素敵な薔薇と生ビール&串カツ

 いちばん好きな花は?と問われれば、“はい!バラです”と答えると思います。それで、そのために行ったのではないのですが、新宿御苑のバラがとても綺麗に咲いていて、かなり幸せな気持ちになりました。新緑もいいですし、自宅からここまで30分ほどですので、それも幸せですね。
 それから、爽やかな日差しを受けて、けっこう歩きましたので、いつものお店の生ビールと串カツがとても美味しかったです。それにしても、御苑も新宿の街なかにも外国からの観光客の皆さんが多いです。また、アジア系だけではなく、欧米系などの方々も以前よりかなり増えてきました。

百恵ちゃんが1歳になりました

 5月18日で孫の百恵ちゃんが1歳になり、阿佐ヶ谷駅南口にあるコイデカメラで記念の写真を撮ってもらいました。また、お兄ちゃんの圭佑くんは同じようにプロに写してもらいましたが、稜ちゃんはやっていなかったので、同時に撮りました。そして、百恵ちゃんは♫アンヨは上手♫でかなり歩くようになりました。五人の孫のこれからがますます楽しみです。

百恵ちゃんととっても小さな旅

 百恵ちゃんを抱っこして歩いた距離が8kmを超えていました。自宅から自転車で5分の次男宅に向かい、彼女を抱っこして自宅に戻り、それから歩いてパールセンター商店街を抜けて、バスで中村橋まで行きました。ここで寝そうになったので、同じバスで阿佐ヶ谷まで戻り、再び徒歩で自宅に帰ったところでちょうど目を覚ましました。
 そして、ミルクを飲ましてから今度は自転車で荻窪駅に行き、そこから吉祥寺まで電車に乗り、大勢の人たちで賑わう街なかを探検して、カンタベリー・ショップでラガーシャツを購入して、逆コースで無事に自宅に帰還しました。また、もう1枚の写真は鏡に映った百恵ちゃんですが、ちょっと不思議な顔をしています。

「令和」の時代の幕開けは?

 何回かお伝えしたとおり、「令和」という元号は凛として、しかも、とても優しい響きのある素敵な元号ですが、それを実現した生前退位(譲位)がすごく良かったです。私は昭和大帝が崩御されたときの街の様子をはっきりと覚えていますが、今回とはまったく対照的でした。

 令和初日からの商店街や百貨店、スーパーなどのセールはどこも活気があり、少し悪乗りと思えるような商品もありましたが、それも慶事のことでもあり、許される範囲でしょう。また、心なしか買い物客の表情も明るく感じます。

 ただ、今回はかなり工夫して上皇陛下のご意思を尊重したわけですが、これからの改元の大きな参考になったような気がします。それから、旧宮家の皇籍復帰を含めて、皇統継承についても待ったなしで考えなければなりません。

 それから、女性天皇と女系天皇は併せて話題になることが多いようですが、180度異なるものです。女系天皇はダメだというのは女性蔑視だという主張もあるようですが、これは差別ではまったくありません。

 詳しくは別の機会に述べますが、現在では側室制度などありえず、宮家が減少する現状で、皇統の継続がますます難しくなっています。悠仁親王殿下が結婚され、男の子が数人誕生すれば、隘路は解消されますが、そんな先のことは誰も分かりません。

 なお、私が持っているシールは各種合計で200枚以上あり、クリアファイルなどとセットになって販売されていました。お祝いの勢いで購入しましたが、こんなにたくさんのシールをどこに貼りましょうか。

 

「京急愛」がさらに深まります

 先日は京急の「新逗子」駅が来年3月から「逗子・葉山」駅に変わることをお伝えしましたが、今回は「花月園」駅と「仲木戸」駅に行ってきました。それぞれ、「花月総持寺」駅と「京急東神奈川」駅に変更になります。
 花月園前駅は普通電車しか停まりませんが、かつては花月園競輪場があり、現在は大規模な再開発が進められているようです。そして、実際に曹洞宗の大本山である総持寺まで歩いてみましたが、私の足で7分でした。
 ちなみに、JR鶴見駅からは6分、京急鶴見駅からは動線がややこしくて10分くらいと駅員さんに教えてもらいました。彼も「新しい花月総持寺からが近いです」と言われていました。その意味では看板に偽りなしですね。
 また、仲木戸駅とJR東神奈川駅はペデストリアンデッキで結ばれていて、お互いに目の前にあります。ただ、地元では仲木戸という名称に愛着を持たれている皆さんも少なくないと思います。こちらは急行も停車します。
 それから、総持寺に参拝しましたので、石原裕次郎さんのお墓をお参りしましたし、乗り入れている都営浅草線の5500形を能見台駅で撮りました。京急路線内を走る都営新型車両、それだけで幸せになります。

