大陶器市で焼酎カップを購入

 正式な名称はカップでもグラスでもないのでしょうが、晩酌用に愛用していたカップが割れてしまい、小金井公園で開催されている「佐賀の物産と全国大陶器市」にそれを探しに行ってきました。江戸東京たてもの園前の広場が会場です。

 余談ですが、JR武蔵小金井駅から西武新宿線の花小金井駅までの道は、40年以上前のことですが、当時、妻が花小金井の寮に住んでいたので、二人でよく歩きました。この日も歩いてみましたが、沿道の風景などはまったく覚えていませんでした。

 そして、私は陶器も磁気にも関心はありませんが、なぜか“織部焼”には魅せられていました。幸いにしてそれを専門に扱っているお店があり、素敵なカップを買うことができました。特に「まけてください」とはお願いしませんでしたが、「2千8百円だけど、2千5百円でいいですよ」と言ってくれ、商談成立です。

 それから、65歳以上は半額の200円で入園できるというので、たてもの園をちょっと探訪することにしました。ここは以前、稜ちゃんと行ったのですが、今回は2・26事件で殺害された高橋是清邸を見学しました。港区赤坂にあった建物を移設したそうで、事件現場は2階の部屋だったそうです。

 また、隣接している小金井カントリー倶楽部の入り口であまり意味のない記念写真を撮りました。ここで過去に1回だけプレーしたことがあります。帰り道も歩きましたが、小金井市は市長選挙があるらしく、ポスターが貼ってありました。その2連ポスターには杉並区長の顔写真があり、少しびっくりしました。

美味しいラーメン集まりすぎ祭

 私は行列をしてまでラーメンを食べたいとは思いませんが、新宿の大久保病院に隣接する公園でタイトルのイベントが開かれていましたので、興味本位で行ってきました。このあたりはなかなかのディープゾーンですが、何年ぶりかに来ましたので、街の雰囲気もけっこう変わっていました。

 それで、会場入口の看板には「世界最大!全国100の名店が集結」とありますが、期間中に合計でその店舗数になり、一日当たりでは7店ほどが営業しています。当日は写っているラーメンをいただいたのですが、かなりしょっぱく、美味しいかどうかは意見の分かれるところでしょう。

 それから、小田急デパートの地下食品売り場に向かいましたが、その途中にターミーネーターの新作PR柱がありました。立体的で目が赤く光っていて、かなり不気味な感じでした。また、サラダはあの有名なお店の対面にあるところで買いました。「4種類きのこのガーリック」でこちらは美味しかったです。

ミスド&中村屋のコラボグルメパイ

 ミスタードーナツと新宿中村屋がコラボした「THE グルメパイ」を早速、杉並区役所隣にあるお店で買いました。ホット・セイボリーパイという商品名で4種類あって、中身はインドカリー、チキンときのこのクルームシチュー、四川麻婆豆腐、ビーフシチューです。お値段は定番よりちょっとだけ高めの237円(税込・持ち帰り)で、4個セットだと単品合計より少し安くなります。

ビールは瓶が美味しいのか?

 もちろん、いちばん美味しいのは居酒屋などでいただく「生ビール」ですが、先日の増田さんとの串カツ田中での懇親会のとき、実はその前に別の焼き鳥屋さんに入りました。しかし、そこの生ビールが美味しくなく、河岸を変えた次第でした。つまり、同じようなお店でも生ビールの味はけっこう異なるということですね。皆さんも多分、ご経験があると思います。

 さて、ちょっと大袈裟ですが、どうして缶ビールより瓶ビールのほうが美味しいのか過去からとても疑問です。当然に中身は同じですから、なおさら不思議です。ただ、どなたにお聞きしても、「どっちも同じだよ」とう方もいますが、多くのビール好きは「やっぱり、瓶かな」と言われます。注ぎかたや瓶の口径もあるのかもしれませんが、正解はないようです。

