ローソンの注目新商品『GU-BO』

 いつもはセブン-イレブンの新商品ばかりを紹介していますが、そちらも時節柄、マンネリ化してきました。そんなとき、「今度のローソンの新商品はかなり力が入っているそうだ」との声を聞いたので、社会的約束事を守って、自宅から自転車で3分のローソン杉並荻窪三丁目店に行きました。

 そして、店頭のディスプレイを見て、その噂が本当だったと思いました。しかも、並べれられている場所はレジ横の一等地でした。「からあげクン」とかフランクフルトとかが鎮座しているところです。

 お味は3種類あって、中身はジューシーで、どれも美味しかったです。また、お店で揚げているので、品切れのときは少し待てば買えるようです。お値段も130円(税込み)となかなか手ごろです。よろしければ、お試しを。
(今日の記事は先月末にアップする予定だったものです)

朝食はいつもこんな献立です

 観光とか出張とかがありませんので、朝食もすべてわが家で食べています。その開始時間は毎朝、午前5時45分です。右下の白い物体に茶色をまぶしたようなものは、玉ねぎの千切りに鰹節を掛けて、ポン酢で味付けしています。

 また、目玉焼きが載っているのは昨晩に残った焼き肉を使った丼物です。ちなみに、器は百恵ちゃん専用ですが、丼物のときは借りています。あと、筑前煮とイカを茹でたものは私一人ではなく、妻と適当にシェアしています。

 それから、左下に透明の液体がありますが、これはお酢を麦茶で割ったもので、一気に飲んでいます。なお、バナナの三分の一くらいは愛犬二匹のおやつになります。だいたい、毎朝がこんな感じになっています。

 なお、ここ1カ月以上、二日酔いというのがありませんので、玉ねぎとお酢を外すことはなくなりました。つまり、朝起きて気分が悪いときは、この二つを避けていたからです。少なくても身体には良さそうです。

『萬應白花油』を使ってみました

 タイガーバームのことを載せたとき、UAゼンセンの幹部の一人が、「私はこれを使っています」と写真付きでコメントしてくれたのが、タイトルの「萬應白花油」です。もちろん、自分の好奇心が黙っていませんでした。

 即、購入となりましたが、白花油も台湾製と香港製があるようです。当然ですが、ネットで買ったのは前者のものです。訪台三十数回の私ですが、これがお土産の定番とは知りませんでした。

 タイガーバームとは異なり液体で、こちらは医薬品(タイガーバームは第3種医薬品)ではありません。効能は何日か使ってみてからお伝えします。20ml入りで1600円(税込み)でした。

 それから、外箱と効能書きがいい味を出していると思いました。何となく日本の大正時代の雰囲気を醸し出しているような気がします。これだけ見ていても筋肉痛が治りそうですね。

 

今宵も大衆割烹『かどわき』で女将と

 このお店とも女将さんとも43年のお付き合いになります。たまに、「若女将もいるといいな」とも思いますが、女将さんも「もう少し若いお客さんが来ないかしら」と思っているかもしれないので、贅沢は言いません。

 そして、諸般の事情から、最近はほかの居酒屋さんなどに顔を出すこともなく、連日、ここだけがお酒をいただき、そこそこ美味しい料理を食べられるお店になっています。しかも、毎日が貸切状態です。

 ただ、以前よりは女将さんとの会話も盛り上がり、「門さんが言っていたことが、けっこうそのとおりになっていますね」などとお世辞も忘れません。また、ここと自宅は恐ろしいほど近くなので、何かと安心でもあります。

 これからもしばらくはこの『かどわき』だけが憩いの場になるのでしょう。でも、はっきりといつになるか分かりませんが、いつも通っていたお店で、いつもの仲間と会えることを楽しみにして、今宵もお酒が進んでいきます。

1粒増量が不思議とすごく嬉しいです

 セブン-イレブンの新商品で、いつものいちごサンドイッチに入っているいちごが1粒だけ増えたのですが、なんだかすごく嬉しくなって買ってしまいました。ちょっと大袈裟かもしれませんが、「幸せ~!」って感じです。
 お値段は375円(税込み)ですから、けっして安くはありませんが、その分だけ「幸せ~!」な気分になりました。購入した南阿佐ヶ谷駅前店は繁盛しているのですが、1日から深夜営業がなくなりました。人手不足だそうです。