新時代にふさわしいポテトチップス

 今日から新元号「令和」がスタートです。新時代の始まりを心からお祝いいたします。そして、昨日が賞味期限だった湖池屋さんの「平成最後のポテトチップス」から今度はカルビーさんが引き継いで?、令和の文字と発売日を強調したポテトチップスがローソン限定で売り出されました。
 私は荻窪駅南口にあるお店に予約をしておいて、あいにくの天候でしたが、歩いて行ってきました。ちなみに、価格は151円で1(元年)5(月)1(日)にちなんでいるようです。ところで、湖池屋さんとカルビーさんとの間で話し合いがあったのかがちょっと気になりました。

ありがとうございました!両陛下

 わが国と国民の皆さんの象徴である天皇陛下が生前に譲位されることはとても良いと思います。なぜなら、私たちも文字通り、笑顔で「天皇陛下、美智子さま、長い間、本当にお疲れ様でした」と心から申し上げられるからです。すごく嬉しいことですね。

 僭越ながら、いつも満面の笑みで優しくお手を振られる天皇陛下に、菩薩様のように国民に接していただいた皇后陛下に、どれほど、国民は、いや諸外国の方々も含めて癒やされたでしょうか。

 阪神淡路大震災のとき、美智子様が被災者にバスの中から“ガンバ!”と激励され、東日本大震災では同じく美智子様が被災者の方に温かく手を回されたお姿を見るたびに、恥ずかしいのですが、私は涙してしまいます。

 ただ、残念なのは、天皇陛下のこれまでのお言葉などから、上皇と上皇后になられたら、新しい両陛下の立場を最大限尊重し、国民の前にお出ましになられることはとても少なくなるのではと思われることです。ただただ、お二人がお元気にお暮らしになることを願っています。

 私は日本という国に生まれ、昭和、平成、令和という時代に生かされ、ありがたいなと感じています。また同時に、これからの人生を両陛下のように、夫婦が相和し過ごしていきたいとも思っています。結婚60年にはまだまだ距離がありますが、それを目標にしていきます。

京急「逗子・葉山」駅と御用邸

 京急では来年3月からいくつかの駅名を変更します。最近では羽田空港関連のことが話題になったばかりですが、私は「新逗子」駅が逗子・葉山」駅に変わるのがもっともインパクトがあるように感じました。旧名はサブの駅名として小さく表示されるようです。
 それで、その新逗子駅やJR逗子駅周辺を歩いてみたのですが、ここはやはり葉山町まで行ってみなければ思いました。もちろん、ゴールは御用邸ですが、初めての経験で、50分以上の徒歩でかなり街の雰囲気を得ることができました。また、アップダウンがけっこうありました。
 それから、御用邸の海岸側にも行ってみたくなり、警察官の方にお伺いすると、一緒に連れて行ってもらいました。両陛下がこよなく愛された「小磯の鼻」も見たかったからですが、一色海岸側からの御用邸もなかなか素敵でした。上皇陛下や上皇后陛下になられても来られることでしょう。
 そして、冒頭の駅名変更のことですが、10人ほどの町民の皆さんにお聞きしてみましたが、否定的なご意見はありませんでした。なお、写真のトンネルの向こう側が葉山町です。帰路は京急バスに乗りましたが、海岸経由でしたので、葉山マリーナなども目にすることができました。

ビールと夜空の試合観戦は最高です

 昨日はヤクルトレディからヤクルト400を買ったことを話題にしましたが、同じく昨日、神宮球場でヤクルトvs巨人の試合を観戦してきました。お世話になっている方からシーズンチケットをいただいたのですが、もの凄く素敵な席でした。
 試合は11-2でヤクルトが大勝しましたが、それはそれとして、とても美味しくビールやサワーなどを飲んで、けっこういい気分になりました。特にJINGULEMONとなぜかジャイアンツの名前が付いたものが逸品でした。
 また、心配された天気も予想を覆して、ピーカンから透きとおるような夜空となりました。東京ドームは雨の心配をする必要はありませんが、やはりナイターは屋外でビール片手に観るのが最高ですね。

