「可愛いでしょう!」ポーズの百恵ちゃん

 お兄さんの圭佑くんが小学校に、同じく稜ちゃんが幼稚園に4月から通うので、その準備のため、ママが何かと忙しくなり、稜ちゃんと百恵ちゃんがわが家に来ることが多くなりました。
 その百恵ちゃん(”もも”と呼んでいます)は最近、スマホを向けるとポーズを取るようになりました。そして、二人のきょうだいは喧嘩したり、すごく仲が良かったりと、見ていても楽しいですね。

圭佑くんは卒園して小学生になります

 百恵ちゃんのお兄さんの圭佑くんが卒園して、来月からピカピカの小学一年生になります。私たち夫婦には5人の孫がいますが、彼が6年生になったとき、その5人が全員、小学校に在籍することになります。今から入学記念のお祝いを準備しなければなりませんね。

 そして、稜ちゃんと百恵ちゃんはわが家に来ることが多くなりました。これはとても嬉しいことで、二人ともジイジ&バアバが大好きなようです。また、近くの公園で遊ぶことも楽しみにしていて、私たちも「砂」と親しむことが増えてきましたし、「アンパンマン」と「PPCandy」もけっこう面白くなりました。

 

「これ、なぁ~に?」連発の百恵ちゃん

 百恵ちゃんは5月で2歳になりますが、ジイジと歩いていると、次々と指を向けて「これ、なぁ~に?」と聞いてきます。やや面倒くさくなるときもありますが、「マンホールだよ」「お花」「シャッターだね」とちゃんと答えています。なお、1枚だけちょうど1年前の写真を混ぜておきました。

楽しい想い出だけが戻ってきます

 品川インターシティには初めて行きましたが、とても素敵なお店がたくさんありました。1年間、ここだけの居酒屋さん巡りで楽しめそうでした。
 それで、昨日はお世話になった皆さんと大いに盛り上がりましたし、話題が多くて時間が足りませんでした。仲間はいいものですね。

楽しい時間はすぐ過ぎますね

 あまり友人の数が多くない私ですが、やはり、母校の同じゼミで一緒だった仲間はいいですね。労働法のゼミでしたが、彼は日本を代表する自動車メーカーの組合委員長まで上り詰めました。
 西武池袋線中村橋駅近くの町中華での4時間はもの凄く楽しかったです。彼の奥さんもいつものように同席しましたが、話題はあちこちに及び、箱根駅伝優勝はもちろん、孫のことからお墓のことまででした。
 また、別のご夫婦とともに3組6人で地中海クルーズ→台湾観光→勝浦ホテル三日月と旅行しようということになりました。順番が逆のような気がしますが、身体が動くうちにということで、なるほど!と思いました。

超私論~上手に歳を重ねるのには

 写真は以前に行われた母校の法学部同窓会幹事会の新年会で撮ってもらいました。会場は青学会館でしたが、ご覧のように老若男女が集い、同じ大学の同じ学部ということだけで、時間や空間を超えて、様々な話題で大いに盛り上がりました。

 そして、そのときに私が思ったのは、以前にもお伝えしたある団体の長の言葉でした。この方とは同年齢ですから多分、昨年に一線を引いているでしょうが、私が政治から距離を置こうとして、それを伝えに伺ったときのことでした。

 「門脇さん、これからは自分が楽しいと感じられる集まりだけに参加するといいよ」と彼は言われました。一瞬、意味が分からなかったのですが、あとになって理解することができ、それを実践することで、現在の自分があるような気がします。

 何だか抽象的な言い方で申し訳ないのですが、このことが今日のタイトルの一番手になっていることは間違いありませんし、あまり、「有意義に時間を過ごす」などを前面に持ってこないほうがいいようにも思えます。

 あとは、議員時代にはほどんど意識しなかったのですが、“今日は何を着ていこうかな”みたいなワクワク感も大切でしょうか。また、可能な限り異性と時間を共有することも一種の秘訣のようにも感じます。変な意味ではありませんよ!