 それで、瓶ビールを買おうとすると意外に戸惑います。コンビニでは売っていませんし、スーパーでも小規模なお店は扱っていません。わが家は幸いにして近所に“カクヤス”がありますので、1ケース20本入を配達してもらいました。1階から2階に持っていったのですが、ちょっと難儀でした。ちなみに、税込みで7130円で、特に高くも安くもないようです。

日々進化しているのですね

 少し前にセブン-イレブンの新商品「香り引き立つ 月見たぬき蕎麦」を紹介しました。そのとき、ちょっともったいぶって「この商品が初めてなのかどうかは分かりませんが、新しい工夫がありました。けっこう画期的なものだと思います」と書きました。ちなみに、今回のものは「香り引き立つ かき揚げ蕎麦」です。

 それが、今日の写真でご理解いただけると思います。つゆと麺&かき揚げを分離したのです。食べ方はチンのあと、スライドさせるようにつゆの中に麺と具を入れます。正直なところ、美味しさはそれほど変わったのは感じませんでしたが、これもまた、一つの進化でしょうか。

 なお、下の写真は「6種具材のタンメン」で見たとおり、けっこうな量の野菜がぎっちり入っています。Wガラスープが自慢!とも書かれていました。もしかしたら、セブンはこれからこの種のラーメンやお蕎麦は上述のように“分離方式”で販売していくのかもしれません。

ラグビーWCの製品は定価販売ですね

 ラグビー日本チームのレプリカジャージが爆発的に売れていて、追加発売してもあっという間に売り切れるそうです。プールAの試合で日本が出場した会場ではまさに、赤白のストライプジャージを着た熱烈なファンで埋め尽くされていました。正直なところ、こんなにも盛り上がるとは思っていませんでした。

 そのラグビージャージですが、私は発売日当日にカンタベリー吉祥寺店で購入し、アウェイで着用するオルタネイトジャージは公式サイトで買いました。どちらも現在では、ほぼすべてのサイズの在庫がないと表示されています。いつまで続くのか分かりませんが、多くの皆さんがこれを着て応援するのは嬉しいですね。

 ところで、カンタベリーではジャージのほかにも数多くのWC関連品を扱っていますが、写真のキャップもその一つです。価格は日本大会のロゴがついていると、実店舗でもサイトでも値引きされることはありません。これ一つでかなりの価値があると思いますが、残ったらどうするのでしょうか。

 私は三井系のサイトからメールが届き、そこに1000円割引のクーポンが付いていました。この場合は定価から千円差し引いて買うことができましたが、その差額はサイトのお店が負担するのでしょう。ただ、このケースではすごく得した気分になりますし、消費増税対策でもあるように思えます。

今度は「ジェノベーゼ」に挑戦しました

 ABCクッキングスタジオでのパン作りも3回目になりましたが、その上達テンポはとてもゆっくりしています。もちろん、趣味のことですから、焦る必要はまったくないのですが、お隣の生徒さんが私が包丁を使っているのを見て、「キャー、怖い!」と驚かれると、少し情けなくなってしまいます。

 それで、今回はジェノベーゼを作りました。トマトジュース(無塩)とバジルソースが特徴の惣菜パンです。6個を製造?しましたが、その中の一つは先生の作品です。写真をご覧いただければすぐに分かりますね。その先生の丁寧な指導と少人数がなかなか良いです。

 それから、このクッキングスタジオは新宿タカシマヤの12階にあるのですが、ここからの新宿御苑の風景がすごく素敵です。都会のど真ん中にこんなに緑があるのは素晴らしいです。あと、友人から誕生日の素敵なキャンディーブーケをいただきました。これは家族以外の唯一のプレゼントでした。

セブン-イレブンの『 月見たぬき蕎麦』

 セブン-イレブンで販売されている新商品をときどき紹介していますが、今回の日本そばのフルネームは「香り引き立つ 月見たぬき蕎麦」です。特に“香り”が引き立つとは感じませんでしたが、揚げ玉、ねぎ、わかめに温泉玉子が入っている一般的なお蕎麦で、それがまた、美味しかったです。

 あと、この商品が初めてなのかどうかは分かりませんが、新しい工夫がありました。けっこう画期的なものだと思いますが、それについては、もう1種類のお蕎麦を買ってきましたので、その商品の紹介のときにお伝えします。見た目は同じなのですが、“進化”しているのですね。

友人の激励会をにぎやかに!

