4KでのラグビーWC観戦準備完了!

 ラグビーワールドカップの開催まで3週間ほどになりました。残念ながら、競技場での試合観戦はできませんが、自宅での観戦環境がほぼ完了しました。と言ってもそんなに大袈裟なものではなく、テレビを大型にして4K対応にしたことと、JCOMのチューナーを同じく4K番組が視聴可能と交換したことです。
 テレビ画面は40インチから55インチになりましたが、思っていたよりもかなり大きいです。画面は驚くほど綺麗で、合わせて購入した4KプレイヤーでBlu-rayを再生すると、これまたもの凄く明瞭に映ります。TVチューナーも新しくなり、NHKや民放の4K番組が観れるようになりました。
 特にラグビーワールドカップの48試合はすべてJSPORTSが4K放映してくれますので、今からワクワク&ドキドキです。また、詳細は分かりませんが、来年の東京五輪・パラリンピックも4Kでの番組構成でしょうから、こちらも楽しみですね。心配なのは録画するハードディスクが溢れてしまうことでしょうか。

 

日韓の真の「未来志向」に向けて!

参議院議員選挙での各党代表者による政策討論会などがあまり活発ではありませんが、新聞などの文字媒体も含めて行われています。その中では当然、韓国への半導体材料の「輸出管理規制」も注目されています。

それで、そのことに対して、立憲民主党代表の枝野幸男さんは、「徴用工問題の報復と受け取られても仕方ない。もう少し、正当な対応なのだと説明してほしい」と言っています。抵抗左派の香りを抑えたけっこう控えめな言い方ですね。

つまり、彼は空気を読むのが上手で、本音では多分、もう少し韓国寄りというか、政権を叩く言葉を使いたいのでしょうが、わが国の国民の皆さんの率直な彼の国への感情を意識しているのでしょう。

一方、国民民主党代表の玉木雄一郎さんは、韓国がWTO(世界貿易機関)に訴えた場合、日本が敗訴しないように要望したそうです。至極まっとうな考え方だと思います。これで、共産党と手を切ればもっと良いのですが。

それから、これもかなり伝えられていますが、「ホワイト国」のことです。しかし、世界中でどの国がホワイト国なのかはあまり知られていません。いわゆる西側先進国ですが、ブルガリア、ハンガーなど旧東欧諸国も含まれます。

あとはアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチンで、合計27カ国になります。それで、アジアではインドも、台湾も、シンガポールも、インドネシアも、マレーシアも入っていません。

というか、アジア各国では韓国だけが対象になっているという、むしろこちらのほうがすごくイレギュラーだと言っても良いでしょう。繰り返しますが、上述の親日国家ですら対象外で、韓国だけがおかしいのです。

合わせて申し上げれば、私は今年2月25日の「韓国大統領と議長の見事な裏コラボ」の記事の中で、『まずは“フッ化水素”あたりから彼の国への出荷を止めたら良いでしょう』と指摘させていただいています。

しかも、日本からの輸出した半導体材料が韓国で使われて、それらが不当に独裁国家に輸出されているという強い疑いがあります。こんな状態ですから、わが国にとって安全保障上、憂慮すべき事態であることは間違いないのです。

そもそも、今回の輸出管理規制もホワイト国からの除外も、関税の引き上げや禁輸措置でも何でもありません。韓国がどのように受け止めるかは勝手ですが、正直なところ、「WTOに訴えるなら、どうぞご自由に」なのです。

さらに、今までは「片手に論語、片手に算盤」ではなく、「両手に算盤」のわが国経済界もいち早く、今回の政府の方針を理解し、韓国が報復措置をやっても、日本企業受けるダメージは少ないと言ってくれています。

それから、安全保障といえば、海上自衛隊機へのレーダー照射や自衛艦旗(旭日旗)入港拒否も重大な問題です。レーダー照射は自衛隊員が殺されかかったのですし、旗は海上自衛隊を海賊扱いするのと同じことです。

合わせて指摘すれば、慰安婦財団解散、韓国国会議長の天皇陛下(当時)への戦犯の息子発言などなど、一方的に「恨」の思考を振り回しているのは韓国なのです。ただ、日本の今までと違った対応に戸惑っているようです。

過去は日本を歴史問題で脅かせば、自分たちの利権とことなかれ主義ですぐに謝罪していたのですが、当たり前のことながら、そのやり方は通用しなくなっているので、韓国は何をしたら良いか分からないのでしょう。

その韓国も制裁措置に踏み切るようですが、対象は極めて限られているように思います。でも、何もやらないと国民が怒り出すし、来年の国会議員選挙向けて文在寅さんは反日政策を強化する必要に迫られています。

テレビのインタビューでも、「もう、日本には観光に行かない!」「日本製品は絶対に買わない!」など、元気のよいソウル市民の声が紹介されていました。けれども、これらはわが国にとってけっして悪いことではありません。

もちろん、両国の関係は一般的に見れば「悪化」なのでしょうが、長期的に展望すればタイトルのように「未来志向」を実現するための「産みの苦しみ」とも言えなくもありません。しんどいこともあるでしょうが、ここは我慢が大切です。