『サラダチキン&コールスロー』

 都知事による週末の外出自粛要請もあり、鉄ちゃん的&呑兵衛的にはけっこう辛くなっていますが、この世の中、我慢したらあとで何かいいこともありそうです。もちろん、ないかもしれないですが、それはそれで仕方ないでしょう。

 それで、今日のネタはちょっと飽きられているかもしれない、セブン-イレブンの新商品で、「サラダチキン&コールスロー」という惣菜パンです。ぎっしりとサラダチキンと野菜がコッペパンに詰まっています。

 このパンは惣菜コーナーに並んでいましたが、ボリューム満点ですごく美味しいです。是非、定番にして欲しいです。それでなくても、セブンの新商品はすぐに棚から消えてしまうことが多いですから。価格は税込みで321円です。

 ところで、先日、友人が「そんなに毎日、無理して更新しなくてもいいんじゃない」とアドバイスしてくれました。ありがたいことですが、何年も続けていると、中断する勇気がなくなってしまいましたので、可哀想だと思って見てくださいね。

新しい『ノザキのコンビーフ』

 今日のお題は70年ぶりにパッケージがリニューアルされた『ノザキのコンビーフ』です。ただの“コンビーフ”ではなく、“ノザキのコンビーフ”です。新しいものはアルミ缶になっています。

 キャベツなどと炒めれば最高のおかずですし、そのままでも焼酎などのお供にもピッタリです。そして、枕缶を鍵みたいなものでクルクルと巻き取るのが楽しみでした。ときどき、失敗しましたが‥‥。

 また、この商品はJFE(日本鋼管と川崎製鉄が合併)系列の川商フーズという企業が製造しているそうです。なお、中身については従来と変わりがないようですから、納得というか安心しました。 

 それから、一時は枕缶が製造中止になるということで、高額転売されていたようですが、それも収まって、店頭には新しい商品が並び始めています。価格はほとんど変わりませんが、内容量は100gから80gになっています。

今度は『ペヤングそばめしおむすび』です

 先日はセブン-イレブンと日清UFOがコラボした焼きぞばパンを紹介しましたが、今度は同じくセブンと「ペヤングソースやきそば」がコラボした“そばめし”です。“めし”という名前ですが、ご覧のとおり、“おむすび”です。

 それで早速、購入して食べてみましたが、確かに焼きぞばが細かくなってご飯に混じっていて、お約束のキャベツのかけらも入っています。なかなか美味しいと感じましたが、もう一回買うかと言うと微妙です。

 相変わらずネタ(話題)不足状態が続いていますが、セブンのおもしろ新商品は次々と登場するので、正直なところ、毎日の投稿では助かっています。皆さんも「またか!」などと思わないで、お付き合いくださいね。

『タピりすぎ~』って?

 タイトルだけでは何とも意味不明ですが、このラクトアイスは「やりすぎタピオカミルクティー味バー」とも”命名”されています。セブン-イレブン限定発売で、1本159円(税込み)です。

 セブンサイトには、「タピオカと相性のよいミルクティー味のアイスを組み合わせたアイスバー。ブラックタピオカをたっぷりと入れることで、どこを食べてもタピオカを感じられるように仕立てました」と説明されています。

 それから、笑ってしまったのは袋に、「色・形状ともに、SNS映えは期待でしませんのでご注意ください」と書いてあったことです。肝心なお味ですが、かなり微妙といったところでしょうか。

生ビールからイチゴパフェへ

 確かに最近は居酒屋さんなど外で飲むことが少なくなりました。これはありがたいことなのですが、「門脇はお孫さんもいるし、今度の懇親会は欠席でもかまいませんよ」と言ってくれる仲間もいます。

 それで、栄養を注入しなければと思い、杉並区役所前のデニーズ南阿佐ヶ谷店で妻とランチしてきました。私はもともと、コピー用紙のサイズみたいな高級な牛肉はいただきませんが、この日は「牛みすじステーキ」を食べました。