  立川市長選挙で文字どおり、惜敗した都議会民主党時代の同志である酒井大史さんの今後の活躍を祈念して懇親会を行いました。「惜敗」という言葉は選挙では多用しますが、実際は票差がけっこうあっても使うことが少なくありません。でも、酒井さんの結果は僅かに「257票」でしたから、私や集まった仲間たちも、悔しくで仕方ありませんでした。

 ただ、ふさぎ込んでいても、何も得るものはありません。当日は大いに盛り上がり、酒井さんも元気に今後のことなどを話してくれました。また、懐かしい思い出話も連発で、3時間があっという間に過ぎ、近くの素敵なマスター、でなくて、ママが経営するバーに突入し、お店にいらっしゃた全員のお客さんと仲良くなり、ここでも、おもてなしグッズを配りました。

 そして、一次会で利用したタイ料理のお店ですが、どの料理もすごく美味しかったです。ネットで予約しましたが、私たちが店を出るときには超満員状態でした。地下から外に出ると、ここの世界でのワールドカップが開催されているような大混雑でした。ハイネケンのラグビーボールの写真は早い時間に撮ったものです。もちろん、この地域での約束事は守っています。

アイルランド戦で思ったこと

 一昨日の興奮が冷めやらず、頭の中では桜戦士が今でも走り回っています。フライハーフの田村優さんの沈着なペナルティーゴール、ウィングの福岡堅樹さんの見事なトライ、ぜんぜん負けていないタックル、前試合とはまるで別人のようなリーチ・マイケルさんの突進などなど、終わってみれば、期待していた「番狂わせ」ではなく、でっかい、堂々の勝利でした。

 と、偉そうな、分かったようなことを言ってみましたが、私はアイルランドには負けると思っていました。ここで勝てなくても、残るサモア戦とスコットランド戦に勝利すれば、決勝トーナメントに進める、その道しかないだろうとです。表に出せない予想が引っ繰り返ってとても嬉しいです。

 それと、田村選手のペナルティーキックのとき、大観衆が波を打ったように静かになったことには驚きました。欧州のシックスネイションズなどでも、キックのときは「キッカーに敬意を払い、静かにしましょう!」みたいな電光掲示が出ますが、誰もそれには従っていません。

 そして、少し時間が経って私が印象的に思ったのは、80分が過ぎてアイルランドがその実力からしてトライも狙えるのに、タッチに蹴り出したことでした。あのとき、前に進んでペナルティーでも犯せば、点差は「7」以上になってしまう可能性を避けたのでしょう。そうなれば、ボーナスの1点は獲得できません。

 しかも、仮にトライ&コンバージョンでも7点ですから、引き分けとなり。2点がもらえますが、そう上手くはいかないケースを想定し、手堅く危険性を排除したと思います。でも、欧州ラグビー王者の誇りもあり、真横や後ろに蹴り出さず、もうひと頑張りするようにも見えたキックでした。絶妙な選択です。

 それから、気づかれた皆さんも多かったと思うことです。それは選手が入場してくるとき、先頭には自国の国旗が掲げられますが、なぜか、アイルランドのそれは2本ありました。天井から下がっていた旗も同じです。これは国としてのアイルランドとイギリス領である北アイルランドとの共同選手団だったからです。

 私たちの世代ですと、北アイルランド紛争の激しさはよく覚えていますし、何をどうしたいのかさっぱり不明のEUからの離脱も、場合によってはそれが再燃する危険性があると考えています。問題はカトリックとプロテスタントの宗教戦争ですが、それを乗り越えるのが、ラグビー選手団と言っても良いでしょう。

 ところで、載せた写真はとてもユニークですね。右側のお二人ですが、日本とアイルランドのラグビージャージが半々のものを着て応援しています。かなりしっかりしていて、手作りのようには見えません。さらに面白いのは、袖と胸に日の丸ではなく旭日旗があることです。

 ここで、私もひと言申し上げたいところですが、彼の国を引き合いに出すこと自体、スポーツやラグビーを冒涜することになるので、ぐっと堪えて止めておきます。また、必勝鉢巻きもけっこう素敵です。外国の方が「必勝」が「切腹」と書いてある鉢巻きを絞めているのには笑いましたが。

アイルランド戦ででっかい勝利を掴む!

