日清の「爆裂豚道」がすごいぞ!

 最近は日清食品の回し者みたいになってきましたが、このラーメンもその迫力がすごいです。私がぐたぐた説明するよりも、企業の宣伝文句を紹介したほうた良いと思いますので、以下にその過激とも思える文章を載せておきます。

 まず、名称ですが袋にある通り、「日清爆裂豚道 強ニンニク醤油ラーメン」ですが、これだけでも、戦争が始まったかと思うほどの表現です。さらに、ホームページには、「クセ旨!クサ旨!!爆裂豚道!」とあり、見ただけで、ニンニク臭が襲ってきそうです。

 さらに、「ワシワシ極太麺とクセ旨豚スープがたまらない!!衝撃的なニンニクのパンチがきいた豚ニンニク系醤油ラーメンです」と追い打ちをかけてきます。もう、文章を読んだだけでもお腹いっぱいになりますね。

 それで、この商品はいつも利用させてもらっているコンビニで購入したのですが、「やみつき にんにく背脂」の瓶が横においてあったので、思わず衝動買してしまいました。こちらはS&B食品製ですが、色合いなどコラボしたように思いました。

 なお、都議会議員時代にお世話になったEさんから、「門脇さんも簡単なものでも作れば、SNSのネタになりますよ」とアドバイスをいただいたので、実行したのが今回のラーメンで、第1号となりました。もやしを茹でて、焼豚を乗せただけですが、早速、きょうの投稿となりました。

どちら派?きのこの山&たけのこの里

 ときどき、「きのこの山」と「たけのこの里」がどっちがどっちだったかと思ってしまいますが、現在、「すとぷりと、おうちで花火を見よう。」というイベントがあって、『超いちご祭り』なるものが開催されています。

 いちご&ショコラ1周年とすとぷり5周年を記念したものだそうですが、AR花火大会と称して、パーッケージにスマホをかざすと、すとぷりのメンバーがバーチャルに登場して、にぎやかに花火が打ち上がります。

 そして、面白かったのは、きのこの山とたけのこの里を並べると、すとぷりメンバー全員が出てきて、いろいろと喋ったり、躍ったりすることでした。また、それをスクリーンショットすることもでき、保存も可能です。

 ただ、途中から花火が上がらなくなってしまい、私のやり方がどこかで間違っているようです。以上、それだけといえばそれだけなのですが、このお菓子はとても美味しいですし、家の中の楽しみとしてはいいでしょうね。

ほんわかしたタオルのある幸せ

 窮屈な世の中が続いていますが、それでも、代わり映えのない毎日の生活の中でも、ちょっとした幸せを感じることもあります。もちろん、人それぞれですが、こんな生活様式ですから、余計に小さなことに感動することもないわけでもありません。

 私はバスタオルやフェイスタオルがいつも洗濯されていて、我が家では柔軟剤を使わないので、それほどではないものの、けっこう柔らかいタオルが十分な数だけ用意されていることがありがたいと思っています。

 また、写真のバスタオルとフェイスタオルは新規に購入したもので、洗濯してから写真を撮りました。ここからもほんわかした雰囲気が伝わっていると思います。なお、古くなったものはワンコのお部屋で再利用となっています。

セブン-イレブンの出血大サービス

 近年は「出血大サービス」という表現は使わなくなりましたが、そう遠くない昔には、パチンコ屋さんの入口にはこの文字が躍っていました。もちろん、本当にそうなれば、お店は潰れてしまいますが、何となくそんなことが許されていい時代だったように思います。

 それで、写真のペットボトル3本とポテトチップスで、支払った金額は152円でした。そのからくりは、カルピスソーダが前週にもらったクーポン(プライチ)で2本が無料、同じくスマホに送られてきたクーポンで、紅茶花伝とポテトチップスが半額になったことです。

 そして、本来の商品金額の合計は564円なのですが、上述の理屈で423円の割引となり、その結果、152円だけで購入したわけです。ちなみに、これらの割引金額はそれぞれの店舗ではなく、チェーン本部の負担になるそうです。まあ、メーカーの協賛はあるでしょうね。

復刻の生「マルエフ」はけっこう旨い

 アサヒビールが満を持して復刻発売した通称「マルエフ」の売り上げが巣ごもりからの需要もあり、なかなか好調のようです。新しもの好きの私も早速、購入していただいてみましたが、とても美味しかったです。ただ、少し経てば、いつものスーパードライに戻るような気もします。