 それから、同世代の人たちだけで群れないことも大切かもしれません。山登りや史跡探訪会も悪くはないのでしょうが、私は集団で移動する人たちの姿を見ると、自分が一緒に行動するのは無理だなと思ってしまいます。

 もちろん、趣味や家族はとても重要なことです。私で分かりやすく言えば、鉄道と百恵ちゃんです。これらも将来に向けて都度、修正をしなければなりませんが、計画を立て過ぎても、それがすべて良い結果を生むとも限りません。

 さらに可能ならば、現役時代に取り組んだことを一つでもいいから継続できると生き方に若干の余裕が出ると思います。私の場合は医療政策や総合病院の顧問活動ですが、これで勉強というものも必要になってきます。

 なお、何をやるのにも経済的な一定の基盤は必要です。ここはけっこう難しいところですが、逆にある程度はクリアーしないと、上手に歳を重ねることは難儀になってくるかもしれません。だいたい、そんなところでしょうか。

 もう一つ忘れていました。それはこの記事や写真のように自分を晒すこと、やや目立ちたがることです。しつこくならない程度にとの前置きを踏まえれば、それはそれで悪くはありませんし、SNSという格好の場も用意されています。

 以上ですが、勝手なわがままな考えと行動規範をダラダラと述べてきました。不愉快になったらお許しください。まあ、人生100年時代だそうですから、ぼちぼち進むしかないのでしょう。お互いにかっこよく生きていきましょうね!

ジジバカは続くよどこまでも

 百恵ちゃんは週末だけでなく、ママがお兄ちゃんの保護者会やママ友会に行くときにもわが家に来ます。なので、バアバは孫たちに玄関で「いらっしゃい!」ではなく「お帰りなさい!」と言っています。最近は私もそうなりました。

 そして、百恵ちゃんと二人のお兄ちゃんはときどき、おもちゃを取り合ったりしていますが、仲がとてもいいです。また、お人形さんを抱っこしたり、表情が女の子らしくなってきました。この時期がいちばん可愛いような気がします。

素敵なカフェ&美味しいハリハリ鍋

 以前にもお伝えしましたが、善福寺川沿い(住所は杉並区成田東3丁目)にとても素敵はカフェがあります。オープンエアですから、今の時期はちょっと寒いですが、ストーブなども用意されています。お隣の方はこのビルのオーナーさんの早坂寿さんです。

 また、同じ日の夜は吉祥寺駅南口ににある生姜料理が中心の居酒屋さんで友人たちと楽しい時間を過ごしました。写真はたっぷりの生姜を入れたハリハリ鍋で、身体がとても暖まって良かったです。3時間の飲み放題付きでしたが、前回のように真っ赤な顔にはなりませんでした。

年の始めはおかげさまで順調です

 気がつけば今年も2月に入っています。昨年末には母が他界しましたが、今年になってからの諸活動は概ね順調に進んでいて、いくつかのグループ別の友人たちとの懇親会は楽しく回を重ねています。もちろん、1月中は新年会の意味合いもありますが、とてもありがたいことですし、いつも不定期に集まってくれる皆さんには感謝の3乗です。

 また、この時期恒例の提出書類ですが、後援会と政治団体の収支報告書を都選挙管理委員会に、確定申告書を杉並税務署にそれぞれ提出しました。1月末までに完了したのは初めてです。確定申告は2月17日からですが、“還付金”がある場合はその前でもOKで、税務署も空(す)いていましたし、これを原資として孫たちのおやつ代やおもちゃ代になります。

 それにしても、私の顔が真っ赤で恥ずかしいです。お開き直前に撮ってので、こんな風になってしまいました。でも、ちゃんと電車で帰宅しました。なお、持っているのは一足早いバレンタインデーのチョコレートです。椿山荘のアフタヌーンティーのときにもいただいたので、「ゼロ」の恐怖からは脱することができました。

 

友人たちと素敵なランチビュッフェ

 三井ガーデンホテル銀座プレミアムで、友人とランチブッフェを堪能してきました。sky(スカイ)というレストランですが、品数はそれほど多くないものの、どれも美味しいものが揃っていて、よくある時間制限もなく、会話はすごく盛り上がり、爆笑の連続でした。

 また、私は知らなかったのですが、写真のオープンサンドなどは代々木にある「365日」という有名なパン屋さんで作られたそうです。もちろん、目の前で焼き立てをカットしてくれるお肉とケーキなどのデザートも良かったですし、従業員さんはともてフレンドリーでした。また、行かなくては。

 

東京の青空と百恵ちゃんが素敵です

 真ん中の百恵ちゃんの後髪がけっこう長くなりました。輪ゴムで縛ったら嫌がるでしょうか。両側の百恵ちゃんも最近、写したものですが、左側は女盗賊のようで、そこがまた、ジイジ的には可愛いです。

