六花亭の「通販おやつ屋さん」がいいね!

 旅行(出張も含めて)の楽しみの一つは、飛行場の売店でお土産を買うことではないでしょうか。私も国内のほとんどの空港を利用しましたが、北海道の新千歳空港のお店の数はとても多く、お菓子も海産物も果物も美味しいものがてんこ盛りです。

 そして、お菓子の定番といえば、やはり「六花亭」もその代表の一つですが、COVID-19の影響でお客さんが激減しているので、売り上げがずいぶん落ち込んでいると伝えられています。

 そんな状況で、このメーカーの様々なお菓子が「通販おやつ屋さん」で販売されていると知り、早速、購入してみました。合計28個で3500円(税込・送料無料)ですので、けっこうお買い得のような気がします。

このエコバックはとても可愛いです

 杉並では現在の区長の田中良さんの前に、今は参議院議員を務めている山田宏さんが、当時としては全国でも珍しいレジ袋削減運動を行いましたので、多分、区内のエコ(マイ)バック使用率はかなり高いはずです。

 それで、今月から原則的にスーパーやコンビニのレジ袋が有料になりました。この機会にエコバックを使うことが増えそうでし、ネット通販などでは個性的なものが数多く販売されています。

 私も何種類かのものを持っていますが、セブン-イレブンで700円以上の買い物をして、それをpaypayで支払うと、素敵なエコバックがもらえるというキャンペーンが行われていることを知って、近くのお店に急ぎました。

 そして、このペンギンのキャラクターがなかなか可愛く、「CHUMS」ブランドですので、帰り道ではちょっぴり自慢できます。なお、翌日には在庫は無くなったと貼り紙が出ていました。やはり、すごい人気だったようです。

 

初めて利用したUberEats

 「いまさら初めてなの?」という声が聞こえてきそうですが、UberEatsを初めて利用しました。ポストに1000円割引のチラシが入っていましたので、それを使おうと思ったのですが、有効期限が切れていて、いったんは諦めました。

 でも、「もしかしたら」と気を取り直してネットで調べてみると、同じ千円の割引クーポンの番号がありました。そして、次男がCoCo壱番屋さんのカレーが食べたいというので、PC経由で注文しました。

 写真のチキンカツカレー、チーズインハンバーグカレー、イカサラダでお値段は2860円で、ここにサービス料と配送手数料を合わせて436円が加わり、合計で3296円でした。ここから千円引きで支払ったのは2296円でした。

 そして、同じものをお店でテイクアウトすると2036円ですから、クーポンがなくて配達してもらうと1260円増しになります。お客さんの環境がそれぞれ異なりますが、店舗までは徒歩10分くらいですから、次回はお店に行きます。

この夏は甲種焼酎で乗り切ろう!

 私は今まで申し訳ないことですが、甲種焼酎(サトウキビ糖蜜、大麦、トウモロコシなどが原材料)を乙種焼酎(本格焼酎&泡盛)のちょっと下に見ていました。実際、芋焼酎のロックをこよなく愛しています。

 そして、そのことは変わらないのですが、最近のレモンサワーブームに影響されて、毎日の家呑みでそれを作るようになりました。甲種焼酎と炭酸水とレモンとロックアイスを用意していますが、濃度を自分で調節できのがいいですね。

 それで、甲種焼酎は乙種と異なり、4リットルの業務用みたいなボトルで売られていることが分かり、早速、名門の宝酒造のそれを購入しました。酒屋さんから持ってくるのは難儀でしたが、その分を美味しくいただいています。

 それから、甲種焼酎は糖質と脂質、プリン体がゼロというのも魅力的です。また、乙種に比べて朝の目覚めが気のせいかもしれませんが、爽やかな感じです。つまり、いただく量にもよりますが、二日酔いになりにくいようです。

 ちなみに、ボトルの上に「極上」とありますが、一般のものに樽貯蔵熟成酒を3%使用しているそうです。これが13%になると同じメーカーの「純」になるとのことです。次回はこちらを買ってみようと思います。

マンゴーは台湾産がナンバーワン!