 それで、メーカーの説明によると、かつては「ユウヒ(夕日)ビール」と揶揄されたアサヒビールが起死回生の大逆転を狙って発売したのがみんな大好きスーパードライだったのですが、見事にその目論見は当たったものの、生産をそこに集中したので、マルエフを縮小せざるを得なかったそうです。

 そして、この間も一部の飲食店などでは飲めたそうですが、今回、一般の流通ルートに乗せたということです。なお、マルエフの名称ですが、フェニックス(不死鳥)の頭文字から取ったそうですが、それが「F」ではなく「P」と分かり、無理くり「幸福(Fortune)」に変えたと白状しています(笑)。

【追記】報道によると、マルエフは売れすぎて、一時的に販売を見合わせているようです。何でも、発売から4日間で年間予定の4割以上の出荷となったそうで、すごいことですね。私はたっぷり購入しましたので、当分は楽しめそうです。

ローソン100の200円弁当にドラマがある

 以前は自宅から徒歩5分くらいの場所にローソン100があったのですが、撤収してしまいました。いつもここを利用することはなかったのですが、なくなってみると、ちょっとだけ寂しさを感じています。

 それで、そのローソン100で販売されている「ウインナー弁当」が全国展開になるというニュースを知って、「それでは、そのお弁当を買ってみようかな」となり、JR阿佐ヶ谷駅北口にあるお店で妻に買ってきてもらいました。

 このお弁当の最大の特徴はお値段が200円(税別)ということと、おかずがウインナー5本のみ(その下には少量のスパゲッティが付け合せのようにあります)ということのようです。とてもシンプルですね。

 さらにそのニュースでは、このお弁当が一人の担当者の長年の苦労の末に日の目を見たと伝えていました。何でも10年の年月をかけて発売までこぎつけたそうです。詳細はこの企業のホームページに掲載されていますので、興味のある方はそちらをどうぞ。

 それから、肝心のお味ですが、正直なところ、価格なりにというところでしょうか。これに西友で売っているカップ麺を合わせれば、300円以内でそこそこボリュームのあるお食事になるでしょう。

ボリューム250%!「とみ田監修豚まぜソバ」

 とにかく凄まじい迫力です。何回か紹介している「とみ田監修」の麺シリーズですが、最近、セブン-イレブンから新商品が発売になりました。アナウンスでは、「ガツンとニンニクで風味豊かな辛味ダレがポイント」となっていますが、それに誇張はありませんでした。

 実際、カロリーは食べたあとに知って良かったのですが、906kcalで、カップの底面に残ったタレはかなり辛いというか、しょっぱかったですし、この日の夕食は身体があまり食べ物を欲しなかったほどです。お値段は594円(税込み)ですから、ここは十分に合格点ですね。

 なお、セブン-イレブンのホームページには、「予想を大きく上回る売れ行きで原材料供給が追い付かない場合は、掲載中の商品であっても販売を終了している場合がございます」とありました。私は今回も図々しく、店員さんにお願いして、山積みされたトレイの下から取ってもらいました。

 それから、写真右はレンチンする前の状態ですが、左の味噌みたいなものと、右の脂身みたいなものは加熱で溶けました。真ん中は煉獄杏寿郎さんですが、上のキーホルダーは次男一家がくら寿司でもらったものだそうです。それを稜ちゃんがジイジにくれました。

本日発売!スーパー合体シリーズ4品

 我らが日清食品カップヌードルですが、発売50周年を記念して本日、「スーパー合体」シリーズの4品が店頭に並びます。私はヨドバシカメラの通販で予約しておいたのですが、フライングで1日早く昨日、自宅の届きましたので、商品の写真を載せられたわけです。

 それで、その4種類ですが、味噌&旨辛豚骨、チリトマト&欧風チーズカレー、カップヌードル&しお、カレー&シーフードとなります。メーカーのコピーでは、「混ぜるとウマイらしいから合体だ!」となっており、どれから食べようかと迷っています。多分、どれもが美味しいと思います。

S&Bゴールデンカレー「バリ辛」に挑戦!