この時期、両国の皆さんの嫌悪感はとても高まっていますし、疲れますから無理してお付き合いを続ける必要はないと思います。これは夫婦だって、友人だって同じことで、別れたほうがお互い幸せになるケースは星の数ほどあります。

国と国との関係も、個人的なそれも人間がやっているのですから、それほど変わりはないでしょう。これかもしばらくの間、衝突は避けられませんが、お互いに耐えて、忍べば、「にっこり笑ってさようなら~」も夢ではありません。

また、一部には同じアジアの台湾(中華民国)と韓国を比べて悦に入っているような意見もありますが、これは台湾とその人民に失礼というものです。台湾とは正式な国交はありませんが、極めて良好な関係が続いています。

一方、韓国は韓国で徹底した反日ですから、ひょっとしたら、日本国民以上に疲れているかもしれません。なぜか人気のある日本への観光や、これもなぜか評判のいい日本企業への就職も下火になるなら、それはそれで良いです。

観光産業には影響があるでしょうが、全体から見ればたいした金額ではありませんし、就職も50年先に、「私たちは強制的に日本の会社に就職させられた」と、今回の徴用工(実は応募工)と同じ展開になる危惧も緩和されるでしょう。

反日国家への反韓感情を煽り、嫌韓雑誌や単行本を読んで溜飲を下げていても何も前には進みません。繰り返しますが、どのくらいの消耗戦になるか分かりませんが、その先にある「お互いにかかわらない日韓」を目指して行きましょう。

なお、様々な理由でわが国に住んでいる朝鮮半島出身者とその子孫の皆さんには帰化された方々を含め、激しい反日活動している人たちは除外し、友好的にお付き合いをすることは当たり前です。差別など許されるはずもありません。

まだ使えそうな粗大ごみ

 愛犬と早朝の散歩をしていると、自宅から5分くらいの荻窪3丁目に写真のオーディオコンポが置かれてありました。この辺りは高級住宅街ですが、それと比例するように高価な製品のようで、メーカーはSONYです。
 もちろん、粗大ごみで回収待ちですが、まだ使えそうで、ちょっともったいないなと思いました。左端の黒いボックスみたいのは何なんでしょうか。少しだけ気になりました。

歩くグーグルマップを目撃する

 JR高円寺駅南口を歩いていたら、正式な名称は分かりませんが、写真の機器を背負っている人を目撃しました。後ろに「Google Map」とありますので、ストリートビューを撮っているのでしょうか。グーグルカーはたまに見かけますが、人力タイプは初めてです。
 それで、この姿を見て、徳川家康さんの遺訓である「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず(以下省略)」を思い出してしまいました。私も経験したくなり、百恵ちゃんをいつもの抱っこではなく、おんぶしましたが、彼女はとっても嫌そうでした。

 

 

アメリカは本気でファーウェイを潰す

私たちはテレビや新聞、ネットなどで一日に何回も「中国」を見たり、聞いたりしていますが、そのすべてを「中国共産党」と読み替えるとかなり分かりやすくなり、隠された意図が見えてきたりします。中国では国家の上に共産党が君臨していて、何事も最上部機関である政治局常務委員会が決定しています。しかし、この常務委員会も集団指導体制とか言っていますが、総書記の習近平さんの独裁運営が強くなっています。

考えてみれば、13億だか14億の人民の導きを僅かに7名の常務委員で、とりわけ最近は習近平さん一人で決めているのですから、いろいろ問題もありますが、自由と民主主義の中で生活しているわれわれにはとても理解できません。その習近平さんを始め、政治局員などはどのような選挙で選ばれているのかも誰も答えることができないという、摩訶不思議な政治が行われています。

ですから、中国では三権分立などあるはずもなく、例えば国会もどきの全人代ですが、この全人代の中にも共産党の組織があり、それに逆らって法案を決めることは不可能です。また、裁判所にも同じように党組織があり、被告を有罪にするのか、無罪にすのかも、そこが決めています。法と証拠や裁判官の良心に従ってなど、まったく縁のない世界です。

つまり、上から下まで、中央から地方まで、共産党のやりたい放題ですし、そのためには平気で嘘をつくことに何のためらいもありません。共産党という組織は革命を成し遂げるためには嘘をついても良いことになっていて、これはわが日本共産党も例外ではありません。日米安保も自衛隊も皇室もやめたくてやめたくて仕方ないのですが、多くの国民の皆さんがそれを望んでいないので、屁理屈をつけて先送りしています。

さて、調子に乗って出囃子が長くなってしまいましたが、タイトルのように米国は本気でファーウェイ(華為技術)を潰しにかかりました。そのファーウェイは共産党とは関係ありませんなどとこれまた嘘をついていますが、この企業こそ、中国共産党を人民から守るためにある人民解放軍が生み出したものです。すなわち、共産党と解放軍から切っても切れない会社ということですし、その運営方針の全部を企業内にいる共産党グループが決めています。いわば、共産党の直営団体です。

余談ですが、人民解放軍は国家の軍隊ではなく、中国共産党の私兵部隊です。間もなく、天安門事件から30年になりますが、解放軍の戦車部隊は天安門広場に座り込んでいた学生などを約1万人、轢き殺したことが最近のBBCの調査で明らかになりました。人民の不満が高まり、共産党の独裁体制が危うくなってくると、その人民を弾圧するための軍隊で、“人民解放軍”とは究極のブラックジョークで、実態は“人民虐殺軍”でしょう。