 タイトルにそう書いたものの、考えたら台湾産以外のマンゴーは食べたことがありませんでした。きっと、日本の宮崎県産のものも美味しいと思いますが、特に買って食べようとは思いません。

 それで、この時期になると毎年、台北駐日経済文化代表処(中華民国大使館)から、アップルマンゴーをいただいています。ご覧のように大きく、持っていてずっしりと重たいです。いつも、ありがとうございます。

 そして、果物の話題ではありませんが、少し前に私は入国規制緩和について、「ベトナムやタイなど4カ国に続いて台湾を加えるべきだ」と書いていましたが、どうやら、それが実現しそうです。とても良かったですね。

成城石井自家製チーズケーキ2本

 食品スーパーの成城石井のオンラインショップで、すごく美味しそうな「パッションバナナプレミアムチーズケーキ」「プレミアムチーズケーキ」が販売されていましたので、早速、期間限定のそれを購入してみました。

 それで、冷蔵便で届きましたが、2本ともとても濃厚なお味で、注文して良かったと思いました。なお、お値段はセットで2400円+税(送料込み)で、明後日が締切り日になります。(写真は単焦点レンズを使用して撮りました)

セブン-イレブンの厳しい現実

 ここのところご無沙汰だったセブン-イレブンが久々の登場です。まず、上の写真は「1/2日分の野菜カレースープで、食べやすく、なかなか美味しかったです。カロリーも281kcalですから、時節柄からも健康的でいいです。

 そして、下の写真は閉店しているセブン-イレブンです。場所は丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅前で、青梅街道と中杉通りの交差点近くにあり、私は深夜早朝に利用することはほぼありませんが、いつも繁盛していたようです。

 ただ、現在は午前1時から6時までは閉店となってしまいました。お店の方にお聞きしたところ、「人(従業員)がいないんですよ」と言われていました。それは仕方のないことでしょうが、ちょっと寂しいような気もします。

 ここのところ、セブン-イレブンは元気な話題があまりなく、良くないことが続けて起こっていました。そこに今回のCOVID-19ですから、売り上げや利益がけっこう厳しくなっているのでしょうか。頑張ってもらいたいですね。

イトーヨーカドー食品館からヨークフーズへ

 JR阿佐ヶ谷駅北口のビル地下にある「食品館イトーヨーカドー阿佐谷店」「ヨークフーズ阿佐谷店」に生まれ変わりました。セブン&アイグループ内の組織再編によるものなので、店内は以前とほぼ同じようです。

 私がイトーヨーカドーに入社したのは昭和52年ですが、その名称が消えてしまうのは寂しいものの、「ヨーク」とい名称はかなり懐かしくも感じます。当時のプライベートブランドにはこの名称が付いていたことをよく覚えています。

 例えば、旭化成さんが製造しているサランラップですが、品質などはまったく同じでも、「ヨークラップ」の名称で少し安く売っていました。もちろん、こちらも旭化成さんで作ってもらっていました。遠い昔のことですね。

 なお、当時からイトーヨーカドーは男女格差が一切なく、総合職と一般職の区別もありませんでした。また、私は55歳になるまで会社に籍を置いていましたし、それまでは、議員職との兼務も認めてもらったいい会社でした。

ここの焼きたてパンが美味しいです

 杉並区内に「デイリーヤマザキ」は数店舗しかありませんが、やはり、このコンビニの特徴といえば、店内でパンを焼いて、それを販売していることかと思います。写真のお店は井の頭線浜田山駅近くにありますが、以前はマクドナルドだったような気がします。

 そして、写っているパンは、台湾ドーナツ、贅沢な小倉あんぱん(ホイップ入り)、マスクメロンパン(静岡県産クラウンメロン果汁使用)、こだわりのメロンパンの4種類で、お値段はそれぞれ、135円、154円、194円、140円(すべて税込)でした。

 特に緑色のメロンパンはレジのおばさまが、「ポッペが落ちちゃうほど美味しいですよ」と言われてので、近くに住んでいる次男一家の分まで買っちゃいました。なお、おばさまは「私の個人的な感じですからね」と付け加えることも忘れませんでした。

2カ月半ぶりの電車&3カ月ぶりの懇親会

 昨日、全国の都道府県をまたいだ移動自粛も解除されましたが、私は少なくても当分の間は東京都の外に出ることはなさそうです。特に辛くもありませんし、三浦知良さんではないですが、勝手にセルフ・ロックダウンと洒落込んでいます。

 それで、そんな状況ですが、3月19以来、2カ月半ぶりに電車に乗り、3カ月ぶりに友人たちとの懇親会に参加しました。会場は新宿のサザンタワーにあるお店でしたが、店内のCOVID-19対策はかなり徹底していました。

 久しぶりに再会した友だちもいて、楽しい時間を過ごすことができましたが、懇親会の時間はいつもより短縮したようです。もちろん、二次会などはなく、中央線快速で阿佐ケ谷駅まで戻ってきましたが、次はいつになることやら。