 フェイスブックのお友だちが、「今までで一番辛いカレーだった。勇気のある同志は続け!」と紹介されていたのがタイトルのカレーです。私はいわゆる激辛は苦手なのですが、ネタ不足に喘いでいるこの時期ですので、早速、ヨドバシカメラの通販で購入しました。なお、その方はそれに対して、「門脇さん、クレームは受け付けませんので、あしからず」と突っ込んでくれていました。

 それで、始めはレトルトカレーだと思っていたのですが、“ルー”でしたので、あまり乗る気でない妻を説得して作ってもらいました。ご覧のように見た目からしてすごく辛そうですが、下がピリピリするのではなく、お水をがぶ飲みするのではなく、完食することができました。また、少量でしたが、妻も同様でした。

 それから、我が家ではカレーを作ると、次男一家におすそ分けするのがお約束になっていますので、感想を聞くのが楽しみです。お酒が大好きだけどお酒が弱い、辛いものが大好きだけどけっこう苦手の私からの報告でした。Tさんの期待を裏切ってしまったような気がしますが、美味しかったのでお許しくださいね。

台湾産ミルクパイナップルを発見!

 今年は中国共産党の嫌がらせにより、その結果、我が国では例年よりすごく多めの台湾産パイナップルが輸入され、その美味しさを初めて知った皆さんも多かったように思えます。多分、来年からはもう少し安く販売されでしょう。

 それで、JR阿佐ヶ谷駅南口から青梅街道まで続いている商店街のパールセンターを歩いていたら、途中の青果店で「台湾名物ミルクパイナップル」を見つけました。聞いたことのない商品名でしたが、持ってみるだけで、甘い香りが伝わってきました。

 これはもう買うしかないと思い、お値段を見てみると何と!298円(税抜)で、あまりの安さにびっくりしました。家に帰って検索すると、通販ではだいたい1個千円前後で販売されていました。

 そして、実際に食べてみるとなかなかの美味で、たしかにミルクの名前のとおり、一般のものに比べて果肉がやや白っぽかったです。ただ、ちょっとですが、傷んでいるところがあり、これが廉価の理由なのかなと思いました。

コスパの良いミニストップのお弁当

 以前にもお伝えしたように思いますが、我が家からは徒歩10分以内に行けるミニストップが3店舗もあります。コンビニ競争ではいつも4番手ですが、このようなロケーションはとても便利です。

 それで、杉並消防署の前にあるミニストップで、写真のように「当店手づくり」のお弁当を購入しました。368円(税抜)でしたが、2種類ともとても美味しくて、かなりコスパは良いと感じました。

 そして、最近はほかのチェーンも同じですが、そう広くないと思われるバックヤードで作っているお弁当や惣菜などが増えているようです。配送されたものより新鮮さがあるような気がしていいですね。

タンパク質は優れているのですね

 私は「食」についてのこだわりがほとんどなく、コピー用紙のサイズみたいな牛肉とか、鮮度抜群のお刺身とかを特に食べたいと思ったことはありません。鰻とかも同じですね。もちろん、どれも嫌いではないのですが、それらよりも、ハムカツとか、餃子とか、しめ鯖などが大好きです。

 それで、いつも利用させてもらっているセブン-イレブンで、写真のサンドイッチやサラダを買ってきましたが、特に最近は「タンパク質」の文字を見ることが多くなりました。脂や糖は何となく悪者のようですが、それに比べて、タンパク質は正義の味方のようです。ちなみに、どれも美味しくいただきました。

そろそろ「リモ飲み」やろうかな

 写真は先日、リモートで開催された母校の法学部同窓会幹事会に参加している光景です。特に背景に写ってはいけないものはありませんが、後ろから家人が急に入ってくるとびっくりするので、こんな角度で行っています。

 今回は2時間弱でしたが、特段の問題もなく無事に終了しました。ただ、今年も9月23日に行われる大学同窓祭はバーチャルでやることが決まっていて、諸般の事情により仕方ないものの、とても残念です。

 ところで、COVID-19の感染はデルタ株というすごく厄介なウイルスが広がり、なかなか見通しが困難になてきました。正直なところ、自分自身の認識も甘かったと思っています。ただ、ワクチンはこれにも有効ということが分かっています。

 それで、友人たちとの飲み会もまだまだ先のことになりそうなので、オンライン飲み会もやったことはなかったのですが、そろそろ、始めようかと考えています。先入観を捨てれば、意外と楽しかもしれませんね。