話題を戻しますが、グーグルがファーウェイへのアンドロイドOSを提供しないと発表しました。これで、わが国のファーウェイのスマホやタブレットを使っている人たちは、「私のスマホはどうなっちゃうんだろう」と心配されていることでしょう。今後の展開はまだ不透明ですし、価格や使い勝手もありますので、やたらなことは言えませんが、買い替え時に幅広い選択肢を考えていたほうが良いかもしれません。

なお、ファーウェイも負けず嫌いですから、「その日に備えてプランB」も用意していると言っているようです。これは純粋培養の中国共産党製のOSということになります。「ファーウェイのスマホを解体してみたら、変なチップがあった」などと聞くことがありますが、そんなことはまずないでしょう。ただ、独裁国家の独裁者たちが作るOSですから、変な通信を母国に発している可能性は捨てきれません。

今後、ファーウェイのスマホやタブレットを買うのか、使うのかはまったくもって個人の自由ですが、その背後には自由と民主主義を守る側か、世界を中国共産党に従わせる側かと、その選択が問われていると言ってもそんなに大袈裟ではないような気がします。それから、アメリカだって自国の権益を死守するためにやっているのですから、どっちもどっちでもありますが、日本が日本人がどちらの側を選ぶのかはけっこう大切だと思っています。

『ファンタ』の変顔が面白いです

 日本コカ・コーラが発売している「ファンタ」の歴史はとても古く、私たちの世代ですとオレンジやグレープをいつも飲んでいました。今は果汁100%の飲料も多くなりましたが、ファンタは僅かに1%です。でも、当時は炭酸の喉越しに爽快感があったことをよく覚えています。
 それで、ファンタが乃木坂46のお嬢さんたちを「ファンタ坂学園」というユニークな名称で登場させ、「ハジける変顔ボトル」が新発売になりました。全部で46種類あるそうで、いろいろなプレゼントも用意されています。私もレモンを加えた3種類、9本を購入して楽しんでみました。

「NHKから国民を守る党」が大躍進!?

この不思議な名前の政党を知ったのは、数年前に町田市議会議員選挙に応援に行ったときでした。道路の向こう側で演説していたのが現在の代表である、立花孝志さんであったことを知りました。以前はNHKに勤務されていたようです。

それで、その後、彼は都知事選挙や都議会選挙などに出馬してましたが、いずれも落選し、一昨年の葛飾区議会議員選挙で当選しています。それからの活躍が目覚ましく、先日の統一地方選挙では26人を当選させいます。

とりわけ、東京23区(選挙があったのは20区)では17人が当選しました。これって、国政政党の社民党や自由党、地域政党の都民ファーストの会や東京・生活者ネットワークより議員数が多いのではないでしょうか。

わが杉並区ではどのような選挙戦を展開していたか知りませんが、女性候補者が48定員で36番目に当選しています。ただ、どの区議会や市議会も同様ですが、地方議会で何をやっていくのか分かりません。

それから、名称のとおり、NHKとは厳しく対決していますが、全体的な政策などはけっこう保守的のようです。なお、NHK受信料については特に最近、様々な意見がありますが、そのNHKも相手により硬軟両面の対応をしています。

私はNHKの番組で録画しても観たいのは、「ブラタモリ」と「鉄オタク選手権」くらいです。「災害と選挙に強いNHK」も過去の遺物ですし、本当に観たい人だけが有料で選択できるスクランブル放送にすれば何の問題もないでしょう。

ヤクルトレディからしか買えない

 テレビで流れているヤクルトの新商品CMがとても面白いです。出演者も大泉洋さん、野間口徹さん、伊東四朗さん、渡辺麻友さんとかなり豪華で、法廷仕立てになっていて、タイトルのように「ヤクルト400はお店では売っていない。だから、ヤクルトレディからしか買えない」と問題提起があり、それではどうしたらいいの?となり、「ヤクルト届けてネットを使ってね。日中は保冷受箱に入れるので不在でも大丈夫」とオチになります。
 それで、わたしたちの世代ですと文字どおり、毎日のようにヤクルトを飲んでいましたから、この400なる製品を試してみたくなりました。ただ、定期契約するほどでもないので、街なかを笑顔で挨拶して、自転車で走っているヤクルトレディからは売ってもらえるのだろうかと思い、早速、実行してみましたが、ちゃんとあの銀色の保冷バックから出してくれました。
 それから、普通の400と低カロリーのものが選べたので、写真のLT400を購入しましたが、30%カットになっているそうです。また、今までの製品とどこが違うのか質問すると、乳酸菌がよりたくさん入っていて、1本に名前のとおり、400億個のシロタ株が詰め込まれていると教えてもらいましたし、最後の一滴まで飲んでくださいねと優しく言っていただきました。

ラグビーシックス・ネーションズが熱い!

