二人の楽しい鉄ちゃんと

 颯之介くんと稜ちゃんの二人の孫ですが、休むことなく鉄ちゃんの修行を積んでいます。そこにジイジである私が加わっているのですが、そう遠くない時期にこちらが指導を受けて、立場が逆転する気がします。
 颯ちゃんとはまず、宇都宮線の古河駅まで迎えに行き、古河駅→上野駅→成田空港駅→上野駅→古河駅ですが、そこに私は杉並からの往復が追加になっています。今回の目玉はやはり「スカイライナー」でした。
 そして、その前日は稜ちゃんと一緒で、いつもお伝えしている定番のコースでした。伊勢丹の屋上には梅が美しく咲き、芝生の小さな花々がとても綺麗でした。それと、颯ちゃんはこの日、初めて“ピースサイン”ができました。

JR中野駅北口の飲み屋街が素敵!

 JR中野駅北口のブロードウェイに向かう商店街右側・新宿寄りの一帯に名前が付いているのか分かりませんが、かなりの数の飲食店がそう広くない地域に集中しています。昔のことですが、この近くに民社党の事務所があり、学生のころから居酒屋さんなどを利用していました。
 都内の歓楽街にはそれぞれ特色があって良いのですが、ここにはおしゃれなお店は多くないものの、どこも入りやすく、廉価で親しみの持てる飲食店が少なくありません。また、飲み過ぎてもタクシーで自宅まで2千円でお釣りがきますし、安心なロケーションでもあります。
 そして、いつもお世話になっている写真の店舗も前述の例外ではなく、従業員の皆さんもとてもフレンドリーです。そんなこともあり、私にとっては禁断の〆ラーメンもここでは解禁しています。生ビールも再び登場して、塩味で美味しかったです。でも、翌朝は胃が少しもたれでした。

颯之介くんと鉄道博物館へ行く

 たまにしか登場しない孫・颯之介くんと大宮にある鉄道博物館に行ってきました。前回はパパとママも一緒でしたが、今回は二人だけのコンビです。古河駅でママに見送ってもらい、大宮駅でニューシャトルに乗り換えて現地に向かいました。
 そして、そのニューシャトル改札前にあるマックで簡単に腹ごしらえしたのですが、ナゲットのBBQソースを付けながら、「やっぱり、これがないと美味しくないね」と言っていました。
 鉄道博物館はとても楽しく、どちらが喜んでいるのか分かりませんでしたが、颯之介くんの“解説”がところどころで聞けて、すごく参考になりましたし、ジオラマの“転車台”という単語も知っていました。また、ミニ運転列車は大人もご機嫌になれます。
 それから、ここでかなりの時間を過ごして古河駅に戻りましたが、大人の脚でも30分近くかかる自宅までを彼は文句も言わずに歩き続けました。ちなみに、パパといるとすぐに“抱っこ!”だそうです。
 その途中、私が「イオンでおもちゃ買おうか」というと、「イオンじゃなくて、イオンモールだよ」と言ったり、「信号機の青は緑だよね」とご指摘いただいたりと、ジイジにとっても、久しぶりに再会した孫の成長を大いに感じた日となりました。

四人とも良いお顔ですね

四人には私も含まれますので、そこは恐縮なのですが、タイトルのとおり、新宿歌舞伎町の焼き鳥屋さんに笑顔が集まり、3時間半があっという間に過ぎました。都議会民主党の当時の同志たちで、とても仲が良かったです。やはり、お酒と会話は息の合ったメンバーといただき、語らうのが最高ですね。

孫たちとのお散歩とお買い物

稜ちゃんがとても長い距離を歩くことは何回かお伝えしましたが、それはお兄ちゃんの圭佑くんも同じです。お父さんにはおんぶ、抱っこをせがむそうですが、ジイジには諦めているのか、その仕草をしたことがありません。