ラグビワールドカップまで五カ月です

 「令和」の時代ももうすぐで待ち遠しいですが、「ラグビワールドカップ日本2019」は9月20日からいよいよ始まります。一つでも競技場で観戦したいのですが、結局はTVで観るようになりそうです。
 それで、テレビでの応援を少しでも盛り上げるために、ラグビーボールを購入しました。もちろん、レプリカですが公式な製品です。スーパーラグビーで手に持って観ましたが、それなりに充実感があります。
 それから、写真はそのボールで、背景は釜石鵜住住居復興スタジアムです。ここでは、フィジーvsウルグアイナミビアvsカナダの二試合が行われます。仮設席も大幅に増やすようで、大成功するといいですね。

「相互直通50周年記念」プラレール

 タカラトミーから京成&都営&京急の相互直通運転50周年を記念して、数量限定で「京成・都営・京急相互直通50周年トリプルセット」が発売されました。それぞれ3社局の駅や通販で購入できましたが、すごい人気で現在はすべて売り切れています。
 私は住まいから近い都営地下鉄の駅で買おうと思い、都営交通お客様センターに問い合わせましたが、すでに売り切れているとのことでした。このセンターの対応は迅速でなかなか感じが良かったです。
 それで、京急のオンラインショップ「おとどけいきゅう」を調べてみると何と!在庫がありました。そのときに送料無料にもなるので、大好きな京急グッズを何点か購入しました。バスタオルはもったいなくて使えませんね。
 また、これらのグッズは孫の颯之介くんのプレゼントになります。なお、車両は、京成電鉄3050形、都営交通5300形、京急電鉄1500形で、かなりしっかりした作りになっているようです。

最高のお花見日和になりました

 一昨日と昨日はお日柄もよく、フェイスブックやブログなどでも文字どおり、桜が満開でした。もちろん、近所の都立善福寺緑地(公園)の桜も両日ともに風もなく、大勢のお花見客で賑わっていました。
 また、以前に比べると団体客が少なくなり、カップルや家族連れが多くなったように感じました。そして、この時期のワンコの散歩は園内に入らないようにしています。いろいろなものが落ちているからです。
 桜吹雪が大好き、散り際の桜が美しい、葉桜も捨てがたい、花がなくてもお酒さえあれば、などなど、人は様々ですが、昨日でお花見の季節は一区切りついたようです。来年は「令和二年」の桜になりますね。

さいたま市議会&千葉市議会選挙

 昨日から全国の道府県議会と政令市議会の選挙がスタートしました。投票日は来月7日(日曜日)になります。そして、17日からは区議会や市議会の選挙が行われます。それぞれの有権者の皆さんは投票所(期日前投票も)に足をお運びください。少しでも投票率を上げていただきたいと思います。
 それで、タイトルのようにさいたま市議会(緑区)神崎功(かんざき・いさお)さんと千葉市議会(花見川区)石河勲(いしかわ・いさお)さんの事務所に心ばかりの差し入れをさせていただきました。また、イトーヨーカドー幕張店前では短い時間ですが、応援演説をしました。
 それから、余談ですが、二つの選挙区の移動には武蔵野線などを使いました。県境には江戸川が流れていて、「ここが『翔んで埼玉』の決戦地のモデルだったんだな」と自分でつぶやいていました。選挙も映画のようにお二人がハッピーエンドになられるよう願っています。

宇都宮の餃子と子ども総合科学館

 久しぶりに長男一家と宇都宮で遊んできました。例によって湘南新宿ラインで古河駅で下車し、長男の車で宇都宮へ向かいました。孫の颯之介くんはいっそう鉄ちゃんの道を極めていますし、嘉之介くんがとっても可愛くなりました。
 そして、宇都宮駅東口にある餃子村みたいなところで、美味しく餃子と生ビールをいただきました。その駅前にはけっこう話題になっている「LRT」の巨大な看板がありました。3年後の運行開始が今から楽しみです。
 それから、栃木県子ども総合科学館に行きました。今回は建物の中には入りませんでしたが、乗り物広場で自転車やミニ機関車に乗りました。帰りは宇都宮駅まで送ってもらい、帰宅しましたが、その自宅には次男一家が全員集合していました。

ラグビワールドカップまで半年です!