わが家ではケーブルテレビ局を通じてWOWOWに加入しているのですが、「入っていてよかった!」と思う番組の一つが、「ラグビー欧州6カ国対抗戦シックス・ネーションズ」で、2月2日から生中継が始まりました。ただ、時差から試合は深夜になりますので、起きていられないときは録画して観戦しています。

それで、その6カ国ですが、昨年の成績順に、アイルランド、ウェールズ、スコットランド、フランス、イングランド、イタリアです。イングランド、スコットランド、ウェールズはイギリスの中の国みたいな、そうでないよう微妙な間柄ですが、確かにイギリスの正式名称は、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」なので納得です。

また、試合前の国歌はどうなっているのかですが、フランスとウェールズ戦で、ウェールズの選手たちはオリンピックで聞く英国国歌とは別の曲を歌っていましたし、スコットランドにも国歌のようなものがいくつかあるようです。アイルランド島の一部である北アイルランドはイギリスのEU離脱でもめている地域です。

それから、この対抗戦にイタリアがいるのがちょっと不可解です。実際、昨年は全敗でしたし、世界ランクでも日本の11位より下の15位となっています。よく分かりませんが、きっと長い歴史の中で途中からこの国も参加したのでしょう。なお、大会は有名な黒ビールメーカーのギネスがスポンサーとのことです。

そして、いよいよ今年の9月からラグビーワールドカップ2019日本大会が開催されます。欧州各国やニュージーランドやオーストラリア、南アフリカなどの活躍も楽しみですが、もちろん、わが日本代表チームには大いに期待させてもらいます。その意味でも今回の6カ国対抗戦は見どころ満載です。

ビックカメラのビックカレンダー

 一部のファンの間ではとても人気があるようですが、私もビックカメラが無料で超大判カレンダーを配布していることを知り、昨年12月のことですが、新宿西口店でもらってきました。専用のビニール袋も用意してあり、なかなか親切です。
 毎日の月の満ち欠け、世界遺産、六曜、九星気学、西暦・元号対照表などなど、そのほかにも情報がけっこう満載で、地図に北方領土はもちろん、尖閣諸島や竹島もきちんと載っています。ビックカメラの各店舗の拡大地図はご愛嬌ですね。

中国がまたなんか怒ってます

もう、恒例行事のようになっていますので、特に驚きませんが、わが国が閣議決定した「防衛計画の大綱」「中期防衛力整備計画」について、“強烈な不満と反対”を表明しましたし、日本政府に抗議したそうで、「日本のやり方は両国関係の改善と発展にためにならない」と言っていました。確かに中国共産党にとっては気に食わない防衛計画であることは間違いないでしょう。

けれども、海と空からわが国の主権を脅かしている独裁国家ですから、見方を変えれば、二つの計画の正当性が逆に証明されたことになります。特に「いずも」の空母化はよほど悔しかったのでしょう、「歴史的な原因で、日本の軍事面での動向にアジアの隣国は高い関心を寄せている。日本は専守防衛を堅持すべきた」と怒っています。

でも、お得意の“アジアの隣国”ってどこですか?アジアに限るとすれば、日本を敵視している国は当の中国と韓国しかありません。二つの国以外、アジア諸国でわが国の防衛政策を批判している国は皆無です。もちろん、その範疇を世界に広げても対象の国はどこにもありません。

毎度、ワンパターンの脅しがいつまで続くと思っているのでしょうか。これは韓国も同じで、慰安婦やいわゆる徴用工への使い古された言いがかりもたちが悪いお手本のようです。それでも一応、韓国には選挙がありますが、何度も指摘しているとおり、中国の習近平さんなど指導者は人民の選挙の洗礼をまったく受けていません。共産党とは本当に困った組織で、日本共産党委員長の志位和夫さんも18年間、一度の選挙もなしにその職を続けています。

さらに、ロシアの立ち位置は独特で、中国と韓国とは異なりますが、イチャモンを付けることは忘れていません。今回の防衛計画ではありませんが、外務大臣のラブロフさんは日本海側の秋田県と山口県に配備される予定の地上版イージス艦である“イージス・アショア”について、「ロシアの安全保障上の深刻な脅威」とこれまた怒っていました。

韓国南部に米軍の“THAADミサイル”が配備されてときにも、同じような理由で中国は常軌を逸した言動を繰り返し、自国からの観光客をほとんどストップする意趣返しに出ました。イージス・アショアもTHAADも攻撃型ではなく、迎撃ミサイルなのですが、それを深刻な脅威とか言っているのですから、おかしな話なのです。よっぽど嫌なのでしょうね。

それから、一連のファーウェイなどの事件ですが、5Gや端末にしようしないことが全体的に日本の安全に寄与するものです。でも、日本の大手企業も含めて、「うちの部品がファーウェイなどに輸出できなくなる。売上が下がっちゃうじゃないか、大変だ!」と騒いでいるようです。確かに7千億弱の取り引きはありますが、彼の国は“中国製造2025”までに、日本などからの製品技術をパクりまくって、それまでにすべてを国産化すると宣言しています。

そのことを日本企業の経営者が知らないはずはないのですが、「短期的な利益が大切で、その先のことなどどうだっていいんだ」という考えが万が一あれば、それは経営者としていかがなものかと思いますし、首相や自民党幹事長に金魚の何とかみたいにくっついて行く様子は美しくありせんでした。「片手に論語 片手にそろばん」ではなく「両手にそろばん」ですから、情けない限りで、中国を批判する前にこの人たちに国益(国民の利益)を考えてもらいたいものです。

このような経営者や経営陣が居直っているような企業は労働組合の力で放逐してしまいましょう。民間企業は雇用第一ですから、労組が会社に協力することは当然ですが、ファンドなど株主の方ばっかりを向いて、リストラ、内部留保、株主と役員への利益配分しか頭にない人たちは一刻も早く退場してもらいたいものです。
(写真は先日、北京の人民大会堂で開催された改革開放40周年大会です)

『ソフトバンク』ってどんな企業?