それで、先日は大宮八幡宮から明大前まで歩き、井の頭線で永福町駅まで移動して、そこから大宮八幡宮に戻りました。お宮までの往復は自転車ですが、私のスマホの数字は約2万歩を示していました。

また、写真は永福町駅北口住宅地の一般の民家ですが、素敵なキャラクターたちが上手にペイントされていました。この辺りは1軒あたりの敷地が大きいお宅が多いですので、最初は保育園か幼稚園と思いました。

そして、稜ちゃんですが、いつものコースに衣料品量販店が追加され、レゴで作ったベンチに座ったちょっと変なおじさんと一緒に写真を撮りました。彼も少し不思議な人を見るような目をしています。こちらも、彼の歩数で2万歩くらい頑張ったようです。

台湾加油!行かなくちゃ!

台湾(中華民国)東部・花蓮県で発生した地震への日本からの義援金がかなり集まっています。浄財を送るやり方はいくつかありますが、Yahoo!基金ではすでに1億円を大きく超えているようです。あらためて、インターネットの底力が明らかになりました。

首相の安倍晋三さんもいち早く、色紙に「台湾加油」と書かれ、「(前略)東日本大震災では、古くからの友人である台湾の皆さんから、本当に心温まる支援を頂きました。決して忘れることはありません。そして、この、大切な友人の困難に際して、日本として、出来る限りの支援を行っていく考えです(後略)」とビデオで言われていました。

それを見て思い出しました。以前に都議会民主・自民合同チームで松山空港乗り入れをお祝いするために台湾に行ったとき、国政で自民党は下野していましたが、その祝賀会の会場(國賓大飯店)には安倍さんが来られていました。何を話されたのかは覚えていないのですが、前述の気持ちは心からのものでしょう。

さて、台湾の民間調査研究機関は今回の地震についての世論調査を行ったそうです。その結果、「台湾に最も思いを寄せてくれた国は?」の設問に、“日本”が約76%で圧倒的な回答だっと報じています。ちなみに、二番目の国は中国ですが、こちらは約2%とのことです。

今回の地震はとても悲しいことでしたが、この数字が現地の方々の率直な気持ちなのでしょう。日本と台湾という二つの国家の将来の絆は間違いなくさらに強くなっていきますし、これは他のどこの国も妨げることはできません。民主的選挙で総統(大統領)を選出している民主主義国家の主権を否定することもできません。

なお、親台派の皆さんでも誤解されていることがあります。それは、昭和47年の日中共同声明で、わが国が台湾を中国の領土であると認めているということです。しかし、そんなことはどこにも謳われていません。実際には中国が台湾を自国の領土と言っているから、それを日本が理解し、尊重すると書いてあるだけです。

それから、東日本大震災のときに台湾から200億円を超える義援金(しかもほとんどが民間から)が届けられたことはよく知られていますが、「それに比べ、中国は、韓国は‥‥」と言うのは止めたほうがいいです。これは台湾の皆さんに失礼になるからです。彼ら彼女らは中国や韓国と比べられることを望んでいません。

ところで、「また、行くの?」とご指摘を受けそうですが、もう少し暖かくなったら台湾に行こうと思っています。パスポートも7月には更新なので、その前に中華民国の出入国スタンプを押してもらいます。あとは渡航目的を考えるのですが、それはそれで楽しみです。キティちゃん(エバー)航空で行こうかな。

「加油」は日本でもすっかりお馴染みになりましたが、「頑張ろう!」「頑張れ!」という意味で、選挙運動やスポーツ応援などで頻繁に使う表現です)

いなば『タイカレー』5種セット

 少し前にSNSでカレーの記事をアップしたとき、フェイスブック友だちで組合活動の後輩でもある女性から、「いなばのタイカレーが本格的で美味しいです」とコメントをもらいましたが、私はこのカレーをまったく知りませんでした。
 それで、分からないことがあったら調べる、それが食べ物だったら食べてみると 好奇心旺盛な身としては早速、通販サイトで購入しましました。ご覧のように5種類12缶のアソートで、1620円(税込み)でした。
 そして、全種類をまだ食べていませんが、なかなかの美味しさで、ご飯とではなくスープとしていただいています。ただ、内容量がもう少しあってもいいかなと感じました。それから、思ったほどは辛くありませんでした。