 ラグビワールドカップ2019日本大会が半年後の9月20日からいよいよスタートします。チケットの販売も順調のようですし、国内12カ所の競技場や合宿場所に指定された各自治体でも受け入れ準備が急ピッチで進んでいます。最低でも一試合は現地で観戦したいですね。
 そして、わが家でも気分を盛り上げるために、和室にポスターを飾りました。これでいっそう気合が入ります。妻に撮ってもらいましたが、「にわかラグビーファンがね~」みたいな顔をしていました。日本が入っているプール以外での応援チームをこれから決めようと思っています。

もうすぐ桜が咲きますね

 昨日はとても暖かい一日でした。都立善福寺緑地(公園)の桜のつぼみも膨らみ、ほんの僅かですが、花が咲いている姿を見ることもできました。近くの区立東田中学校では卒業式が行われ、お花見のために簡易トイレやビックなゴミ箱が用意されています。気持ちがウキウキし始めますし、朝のワンコ散歩も少しずつ空が明るなる時間が早くなり、こちらも爽やかな気分になります。愛犬と一緒にスキップでもしましょうか。

久しぶりに赤坂のライブハウスへ

 友人のお誕生日お祝いを赤坂にあるカントリー&ウェスタンのライブハウスでやるということで、久しぶりにそのお店に行ってきました。やはり、ここでは特にバーボンウイスキーが似合いますね。

九州・北海道の大ラーメンフェア

 私の友人の小林能一さんが店長を務められているイトーヨーカドー港町店で、タイトルのイベントが開催されていることを知り、新しい産業道路駅見学と川崎大師参拝のあと、大師線鈴木駅で下車してお店にお伺いしました。
 九州はサンポー食品さん、北海道は藤原製麺さんにご協力をいただいたとのことで、両者の営業さんから一つひとつの商品を丁寧に説明したいただきました。九州はカップ麺(棒ラーメンを含む)、北海道は袋麺(生麺を含む)となります。
 それで、せっかくなので、全種類を購入しました。それが下の2枚の写真ですが、当分の間、自宅でのお昼ご飯はラーメンになりそうです。なお、このラーメンフェアでは1万個を販売されたそうですが、現在は終了しています。

頑張れ!ラグビー日本代表

 昨日のサンウルブズ対ニュジーランド・ブルースの試合は残念ながら、20-28で負けてしまいました。実力の差というよりも、サンウルブズの反則が相手チームの4倍でしたので、これが痛かったです。来週土曜日は秩父宮ラグビー場でオーストラリアのレッズと対戦します。大いに期待したいですね。
 そして、サンウルブズと日本代表はニアリーイコールみたいな関係ですが、その日本代表のショートスリーブストライプジャジーがカンタベリー通販ショップから届きました。人気商品のためか長い間、品切れでしたが、やっぱり、赤と白のストライプはいちばん素敵ですし、各所の刺繍もしっかり作られていました。

稜ちゃんと『両国プラレール駅』へ

 タカラトミーのプラレールが誕生して60周年を迎え、それを記念したJR東日本とのコラボイベント「両国プラレール駅」に稜ちゃんと行ってきました。会場はそれほど広くありませんでしたが、巨大車両基地など、大人の私でもかなり楽しめました。
 また、新幹線バルーンでは乗務員制服を着せて彼の写真を撮りました。それから、プレイパークも大混雑でしたが、稜ちゃんはいろいろ工夫をして遊んでいました。ただし、ここは30分の制限時間があります。
 それで、終わりになる時間には予想していたのですが、彼はかなりグズったので、「ジイジとプラレール買う?」と言うと、「ハイ」となり、入り口近くの売り場で商品を購入しました。あとは両国駅前のマックで昼食となりました。

「何人たりとも禁煙」は厳し過ぎ?