 ところで、この写真の背景は新宿タカシマヤの屋上で撮ったのですが、12階からはガラスがあっていまいち上手く撮れませんでした。そして先日、その上にオープンエアの屋上を発見し、遠くの風景を何枚か少しずつ動いて写しました。

 そうしたら、それをグーグルフォトが自動でパノラマ写真に加工してくれました。さらに3人の百恵ちゃんを無料サイトで切り抜いて、それぞれ取り込みました。ちょっと前まで素人ができなかったことを簡単にやってくれます。

 特に人物などの切り抜きはフォトショップなどでもそんなに綺麗にできないので、今までは有料サイトでお願いしていました。それよりもクオリティは一段下がりますが、SNSでご覧いただくにはこれで十分でしょう。

とても豊かな表情の百恵ちゃん

 百恵ちゃんには二人のお兄さんがいるので、妻ともよく話すのですが、性格は半分男の子のようです。それも少しずつ変わっていくのでしょうが、先日、“メルちゃん”のお人形を買ってあげても、それほど楽しそうではありませんでした。ただ、1歳半を超えて、ジイジに様々な表情を見せてくれるは嬉しいですね。

『やっぱり大作戦』が見事に成就!

 全国にある神社には格というかレベルが戦前のように厳密なものではないものの、現在でもその名残はあるようです。杉並区内にも多くの神社がありますが、その最高峰は大宮八幡宮であることを知り、母校の箱根駅伝の優勝を祈願しました。お正月も三日目ですが、境内はかなり賑わっていましたし、屋台も数多くありました。

 そして、青学グッズを用意して、日本橋手前で同窓の皆さんと応援しました。結果は昨年の雪辱を果たして見事に優勝しました。やはり原晋さんの戦略と選手の頑張りが結実したのでしょう。あとは私の必勝祈願もです(冗談です)。それから、友人たちと祝勝会をやりましたが、とても気持ちよく酔えました。

今年もよろしくお願いいたします

 昨年の暮に母が他界しましたので、本来はこのような新年のご挨拶は控えなければならないとは思いますが、気丈で明るく、元気な彼女でしたので、その母の分まで含めてお許しをいただければ幸いです。なお、納骨は済んでいませんので、お正月は母も一緒に過ごしています。

 今年はいよいよ新病院のグランドデザインも出てくる予定ですので、その分野で奮闘努力してまいります。また、様々な政治活動も助っ人として働かなければなりません。もちろん、孫対応と鉄分補給も充実していきますので、変わらぬご指導を引き続きお願いいたします。

母・幸(さち)が永眠いたしました

 12月24日午前10時20分、母・幸が94歳で亡くなり、昨日、告別式などを無事に行うことができました。家族葬でしたので、事前にお知らせをすることはいたしませんでしたが、3人の孫や5人のひ孫にも送られ、母も天国で喜んでいることと思います。長い間、お付き合いをいただき、ありがとうございました。合掌。

今から貯金をしなければ

 “貯金”と言っても、流行りの「老後に備えて」ではなく、孫たちの入学祝いなどのことです。長男の長男は再来年4月から新1年生になり、次男は幼稚園の年少組のさらにその前の教室に入る計画と聞いています。

 また、次男の長男は小学校に入学ですし、次男は1年間の幼稚園浪人が終わり、年中さんからの入園が決まっています。百恵ちゃん(後髪が伸びて来ました)も再来年から年少組に通わせると、ママは張り切っています。

 その結果、5人の孫が全員、1年生から6年生に一年間だけですが、同時に通学することが分かりました。もちろん、私たち夫婦にとってすごく嬉しいことなのですが、その結果が今日のタイトルとなりました。

「大人の隠れ家」って?