キリンから「陸」が新発売になりました

 キリンというとあまりウイスキーのイメージはありませんが、美味しそうなのと新しもの好きの性分から早速、ヨドバシカメラの通販で購入しました。アルコール度数は50%ですから、かなり高めです。

 炭酸割りでいただきましたが、一般的な水割りやお湯割りでもいけそうです。また、ラベルの側面には英語でそのことが書かれていて、「より豊かで、自由なウイスキーライフをお楽しみください」とも添えられています。

 それで、家呑み選手権も新記録を更新中ですが、まもなく、新宿での会合に参加する予定です。今から楽しみなのですが、変なもので、連続家呑み記録が終わってしまうと思うと、ちょっと残念な気持ちにもなります。

杉並区内の高級食品スーパー

 明確な基準があるわけでも、詳しく調べたのでもありませんが、区内にある高級食品スーパーといえば、成城石井、松庵にある三浦屋、阿佐ヶ谷駅にある紀伊国屋、荻窪駅商業施設内にあるザ・ガーデン自由が丘あたりでしょうか。

 なお、三浦屋は店舗のあるビル内に本部があったと思います。いなげやのグループで、ちなみに、台東区千束にある三浦屋とは業種がまったく異なりますので、何の関係もありません。また、ザ・ガーデンはセブン&アイのグループ会社です。

 それで、写真の成城石井は井の頭線浜田山駅の駅前にある店舗ですが、この会社はコンビニのローソンの傘下に入っているようです。お店の規模は小さく、通路も狭いのであまり買いやすくはありません。

 でも、さすがに「成城」の名称だけでも高級感があり、実際にけっこう値段が張るものが売られています。もちろん、その分だけ美味しいものが多く、輸入食品の品揃えも豊富です。ただ、私自身は上述の4店に行くことはほとんどありません。

助けて~!麺屋武蔵さん

 緊急事態宣言と東京アラートは解除されましたが、私は勝手に巣ごもりを続けています。その理由は単純で、

①収入の約半分を二つの年金からいただいているので、将来は減額の可能性はあるものの、現在では一定の金額を得られ、その分だけでも自粛を継続しなければ、世間様に申し訳ない
②そもそもお家大好き人間なので、巣ごもりがそれほど苦にならないうえに、百恵ちゃんたちがかなり頻繁にやって来る
③役員をしている医療財団は杉並区内にあり、歩いても10分ちょっとのところにあるので、社会的約束事を守っていれば、移動は特に難儀ではない

 といったところです。ただ、SNSのネタにはけっこう困窮してきていることも事実です。今日も話題が尽きる寸前でしたので、以前にローソンで購入した「麺屋武蔵監修 冷やし真剣そば」に助けを求めました。写真だけでも撮っておいて良かったです。

 消費期限が6月6日になっているのはそのためです。また、麺屋武蔵って、名前を聞いたことがありますが、どこにあって、どんなラーメンが美味しのかは分かりません。なお、「真剣」とは「しんけん」ではなく「マジ」と読むそうです。旨かったのですが、タレがちょっとしょっぱかったです。

氷点下タンブラーをもう1個もらうぞ!

 数日前に紹介したスーパードライを飲んで、シールを集めて、もれなくもらえる「東京2020大会記念エクストラゴールドタンブラー」の追加投稿です。その応募の仕組は前回同様ですが、あることに気づいて、2個目をいただくことにしました。

 その理由は簡単で、このタンブラーを使用する前には冷凍庫で20時間以上、冷やさなければならないとなっていますので、さすがに晩酌は4時間もかからないものの、何となくせわしくなります。そこで、2個あればそれをクリアーできるわけです。

 それから、わが家では妻が売れまくっている「本麒麟」を飲んでいますので、ビールの消費が落ち込む中、ご覧のようにお店でも開けるかと思うほど、在庫がいっぱいになってしまいました。なお、タンブラープレゼントは昨日で終了しています。

お待たせしました!ファミマです

 全国3600万人(!?)のファミリーマートファンの皆さん、セブン-イレブン、ローソン、ミニストップと紹介してきましたが、ファミマが遅くなって申し訳ありません。わが家から徒歩で10分くらいのところにファミマは2店舗あり、JR阿佐ヶ谷駅近くには3店舗あります。

 私の利用頻度はぼちぼちですが、やっぱり、ファミチキは美味しいですね。また、新発売になった大阪王将監修の揚げ餃子5個入(税込168円)ですが、レジ横のファミチキなどが陳列されている場所から消えてしまいました。上述のどのお店にも売っていませんでした。

 一節によると売れすぎて供給が追いつかないそうですが、真相は不明です。しかし、こうなると余計に食べたくなってしまいますね。なお、近所の2店舗ですが、写真のお店はわが家と同じ杉並区成田東5丁目にあり、けっこう昔から営業しています。

悲しいね~コロナ太りへ一直線!