 何でも「一頭からわずかしか取れない希少な赤身肉」だそうで、120gのものですが、何となくボリュームに欠けるように写っています。200gにすれば良かったとも思いましたが、それでは栄養過多になってしまったでしょう。

 そして、妻は「Wビーフのグリル〜カットステーキ&All Beefハンバーグ」という長い名前のものを食べていました。ちょっとだけもらいましたが、デニーズのハンバーグはやっぱり美味しいですね。

 それから、食事のあとは「あまおうのザ・サンデー~春ver.」を二人で分けていただきました。♡あまおうを贅沢に使った幸せの味♡だそうですが、まあまあ、そんな気分に浸れたようです。ちなみに、クーポンで20%引きでした。

「ネタ」がなければ探してくる

 先日も同じようなことをお伝えしましたが、時節柄、毎日のネタというか話題作りに難儀しています。今後もしばらくはネタが不足するでしょうが、何とかやりくりしますので、我慢してご覧ください。
 それで、今日はセブン-イレブンと日清食品の焼きぞば「U.F.O.」がコラボした新商品です。特に説明の必要もないかと思います。そのまんまです。お味もそのまんまで、お値段は税込みで148円です。以上です。

雪見だいふくもちもちパンケーキ

 大好きなロッテの雪見だいふくですが、新商品が発売されました。名称はタイトルのとおりで、メーカーのホームページには、「メイプルソースをパンケーキ味のアイス、もちもち食感のおもちで包んだ不思議な味わいの雪見だいふくです」と説明されていますが、確かに”不思議な味”で、その評価は食べられた皆さんにお任せします。

「白いクリームパン」を作りました

 新宿タカシマヤ12階のABCクッキングスタジでのパン作りも6回目となり、今回は「白いクリームパン」を作りました。
 いつものように優しい先生に指導していただき、美味しいパンが焼き上がりました。ボリュームたっぷりのカスタードクリームも上品なお味でした。
 4枚目の写真は同じフロアーになる鼎泰豊です。台湾とレベルと思いますが、けっこうお値段が高いです。これは仕方ありませんね。

 

三井アウトレットパーク 多摩南大沢

 台湾台北市郊外にある三井アウトレットには行ったことがありますが、国内では訪れたことがありませんでした。それで、京王線南大沢駅前にパークがあると知り、早速、行ってきました。

 目的はカンタベリーのお店で買い物をすることでしたが、調子に乗ってけっこう購入してしまいました。それだけ、お得な商品が多かったですし、幸いにして自分のサイズが残っていました。

 それから、イトーヨーカドーの店舗もありましたし、4月から名称を元に戻す「東京都立大学」も近くに見えました。多摩の丘陵地域を上手に使ったマンション群も目立ち、ここはなかなか素敵な街だと感じました。

 ただ、途中の多摩センター駅で優等列車が先発したので、少しホームで周りを見ましたが、サンリオピューロランドが3月上旬まで休園になっているのは残念でした。早くキティちゃんに会えるといいですね。

楽しい想い出だけが戻ってきます

 品川インターシティには初めて行きましたが、とても素敵なお店がたくさんありました。1年間、ここだけの居酒屋さん巡りで楽しめそうでした。
 それで、昨日はお世話になった皆さんと大いに盛り上がりましたし、話題が多くて時間が足りませんでした。仲間はいいものですね。

バレンタインデーへの危機管理

 かつては待ち遠しかったのですが、現在は場合によっては憂鬱の日となるバレンタインデーです。それへの危機管理として自分で「リポビタンD バレンタイン限定デザイン」を購入しました。なかなか可愛い瓶とBOXですね。

 実際、過去数年間で獲得チョコがゼロという悲惨な年もありましたので、安全弁というところでしょうか。ただ、今年はすでに2個、いただいていますので、ちょっとは気持ちに余裕があります。あと三日で追加はあるかな?