 以前に紹介たハイネケンの瓶ビールはあっという間になくなってしまい、これからの消費量も考えて、缶を注文しました。もちろん、中身はまったく同じなのですが、多くの方が缶ビールよりも瓶のほうが美味しいと感じされていると分かりました。私もその一人です。

 それで、今回も箱に印刷されているような通常デザインかワールドカップ仕様のものか、届いてみないと分からないと販売元は言っていましたが、瓶同様にウェブエリスが輝いている缶が配送され良かったです。

 また、24缶入りですから、決勝戦までにはもう1回発注ですね。それから、頭に巻いているのはカンタベリーのふきんで、赤いVサインの応援グッズはリポビタンDのおまけです。日本戦はこの格好でTV観戦です。

 そして、昨日のアイルランド戦ですが見事!桜の戦士たちがやってくれました。24人目の選手の怒涛の応援もすごかったですし、これは4年前の奇跡とは違ったでっかい勝利でした。感動とはこういうことなのですね。決勝トーナメントへの期待が現実となってきました。

『記憶にございません!』

 TOHOシネマズ新宿で三谷幸喜さんの監督作品「記憶にございません!」を観てきました。彼は大好きな人で、私にとってのベスト3は「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」です。ただ、監督作品は意外と少なく8本に留まっています。やはり、脚本家としての活躍が際立っている方ですね。

 それから、歩数確保もあり、歌舞伎町から新宿御苑に向かいましたが、園内の空気はすごく気持ちよく、名前の知らない綺麗な花が何種類か咲いていました。そして、いつものハルチカの串カツ屋さんで遅めの昼食となり、けっこう歩いたので、生ビールがとても美味しかったです。もちろん、串カツもです。

素敵なお店が多い新宿三丁目界隈

 私は新宿という街が大好きで、とりわけ、新宿三丁目一帯が昔から気に入っています。末広亭のある地域ですが、気取った雰囲気はまったくないものの、大人の香りが漂っている素敵な界隈です。

 また、風俗を否定するような野暮な考えはありませんが、不思議とここにはその種のお店はありません。同じ新宿でも歌舞伎町などとはかなり違った風景となり、そこがより好きな理由かもしれません。

 昨日は大学の後輩とワインバーに行ったことをお伝えしましたが、利用したお店は、新宿三丁目で躍進を続けているMARUGOグループの「375BAR」でした。なかなか感じの良い店内で、朝から深夜まで営業しているようです。

 特に美味しかったのは、けっこうなボリュームの各種お肉の盛り合わせで、思わず4人ともに写真を撮っていました。それから、ラグビーWC観戦の外国人の方も何組がいらっしゃいました。

 赤いラグビージャージを着た二人組が後ろの席に座ったので、後輩の一人におもてなしグッズを渡し、「どこの国の人か聞いてきて」と頼んだら、彼女は 早速、彼らのところに行ってきて、「イングランドだそうです」と言いました。

 その様子を隣で見ていたカップルが、「それいいですね」とつぶやかれたので、二種類のグッズをプレゼントしました。二組は私たちより先に出ていきましたが、「サンキュー」「ありがとうございました」と明るく言われました。

今年も同窓祭のお手伝いをしました

 昨日は母校のOB・OGのイベントである同窓祭が青山キャンパスで開催され、私も法学部の講演会の力作業スタッフをしました。かなりの強風が吹きまくっていましたが、多くの皆さんでとても賑わっていました。

 また、先輩や後輩にも久しぶりにお会いでき、今年で助っ人は4年目になりますが、これからも続けていきたいと思います。特に法学部の同窓にはお世話になりましたし、そのほかにも数多くの出会いがありました。

 また、イベントのあとは愉快な後輩たちと新宿三丁目のワインバーに直行、これまた大いに盛り上がりました。考えてみれば、学部も年齢も異なるのに、青学という一点で親しく交流できるのは嬉しいことですね。で、痛飲!