 SNSなどの記事を見ていると、タイトルの「コロナ太り」という造語がけっこう登場しています。誰もがすぐにそれが意味するところを理解してしまうことが、体重増加よりも悲しく感じます。

 今回の原因元はローソンで販売されている、左からハイカカオショコラ、栗きんとんモンブラン、とろけるクリームの苺ショートの3種類で、どれも300kcal前後の重量級です。もちろん、お店にもスイーツにも何の責任もありません。

 それから、クロゼットの奥から一眼レフカメラを取り出して、久しぶりに使ってみました。写真は単焦点レンズで撮りましたが、WiFi機能がないので、パソコンに取り込むのはちょっと不便ですが、出来栄えはなかなかと感じました。

必ずもらえる氷点下タンブラー

 私は子供のころから、「抽選で何名様に当たります」より「何枚集めれば必ずもらえます」が好みに合っているようです。小学生のときはグリコアーモンドチョコレートを虫歯になるほど買って、動くブルドックや喋る九官鳥を手に入れていました。

 今回は毎晩飲んでいるアサヒスーパードライに付いている赤いシールを48枚集めて、写真の東京五輪・パラリンピックのエンブレムが刻印されている、限定のエクストラコールドタンブラーをいただくことにしました。けっこうしっかりした作りのようです。

 そして、説明では20時間以上前に冷凍庫(冷蔵庫ではない!)で冷やしてからビールを注ぐと60秒から90秒で氷点下のスーパードライを飲めるそうです。ですから、飲み終わったらすぐに洗って再び冷凍庫に入れなければなりませんね。どちらにしても、今から商品の到着が楽しみです。

ローソンで串カツ田中弁当が買えます

 最近はローソンの商品を取り上げることが増えました。友人からは、「セブン-イレブンを裏切ってローソンに寝返ったのか!」との厳しいご意見をいただきますが、そんなことはありません。SNSのネタが拾えればどこでもいいのです。

 さて、そのローソンで、串カツ田中とコラボした「串カツ田中ソースカツ丼(三元豚ロース)」が販売されています。当初は限られた店舗だけでしたが、つい先日、私の家の近所のお店も販売が始まりました。

 そして、ロースカツがご覧のようにしっかり載っていますし、特製ソース(二度がけOK!)もたっぷりと入っていて、すごく美味しかったです。なお、お値段の630円(税込)は、「飲食店特別応援価格」だそうです。

 また、「まちかど厨房」と呼ばれるスペースがローソンのバックヤードにあり、ご飯を炊いたり、カツを揚げたり、盛り付けをしたりはここでやっていると、レジの店員さんが教えてくれました。

下世話な想像はダメですよ

 最近の新聞広告は新型肺炎の影響もあり、健康食品や器具などが増えています。もちろん、それらが悪いわけではありませんが、新聞は広告料と購読料で賄われていますから、部数が減少し、広告依頼が少なくなれば経営も難儀でしょう。

 さて、その少ない広告のキャッチコピーが面白いです。中年の素敵な奥様が、「最近、主人がすごいんです!」と大きいフォントで喋ったり、男性が、「男を感じました!」と自慢気につぶやいていることです。主語がないのが特徴です。

 つまり、ご主人のどこがどのようにすごいのか、何をどこに男性を感じたのかが示されていませんが、これ見た皆さんは何のことか理解しているでしょうね。自粛モードで夫婦がお家にいることが多いですから、けっこう役立っているのかもしれません。

 それで、私も写真のグミサプリを購入してみました。マカ&亜鉛配合で養命酒が製造していますので、これだけで効果がありそうです。これに赤まむしとか金粉とかが加わったらもう大変です。他意はありませんので、よろしくね!