不徳の致すところかな

今日のSNSなどでは、昨日のバレンタインデーの記事が多いのでしょうね。私はというと?写真のチョコレートを妻からもらった以外は一つもありませんでした。「まあ、こんなものかな」と思っていますが、不徳の致すところとも感じています。それにしても、もう少しレベルが高くても良いような‥‥。

ところで、もらって特に嬉しいゴディバ「日本は、義理チョコはやめよう」と日経新聞に広告に載せたことが話題になっていますし、チョコレートではありませんが、節分の恵方巻きが大量販売されていることに、ヤマダスーパー「もうやめにしよう」とのそれも同様です。


イベントや記念日などをお祝いし、それに合わせて商品を宣伝して販売することに何の問題もありませんが、この機会に素敵なプレゼントを気持ちを込めて贈る、食べ物を無駄にしないという基本的なところから考えてみるのも悪くないと思います。でも、チョコは三つくらいはもらいたかったです。


ちなみに、下の2枚の写真は新宿駅西口のゴディバと中村屋の店舗です。ゴディバの販売員さんはかなり増強されていて、変わらぬ人気のようでした。中村屋では“ぱいショコラん”が美味しそうでしたが、買って帰ると妻に嫌味を言われそうなので、別の機会にしました。

稜ちゃんと新宿お散歩

稜ちゃんとの定期的なお散歩は、そのコースがけっこう固定化してきました。明日で2歳になるのですが、相変わらず、ベビーカーは一切使わず、おんぶも抱っこもしません。彼も諦めているのでしょう。

この日もJR新宿駅の山手線内回りホームの一番後ろで、ひっきりなしにやってくる電車を見て、伊勢丹の屋上庭園で遊びましたが、ますます、エスカレーターが好きになってきたようです。ただ、上り下りで1回のみは守っています。

そして、地下通路を丸ノ内線新宿駅に向けて歩くのですが、新宿中村屋さんと同高野さんが並んでいるところで、彼はスイーツに興味を示します。もっとも、大人でも同じで、私も衝動買いをしていました。

ショーウィンドの中をメロンを触っているのは何とも可愛いのですが、クリーミーメロンとクリーム・ド・あまおうを購入しました。薄緑は本店限定で、薄赤は季節限定だそうです。いつもながら、“限定”にはどうも弱いようです。

それから、新宿駅から南阿佐ヶ谷までは10分ほどですが、彼は疲れたのでしょう、寝てしまいました。下車してから自宅まで抱っこはかなり難儀なので、無理やり起こし、ちょっと可哀想でしたが、泣きながら歩いていました。

青学TVのインタビュー

今月16日に青山キャンパスで箱根駅伝の優勝報告会が開催されたことは先日、お伝えしましたが、そのときに、青学TVのクルーからインタービューを受けていました。よろしかったらご覧ください。3分少しの短い動画ですが、2分36秒ころに出てきます。
https://aogakutv.jp/?p=2121

井の頭線永福町駅を探検

京王井の頭線の永福町駅は急行も停車し、お隣の西永福駅や浜田山駅周辺を含めて、住宅都市・杉並区の中でもとりわけ良好な環境の地域です。ここの駅ビルができてからけっこう経ちますが、現役のときは数え切れないくらい駅前で演説をしたり、活動報告チラシを配っていました。

でも、不思議なもので、そのときはビル内を少し余裕を持って歩くなどということはありませんでしたが、今回、孫の稜ちゃんと探険してみました。なかなか素敵なお店も多く、屋上にはスペースは伊勢丹のそれより狭いですが、とても良く手入れをされた庭園があり、西新宿のスカイスクレイパーもきれいに見えました。