 「大人の隠れ家」とか「芸能人お忍びのお店」とか、魅力的と思うような表現がよくテレビや食雑誌などで使われています。それはそれで良いのですが、メディアで周知されてしまうと、隠れ家でもお忍びでのなくなってしまうようにも思います。
 それで、地下鉄麻布十番駅からすぐの場所にある素敵なお店に行ってきました。入り口と店内に続くアプローチは驚くほど狭いのですが、内部はけっこう広かったです。写真は美味しかった白レバーと赤レバーのお刺身です。

大感謝です!ニューオータニさん

 ホテルニューオータニのレストラン「SATSUKI」“新・最強の朝食”をいただいてきました。特に楽しみだったのはホテル専用の畑で収穫された無農薬サラダ、とても種類の多いパティスリー、目の前で調理してくれる玄米卵のオムレツなどです。

 また、久兵衛さんが作ったのではありませんが、赤酢いなりと太巻き寿司もすごく美味しかったです。和食系統もとても充実していて、近くのテーブルでは外人さんが干物を楽しそうに食べていました。

 何でも180品目ほどあるそうで、もちろん、すべていただくことはできませんでしたが、特に自分で作るうどんや大好物のシャーベットを外してしまったのは残念でした。それと、ヨーグルトの数多いトッピングが印象的でした。

 なお、当日はホテルへの予約ではなく、ネットサイト経由で申し込みましたので、スパークリングワインが飲み放題でした。もっとも、朝からそうは飲めませんでした。スタッフのサービスも自然で好感度抜群です。

 これで、お一人様5000円(税サ別)です。落ち着いた雰囲気でのビュッフェはいいですね。また、ホテル入口には綺麗なクリスマスデコレーションがあり、それだけでも、心がうきうきしてきます。

 確かに朝食で5千円は高いでしょうが、選びきれないほどの品数をどれだけ食べても(実際にはそうは食べられませんが)OKですし、政治家のパーティと異なり着席で良質なサービスも受けられ、たまに利用するのだったら大満足です。

 そして、「おもてなしをいただき、ありがとうございます!」と、丁寧にお礼を会計のお嬢さんに申し上げました。次回はクリスマスにガーデンラウンジを利用予定ですが、「頑張れ!ニューオータニ!」ですね。

 帰り道は土手の上を歩きましたが、四ツ谷の駅で丸の内線やJRが行き交う風景は素敵でしたし、教皇様が説法された聖イグナチオ教会の中にも入ってみました。その荘厳な雰囲気には感動し、圧倒されました。

法学部同窓会30周年記念パーティ

 IVYホール青山会館で、母校法学部同窓会の30周年記念パーティが開催されました。30年というのは同窓会が設立されてからで、私が昭和52年に卒業した法学部はできてから60年になります。

 会場は多くの卒業生で大賑わいで、遠方からもOB・OGが参加されていました。来賓の院長、学長、学部長から暖かいご挨拶をいただき、乾杯は元理事長の半田正夫先生に音頭を取っていただきました。

 そのあと、おめでたい日本舞踊、ジャズ演奏、コーラスなどが次々に演じられ、お開き前には全員で、♬学生時代♬とカレッジソングを合唱し、私の当日の司会のお仕事も終了しました。皆さん、お疲れ様でした。

困ったときの百恵ちゃん頼み

 私はブログとフェイスの2種類(内容はほぼ同じ)を利用していますが、デイリーで記事と何枚かの写真をアップしています。まれに、日に2本とかありますが、それはかなり急な話題や予備の記事の放出に限っています。そんなことがもうずいぶん長くなりましたが、それを現在までお休みなしで継続しています。

 ただ、記事や写真のネタがいつも湧き出すように豊富にあるわけではありません。そんなときに活躍してくれるのが百恵ちゃんです。先日も二日連続でわが家にお泊りとなりましたので、ジジバカ600%で写真を撮っています。最近はスマホを向けるとポーズを取ってくれるようになりました。

ロマンチッな母校の点火祭

 昨晩は母校で法学部同窓会の幹事会があり、1週間後に迫った「法学部同窓会30周年記念パーティ」の打ち合わせを行いました。
 それが午後7時からでしたが、同じ青山キャンパスで6時まえから、「クリスマス・ツリー」の点火祭が開催されました。
 私の後ろにあるのがそのツリーですが、けっして派手ではないものの、質素でそれがまた、ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。
 また、礼拝堂前でのハンドベル、聖歌隊、吹奏楽などもすごく素敵で、現役時代を含めて初めて参加した点火祭に大感激でした。

 

キャラクターストリート&国際フォーラム

 有楽町にある国際フォーラムで開催されたイベントに行ってきましたが、そこまでは丸ノ内線の東京駅で下車し、長い長い連絡通路を歩いて、これが同じ東京駅なのだろうかと思う京葉線のそれに向かいました。ほとんど、有楽町駅ですね。

 それで、開演時間まで少し時間があったので、八重洲地下街まで行ってみました。ここではやはり、東京キャラクターストリートが楽しいです。相変わらず、すごく賑わっていましたし、大丸デパートの売り場も同様でした。