写真は以前にも紹介した、JR阿佐ヶ谷駅南口にあるソフトバンクの販売店です。この時期の午前5時はまだ真っ暗ですが、煌々と店内の照明が輝いています。本社なのか、販売代理店の方針なのかは分かりませんが、こんな無駄遣いをしていることは理解ができません。キャッシュバック金額も32万円などともとんでもない数字になっています。

そう言えば、菅直人さんの政権のとき、ソフトバンク代表の孫正義さんは菅さんと美味しい再生可能エネルギー買い取りについて合意をしていますので、ちょっと意地悪な友人のように「当時の高い価格で電気を買ってもらっているから、どんどん使ってもいいぞ!」との捉え方には反論できません。

さて、その菅さんですが、「菅直人の顔だけは見たくないという人が多い」と自虐的に言われていました。それとは関係ありませんが、先日にもお伝えした、「ソフトバンクだけは使いたくない」と妙に似ているなと思ってしまいました。あくまでも私の勝手な想いですから誤解しないでくださいね。

それから、件のファーウェイですが、さすがにお金儲け第一のソフトバンクも5G中継局基地でのファーウェイ製品(ZTEも)の採用をやめたようです。しかも、現行の4Gで使われているものも他社製品に変えるという決断はけっこう評価できるでしょうし、この問題はギリギリのところで方向転換できたので良かったです。

また、「世間をおさがわせしてすみませんでした」というだけの結果になった、ソフトバンクグループの子会社であるpaypayの「百億円キャンペーン」も惨めな顛末でした。前述の友人は、「この企業は何をやっても胡散臭い」と言っていましたが、これらが、「ソフトバンクだけは使いたくない」につながるのでしょうか。

ついでに、昨日の株式上場のことです。30年ほど前のNTTを上回る過去最大規模とのことですが、結果は「ざんねんでした」の一言でした。グループの巨額な有利子負債、ほぼ飽和状態のスマホ普及率、さらに強まるお上からの値下げ攻勢、大規模な通信障害、ファーウェイ排除などなど、まるで終わりの始まりのような上場記念日でした。

『Fire TV Stick 4K』を購入しました

 今月から4K8K放送が始まりましたが、評判はいまいちのようです。特にNHKは鳴り物入りで宣伝していますが、それを見るには専用のテレビなどを購入しなければなりませんので、多くの視聴者はちょっと様子見といったところでしょう。
 それで、わが家ではJ:COMと契約していますので、4Kテレビとレンタルのチューナーを用意すれば視聴できるのですが、録画も可能なチューナーは来年3月からの申し込みになるようですので、それまで待とうと思っています。
 そして、アマゾンの「Fire TV Stick」の第1世代を使っていたのですが、タイトルの新製品が発売されましたので、第3世代のそれを買ってみました。確かに使用してみるととてもサクサクと動き、かなり進歩していることが実感できました。
 それから、試しにマイクに向かって、「駆込み女と駆出し男」と喋ってみると、一発でその映画の画面が表示され、なかなか便利ですね。なお、写真の右側のものは今までお世話になった第1世代の製品です。ご苦労様でした。

中共傘下のファーウェイ排除は遅すぎたかも

10月4日に行われた米国副大統領のペンスさんの講演ですが、やはり、怒りの本気の中国潰しであることが、間違いなかったことが明らかになってきました。ほかの政府幹部などと異なり、副大統領は選挙で選出されていて、すべての人事権を握っているトランプさんでも首にすることはできません。また、中国共産党も「中国製造2025」とのスローガンを大々的に掲げ、ちょっと調子に乗りすぎたことへのしっぺ返しでしょう。

しかも、アルゼンチンG20で開催されていた米中協議のときには、すでにファーウェイの女性最高幹部がカナダで拘束されたことは知っていたそうですし、どもう、10年位まえから証拠集めもやっていたようです。中国にトランプさんが行ったとき、さり気なく習近平さんに、「今、シリアにトマホークを60発ほど打ったから」言っていましたが、中国にとってはもっとも逮捕されたくない、逮捕されてはいけない人がそうなったのですから、習近平さんのメンツは丸潰れです。

それにしても、いつも苦虫を噛み潰すような表情で会見している中国外交部(外務省)の報道官が、今回の逮捕劇を「理由を示さないまま人を拘束することは人権侵害にあたる」と言っていたのを見たとき、私はテレビの画面に向かって思わず吹いてしまいました。先日の韓国大統領・文在寅さんもまったく同じですが、「どの口が言ってんだ!」で、どうも二つの国の思考回路は似ているようですし、国連加盟193カ国の中で、北朝鮮を加えたたった三つだけの厄介な国家がすぐ近くにあるのですから、困ったものです。