3種の野菜のベジブランチ

 新宿タカシマヤ12階のABCクッキングスタジオに再び勉強に行ってきました。今回はタイトルのように基本の生地で、ブロッコリー、赤黄パプリカ、しめじの三つの野菜とベーコン使ってベジブランチを作りました。

 特に生地をこねるのは楽しかったですし、発酵を二度したのも面白かったです。出来栄えですが、6個作ってスタジオで一つ食べましたが、なかなか美味しかったです。そして、次回はジェノベーゼに挑戦しようと思っています。

 それから、昨日は自宅に戻ると次男が来ていて、私が「旨そうだろう~、持ってく?」と聞いたら、「じゃ~、二つね」と答えました。お嫁さんや孫たちの反応が気になりますが、妻は日曜日の朝に食べるそうです。

超でかい梨が届きました

 友人がもの凄く大きい梨を送ってくれました。箱を開けたときは文旦(ぶんたん)かと思いました。重さは1個1kgくらいありそうです。比較するために百円玉を置いて写真を撮りました。
 それで、梨の種類は「かおり」で、パンフレットによると「大玉で香りがよく、さわやかな甘み」とありました。産地は箱にも書いてあるように千葉県鎌ケ谷市で、梨の名産地なのでしょう。

ラッキー!WC仕様の瓶でした

 ラグビーワールドカップ日本大会まで1日となりました。聞くとことによると、すべての会場内でのビール販売は公式スポンサーのハイネケンになるそうです。国産の美味しいビールが排除されるのは残念ですが、約束事ですから仕方ありませんね。

 それで、自宅でそのハイネケンを飲みたくなり、缶より瓶を選択して注文しました。グラスも付いていたのですが、もの凄く嬉しかったのはデザインがワールドカップ仕様のものだったことです。ウェブエリスカップには日本大会のエンブレムもあります。

 実は普通のデザインかWC仕様かは届いてみないと分からないと、販売元からアナウンスされていましたので、本当に良かったです。もちろん、中身はまったく同じですが、雰囲気は大いに異なり、これをいただきながら、熱烈にTV観戦します。

今日はカップヌードルのお誕生日です

 私の身体の十分の一くらいは日清食品のカップヌードルでできていますが、学生時代から本当にお世話になりました。そのカップヌードルが今日、48回目のお誕生日を迎えるそうです。あたためて、心からお祝いを申し上げます。

 なお、カップヌードルといえば、写真レギュラー、カレー、シーフードに加えてチリトマトが定番でしょうが、賑やかな限定パッケージは3種類の発売です。これからも、よろしくお願いします。

ランチパック食べて勝つぞ!

 過去のことですが、選挙の初日には験(げん)を担いで、カツ丼とかカツサンドをフタッフとともに食べていました。もちろん、「選挙に勝(かつ)ぞ!」というものでしたが、現在ではそんな粋なはからいはあるのでしょうか。

 それで、山崎製パンの超売れ筋のランチパックから、「トリプルガッツ!」が期間限定で発売になっています。ハムカツとメンチカツの2枚組ですが、どちらも、なかなか美味しかったです。

 そして、パッケージにはラグビーワールドカップ日本大会の公式ロゴとキャラクターの「レンジー」が印刷されていますし、よく見ると、左右のレンジーの絵柄が異なっています。けっこう細かい演出です。

 それにしても、ランチパックって、いったい、何種類あるのでしょうか。定番やご当地版、期間限定版など、累計ではすごい数になっていると思います。それと、セブンイレブンでも販売してくださいね。