また、ガラスの越しには井の頭線の線路があり、上り下りの電車が走る様子が手に取るように分かり、鉄ちゃん修行中の彼もほとんど動かないで見続けていました。そして、可愛い服がいっぱいの子供服の店舗では、フリースとトレーナーを購入しました。

それから、この日の稜ちゃんはいつもと同じで、まったく抱っこをせずに、ひたすらあるき続け、バスを降りたときは半分眠っていたのですが、それでも、手を引かれながら自宅まで歩き続けました。けっこう根性があるようです。

串揚げ屋さんでのミニコンサート

友人がJR大久保駅近くの串揚げ屋さんでJAZZのミニコンサートを開いたので、ご近所さんで母校の後輩にお付き合いをしてもらい行ってきました。このお店の2階の座敷が会場というとてもアットホームな空間でしたが、座布団に座って素敵なJAZZを聴くのもなかなか良かったです。初対面のお客さんたちとも皆んな仲良しになりました。

4連覇達成~箱根駅伝優勝報告会

 母校の青山キャンパスで陸上競技部(長距離ブロック)の第94回箱根駅伝優勝報告会があり、東京都庁で要職部長を務めている後輩と一緒に行ってきました。この場所に来れなかった4名の選手は相模原キャンパスで授業があったそうです。これだけのお祝い事なんだから休んじゃえばと思ったのですが、そこが青学らしいですね。
 チャペル前では多くの先輩や後輩に出会い、イベントの前には学院本部に常務理事さんを表敬訪問し、院長さんにもお会いすることができました。また、終了後は後輩と一緒に居酒屋さんでとても楽しい時間を過ごすことができました。4連覇記念の中村屋さん特製の月餅も美味しかったです。

異業種懇親会の定例開催が決定!

近ごろは開催サイクルが以前に比べて短くなっている異業種懇親会ですが、「毎回、スケジュール調整するのも大変だし、だったら月に1回、例えば第2週の火曜日とかに決めてやろう」となりました。この日も大いに盛り上がりましたが、二次会は立ち飲み屋さん、続いてはラーメン屋でした。私にとっては禁断の“〆”でしたが、とても美味しかったです。でも、今回の一度だけにします。反省(≧∀≦)

大相撲カレンダーが何と半額!

 昨年から続く大相撲のもめ事については、私の知人でも、「貴乃花親方が悪い!」「いや、モンゴル力士や協会側に問題がある」と、意見がかなりはっきり分かれていて、私などはチンプンカンプン状態です。今日から始まる初場所を契機にファンの皆さんの期待をこれ以上、裏切らないでほしいです。
 さて、これまで買おうかどうか毎年、迷っていた大相撲カレンダーが通常価格の50%オフで販売されていたので、早速、購入しました。1月もまだ中旬ですし、お買い得ではないでしょうか。通販サイトは7netで、お近くのセブン-イレブンで受け取れば送料もかかりません。
 この記事を更新した時間にはまだ在庫はあります。これはまったくの想像ですが、昨今の大相撲人気でバイヤーさんが前年比の3割アップくらいで仕入れたのではと思っています。ところが、冒頭の出来事などがあり、それほど売れなくて、思い切って半額で販売しているということです。
 ところで、私の友人である某産別の某局長や母校の先輩でもある元大単組の委員長の影響もあり、最近は大相撲が大好きになりました。特に写真の稀勢の里さんがいいですし、嘉風さん、それから、デーモン閣下が一押の新入幕力士の阿炎さんと竜電にもしっかりと応援させていただきます。