 そして、ウルトラマンワールドM78でクッキーを買い、フジテレビショップ・フジさんでは紙兎ロペのマフラータオルを購入しました。カンタベリーショップにも寄りたかったのですが、新丸ビルに移転していましたので、次回のお楽しみです。

 あと、そのフジテレビショップのレジにいた可愛いお嬢さんに、「めざましテレビでお天気キャスターをしている阿部華也子さんのグッズはありませんか?」とお聞きしたら、間髪を入れずに「ありません!」と言われました。

 また、国際フォーラムでのイベントですが、いくつかあるホールには初めて入りました。今回は「C」でしたが、ここは約1500席あるそうです。演目では特に女子高生のキレキレダンスが素晴らしかったです。

初めて『日展』を鑑賞しました

 母校の後輩が国立新美術館で開催されている『日展』に誘ってくれたので、行ってきました。絵画とか書にはまったく縁のない私ですが、大きなキャンバスに描かれた日本画や洋画は素晴らしかったです。書は難しくて理解できませんでし、彫像は数が多すぎてちょっと窮屈でした。

 そして、昼食は近くにある中華料理店・蒼龍唐玉堂でいただきました。3人で別々のものを注文しましたが、後輩の友人も含めてどれも美味しかったようです。お店の方ともちょっとお話をしましたが、やはり、有名な展覧会などがあると店内も賑わうと言われていました。

 なお、偶然なのですが、当日は入館無料ですごく混んでいて、撮影も禁止でした。また別の日に行きたいと思いますので、次回は素敵な絵画を何枚か紹介でききるかもしれません。あと、気になったのは展示されている絵画などの価格のことです。誰がどのように決めるのでしょうか。

久しぶりに「門脇会」が開催される

 “開催”という言い方はちょっとオーバーですが、定期的に行っている懇親会です。会場はいつもの居酒屋さんで、名前は忘れましたが、ビールジョッキの中に凍ったレモンが入っているサワーはすごく旨かったです。「中」だけ3回もお代わりしてしまいました。けっこう経済的でもあります。

 また、もつ鍋はあまり美味しそうに写っていませんが、なかなかのお味でした。これからは鍋シーズンですね。それから、今回はメンバーの一人からすごく嬉しい発表があり、大いに盛り上がりました。忘年会はそれぞれの事情によりできそうもありませんが、年明けの新年会も今から楽しみです。

百恵ちゃんと荻窪タウンセブンへ

 百恵ちゃんをサンリオピューロランドに連れて行こうと思い、そこでの遊び方などを考えていたのですが、妻から「まだ、早いから」と反対され、近場の荻窪タウンセブン(ルミネも併設)に変更しました。

 ここの屋上には遊具がたくさんはないのですが、人工芝が敷き詰められていて、屋内の食事スペースなどもあり、彼女は楽しそうに走り回っていました。身近なところでも子供たちはいきいきしていますね。

羽田空港はパラダイスだ!

 稜ちゃんが飛行機を見たいと言うので、羽田空港に行ってきました。いつもは京急を利用するのですが、彼がモノレールの経験がないので、浜松町からそれに乗って向かいました。そして、国際線ビル駅で下車してビル内をくるくるしたあと、お待ちかねの展望デッキに到着したました。

 展望デッキはここだけではなく、無料の連絡バスに乗って第2ターミナルにも行きました。どちらも、彼はとてもご機嫌で、テンション高く走り回っていました。また、全日空の五輪ラッピングの機体にも会うことができましたし、博品館ではスロットカーサーキットを体験しました。

 帰りは京急→都営浅草線→銀座線→丸ノ内線と乗り継ごうと思ったのですが、彼の興奮がまだ続いていたので、リムジンバスで新宿まで戻ってきました。車内は乗客は少なく、いちばん後ろの席に座りましたが、稜ちゃんはさらにモードがマックスになり、ジイジはけっこう難儀でした。

増田裕一さんの復活に向けて

 今年4月に行われた杉並区議会議員選挙で文字どおり、惜敗した増田裕一さんと久しぶりに懇親しました。現在は後援者のご縁でサラリーマンとして仕事をしていますが、次期区議選に向けて捲土重来を期し、活動を進めているとお聞きし、とても力強く思いました。