飯田橋と神楽坂界隈は素敵です

 JR飯田橋駅で久しぶりに下車しましたが、駅舎が大工事中で、改札口を出たら一瞬、どこだか分からなくなりました。しばらくお上りさん状態でしたが、目的のサクラテラスに向かい、3階の「やまや」さんに入店し、とても美味しいもつ鍋などをいただきました。
 それから、これまた、久しぶりの神楽坂を進み、楽しそうなお店で2次会となりましたが、雰囲気はけっこう変わったものの、相変わらず、神楽坂という地名だけでうきうきした気分になります。それほど酔っていないのですが、かなり顔が赤いですね。

宝島社の”おまけ”が素晴らしい!

 宝島社発行の雑誌の付録というかおまけというか、トートバッグなどがすごく充実しています。さすがに銀座にあるトップブランドはありませんが、今回のカンタベリーの「3ポケットBICトート」はこれだけでも6千円くらいはすると思います。実際、これより少し大きなものが1万円ほどで売られています。
 それが、こちらがおまけのような本誌も含めて2354円(税込)ですから驚きですね。作りもとてもしっかりしていて、巾着もあり、全体の黒と赤の色合いもピッタリです。また、真ん中にあるネックストラップはお店でサコッシュを買ったときにおまけでいただいたものです。

超ロングセラーのヤマザキの菓子パン

 もう何年も菓子パンは食べていませんでしたが、阿佐ヶ谷駅北口にあるイトーヨーカドー食品館で山崎製パンのそれを見つけ、「超ロングセラー商品」と書かれた小倉ぱん、あんぱん、白あんぱん、クリームパン、うぐいすぱんを買いました。
 さらにお馴染みの「ジャムパン」(あとで右上に写真を追加)は品切れだったのでしょうか、棚に並んでいませんでした。面白いのは中身の名前によって、“ぱん”と“パン”が使い分けれれていることです。まあ、強調することでもありせんが。
 それから、袋に印刷されている点数を集めると、ディズニーリゾートチケットが抽選で当たる「秋のわくわくプレゼント」が行われています。「ヤマザキ春のパンまつり」はとても有名ですが、秋バージョンもあったのですね。

百恵ちゃんとサミットストアへ

 百恵ちゃんは1歳と3カ月ちょっとになりましたが、「(歳は)いくつ?」と尋ねると、両手の人差し指を立ててくれます。また、「門脇百恵ちゃん!」には「ハ~イ!」と返事をします。日々、成長していますね。
 先日はご近所のサミットストア成田東店に行ってきました。カートも楽しそうでしたが、降ろしてあげると、通路を歩いて探検したり、陳列の商品を興味深く見ていました。もう1枚の写真はお昼寝です。

公園沿いの素敵なCafe

 そのお店は善福寺川緑地(公園)沿い、五日市街道の尾崎橋の南側にあります。名前は「カフェ・オー・コワン・ド・スリジエ 」で、フランス語だと思いますが、これだけでも素敵な雰囲気が伝わってきます。
 そして、写真の方は早坂寿さんで、この建物のオーナーさんですが、お店の経営は店長さんに任せていると言われていました。彼とは長いお付き合いで、私がイトーヨーカドーに勤務していたことからのご縁です。
 飲み物や食べ物のお値段もお手ごろですし、公園散歩やジョギングの途中に寄られるのもいいと思います。悪天候以外は定休日はありません。ここでいただく生ビールとソーセージは最高です。

福島県の農林産物は日本一を目指す!

 日本橋室町にある福島県のアンテナショップ「日本橋ふくしま館・MIDETTE」でGAPフェアが開催されていることを知り、丸ノ内線と銀座線に乗って行ってきました。日本橋駅で降りたのですが、いちばん近い出口(A8)が見つかりませんでした。

 地上に出てみてもそれらしいお店はありませんでした。実は至近駅は日本橋ではなく三越前でした。ここでGoogleマップと歩道沿いの地図にお世話になり、何とか目的地が見つけることができました。