馴染みのお店が閉店してしまう

 久しぶりに仲の良い友人と新年会をこじんまりとやりました。場所は新宿歌舞伎町の焼き鳥屋さん「華鳥(かちょう)」で、写っているのが大将とママで、お二人はご夫婦です。(もう1枚の写真は区役所通りです)
 それで、少しお酒が回ってきたころ、カウンター越しに大将が、「門脇さん、今月いっぱいでこの店を閉めることにしました。商売は順調なんですがね」と言われました。その瞬間、“行くとこ、なくなっちゃう”と思いました。
 彼とは同じ焼き鳥屋の前の店から20年くらいのお付き合いになりますし、気さくなママも素敵な方ですので、そのことを聞いたとき、残念で仕方ありませんでしたが、それ以上のことを尋ねるのは遠慮しました。しかし、心の中では“必ず復活してください”とつぶやいていました。
 ただ、私は飲食店を雑誌やネットを参考にして新規開拓するのは苦手ですし、一つのお店に長く通っていますので、馴染みにしているところが多くはありません。でも、回数はそれほど減っているわけではありませんので、これからどうしようかと悩んでいます。

困ったときの孫頼み

「困ったとき」とは、ブログやフェイスブックの記事が枯渇してしまったときです。現職議員でも毎日はそう変化のある活動や生活をしているわけではありません。一線を引けばなおさらでしょう。そんなとき、便利で“いいね!”もいただきやすい孫たちの話題です。これからも活躍してもらいましょうね。余談ですが、後ろに写っているプラレールから稜ちゃんを引き離すのが難儀でした。

町中華が最高!

昨日の昼過ぎから、大学ゼミの友人たちと母校の箱根駅伝祝勝会をしました。場所は阿吽の呼吸で毎年決まっていて、西武池袋線中村橋駅近くの“町中華”屋さんでした。町中華という名称はあまり一般的ではないようですが、私は大好きです。種類が多いこと、注文して早く出てくること、比較的値段が安いこと、そして、何よりも美味しいことがとても魅力的です。もちろん、昼飲みはさらにいいですね。

箱根駅伝で想うこと~みんながんばれ

 8代くらいたどれば親戚かもしれない女優の門脇麦さんの箱根駅伝応援CMは素敵ですね。「どんなスポーツも好きになればなるほど、どこかのチームだったり、誰かに肩入れしたくなる。でも、なぜだろう、ここを走る彼らへの一人ひとりみんなに声を掛けたくなってしまう。みんながんばれ」
 確かに私も箱根小涌園前での応援は今年で3年連続になりますが、目の前を走っていくすべての大学、すべての選手に「頑張れ!」と声援を送っていました。もちろん、周りの大学応援団も、沿道の駅伝ファンも皆さんも同じでした。素晴らしい光景なのですが、考えてみれば、ちょっと不思議な感じかもしれません。
 それと、年齢を超えて、男女ともに、卒業生&現役学生が母校の活躍を喜び合えるのは最高です。写真はすべての選手が通過したあと、6区で応援していただいた方々と一緒に撮りました。また、2日の夜、仙石原の焼肉屋さんでの懇親会の様子です。それから、今日のスポーツ紙を全部買って並べてみました。

復路で全力応援の三乗だ!

5区では激しく追い上げましたが、惜しくも往路では2位でした。でも、その差は極めて僅かで、必ず下りの6区でトップになってくれると信じ、明朝も必死になって応援します。

駅伝応援で箱根に行ってきます!

箱根の小涌園前での母校駅伝応援も3年連続になりますが、昨年は出雲と全日本の優勝を逃したこともあり、いつになく二日間、5区と6区で必死に声援を送らなければと思っています。これから、8時30分新宿駅発のロマンスカーで現地に向かいます。なお、写真は大晦日に八重洲地下街のミズノショップで撮りました。一緒に写っているイケメン君は法政大学現役のバイトで、「僕は法政のミスフォトジェニックです」と言っていました。また、素敵な非売品のスポーツウェアバックをいただきました。ありがとうございます。