それで、何事にも“メンツ”を重んじるというか、そうしないと、自国の人民大衆から突き上げられてしまうので、習近平さんがどのような対抗措置を取るのかとても注目されています。それでなくても、90日間でトランプさんが気に入るような宿題の答えを出さなければなりませんから、中国共産党の中央委員会なんてやっている余裕はないかもしれません。

そして、アメリカの要請というか、実態は脅しみたいな作戰に応えて、わが国の政府機関や自衛隊などで、ファーウェイの機器を使わないことを決めました。ただ、国際入札のルールは守らなくてはいけませんから、入札条件の中に国家安全保障の視点から総合評価に変更すると伝えられています。簡単に言えば、「価格が安いだけでは採用しませんよ」となり、ファーウェイや中興通訊(ZTE)は排除されることになります。

私はこの決定を大いに歓迎するものですが、ちょっと皮肉めいたことを言えば、「中国の危ない製品を価格が安いからといって、今までそれだけで買っていたの」となります。特に防衛省や自衛隊などはもちろん、膨大な秘密事項を扱う各省庁が中国製品から無防備だった現状にはビックリしました。でも、ここで方向転換をして、既存のシステムでも危険性が見つかれば、他社製品に切り替えるそうですから、こちらの再点検もしっかりとやってもらいたいです。

いずれにしても、この企業は中国共産党と人民解放軍と極めて近く、彼の国では最大の民間企業(ただし、タイトルのように実質的には共産党が領導している)ですから、中共も死に物狂いで対抗してくるでしょうし、報道されているようにいわゆる「5G」を中共に独占させないためにも、西側諸国の結束がいちばん重要で、まずはわが国の基地局から一掃する必要があると思います。最近は何かと問題の多いソフトバンクも独裁政党を利することなどしないでくださいね。

別に追い詰めるのではありませんが、ソフトバンクが基地局にファーウェイを使っているとすれば、政府機関や自衛隊はもちろん、心ある企業はSBの製品を使わなくなるでしょう。また、それとは関係ありませんが、私の友人には「ソフトバンクだけは使いたくない」と言っている人が少なくありません。理由はそれぞれなのでしょうが、あまり好かれていない会社だと想像しています。

どちらにしても、記念すべき19日の東証一部上場を前に、先日の大規模通信障害もそうですが、この会社にとっては踏んだり蹴ったりです。ちょっと可哀想だなとも思いますけれど、「ソフトバンクだけは使いたくない」同様、“身から出たサビ”かもしれず、すでにピークは超えていて、上場を境として坂道を下っていくのでしょう。サウジアラビアとの超大型ファンドもなんだか胡散臭い話です。

と書いていたら、そのお金儲け至上主義のソフトバンクが5G投資で中国製品を排除することを決めたようです。よほど窮しているのでしょうが、この際、今使っているファーウェイ製の4Gもほかのメーカーに変更してもらいたいものですし、もともと、4Gでも中国製を使っていないNTTドコモやKDDI(au)もそれを踏襲するようです。料金体系で揉め事が多いキャリア3社ですが、自社の利益ばかり追求しないで、しっかりと国益(国民の利益)も大切にしてください。

ところで、個人や一般企業がファーウェイの携帯端末(スマホやタブレットなど)を使うことには問題がないと言われていますが、本当でしょうか。確かに家族や友人同士の会話やメール、SNSなどは大きな問題はないでしょうが、企業の社員間でこの端末を使い、それが何らかな形で中国(共産党)に送られている危険性は除去できないと、その道に詳しい友人が指摘していました。

何と言っても世界でも極めて危険な「国防動員法」を持っている国です。中国が他国からの侵略(物理的なものだけではありせん=サイバー攻撃など)をされたと共産党が判断すれば、例えば中国から日本に来ている留学生も技能実習生も観光客もすべての中国人が破壊工作を含めた行動を義務付けている恐ろしい法律で、わが国ではむしろ、真っ先に破壊活動を始める可能性も捨てきれません。

それから、中国ではありませんが、わが国でもっとも利用者が多いであろう無料電話・メールアプリ「LINE」ですが、前述の友人はできればこれも使わないほうがいいと言っていました。なんでも、これを開発した国へ日本で得た情報を秘密裏に送信している可能性があるそうです。「今度、飲みに行こうよ!」「了解で~す」くらいは問題ありせんが、少なくない企業では社員の皆さんに情報共有などをさせるために使っている事例がが増えているようです。特にその会社が日本の安全保障に関わっていたり、ITやAIなどの研究開発などを行っているとすれば、使うという選択肢はほどんどないでしょう。

また、ファーウェイの製品は日本の三大キャリがでも販売されていますし、その中の一社はけっこう大々的にスマホのテレビ宣伝も行っています。政府機関と民間企業、さらにコンシューマでは扱いが異なっており、TVCMは個人がターゲットなのでしょうが、自粛とは言わないものの、政府の動きを冷静に考えて、営業販売戦略に生かしていくべきと思います。価格も安い、その割に機能が充実しているは理解できるのですが、利用者がまったく知らないところで情報が勝手に異国に送信されているとすれば、話しはまったく別の次元の問題になります。