 いろいろと難儀なこともあるでしょうが、ご家族とともに頑張っていただきたいです。また、私が安心したのは様々なご苦労もあるわけですが、彼の表情が明るかったことですし、常に前を向いて進んでいこうという明確な姿勢がしっかりと伝わってきたことです。

 もちろん、私がお手伝いできることは限られていますが、ちょっとした相談相手になればと思っています。彼も落選したとき、生計を立てることを含めて、いくつかの選択しがあったようですが、ご自分で選んだ道を私も最大限に尊重させていただきます。今後の活躍を心から期待しています。

 それと余談ですが、この日の会場は荻窪駅北口の“串カツ田中”でした。いち早く全面禁煙にした店内は数多くの家族連れで賑わっていました。お客さんの半分以上がお子さんに一緒に楽しんでいて、この光景は素晴らしいと感じました。今は少し辛いかもしれませんが、必ず売上アップにつながるでしょう。

やっぱり!阿部華也子さんだ!

 ちょっと前に百恵ちゃんには将来、宝塚歌劇団星組の男役トップスターになってもらいたいという願望が、めざましテレビのお天気キャスターの阿部華也子さんのような素敵な女性に育って欲しいと変化してきたという想いを載せました。

 それで、ジジバカ600%を承知なのですが、その思いが最近の彼女を見ていてますます強くなったきました。そして、その勝手な想い、すごくわがままの自分も悪くないなとさらにうぬぼれています。それにしても、華也子さんに似てきたような気が‥。

生かされている喜び~65歳の誓い

 65歳の誕生日を無事に迎えることができました。今日からは前期高齢者となりますが、あらためて、お世話になってきた皆さんに心から感謝を申し上げます。
 生かされている喜びを噛みしめながら、ちょっと恥ずかしいのですが、いくつかの目標を掲げてみました。笑って読んでいただければ嬉しいです。これからも変わらぬご指導をよろしくお願いします。

◯超短期的願い
・今晩のスコットランド戦でJAPANが勝利すること
◯これからの目標
・役員を務めている総合病院の新築に向けてさらに努力すること
・手に持っている介護健康被保険者証をできる限り使わないこと
・百恵ちゃんが成人の日を迎えるまで健康寿命を維持すること
・そのためにもHbA1cと血圧の数値には常に留意を怠らないこと

・妻とは上手に折り合いをつけながら仲良く生きていくこと
・その当面の目標として7年後の金婚式まで妻に優しくすること
・国政選挙や地方選挙はまずは政党ありきで投票しないこと
・好奇心にエネルギーを注いで飽きてしまったら振り返らないこと

・無駄遣いは避けながら買いたいという気持ちを冷やさないこと
・SNSは記事が枯れることもあるけれど毎日更新を続けること
・名所史跡巡りや山登りなどほかの高齢者とは群れないこと
・母校のイベントのお手伝いなどは単純な力作業だけとすること
・2匹のワンコも高齢になっているのでリードを引張らないこと
・月間と年間の1日平均歩数は8千歩以上を必ず確保すること

百恵ちゃんと新宿御苑へ

 季節はだんだん秋らしくなっていますが、百恵ちゃんと新宿御苑に行ってきました。ここも秋の雰囲気が次第に濃くなっているようでしたが、苑内には家族連れやカップルが少なくありませんでした。ただ、まだ日中の日差しは強く、皆さんは木々の日陰で身体を休めていました。

 そして、少し前にもお伝えしたとおり、ベビーカーは使わずに、自分で歩くか、ジイジに抱っこするか、どちらかでしたが、杉並から遠くはないといっても、間もなく前期高齢者となる私にはちょっと難儀でもありました。

 苑内は上述の日本人のほかにも、ラグビーWCでわが国に来られている外国の方も多かったです。百恵ちゃんがベンチに座っていると、スロベニアのおばさまが、「あの子を写しても良いですか?」と言われました。

 私は「もちろんです」と言い、その方と百恵ちゃんとのツーショットも撮って差し上げました。それから、その三人連れの皆さんと旧ユーゴスラビアのことを話しました。だいたいは通じたのですが、チトーの発音が違っていると指摘されました。

 それから、彼女にとって初体験のソフトクリームを売店で買い、自動販売機でもぶどうジュースを求めました。帰路の途中で寝てしまうかなと思ったのですが、地下鉄でも元気で、自宅に戻るまでかなりご機嫌でしたので、私も一安心でした。