「とみ田 冷し豚中華」を探してもらう

 皆さんもひょっとしたら、同じ経験というか思いをされてことがあるかもしれません。それは、コンビニにお弁当やサラダ、サンドイッチなどを買いに行ったとき、陳列棚にはほとんど商品が並んでおらず、その横の通路には先ほど運び込まれた何段にも重ねられたラックの山の中に、お目当てのものが入っているのではと想像してしまうことです。

 そして、運がよく、いちばん上の目に見えるラックに商品があれば、お店の人に「ここから持っていっていいですか?」と聞いてからレジに進むことはあるでしょう。だた、自分で下の方のラックの中身を見てみることは、お店にとってはとても失礼になると思います。コンビによってはバーコードをスキャンしてから、棚に並べることもあるようですから。

 ですので、私は店内が混雑していないことを確かめてから、店員さんにラックを指差し、購入したい商品名を告げて、「この中にありますかね?」となります。今までの経験では、その方が発注したことを知っていれば、「ハイ、ちょっと待ってください」と言って、その商品を探し出してくれます。お店にとっても機会ロスにもなりませんので、お互いに幸せになります。

 ということで、そのようにして下から出してくれたのが、「とみ田 冷し豚中華」です。今まで何回が“とみ田監修”の麺類を買いましが、これはなかなか美味しかったですし、ボリューム満点でした。カロリーはけっこうありそうですが、550円(税込み)の価値は十分にあると感じました。なお、上述のようなことは、どのコンビニでも、どのお店でもやってくれるとは限りませんので、ご注意してくださいね。

セブンのスイーツ&台湾への郷愁

 コンビニのスイーツが大人気ですが、私はセブン-イレブンのそれがいちばん好きです。今回は「ピエール・エルメ シグネチャー エクレア カフェ」という長い名前の高級エクレアみたいなものと、台湾の代表的スイーツの一つの(5種具材の)「トファ」を買いました。お値段は前者は298円、後者は250円(どちらも税抜)でしたが、その価値はあると思いました。

 それで、トファを食べていたら、すごく台湾が懐かしくなり、パソコンに蓄積されている現地の写真を「台北市」で検索して眺めていました。そうしたら、本場のトファ(豆花)のお店に行ったときのものが出てきました。ホテル(國賓大飯店)から歩いて行きましたが。寧夏夜市の近くだったと記憶しています。雙連駅周辺はもう、自分の庭のようです。

 ただ、接種証明書もいただき、いつでも台湾に行ける態勢が整っていますが、感染者数や死者は激減しているものの、海外からの観光客を受け入れるのは、まだまだ時間が必要のようです。そういえば、総統(大統領)の蔡英文さんが国産ワクチンを接種したと伝えられています。台湾はワクチン製造が出遅れていましたが、結果、我が国より早くその接種が始まりました。

きょうはチキンラーメンの誕生日です

 きょう、8月25日は日清食品が製造販売しているチキンラーメンのバースデーだそうです。このラーメンともかなり長いお付き合いですが、そのことは知りませんでしたので、ちょっと調べてみると、昭和33年(私は4歳)のきょう、初めて発売になったそうです。

 そして、そのことを記念しての限定企画があり、「チキンラーメン各種とポシェット&ぬいぐるみセット」が限定400セットで販売されていたので、初日に申し込んで写真のラーメンやグッズを入手できました。ちなみに、その翌日には売り切れになっていたようです。すごくラッキーでした!

久しぶりのデニーズテイクアウト

 丸ノ内線南阿佐ケ谷駅近く(杉並区役所の真向かい)にあるデニーズで久しぶりにテイクアウトをしました。これは電話で注文したときにネットでメニューを見て気づいたのですが、来月6日まで“夏のテイクアウト祭”で、全品が20%引きになっていて、かなりのお得感があります。

 この日の昼ごはんは私と妻、稜ちゃんと百恵ちゃん、そして、ママの5人でしたが、ママに電話すると二人は同じものでないと喧嘩になると言うので、おこさまランチが2個、パンケーキも同じく2個セットが孫のランチとなりましたが、予想どおり、これで取り合いはなく、良かったです。

 そして、大人たちのオムライスは左から、海老のトマトクリーム、とろ~り卵とチーズ、自家製トマトケチャップですが、どれも好評でした。これらすべてで3570円(税込み)ですが、冒頭にお伝えしたように2割引きでしたので、美味しさとお値段のバランスに大満足でした。