<本文は華為技術(ファーウェイ)のことを取り上げていますが、ほぼそれに中興通訊(ZTE)も含むとしてお読みください>

消費増税対策がポピュリズムの極みに

消費税10%に向けての対策がいろいろ進められていますが、クレジットカード使用の優遇システムがすごいというか、かなり醜いことになってきました。これは財務省ではなく、少しは期待している経済産業省が進めているのですが、とても心配になってきました。大丈夫でしょうか。

それで、細かい数値はめんどくさいですから省略しますが、買い物でクレジットカードを使えば、増税分の2%がカード会社を通じて還元される制度です。ただし、中小の小売店、販売店に限られ、その中小の規定は曖昧で、消費者にとっても極めて分かりにくいです。

そして、これだけでも厄介なのですが、今度はクレジットカード会社の手数料についても、ああだこうだ、「お上に逆らうんだったら補助なしね」と言い始めました。まったく、こんなことまで、政府や行政が口を出すとろくなことはありませんし、カード会社によっては手数料の上限設定に反対するところもあるようです。

もうこうなると、メチャクチャで、どこまでが“中小店”なのか、所有しているカードはポイント還元が可能なのか、銀行口座からの引き落とし(通販や公共料金など)ポイントアップの対象なるのかなどなど、三次方程式を解くようなことになり、結果、消費が冷え込む恐れさえあります。

さらに酷いのはコンビニですが、いわゆる“フランチャイズ店”は中小企業の扱いになり、直営店は2%を自社で負担するという考えられないやり方を導入するようです。何だかわざとめんどくさいように仕組んでいるようで、これでは増税対策にはならないでしょう。

と言っていたら、上述の2%割り引きをオリンピック・パラリンピックまでの期間限定で5%の出血大サービスをとの場当たり策が出てきました。存在感を示したい岸田文雄さんに対する配慮と公明党が提案している何とか商品券への対抗策なのでしょうが、だんだん、悲惨なことになってきましたね。

もう、ここまでくると、どこかの誰かが自らの利権を拡大するために悪あがきをしているとしか思えません。こんな複雑な仕組みを作って何を目指しているのでしょうか。そこから見えてくる構図は日本の、国民のための利益と相反するものにほかなりません。そもそもがいびつなのです。

だいたい、政府やマスコミは、「日本の現金払いの比率が諸外国に比べてかなり高い」と変なことを言っていますが、現金払い、現金決済がそんなに悪いことなのでしょうか。治安がよく、お札が綺麗で、使い過ぎもある程度は防げることは、悪いことどころか、国民の賢明な選択でもあると思います。

なお、今日の写真は私のお財布と名刺入れに入っているカードで、これだけです。ビリケンさんは大阪の通天閣に登ったときにもらいましたが、その後、「金運上昇」とはなっていません。まあ、「金運下降」でもないので、こんなところかなと前向きに考えています。

百恵ちゃんの百面相

何となく“プリクラ”みたいですが、スマホで百恵ちゃんを連続撮影しました。時間にしたら数分なのですが、とても彼女の表情が豊かで、タイトルのように百面相のようです。拡大してご覧いただくと嬉しいです。

5人目の孫が無事に生まれました!

日付が変わるまで数時間ありますが、私のお誕生日をSNSやメールでお祝いいただき、ありがとうございます。❤(超いいね!)や👍(了解です)マークで拝見したことをお伝えしていますが、もちろん、お一人お一人の全文を読ませていただいています。高齢者に突入するまでの1年間を今まで以上に張り切ってまいりますので、変わらぬご指導をお願いします。

警視庁公安部VS.刑事部の深淵

かつての警察を舞台にした小説や映画などは、そのほとんどが刑事部(課)の刑事が活躍するもの、あるいは、刑事部内の葛藤を描いたものが多かったのですが、いつのころからだったでしょうか、それまであまり表に出てこなかった、たまに登場すると、とても暗いイメージがつきまとっていた公安部や公安警察官を扱った作品が増えてきています。時代の流れでなのでしょうが、それでも外事関係が多く、公安の本丸である総務課1課が活躍するものは少ないです。

そして、警視庁を例にすると、公安部と刑事部はとても仲が悪く、事件の情報交換などは一切しないということもけっこう知られてきました。“一切”かどうかは微妙なところですが、所轄警察署の警備課と刑事課組織犯罪対策課も)も同様のようです。ちなみに、標準的な各署の警備課は警備実施(雑踏警備など)と称されるセクションに所属される警官は数名、あとは「公安係」で、十数名前後が配置されていて、警部である警備課長代理が公安係を取りまとめています。

それで、上述の公安総務課ですが、ほかの道府県警察にはなく、警視庁だけに設置されている組織です。もちろん、本来の総務的な業務も行っていますが、主な監視団体は日本共産党です。また、宗教団体も対象としていて、かつては日本最大級のそれにも目を光らせていたことはけっこう知られていますし、現在でも規模は縮小していますが、継続していることは間違いないでしょう。

また、公安は秘匿性の高い部署であることは確かですが、60年、70年安保時代とは異なり、それもだいぶフラットになっているようです。警察署の入り口で警備している立番も以前は公安警察官は顔が割れてしまうと免除されていましたが、現在ではやっていますし、アメリカ大統領のように超VIPが来日すれば、高層ビルの屋上などに動員されています。しかし、依然としてほかの部や課の同僚とはあまり付き合わないことも事実ですが、お互い様でもあるのでしょう。