東京オリンピック・パラリンピックまで1年と数カ月になりました。競技施設面では遅れているものもあるようですが、本番までには何とか間に合うでしょう。ただ、一つ問題を解決すれば、また一つ、別の問題が発生するという綱渡り状態が続いていることがとても心配です。大丈夫でしょうか。

さて、タイトルの「何人たりとも禁煙」は正確には、「オリ・パラの会場内はもちろん、敷地内も加熱式たばこを含めて、選手も、スタッフも、観客も例外なく全面禁煙とする」です。今までの大会では敷地内の喫煙所はあったようですから、五輪史上、もっとも厳しいたばこ対策となるのでしょう。

それで、9年前から禁煙をズルすることなく継続している私は個人的に「大いにけっこう!」と思うと同時に、「喫煙者がちょっと気の毒かな」とも感じました。「試合中くらい我慢しろよ」なのですが、一度、会場を出て喫煙所を探すのもけっこう難儀かなとも思います。

そもそも、写真は工事が進む国立競技場ですが、ここ新宿区では区内全地域路上禁煙ですし、組織委員会では「近くに喫煙場所がある場合は案内する」と言っているようですが、どの会場も敷地外にそんなに適当な場所があるとも思えません。選手村などには例外もあるのでしょうが、少し工夫が必要です。

受動喫煙対策強化を求める私がこんなことを言うのもおかしいのですが、外で探せば今度はそこを通る人たちが迷惑しまので、だったら、敷地内のほんの僅かなオープンエアで提供すれば良いでしょう。ただし、その場所で1本吸えば、10本分くらいの受動喫煙をすることになりますが、これはこれで仕方ないですね。

遠征投稿が減っていますが‥‥

 「遠征」というのは大袈裟ですが、台湾や大阪行きを除けば、私の“何でも見てやろう”は日帰りです。それも、帰りが夜遅くなるようなことはありません。ブログやフェイスブックへの書き込み(投稿)をいつも読んでくれている友人は、「けっこう、お金もかかるでしょう?」と心配してくれることがありますが、ご当地グルメなどには興味がありませんので、移動の交通経費程度で収まっています。ただ、PASMOへのチャージは頻繁にしています。
 それで、そのような投稿が最近、減っているのですが、好奇心が減退したのではなく、体調が悪いのでもありません。それは、写真の次男家族がほぼ毎週、土曜日と日曜日にやって来るからです。もちろん、それは過去からなのですが、やはり、百恵ちゃんの存在が大きいようです。いつごろまでかは分かりませんが、今がいちばん可愛いときのように思えるのです。あと、自転車のかごに彼女が入っていますが、写真を撮るためだけです。

凄いぞ!やったね!「サンウルブズ」

 何が凄いって、オールブラックスを有する世界のラグビー王国・ニュージランドで、スーパーラグビーの優勝経験もあるチームを、わが日本の「サンウルブズ」が見事に破りました。しかも「30-15」のダブルスコアですから、凄いを通り越して“もの凄い”試合でした。今後の試合にも大いに期待が持てるでっかい勝利です。
 試合は昨日の午後3時半過ぎから始まりましたが、テレビ観戦での熱烈応援のために購入した写真のショートスリーブ ワークアウトポロがカンタベリーの通販ショップから午前中に届きました。選手やスタッフたちが着ているものと同じ最新モデルで、その意味でも一体感を持つことができました。選手の皆さん、ありがとうございます。

「551HORAI」の豚まんは旨い!

 友人などが大阪に出張をするとき、551HORAIさんの豚まんや焼売を“買ってきてね”とお願いすることがけっこうあるようです。今やこの企業は関西だけではなく、全国ブランドに成長したのでしょう。 
 それで、吉祥寺の東急百貨店で実演販売をしていましたので、行列にちょっと並んで購入しましが、15分ほどでしたのでラッキーでした。しかも、実際に作っているところを見ながら列が進みますので、退屈なことはありません。
 そしてその後、いつもの交流懇親会に合流し、今回は「森のくまさん」をいただきました。やや濁ったお酒でしたが、とても美味しかったです。山形の蔵元で製造されていますが、熊本城の復興祈念酒だそうです。
 それから、大阪の人は私たちが「肉まん」と言うと、執拗に「肉まんじゃない!豚まん!」と言います。串カツの「二度づけ禁止」も同様ですが、まるで、それを待っていて注意するのがお好きなようですね。

 

大阪の電車路線が伸びていく!