どうしてこんなに安いのかな

 ここ何年かで、ペットボトルの緑茶の種類がとても増えましたが、人ぞれぞれ好き好きはあるものの、やはり、その頂点にいるのは伊藤園の「お~い お茶」のような気がします。実際、ギネス世界記録認定というのですから、大したものです。

 それで、屋外はもちろん、家の中でも水分補給を欠かしてはいけないので、日本茶がいいなと思ってアマゾンで探していると、前述の「お~い お茶」が目に留まりました。なぜかといえば、50%引きのクーポンが付いていたからです。

 これによって、2200円が文字どおり、半額の1100円で購入できました(いずれも税込み)。プライム会員ですから、送料はかからず、翌日には配送になりました。一流ブランドをこんなに安く売って、大丈夫なのでしょうか。

東京五輪~裏方さんに乾杯!

 東京オリンピックのテレビ観戦が終わり、何となく張り合いがなくなっています。ただ、24日から始まるパラリンピックまではちょっと間がありますが、14日からは世界3大自転車ロードレースの一つである「ブエルタ・ア・エスパーニャ」がいよいよ開催されますので、楽しみはまだまだ続きます。

 このスペイン自転車ロードレースは21ステージありますので、二つのスポーツ大会をお家で楽しむことで、暑さを乗り切れればいいですね。余談ですが、この自転車レースは生中継されますし、この時期限りの有料契約も準備完了です。ただし、時差がありますので、結局は録画で観ることになります。

 ところで、タイトルの裏方さんですが、いわゆるボランティアスタッフのことではありません。様々な制約があって詳細はお伝えすることが叶いませんが、だいたいは組織委員会で働いている皆さんのことです。ここには、東京都だけではなく、多くの企業からもスタッフが派遣されています。

 抽象的な物言いですが、大会の成功に向けて7月から一日のお休みもなく働き、48時間も寝ていない人が続出して、現場は不平、不満、非難、怒号の嵐だったそうです。バークヤードではメダルも順位もない壮絶な戦いが行われていたわけです。東京五輪を成功させたいというただ一点のためだけにです。

 しかも、各会場で競技を観戦することもなく、テレビで観ることすらまったくできなかったそうです。それでも、すべての競技で金メダルが確定することができ、全体としては何とか合格点だったのかなと語ってくれましたし、五輪とは別の感動を伝えるパラリンピック大会が終わる9月5日まで頑張りますと結ばれています。

 パラリンピックも何としても成功させなければという意気込みが伝わってきましたし、世界も間違いなくそれを期待しているでしょう。そして、それを成し遂げれば、さらに我が国への評価は高まっていくと思います。ちなみに、持っているアサヒビールは大会記念の特別バージョンです。裏方さんたちに乾杯!始まってはいませんが、パラリンピックに乾杯!

【追記】一つ忘れていました。様々な場面で活動された自衛隊の皆さんですが、特に各国の国旗掲揚では陸海空の3軍が2人ずつ、男女は3人ずつという構成で、とても調和を感じた6人でした。パラリンピックもよろしくお願いします。

やっぱり「かつ源」は美味しいです!

 青梅街道沿いの杉並消防署の反対側にある「かつ源」さんはとても有名なお店です。私も区議会議員時代には会派の仲間と一緒に店内でいただいたり、委員会などで忙しいときは持ち帰りも利用していました。

 そして、お店からの一言が有名で、かつては「かつに命かけています」というのがありましたし、写真上の右下にヒレカツサンドの写真を貼り付けておきましたが、箸袋に「阿佐ケ谷の三つ星を目指して歩んでいる」と書かれています。

 また、窓ガラスには「TOKYOオリンピック すべてのかんせんにかつ!!」とありますが、多分、観戦と感染をかけているのでしょう。ご主人が考えているのでしょうが、かなりのセンスをお持ちだと推察しています。

 それで、今回の注文は前述のヒレカツサンドとヒレカツ・メンチ弁当、ヒレカツ・イカフライ弁当でした。久しぶりにいただきましたが、美味しさはまったく変わっていませんでした。たっぷりと引き詰められたキャベツも同じくです。

 ちなみに、それらを合計するとお値段は3250円でした。あらかじめ、電話で予約しておくとスムーズに受け取れます。青梅街道に車をちょっと止めて、テイクアウトしている方も多いようです。機会があれば、ご利用してくださいね。