頑張れ!セブン-イレブン

 このところ何かと災難続きのセブン-イレブンですが、いつものように“新発売”の赤丸シールが貼られた商品を探していたら、すべてのラーメンやお蕎麦に“30円引き”のシールがありました。

 写真の2個(自分と妻)を購入しましたが、さすがにセブンのお蕎麦などは美味しいですね。サンドイッチなども同じで、商品開発力などがほかのコンビニチェーンよりも一歩リードしているような気がします。

 ただ、ホームページを開くと、従業員への残業手当の一部が支払いが行われていなかったことが載っていました。私は本部がフランチャイズであるお店の従業員のお給料について代行管理しているとは知りませんでした。

 そのオーナーさんとのトラブルもずいぶんと報道されていますが、多くの皆さんと本部とは良好な関係を保っているとも聞いていますし、もちろん、その両者をつないでいるカウンセラーの存在が大きいと思います。

 セブンの創始者である鈴木敏文さんのモットーは『変化への対応』でした。厳しい環境だからこそ、引き算や下り坂への変化対応も必要でしょう。人も組織もいいときばかりではありません。むしろ、今が大切かもしれません。

年の始めはおかげさまで順調です

 気がつけば今年も2月に入っています。昨年末には母が他界しましたが、今年になってからの諸活動は概ね順調に進んでいて、いくつかのグループ別の友人たちとの懇親会は楽しく回を重ねています。もちろん、1月中は新年会の意味合いもありますが、とてもありがたいことですし、いつも不定期に集まってくれる皆さんには感謝の3乗です。

 また、この時期恒例の提出書類ですが、後援会と政治団体の収支報告書を都選挙管理委員会に、確定申告書を杉並税務署にそれぞれ提出しました。1月末までに完了したのは初めてです。確定申告は2月17日からですが、“還付金”がある場合はその前でもOKで、税務署も空(す)いていましたし、これを原資として孫たちのおやつ代やおもちゃ代になります。

 それにしても、私の顔が真っ赤で恥ずかしいです。お開き直前に撮ってので、こんな風になってしまいました。でも、ちゃんと電車で帰宅しました。なお、持っているのは一足早いバレンタインデーのチョコレートです。椿山荘のアフタヌーンティーのときにもいただいたので、「ゼロ」の恐怖からは脱することができました。

 

友人たちと素敵なランチビュッフェ

 三井ガーデンホテル銀座プレミアムで、友人とランチブッフェを堪能してきました。sky(スカイ)というレストランですが、品数はそれほど多くないものの、どれも美味しいものが揃っていて、よくある時間制限もなく、会話はすごく盛り上がり、爆笑の連続でした。

 また、私は知らなかったのですが、写真のオープンサンドなどは代々木にある「365日」という有名なパン屋さんで作られたそうです。もちろん、目の前で焼き立てをカットしてくれるお肉とケーキなどのデザートも良かったですし、従業員さんはともてフレンドリーでした。また、行かなくては。

 

ホテル椿山荘でアフタヌーンティー

 一度は経験したかったアフタヌーンティーですが、ホテル椿山荘のそれが美味しいと聞いて、行ってきました。と言っても、かなり早い時期に予約をしておきました。会場のロビーラウンジ ル・ジャルダンの方は、「連日、満席です」と言われていました。

 そして、今回の企画の名前は「ベリーベリーアフタヌーンティー」で、イチゴ、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリーが上手に使われていました。また、豊富な種類の紅茶を自由に何杯でも注文することができました。ご覧のように見栄えもよく、けっこうお腹いっぱいになりました。

 それから、せっかくなので、素敵な庭園も散策してみました。友人の結婚式以来でしたが、素晴らしい空間ですね。神田川に面した門まで行ってみましたが、ここが親水性のある川辺りになるとさらに環境が良くなるでしょう。帰りは副都心線の雑司が谷駅を利用しました。

久しぶりに浅草に行ってきました

 1月も気がつけば下旬になっていますが、浅草は相変わらずお正月の賑わいでした。また、思っていた以上に外国からの観光客が多く、仲見世通りを歩きましたが、前後左右から聞こえてくる言葉は日本語以外のものでした。