2025年に開催される国際博覧会(万博)に向けて大阪がとても熱くなっています。私は労組上部団体に派遣されていた時代、関西担当だったこともあり、大阪が今でも大好きですし、何としても万博は成功してほしいです。

それで、それと関連して、会場になる夢洲を中心として、大阪メトロ中央線、JR桜島線、京阪中之島線などがそれぞれ延伸される計画が出てきました。男女鉄ちゃんとしては“延伸”は美味しい好物でしょう。もちろん、私もです。

そして、先陣を切るのは大阪メトロのようです。終点は咲洲の「コスモワールド」ですが、ここから海底トンネルを通して夢洲まで延伸します。その名前が「夢咲トンネル」というのですから、もう、これだけでロマンチック度満点です。

しかも、メトロ中央線の反対側の終点は長田で、この駅から近鉄けいはんな線に乗り入れて学研奈良登美ヶ丘まで行っています。この路線は東京の銀座線や丸ノ内線と同じで、電気は第三軌条方式になっています。

ここからがけっこう凄いのですが、新しい電車を開発して、パンタグラフからも第三軌条からも集電できるようにする予定です。そうなると、途中の生駒駅で線路の工夫をすると、近鉄奈良線と乗り入れることが可能になります。

そらから、JR西も黙ってはいません。桜島線の終点はUSJの隣の桜島駅ですが、ここから舞洲を通って夢洲までこれまた、延伸することを目指していうようです。USJは絶好調ですし、これにIR(統合型リゾート)が加われば鉄板でしょう。

最後は私が関西の“京急愛”と勝手に思っている京阪電車ですが、写真の淀屋橋と比べてイマイチパッとしないもう一つの終点、之島駅から上述のメトロ中央線の九条駅まで延伸する計画です。ここは阪神なんば線との乗換駅でもあります。

以上、どう考えても万博までには間に合わない延伸もあるのですが、大阪の西側湾岸部から目が離せませんし、特に延伸や乗り入れを熱烈に愛する鉄ちゃん&鉄子は今からワクワクです。近鉄奈良駅から直通特急電車で万博会場まで行くぞ!

ラグビーシックス・ネーションズが熱い!

わが家ではケーブルテレビ局を通じてWOWOWに加入しているのですが、「入っていてよかった!」と思う番組の一つが、「ラグビー欧州6カ国対抗戦シックス・ネーションズ」で、2月2日から生中継が始まりました。ただ、時差から試合は深夜になりますので、起きていられないときは録画して観戦しています。

それで、その6カ国ですが、昨年の成績順に、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イングランド、イタリアです。イングランド、スコットランド、ウェールズはイギリスの中の国みたいな、そうでないよう微妙な間柄ですが、確かにイギリスの正式名称は、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」なので納得です。

また、試合前の国歌はどうなっているのかですが、フランスとウェールズ戦で、ウェールズの選手たちはオリンピックで聞く英国国歌とは別の曲を歌っていましたし、スコットランドにも国歌のようなものがいくつかあるようです。アイルランド島の一部である北アイルランドはイギリスのEU離脱でもめている地域です。

それから、この対抗戦にイタリアがいるのがちょっと不可解です。実際、昨年は全敗でしたし、世界ランクでも日本の11位より下の15位となっています。よく分かりませんが、きっと長い歴史の中で途中からこの国も参加したのでしょう。なお、大会は有名な黒ビールメーカーのギネスがスポンサーとのことです。

そして、いよいよ今年の9月からラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されます。欧州各国やニュージーランドやオーストラリア、南アフリカなどの活躍も楽しみですが、もちろん、わが日本代表チームには大いに期待させてもらいます。その意味でも今回の6カ国対抗戦は見どころ満載です。

バレンタインデーへの危機管理

 もうすぐ“バレンタインデー”です。かつては華やかな時代もあったのですが、最近はチョコをくれるのが妻だけと、とても厳しい状況が続いています。その妻も何となく面倒くさそうです。まあ、もらえるだけ嬉しですが‥‥。
 今年は翌日の15日に楽しい懇親会が予定されていますので、「ハイ!一日遅れだけど、どうぞ!」も期待していないわけではないのですが、お店に入ってきたとき、それらしきものを持っていないと、それからの3時間くらいが落ち込みそうです。
 そこで、そのような危機にあらかじめ対応するため、限定品のバレンタインオリジナルギフトを購入しました。私は「頑張った自分にご褒美!」という感覚はまったくないのですが、箱も缶もすごく素敵なデザインで気に入りました。
 少し前にお伝えした“晩酌(家飲み)”停止も解除しましたので、バレンタインデー当日前に飲み終わってしまいそうですが、期間限定品ですので、早めに買って正解だったかもしれません。以上、とっても寂しい報告でした。