百恵ちゃんとガストまで取りに行く

 今年の孫たちの夏休みは昨年同様、あまり楽しい場所には連れて行くことができません。どんな行動で感染防止にちょっとでも協力できるかと言えば、できる限り外出しない、あるいは近場で済ませるということになるのでしょう。先日も中野駅北口にある四季の森公園に自転車で行こうと思っていましたが、それも中止にしました。もちろん、ほかの皆さんにおこがましくお願いすることはありませんが、国難にどう対処するか、一人ひとりが問われていると感じています。

 それで、前置きが長くなりましたが、私以上に退屈な毎日を過ごしているであろう百恵ちゃんと南阿佐ヶ谷駅近くのガストに電話注文したものを取りに行ってきました。どれも美味しかったですし、右側のピザは1枚431円(税込み)でしたが、これだったら、宅配のいつも頼んでいるものではなくてもOKです。から揚げやハンバーグなども同様で、写っているものすべてで3127円(同)でしたし、クーポン券でさらに5%引いてもらいました。

 ところで、このお店までは歩いて10分くらいなのですが、彼女に「歩いていく?それとも自転車?」と聞いたら、「歩く」と言うのでそうしたのですが、この場合の歩くとは「抱っこする」と同じ意味なのです。猛暑の中、マスクを着けて、かなり重たくなっている彼女をずっと抱っこするのはけっこう難儀です。ただ、帰りは私が荷物を持っていたので、「ももちゃん、偉いでしょう!」と言いながら、歩いてくれました。汗びっしょりになりましたが、そのおかげで、昼のビールは格別の味でした。

杉並区プレミアム付商品券

 この商品券はデジタル(スマホ仕様)と一般的な紙ベースと2種類があり、私はお試し的にデジタル券を5千円分、購入してみました。使用はとても簡単で、スマホ画面の「支払い」を押して、お店のQRコードを読み込みます。紙のものは見たことがないので、お釣りが出るのかどうかは分かりません。

 そして、この商品券はCOVID-19対策として、区内商店を応援するためでもありますが、利用者も5千円で6500円分の買い物ができますから、けっこうなお得感はあるでしょ。あとは実際に利用できる店舗などがどのくらいあるのかですが、ここのところは、意見が分かれるかもしれません。

 また、申し込み当初は、お一人様5セット(2万5千円)までとなっていましたが、予定販売数に達しなかったので、現在は追加販売が行われています。しかも、5セットを何度でも購入できるというのですから、すごい大サービスです。制度的には5万セットに達するまで、何十万円でも買えることになります。

 でも、あまり難しいことは考えないで、商店振興と思って使うことにします。ただ、西友、いなげや、サミット、オリンピック、OKストアーなどでは使用できません。これらのお店もパートさんの雇用など、地域に貢献していると思うのですが。

 

テリー伊藤さん「から揚げの天才」

 1年ちょっと前から、「きょうのお昼ごはんは何にしようかな」と考えるのが楽しみなり、それもかなりの長期戦となるようですから、お店を選択する幅も広げておかなければなりません。ただ、阿佐ケ谷と荻窪だけでも、それが枯渇する心配はありませんので、安心感はまだまだあります。

 そして、今回はJR阿佐ヶ谷駅北口すぐのところにある、タイトルのお店に行ってきました。あらかじめ、ネット予約をしておきましたので、少しだけ待って受け取ることができましたが、お店のお兄さんは、「お待たせしてしまいましたので、新しいメニューのから揚げを二つ、サービスします」と言って、袋に入れてくれました。

 そのお弁当は、「からたま3個」と「からたま4個」を注文しましたが、1個1個を様々な種類から選べることには驚きました。ちなみに、私も7個、すべてを違うお味にしました。また、このお弁当には名前のとおり、「玉子焼き」が小さいですが付いています。テリー伊藤のご実家で有名ですね。

 ところで、阿佐ケ谷地域にもから揚げを扱う店舗が増えています。確かにコンビニのレジ横の一等地にもから揚げが売られています。孫たちにも人気で、栄養バランスの優れているようなので、我が家でもから揚げをいただくことは、さらに増えていきそうです。私自身はちょっと辛いのが好きです。

すごく美味しいです!これ!