 でも、その勘違いにより、日本橋のたもとで五輪オブジェを発見したり、とても素敵な通りを歩いたり、三越のライオン像前で記念写真を撮ったりと、杉並のお上りさんは十分に楽しかったです。

 そして、目的の場所に到着し、イベントの呼び込みの県職員の方と今回のチラシを持ってパチリして、賑わっている店内で野菜や果物、ソーセージ、豚肉などをいっぱい購入しました。TOKIOのお二人も嬉しそうです。

 それから、レジのおば様とも会話を楽しみ、先着100名の景品をいただき、復興支援ボードに「頑張れ!福島 今日はいっぱい買い物をしました 福島の野菜や果物は日本一です!」と書き込みました。

 その後、重い荷物を持っていつものお店で、生ビールと串カツを美味しくいただきました。かなり歩いたので格別の旨さだったことも言うまでもありません。なお、自宅に帰って、買ったものをすべてテーブルの上に並べてみました。

 妻はいつもだったら、「こんなに買ってきてどうしたの?」と不満げなのですが、今回はなぜ私がこうした行動をしたのか分かっていたのでしょう、気持ちよく「どれも美味しそうだね」と言ってくれました。以心伝心ですね。

ミニストップも頑張っている

 私たち家族の自宅は杉並区成田東5丁目という地番にあり、周辺は杉並の平均的な住宅地だと思います。第一種低層住宅専用地域(青梅街道&五日市街道沿いを除く)で、建ぺい率50%、容積率100%です。
 そして、便利なことにセブン、ローソン、ファミマ、ミニストップといずれも徒歩で10分未満のところにあり、利用頻度は計算したのではありませんが、セブンが7割、あとの3チェーンが1割ずつくらいです。
 それで、ミニストップの「冷やし担々辛旨まぜそば」を試してみましたが、けっこう美味しかったです。具とスープはもちろん辛く、花椒がいい味出しています。また、かなり麺の量が多く、熱量も800kcal近くあります。

札幌濃厚味噌ラーメン

 有名ラーメン店の「監修」がいつのころからか、流行っていますが、その「監修度合い」が気になるところです。詳しくは知らないのですが、「すみれ」の名前は聞いたことがあります。
 文字どおり、かなり濃厚なスープでちぢれ麺との相性も良いようです。お値段は540円(税込)で、とても美味しいのですが、730kcalもあり、私にはちょっと要注意でしょうか。

麦わら帽子と「ハカ」ダンス

 キャップも好きですが、連日の猛暑のなかでは、ちょっと暑苦しく感じます。メッシュのそれもありますが、何となくかっこ悪いです。それで、写真の麦わら帽子をGAPから購入しました。似合っているかどうかは別として、自分ではけっこういいなと思っています。
 そして、Tシャツの背にはラグビーの試合開始にニュージーランドのオールブラックスが披露する「ハカ」の振り付けが描かれています。ハカは戦闘踊りみたいですが、相手に対しての敬意もあるそうです。名前は違いますが、サモア、フィージー、トンガも踊りますね。

連日の猛暑のなかでの暑気払い

 猛暑が続いていますが、くれぐれも室内を含めて、熱中症などにはお気をつけください。私は歩くことが苦になりませんが、それでも、日中の逃げ場のない直射日光のもとではとっても難儀です。
 でも、仕事の後などで、楽しい仲間たちと暑気払いが設定された日はワクワク感が温度とともに高まっていきます。そして、特に一杯目の生ビールは少し大げさですが、「生きていてよかった!」となりますね。

セブンの「カレーうどん」は旨い!

 営業時間短縮を巡る加盟店とのトラブル、payシステムのあっけない撤退と、セブン-イレブンはこのところ災難続きですが、やはり、サンドイッチやおにぎり、そして、私も度々紹介しているラーメンやお蕎麦などはほかのコンビニと比べても、かなりのアドバンテージがあると思います。
 それで、今週は以前から販売していたのでしょうが、カレーうどんが「つるっともっちり!」のタイトルを付けて新発売になりました。看板に偽りなしで、とても美味しくいただきました。カレー南蛮蕎麦もお願いしますね。