キン肉マンスタンプラリー

 今年のJR東日本のスタンプラリーのキャラクターは何だろうなと思っていましたが、とても懐かしい「キン肉マン」が登場しました。設置駅は例年と同じのようですが、関連会社である東京モノレールの二つの駅が追加されています。
 あとは理由がいつも分からないのですが、東京23区以外の常磐線の数駅も対象になっています。参加方法や賞品などもそれほど変わりはないようです。ちなみに至近駅の阿佐ヶ谷駅のキャラクターは「正義超人」で良かったです。

4千万人~何をそんなに焦っているのか

もちろん、世界から日本にお客様が来ていただくことはとても良いと思います。昨年12月中旬にはその数が3千万人を突破し、関空だったと思いますが、台湾からお越しになった娘さんとお母さんが3千万人目となり、記念品が送られたと記憶しています。余談ですが、このような場合、例えば、東京ディズニーランドなども同様で、笑顔が素敵なご家族が“偶然”に◯千万人目、◯億人目となります。

さて、政府はその勢いにのるように、2020オリパラ年には4千万人を目指しているのですが、本当にそれで良いのでしょうか。まず、1995年の訪日観光客数は335万人で、それが昨年までに約10倍近くになっています。そして、その間、リーマンショックや東日本大震災があり、減少した時期もありましたが、円安などの追い風もあり、順調と表して異常に数が伸びています。

それで、景気経済はいまいちパッとしない中、それによってもたらされる「インバウンド」効果(あらゆる観光収入など)ばかりが注目され、負の部分は誰もが知っていながら、口に出すのはできる限り避けてきましたし、「民泊」などという百害あって一利なしの施策も行われています。確かにそれらもやむを得ない措置だったのでしょう。

ただ、最近になって「何かおかしいよね」「4千万、4千万って言うけれど、何をそんなに焦っているのかな?」という率直な声が、とりわけ、観光地や周辺で生活をされている普通の皆さんから聞こえてきます。詳しくはこれも報道されるようになってきましたので省略しますが、京都、箱根、鎌倉などは当然、わが国を代表する(あるいはそれに準ずる)観光現場がどのような状況になっているのか、国土交通大臣は分かっているのでしょうか。

つまり、受け入れるインフラ整備(市内バスに住民がすでに乗車できなくなっているなど)がほとんどとは言いませんが、まったく追いついていないので、それは結局、外国人観光客の皆さんにとっても不幸なことです。当局の目標や対応は数を増やすことだけなのかとすら思ってしまいます。わが国が得意とする「おもてなし」など考えることも、そうすることも無理な現状になってしまいました。

このままですと、オーバーツーリズムはますます酷くなりますし、それでなくても、外国人観光客の第一位と二位の国の外交の基本は「反日」であることも心配です。国と国民は違うという考えも理解できますが、中国にはお伝えしているように「国防動員法」と「国家情報法」という身の毛がよだつような法律があり、有事の場合は日本にいる観光客、留学生、駐在員などすべてが中国共産党の指導下に入ります。

インバウンドはとても魅力的に感じますが、長い目で見れば、日本人が自分の国を旅することのほうがGDPへの貢献もすごく高くなります。特定の国を対象に入国数を絞ることはできませんが、ビザの緩和があれば、その逆の強化もあるでしょう。この場合、両国では同じ扱いになりますので、恨みっこなしとなり、国際的にも何の問題もありませんし、そのような対応も考えなくてはいけない時期になっていると思います。昨日から徴収が始まった「国際観光旅客税」(いわゆる出国税)もいいでしょうが、本質的な問題解決にはほど遠いと思います。

なお、今日の写真は成田空港第三ターミナルにあるフードコートです。空港ビルのレストランは美味しいのか、そうでないのか、安いのか高いのか疑問ですが、ここは大勢の観光客でにぎわっています。LCC専用ターミナルはさらに拡大する予定もあるようでが、この傾向は全国的にも広がっていくのでしょう。ただ、安かろう悪かろうになってはいけないと思います。

逆転優勝を目指して!

 箱根駅伝の往路の成績は母校にとってかなり厳しいものとなりました。私も小涌園前には午前8時到着し、トイレ以外では持ち場を確保しましたが、仲間から聞こえてくる経過は信じられないものでした。やっぱり、箱根は怖いです。
 また、私は熱が高くなり、昨日は帰京して、今日はテレビ観戦になります。ただ、現役の後輩たちや教授、いつもの応援メンバーたちと会うことができたのは良かったです。何とか逆転で5連覇を飾ってもらいたいですね。