 JR阿佐ヶ谷駅南口にあるセブン-イレブンのATMで入金をしたとき、偶然、見つけたのがエースコックの「麺尊RAGE 軍鶏だし中華そば」です。このメーカーの「一度は食べたい名店の味」シリーズの最新作のようですが、確かにタイトルのようにとても美味しかったです。

 そして、カップの側面を見ると、杉並区西荻窪にあるお店とコラボした商品であることが分かりました。このお店を知りませんでしたが、何でもミシュランガイドに載ったほどの有名店のようです。もちろん、店内で食べるものとは違うのでしょうが、わずか220円でいただけるのですから、ありがたいことです。

 それから、売りとしては「滑らかさと歯切れの良さが特徴の丸刃のめんです。別添の液体スープと調味油で、鶏油の風味や軍鶏、金華ハムの旨みを加えたチキンベースの醤油スープです。程良く味付けした焼豚、食感の良いメンマ、彩りの良いねぎを加えて仕上げました」とありました。

 また、同じ杉並区内ですので、実店舗にも行ってみたいような気もしますが、諸般の事情により控えることにしています。人それぞれですが、私はアクリル板に囲まれて黙々と食事をしても多分、美味しく感じないと思いますので、ランチも夕食もまだまだ当分の間はそんな行動になるでしょう。

あれから50年~マック銀座1号店

 私は自分のSNSでほかの話題などを共有することが苦手ですが、このマクドナルドのCMはとても懐かしく、温かく感じました。
 現在は62歳でビニに姿のグラビアを披露された宮崎美子さんが、ここでは中学生の少女を演じられています。
 それから50年、私も5人の孫を持つジイジになりましたが、劇中での宮崎さんの孫の心の声、「そうか、もう少しビッグマックが小さかったら、僕は今ここにいなかったわけだ」は素敵でした。
 また、マックの第1号店など、再現された銀座の風景もよい出来栄えと思いました。よろしければ動画をご覧になってください。
 一つ忘れていました。バックに流れる小坂明子さん♪あなた♪も私たちの世代にとっては郷愁を誘います。

米国&豪州監督が福島の桃を絶賛!

 私も過去から福島県産の桃がとても美味しいことは知っていましたし、そこに住んでいる友人から送ってもらったことも何回かあります。また、以前に中央区日本橋室町にある県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE」で持ちきれないほどの食料を買ってきたのですが、その後、諸般の事情で行っていませんので、懐かしく思っていました。

 そして、開催されている東京五輪に関する素敵な記事を見つけました。けっこう報道されていましたので、ご存じの方も多いでしょうが、日本チームが優勝したソフトボールで、アメリカとオーストラリアの監督さん二人が、「福島の桃はずば抜けている!」と絶賛されたそうですし、米国監督のエリクソンさんは、「福島が安全でよい場所だということをメディアが見て回れないのは残念」と言われたそうです。

 それから、同じくオーストラリア監督のハーロウさんも、「とても美しい町で山々がとても印象的」と褒めていただき、ここで採れた桃を、「そして、何より桃はずば抜けていますね!」とまで言っていただきました。ただ、お二人とも、無観客試合になったのは残念だったようです。

 私はこれらの報道を知って、涙が出てくるくらい嬉しかったですし、ありがたかったです。COVID-19対策から十分な“おもてなし”ができないと思っていましたが、現地の日本人は様々な工夫をしてもてなしているのでしょう。そういえば、女子マウンテンバイク中継の解説をされている方が、「海外からの選手たちは、こんなに親切にしてくれる国はどこにもないと言っています」と紹介していました。こちらもすごく嬉しいですね。

「鬼滅の刃」コンプリートセット

 またも日清食品のオンラインストアを利用しました。商品はご覧のように「鬼滅の刃」とコラボしたチキンラーメンとその油そば、出前一丁で、特に変わったものではありませんが、「限定デザインパッケージ全13種類が一度に手に入るのはオンラインストアだけ!」に惹かれて購入しました。

 ですから、個々の商品はコンビニやスーパーで買えるようですが、確かにお店で13種類をすべて棚に並べるのは難しいでしょう。加えて、「5000セット限定」「お一人様1セットまでの先着順」「再販売の予定はございません」の文字にも反応してしまいました。