ご近所ではミニストップが頑張ってます

 新聞やテレビで大手コンビニチェーンが比較されるとき、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートは必ず登場しますが、なぜか、ミニストップはその回数が少ないようです。実際に御三家より店舗数はかなり少ないのでしょうか。品揃えなどは悪くないと思います。

 でも、わが家の近くには2店あり、さらに6月1日には杉並区役所の目の前のマンションの1階にオープンするそうです。また、比較的新しくできた杉並消防署前のお店は、同じイオン系の「れこっず」がリニューアルして開店しましたので、面積はかなり広いです。

 それから、私が持っているのはミニストップ限定の不二家ミルキースカッシュで、百恵ちゃんがぺこちゃんを見て喜びそうなので購入しました。メロンのロールケーキ&もちっとメロンはどちらも美味しく、この値段だったら、かなりのお買い得と感じました。頑張ってね!ミニストップ!

 

デニーズのお弁当をすべて買ってみました

 丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅近くにデニーズのお店があります。例によってここでもテイクアウトを前面に打ち出していますので、5種類あるお弁当をすべて買ってみました。牛カルビ&コロッケ、生姜焼、ヒレカツ、さばの塩焼きとコロッケ、さばの味噌煮のラインアップで、次男一家と一緒にいただきました。お値段は650円と780円です。

 ちょっと手前味噌ですが、家族ではどれもが美味しかったと意見が一致してよかったです。ただ、少し心配なのはデニーズのように過去からテイクアウトをやっているお店はいいのですが、あまりそのノウハウがなくスタートした店舗はこれから暑くなってきますので、十分に注意してもらいたいと思います。せっかく頑張っていても、何かあれば努力が水の泡になってしまいます。

元気だね!ローソン(その2)

 ローソンのスイーツシリーズの「Uchi Café」ですが、昨今のSTAY HONEとの関連だと思っていたら、数年前から続々と新商品が発売されていたようです。その中にはGOVIBAとのコラボ商品も数多くあり、私の世間知らずが露呈してしまいました。

 つまり今回、誇らしげに購入したつもりで、「ローソンでGOVIBAが売っているんだよ」と知ったかぶりをしようと思っていましたので、危うく恥をかくところでした。ちなみに、商品名は「ショコラトゥルビヨン」で450円(税込)でした。

 ところで、元気のあるローソンに比べて、コンビニ元祖のセブン-イレブンがちょっと落ち込んでいるように感じます。まあ、近年はいろいろありましたから、仕方ないとも思うのですが、業界のトップリーダーとして頑張っていただきたいですね。

元気だね!ローソン(その1)

 最近は気のせいなのでしょうが、コンビニチェーンのローソンに勢いがあるように思えます。ここの社長さんも積極的にテレビに登場して、加盟店とともに歩み、オーナーさんに寄り添うという姿勢は見ていて気持ちの良いものです。

 さて、本日の紹介は「事実!1秒に2個売れた!」という、GOOODOGです。ちょっとユニークな商品名ですが、トマトオニオン(ハラペーニョ入り)とミート&チーズの2種類が新発売なり、早速、近くのお店で買ってきました。

 いつものように、入り口上とのぼり旗で盛大にPRしていましたが、二つともすごく美味しかったです。これに生ビールがあり、目の前に神宮球場のグランドが広がっていて、巨人vsヤクルトの試合が見れたら最高です。

 でも、そちらはしばらくの間はお預けですね。あとは袋に「朝ローソン」のシールが貼ってありますが、指定ドリンクと一緒に購入すると割引があるそうです。ちなみに、お値段はどちらも298円(税込)でした。

「日本のフルーツ」アイスシリーズ

 私たちの世代が子供のころは、アイスクリームといえば暑い時期の定番で、寒い季節には売っていなかったと思います。それがいつのころからかは分かりませんが、コンビニなどでは通年で販売されています。

 それで、今日の紹介はローソンで買ったきた「ウチカフェ 日本のフルーツ」“佐藤錦”“あまおういちご”の2種類ですが、ほかにもこのシリーズはあるようですので、次回に探してみたいと思っています。

 それから、お値段ですが、新発売の佐藤錦が185円(税込)、あまおうが265円(同)です。ちょっとお高いですが、佐藤錦は果汁が35%も入っていて、それを考えるとむしろお得かなと感じました。
(パッケージを除菌ペーパで拭いてからアイスを置いています)

 

トッピング2倍盛がすごいです!