 私も浅草寺の本堂で参拝しましたが、老舗の染め絵手ぬぐい「ふじ屋」さんの三代目(写真の川上正洋さん)は、「それでもお正月は日本人が多かったですね」と言われていました。ここの手ぬぐいは逸品ぞろいで、どの柄も色使いも素敵なものばかりです。

 それから、この日にオープンした「くら寿司浅草ROX店」を見学しました。グローバル旗艦店との位置づけだそうですが、従来の回転寿司のイメージからは大きく進化しているようでした。ロゴも提灯のものに一新したようです。

 そして、銀座線→丸ノ内線と乗り継いで新宿駅で下車し、いつもの串カツ屋さんでショート懇親会となりました。まずは定番の10本をお願いし、次にアラカルトで写真の6種類をいただきました。もちろん、ホッピーも期待を裏切りませんでした。

「送料無料」って惹かれますね

 通信販売でついつい気になってしまうのが“送料”ではないでしょうか。それで、あんぱんで有名な木村屋總本店のそれがお正月に限り、「3千円以上のお買い上げは無料です」となっていましたので、早速、写真のあんぱんとメロンパンを購入しました。

 ちなみに、通常は8千円以上が送料無料となっていますので、けっこうお得感がありました。そして、この時期限定の“あまおう苺”も売れ筋5種類の“五色”も美味しかったですし、メロンパンもです。化粧箱の形状から贈答用に適しているのかもしれませんね。

『餃子の王将』愛が深まるばかり

 「愛」というものはそんなに安売りしてはいけないと思いますし、私の場合は「百恵愛」&「京急愛」が現在では最高峰です。そして、それに「餃子の王将」がどうやら加わったようです。「大阪王将」はどうなんだろうかと興味がありますが、残念ながら、食べたことがありません。

 それで、いつも利用させていただいているのはJR阿佐ヶ谷駅南口近くにあるお店ですが、従業員の皆さんは活気があって親切ですし、注文するとすぐに運ばれてきます。また、何よりも素敵なことは様々なクーポンをもられることです。写真は一杯に1枚付いてくる半額券で、新商品の黒だれ餃子も美味しかったです。

 まあ、床がちょっとベタベタしているのは町中華の特徴であり、少し我慢すれば問題ありません。ただ、7年前に起こった当時の社長さんの射殺事件は解決していません。いろいろな推測などもなされましたが、依然として真相は闇の中です。次第に記憶から遠ざかっていくことは残念です。

ブラックのニューバランス

 たまたまなのですが、ブラックのチノパンを購入したら、シューズも同じ黒が似合うと勝手に思っていました。そうしてら、これまたたまたま、ある通販サイトから2千円分のクーポンが送られてきました。

 しかも、いいなと思ったもののサイズもあって、すでに2割引になっていました。結果、元値の半分くらいで買うことができ、届いた現物もとても満足できるものでした。

 全国の店舗やサイトでSALEが行われていますが、特に衣料品や靴はサイズが決め手で、いわば、情報と即決が大切ですね。最後の一枚をお店で見つけ、最後の一足のサイトのボタンを押したときは、すごく得した気分になります。

チェダー&パルメザンチーズ食パン

 新宿タカシマヤ12階にあるABCクッキングスタジオでのパン作りも5回目になりましたが、今回はチェダーチーズとパルメザンチーズが入った山型食パンを作りました。外見はあまり見栄えはしませんが、しっとりとした食感で、二つのチーズのバランスもよく、とても美味しくできました。

冬の生ビールが美味しいです

 居酒屋さんやホテルのレストランなどを利用していつも思うのですが、生ビールの美味しさってどうしてお店によって異なるのでしょうか。業務用の樽の中身は同じでしょうから、あとは注ぎ方とかジョッキやグラスを冷やしておくとか、泡の割合が大切だったりとかあるのでしょうね。

 そして、暖房の効いたお店でいただく生ビールは最高です。夏のビアガーデンのそれより美味しいようにも感じます。写真は阿佐谷南3丁目にある「萬福本舗」で、チャンポン麺やジンギス豚などをいただきました。どれもとても美味でした。