今年もお世話になりました

 今年も様々のことがありましたが、長男一家、次男一家とともに家族が平安に過ごすことができ、あらためて「生かされている」ことに感謝申し上げます。私もモチベーションを高く維持できた1年でした。また、ブログやフェイスブックをご覧いただき、ありがとうございます。これからも、手を抜かないようにアップしてまいります。
 大晦日は久しぶりに圭佑くんの登場です。2回続けてワンコたちとのロング散歩コースになっている、大宮八幡宮に行ってきました。境内はすっかり初詣の準備が整っていて、参道には屋台が所狭しと並んでいました。そして、善福寺川改修工事の先には、西新宿のスカイスクレイパーがきれいに見えました。
 皆さん、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお付き合いをお願いいたします。

稜ちゃんの歩数は2万を超えた!

 先日は「歩け!歩け!稜ちゃん」のタイトルで、孫の稜ちゃんがとてもよく歩くことを紹介しました。それで、その歩数をアバウトですが測ってみることにしました。まさに“ジジバカ”のカテゴリに突入しました。
 私の自宅から徒歩で南阿佐ヶ谷駅へ、新宿駅で下車し、JRホームで電車見学、京王デパートでお買い物、伊勢丹の屋上でおやつ、帰りは行きの逆というコースでした。そして、最近のスマホ歩数表示はかなり正確になっているようで、約1万歩を示していました。
 それから、計算ですが、普通に歩くと彼の歩幅は私の三分の一くらいでしょうが、私も彼に合わせてゆっくり歩きますので、だいたい倍くらいの数字になると思います。つまり、1万歩×2=2万歩となります。かなり頑張っていますね。

歩け!歩け!稜ちゃん

私たち夫婦の次男の次男、稜ちゃんは昨年2月の生まれですから、まだ2歳になっていませんが、頑張って本当によく歩きます。彼とは新宿に行くのが定番になっていますが、ベビーカーは使わず、ほとんど抱っこもしません。階段もすべてゆっくりですが歩いて上ります。もちろん、身長差からずっと手を繋いでいるのも大変と思いますが、そのことも嫌がりません。これからも、歩け!歩けで、少しずつ距離を伸ばしていきます。

祝「シャンシャン」公開懇親会

昨日から上野動物園でパンダのシャンシャン(香香)の一般公開が始まりました。それに合わせたわけでもないのですが、かつての同志と懇親会をしました。都議会時代の同期だった原田大さん(写真右)は大学教授となり、元・都議会議長の中村明彦さん(写真中)は上野地区で一番大きな商店会の会長として、多忙な毎日を過ごされています。話題はとても可愛いシャンシャンのことが多かったのですが、上野周辺はどこもパンダでいっぱいでした。先日も紹介したウ◯コビルの夜景と最終日の羽子板市の写真も載せておきます。

箱根4連覇に向けて応援隊結団式

 箱根駅伝まで3週間となりましたが、今年は出雲と全日本が健闘したとはいえ、いずれも優勝することができませんでした。そのこともあり、応援隊結団式はかなり気合が入って開催されました。
 そして、2次会は銀座から新橋に移動し、例のサラリーマンの聖地ビルの居酒屋さんで行いました。先日、紹介したデコレーションSLもとても綺麗でした。
 さらに、3次会は西新宿のホテルのバーでしたが、このあたりから、だいぶ酔いが回っていたようです。でも、ちゃんと地下鉄で帰宅しました。
2日と3日は小涌園前で、5区と6区の全力応援です!

