右側はママ、パパ、お兄ちゃんたちなどで、かなりの自信作のようです。
 また、「百恵ちゃんはどれ?」と聞いたら戸惑っていましたので、「じゃあ、バアバに描いてもらうね」と言って、一人だけお姫様のような百恵ちゃんがいます。

大衆割烹『かどわき』お酒在庫はOK!

 大衆割烹『かどわき』の記事を載せたのは昨年の4月ですので、もう、あれから1年半になろうとしています。そういえば、最近は「あれから1年半」という表現が多いようになりましたが、それほど長い時間には感じていません。

 それで、その『かどわき』ですが、今日まで一日も休業することなくお店を開けています。と言っても、なぜか女将さんとお客さん一人の二人だけで、ときどき、可愛い女の子が隣りにいますが、もちろん、お酒を飲むことはありません。

 それでも、経営は安定しているようで、休業補償金などをもらってはいませんし、まして、いつかはバチが当たる闇営業などもってのほかです。なお、営業時間は午後6時から8時まで、年中無休となっています。

 それから、きょうの写真はお店のお酒の在庫を撮ったものです。これ以外にも、乙種焼酎、甲種焼酎、ウイスキーなども揃えていますが、申し訳ないものの、日本酒とワインはお出ししていません。きょうも午後6時が今から楽しみです。

今年もビックな梨が届きました

 今年もまた、後輩からとても大きな梨をもらいました。後輩と言っても、年齢は私の子供と同じくらいですが、いつの間にか、彼女も可愛い二人の男の子のお母さんになりました。

 過去のSNSでも何度も登場してくれていましたが、最近は諸般の事情で、最後に会ったのはいつだったか思い出せないほどです。まあ、お互いに元気で暮らすことができているのですから、それだけでもありがたいことです。

 ところで、この梨は千葉県の鎌ケ谷市内で生産されたものです。梨というと、鳥取県がとても有名ですが、鎌ヶ谷や東京都の稲毛市のものも美味しいですね。持っていてもずっしりと重いです。

Googleにはお世話になっています

 Googleなど巨大IT企業には世界中から様々な批判があることは承知していますが、個人的にいろいろとお世話になっていることも事実です。ブラウザ、マップ、アース、YouTube(CMなし有料契約)、カレンダーなどですが、やはり、もっとも役立っているのは「フォト」のような気がします。

 少し前から一定の容量を超えると有料になりましたが、それでも、工夫しながら使えば課金されることはないと思います。実際、私はけっこう過去から使用していますが、15GBの中で2GB程度の容量です。人それぞれですが、有料料金もそれほど高くはないようです。

 それで、フォトでは不定期で様々なイメージの写真を自動的に作ってくれます。多分、流行りのAIとかなのでしょうが、これはとても楽しみです。私の場合は孫のそれですが、きょうの写真は百恵ちゃんの過去からの成長を1枚にしてくれています。これからも期待しています。

母校法学部同窓会の封入作業お手伝い

 昨日は母校の法学部同窓会の総会資料などの封入作業があり、私も幹事の一人としてお手伝いしてきました。当初は午後5時くらいまでかかるかなと思っていましたが、チームワークもよく、同2時には終了しました。もちろん、往復ともどこにもよらずに地下鉄での移動でした。

 キャンパスはまだ夏休み中でしたので、学生たちの姿はありませんでしたが、東京都ワクチンセンターになっていて、若い人たちが続々と入って行きました。守衛さんにお聞きしたら、すでに母校の後輩たちは接種を終えているとのことでした。その接種率が心配ですが、どうやら、それほど高くはないようです。

 また、香取慎吾さんが描いたビッグボードも展示されていて、せっかくですので、記念写真を撮ってもらいました。次の火曜日には学院全体の校友会常任委員会がリモートで開催される予定です。残念ながら、2年連続で同窓祭は中止になってしまいましたが、久しぶりにキャンパスはなかなか良かったです。