 最近は「ウーバーイーツ」とか「出前館」とかが注目されていますが、元祖といえばやはり宅配ピザ屋さんではないでしょうか。わが家ではドミノ・ピザに長い間、お世話になっていて、いつもクーポンが届きますので、ほぼ半額で購入しています。
 それで、今回は“トッピング2倍盛”というのを注文してみました。Lサイズを2枚ですが、写真のようにものすごいボリュームで文字どおり、お腹いっぱいになりました。追加料金はLサイズで499円(税別)、Mサイズで299円(同)です。

GODIVA『ミルフィールショコラ』

 諸般の事情で大幅に遅れていただいたバレンタインチョコですが、GODIVAの「ミルフィールショコラ」で2種類が入っていました。ダークチョコとミルクチョコでコーティングで3層になったパイ生地がコーティングされています。

 今までいただいたGODIVAは宝石箱のような入れ物に異なった形のチョコレートが9個くらい入っていたのが多かったのですが、それとは違った形態ですね。明治も森永も良いのですが、ここのはより美味しく感じます。

木村屋さんの美味しいおやつ

 以前にもお伝えしましたが、息苦しい生活が続いているものの、身体的に、物理的に息ができなくなっては元も子もありません。電気、ガス、水道は何の問題もなく使えていますし、ネット環境も同様です。わが家から出したゴミも今までどおりに持っていってくれています。三浦知良さんが、「ロックダウンでなく『セルフ・ロックダウン』でいくよ」と言われていましたが、自分でもそうありたいと思っています。

 さて、前置きが長くなりましたが、木村屋さんに注文していた商品が送られてきました。「オレンジ香る大麦と胡桃のクリームチーズパン」「あんバターホイップ」です。前者は北海道産クルームチーズが柔らかいパン生地の中に入っていて、その生地にはオレンジピールとクルミと大麦が練り込まれています。

 また、後者は名称のとおりですが、つぶあんとホイップバターのコラボが抜群で、普通のあんぱんより一回り大きいです。お値段はいずれも税込みで、800円と241円ですからちょっとお高めですが、巣ごもり中のおやつとしてはいいかなと思いました。作ってくれた人はもちろん、運んでくれた人にも感謝です。

ローソン『欅坂46×悪魔のおにぎり』

 欅坂とか乃木坂とか、とても可愛いお嬢さんたちのグループですが、私の思考は指原莉乃さんあたりで止まっていて、“坂”のメンバーの名前は一人も知りません。
 まあ、そんなことはどうでも良いのですが、ローソンから欅坂46とコラボしたおにぎりが新発売になり、定期散歩の途中で買ってきました。
 写真のように二種類あって、カレー醤油味にはうずらの卵が、焼肉のたれTKG風には卵の黄身が真ん中に入っていました。
 なぜ、「悪魔のおにぎり」という名称なのかも分かりませんが、けっこう美味しかったです。お値段は税込みで135円でした。
(袋を除菌アルコールタオルで拭いて、おにぎりを置いています)

妻のお姉さんからの贈り物

 私の妻は新潟県の柏崎市出身で、お兄さんとお姉さんはそこに住んでいます。そのお姉さんの嫁ぎ先から写真のお餅などが届きました。
 幸いにして、この時期でもスーパーやコンビニには食品がしっかりと並んでいますが、どれも手作りのものはすごくありがたいです。
 しかも、お餅も梅干しも保存がきいていいです。それから、左側の可愛いお手々は百恵ちゃんです。

二次会は『歌えるスナックKaddy』でママと

 かつては「はしごのカディー」の異名をとった私ですが、それも多くても2軒までとなり、さらに時節柄、先日に紹介した『大衆割烹 かどわき』以外に顔を出すこともなくなりました。

 でも、「もう1軒、行きたいな」との気持ちを抑えきれず、『かどわき』に隣接しているお店『歌えるスナックKaddy』にも通っています。ここのママは『かどわき』の女将さんとは双子で、昔は阿佐ヶ谷の美人姉妹と評判だったようです。

 今は“阿佐ヶ谷美人姉妹”から“美人”を抜いたような感じですが、私にとっては「愚痴言える 家のママより 店のママ」ですし、毎日、お客さんは私一人でもあり、けっこう楽しくやっています。

 なお、先日の記事を載せたところ、少なくない方から、「女将さんと一緒に飲みたい」とか「是非、紹介して欲しい」とかのコメントをいただきました。ありがたいことですが、諸般の事情で、今しばらくお待ください。

 それから、このお店も東京都の要請により、午後8時閉店、同7時お酒終わりを遵守しています。正直なところ、「もう少し飲ませてくれよ」と思うのですが、仕方ないですね。その分、スタートが早く、外はまだ明るいようです。