kaddy台北散歩の三日目

 この時期の台北の気候が少し不順なのですが、今回も傘の出番はありませんでした。最終日の移動はまず、中正紀念堂に向いました。いつものホテルから歩いて行くのですが、その途中には国会や政府機関が並んでいます。
 それで、日本の国会にあたる立法院前では大勢の警察官がバリケードを撤去していました。ひまわり学生運動以降、このような光景は珍しいものではなくなりましたが、“撤去”ですから、状況が落ち着いたのでしょう。
 次に中正紀念堂ですが、理屈上は“どうなんだろう”とも思いながら、中国大陸の観光客も多かったです。孫文記念館なら分かるのですが。ただ、蒋介石さんも年々、台湾では人気がなくなり、宿敵の毛沢東さんと「お互いに寂しいね」とあの世で慰め合っているかもしれません。
 それから、桃園国際飛行場行きのMRTに乗り、急行は停車しない林口駅で下車して、三井アウトレットパークに行きました。私は日本のそれを利用したことはありませんが、駅から徒歩数分でとても便利な場所にあります。ただ、平日ということもあり、お客様はかなり少なかったです。週末集中型なのでしょうか。
 そして、市内に戻り、有名な牛肉麺屋さんで、牛肉と牛すじが半分ずつ入ったものをいただきました。店内はもの凄く活気があり、女将さんと思われる方も親切に接してくれました。写真左の食べ物も美味しかったです。
 そうしているうちに帰国時間が迫ってきましたが、ホテル近くのレストランで今回の結婚式の主役であり、私の友人でもある花嫁さんとお会いしました。馴れ初めや新婚生活などをお聞きしましたが、台湾女性と日本男性のゴールインですから、日台友好という意味でも素晴らしいですね。末永くお幸せに!

今朝の2時間の行動

 昨晩は出撃を控えましたので、もちろん、二日酔いとも無縁で、いつものように早朝から“精力的”に動き始めました。まず、身支度を整えて、毎回行っているお店で朝ご飯をいただきました。あまり、ガイドブックには載っていないようですが、私のお気に入りです。
 それから、お馴染みに行天宮に参拝しました。失礼ながら、今までは手を合わせて頭を下げていただけでしたが、今回は係の人に教えてもらい、正式の参拝をさせてもらいました。また、あの三日月型の木片を投げる占いですが、「良い!」と出ました。
 そして、雙連朝市に向かい、途中の総合病院に停車中の救急車の前で一枚。台灣にいてもやはり、救命救急のことは気になります。ちなみに、この病院はキリスト教長老派の教えがバックボーンにあり、極めて評判が良いです。
 それで、有名な朝市は食品が多いのですが、雑貨屋さんもけっこう出店しています。赤い袋の中は孫のジーパン、トレーナー、靴下です。その後はいったんホテルに戻り、まだ行ったことのない「猫空ロープウェイ」に向かうため、今度は地下鉄中山駅に歩き出しました。  なお、建物は今回もお世話になっている國賓大飯店の外観です。

とても感動した結婚式

 日本と台湾(中華民国)との間に正式な国交はありませんが、お互いの国に対する好感度などを見ると、この2つの国の相思相愛の強さがわかります。
 昨日の結婚式はそれを象徴したようなものでした。細かい名称は省きますが、新婦は台湾外務省日本セクションに勤務、新郎は台湾の日本大使館に勤務と表現したら分かりやすいでしょう。
 ですから、結婚式の進行は日本式で進められ、とっても感動的なものとなりました。お料理はさすがに國賓大飯店ですべてが美味しく、お二人もとても楽しく、明るく、お客様に対応されていました。職場でも人気者なのでしょう。
 今回は二泊三日の台北訪問ですが、実質的にはこの結婚式に参列するのが目的ですから、今日と明日の二日間は、従来のように計画尽くめではなく、少し気ままに行動しようと思っています。

ホテルのお部屋でまったりと

早朝の中華航空便は慣れているというものの、午前3時起きで、お昼から午後3時前までお酒をいただくと、かなり疲れることも事実です。しかも、式が終わったらお部屋で小休止するつもりだったのですが、土日しかやっていないマーケットに行ってしまいました。明日も早いので、今日の夕食は昼間に美味しいお料理もたっぷりいただいたので、写っているもので済ませます。結婚式にことは明日、お伝えします。