 ただ、すぐに売り切れることが多いオンラインストア商品ですが、今回の場合は昨日現在でも注文可能です。もしかしたら、価格が2704円(1個208円)というのが、購入意欲を低下させているのかもしれませんね。まあ、13個を並べて当分は楽しみます。

 

西友298円弁当と松竹梅お寿司

 先日の西友高井戸店の紹介で、「298円のお弁当に挑戦したみたいです」とお伝えしましたが、阿佐ケ谷駅北口にある西友で購入してきました。写真の二つですが、けっこう丁寧に作られているという感じでしたし、コスパからは間違いなく合格点だと思いました。

 それで、ここの西友はかなり歴史が古く、私が杉並に引っ越してきた約50年前にはすでに営業していたように気がします。ですから、建物もちょっと疲れていて、個人的には現在進行形の阿佐ケ谷駅北東地区再開発にお隣の銀行とともに加わってくれれば良いと考えています。

 そして、それから数日後、今度は同じ駅の南口にあるお寿司屋さんから出前してもらった握り寿司をいただきました。ごちそうになったので、お値段は分かりませんが、タイトルの“松竹梅”の“松”でしょうから、お弁当の10倍弱くらいかなと思いました。お腹に入ってしまえば、どちらも同じですけどね。

百恵ちゃんの食事風景です

 百恵ちゃんは週に2回、我が家にやって来てお泊りとなります。もちろん、それ以外にも週末にはパパやママ、お兄ちゃんたちとも来ますので、ほとんど毎日、彼女と会っているような気がします。

 そして、きょうの写真は夕食やおやつを食べているものですが、大好きなのはマグロのお刺身、白ごはんで、ピーマンやニンジンも嫌がることなく食べています。イチゴやアイスクリームはもちろん、大好きです。

 それから、私と一緒に近くにある自販機でぶどうジュースを買うのがすごく楽しみなようで、財布から130円の硬貨を出してきて、抱っこされてそこに向かいます。ジュースそのものより、抱っこされるのが目的のようです。

 あとは、私の晩酌が終わると、必ず二人で階段を降りて部屋に行って遊びます。また、チューペットやピノが欲しいときは、肩車をして2階に上がり、冷凍庫の横に立って、どれを食べたいかを私に指示します。

 ママとパパは来年から幼稚園に通わせたいと言っていますので、もしかしたら、お泊りの回数は減ってしまうかもしれません。その前に、「もう、ジイジのところには行きたくない」と言い始めたらどうしましょうか。

波瀾万丈の「西友」の歴史

 杉並区内には8店舗の西友があり、その中で6店舗は24時間営業です。コンビニでは当たり前の24&365ですが、総合スーパーではあまり例がないかと思います。もっとも、私もときどき利用する阿佐ヶ谷店は、食品売り場だけが終日営業しています。価格はコンビニより安いですから、近くに住んでいる皆さんはとても便利でしょう。

 また、西友には過去からしっかりとした労働組合があり、私も選挙では力強く応援したいただきましたし、当時は別の産別でしたが、現在はUAゼンセンに加盟しています。また、きょうのタイトルですが、ウィキペディア先生から教えてもらい、本当に苦労の歴史だったことを知りました。なお、OKストアー、サミット、オリンピックなどなども同じ組織に入っています。

 さて、いつものように稜ちゃんを幼稚園に送ったあと、環八からちょっと入った場所にある西友高井戸店に行ってみました。区内の西友はどこも駅から至近のところにありますが、ここだけはそうではありませんし、ほとんど食品スーパーの販売形式です。帰りは荻窪地域の高級住宅街を通ってきましたが、小学校ではマスクをして体育の授業が行われていて、辛いだろうなと感じました。

 それから、写真のカップ麺とおにぎりを買ってきましたが、何と!99円と98円でした(いずれも税別)。そして、お馴染みの「みなさまのお墨付き」商品ですが、ちゃんと消費者テストが行われていて、ここを通して商品化となり、定期的に再テストもやっているそうです。不合格になった場合は改良または終売となるそうで、企業のコンプライアンス委員会みたいですね。

 あと、西友といえばウォールマートですが、株式はかなり手放したものの、その路線は継承していて、全体的には成功しているようです。次回はお惣菜売り場にあった298円弁当に挑戦してみようと思います。ただ、COVID-19に収束が見えてくれば、一気に購入モードをバージョンアップするつもりです。変化のない生活の中で、できる限り変化を求めていくのも悪くありません。