元日に唐揚そばを食べに行く

 Youtubeには鉄道系チャンネルも多く、けっこう勉強になるものも少なくありません。そして、いくつかの個人の投稿で、「常磐線我孫子駅の唐揚そばのボリュームがすごい!」と紹介されていましたので、よりによって昨日、食べに行ってきました。

 現物は期待を大きく上回り、唐揚2ヶ入りで600円のおそばを食べるのが難儀でした。中身が隙間なく詰まっていて相当な重さです。立ち食いそばは5分もあれば完食ですが、これは倍以上かかりました。写真でもおそばが見えません。

 店内はお昼前でしたが混んでいて、ほとんどの人がこの唐揚そばを注文していました。お店の方とちょっとお話ししましたが、アド街で放映されてからより人気になったそうです。私が杉並から来たことを伝えると喜んでいただきました。

 また、せっかく我孫子まで来たのですから、近くの手賀沼公園にも行ってみました。なかなか風光明媚なところで、ゆっくりと時間が流れていましたし、とても綺麗な白鳥が優雅に泳いでいました。この沼はとっても広いようです。

 それから、駅の北口と南口にイトーヨーカドーが二つあるのにはちょっと驚きました。福袋でも買おうと思ったのですが、どちらも元旦でお休みでした。イトーヨーカドーは今年から全店ではないでしょうが、そうしたようです。

 余談ですが、屋上にある看板は懐かしい“鳩のマーク”が復活しています。一時は4面ともにセブン-イレブンの大型店みたいになってしまったのですが、社員の要望もあったのでしょうか、各店舗でこの様になりました。嬉しいことですね。

 なお、この駅が起点のJR成田線に乗りたかったのですが、自宅から「孫たちが急襲!」の連絡があり、「新勝寺も大混雑だろうから帰ろっと」となり、逆ルート(我孫子駅→日暮里駅→新宿駅→南阿佐ヶ谷駅)で帰宅しました。

生ビールの原価って?

 サラリーマンが居酒屋さんで座ったらまず、「生ビール、お願いします!」の風景も最近は変化してきているようです。私の周りの友人でも最初から、ウイスキーソーダ割りや焼酎お湯割りを注文する人も多くなってきました。ビール離れですね。

 その一方、すごくビールが大好きで、スタートからお開きまで延々とビールを飲み続ける皆さんも少なくありません。私はといえば、写真の生ビールを3杯飲んで、レモンサワー、ウイスキー炭酸割り、ホッピーなどに進んでいきます。

 ところで、飲み放題付きの宴会も多くなりましたし、わが国ではそれほど浸透していなかった“ハッピーアワー”を取り入れるお店も増えてきました。そして、生ビールの原価はどのくらいなんだろうという疑問は過去からありました。

 それで、少し調べてみると、写真の一般的な中ジョッキで150円程度であることが分かりました。ですから、右のポスターにあるように半額の225円でも利益はあることになりますが、今度は瓶ビールのそれが気になってきました。

頑張れ!ホテルニューオータニ!

 今日はクリスマスですが、過去と比べて街中に活気がないような気がします。ホテルニューオータニのガーデンラウンジで食事をして、中央線に乗って阿佐ヶ谷に戻ってきましたが、あまり電車も混んでいなくて、酔っ払っているサラリーマンも多くはありませんでした。何だかちょっと心配になってきました。でも、ホテルニューオータニのおもてなしは素晴らしかったです。頑張れ!ニューオータニ!負けるな!ニューオータニ!

超ビックなマーブルチョコレート

 ♬マーブル、マーブル、マーブルチョコレート ポン!♬ 私の世代ですと、上原ゆかりさんが出演していた明治製菓(現・明治)のCMを覚えている方も多いと思います。終わりの“ポン!”は筒状のケースから蓋を取るときの擬音ですね。

 それで先日、家族でバーミヤンを利用して会計するとき、レジ横にあった大粒のマーブルチョコレートを孫に買いました。ファミレスでは必ずこの小さなコーナーがありますが、そこそこの売り上げがあるそうです。

 なお、どれだけ大きいかは比較しづらいのですが、右下に100円硬貨を置いておきました。ほぼ同じ大きさです。また、入数は8個入りのパッケージが8個あり、全部で64粒になりますが、お味は同じです。