さて、少し前にNHKの未解決事件シリーズの「警察庁長官狙撃事件」が2週に渡り放映されました。ドキュメンタリーと実録ドラマで、特に実録ドラマは見ごたえがありましたし、面白かったのは“実録ドラマ”でも、文字どおり、実名で出てくる警察官や犯人もいるのですが、NHKなりにかなりの意図があって、仮名になっている人もいました。

その代表が警視総監を務めた米村敏朗さんで、警視庁公安部長、大阪府警本部長などの経歴がピッタリと一致していて、ドラマでは小日向文世さんがいい演技をされています。なお、映像の中にはよくある“登場人物は実在するものではありません”などのテロップはありません。考えてみると不思議なことなのですが、この辺りに制作者の強い思い入れを感じました。米村さんは“柳田”という名前の府警本部長で出てくるのですが、テロップでわざわざ「公安部長」出身と説明されます。日本の警察組織で公安部長は警視庁にしかありません。念のためです。

それから、この事件についての米村さんの総括みたいな発言が最後のほうで紹介されていました。「オウムの犯行という見方は間違っていなかった。しかし、捜査はもっと客観的にやるべきだった。中村については動機が不十分で銃も見つからなかった。警察庁長官狙撃事件の捜査は完全な失敗だった」。“中村”とは刑事部が執念の捜査を続けて追い詰めた、中村泰受刑者(岐阜刑務所に収監中)のことですが、極めて生意気ながら、私は彼が真犯人であるとの心証を持ちました。

それから、この事件が時効になったとき、当時の公安部長である青木五郎さんがちょっと変な記者会見をしています。その内容はこの事件について起訴もできなかったに、オウムの犯行と言い切ったことです。これが、警察庁警備局とのすり合わせたものだったのか、そうでなかったのかは分かりませんが、オウムの後継団体のアレフから訴えられて、警視庁(制度的には東京都)が負けてしまい、アレフは100万円の損害賠償金を得ています。

余談ですが、彼はこの件と公安部外事3課(国際テロ担当)が作成したと言われている(公式にはその蓋然性が高い)イスラム関係のテロ捜査資料が流出した件と合わせ、レッドカードをもらって更迭されしまいました。将来は警察庁長官や警視総監を狙える人だったので、個人的には可哀想だなと思いました。警察キャリアも最後まで勝ち上がるのはたった二人で、その過程で脱落することもあるのですね。

いずれにしても、日本共産党や新左翼(極左暴力集団・過激派)の影響力はずいぶんと低下してきていますので、警察組織の人事も警備・公安が重視された時代ではなくなっているようです。公安部内の組織再編も必要でしょうし、とりわけ、外事2課の強化は大切だと考えています。警備部の機動隊などから人員を回すことも一考に値するかもしれません。

あと、ドキュメンタリー版の最後で、「取材は今も続いている」とテロップが流れます。中村受刑囚がNHKに宛てた手紙に、山中に“何か”が埋められているとの記述に基づき、地中を掘っている画像が映し出されますが、もし、その何かが見つかれば、すごいことになるかもしれません。

4年間使って劣化率は「1%」だった!

毎年9月中旬になると、iPhoneの新型が発表・発売され、大きな話題になります。その度に舞台に登場するアップルの重役は決まって、「今までのiPhoneで最大の進化だ!」と言っています。これも一つのスタイルなのでしょう。

さて、私のiPhoneは今からちょうど4年前に購入した「6」です。先日もお伝えしましたが、「そろそろ電池交換か新機種かな」と思って、アップルストアで検査してもらったら、まったく電池は劣化していないということでした。

そして、あらためて、「設定」→「バッテリー」と進み、最大容量を見てみると「99%」でした。つまり、まるまる4年使って、数カ月前は100%で、今回は自機判定での劣化率はたったの1%だったわけです。

逆に言うとこの状態でバッテリーを交換しても、パフォーマンスは僅かに1%しか向上しないということです。また、最近は出かけるときは小型のデジカメを持つことにしていて、望遠画像が必要なときはそれを使っています。

ですから、少なくてもあと1年間は現在のものを使用することにしました。けっして自慢ではないのですが、マイiPhoneはとても綺麗です。フィルムは何回か交換していますが、まるで新品のように見えます。

なお、アップルは本音ではないのでしょうが、「今の機種をずっと使ってくださいね」みたいなアナウンスしています。考えてみれば毎年、連続で10万円を超える機種が出てくることがおかしいのかもしれません。

4割の引き下げが可能!?

確かに「国民の財産である公共の電波」はそのとおりなのですが、それにしても、政府の最高責任者の一人である官房長官が民間企業の携帯電話料金体系を具体的な数字を示して、厳しく批判するのはかなり異例ではないでしょうか。

菅義偉さんのこの発言が注目されていますが、NTT、KDDI、ソフトバンクの3社の系列会社はとても戸惑っているようです。なにか因縁めいた関係にも思えますが、携帯電話やスマホがなければ仕事もプライベートも何一つ進まない現状で、4割引になれば、利用者としては大歓迎ですね。

そして、以前から感じていたのですが、上述3社は総務省・公正取引委員会から年がら年中、注意や指導を受けているようで、モラルがあるのか、そうでないのか、まったく分からない不思議な企業です。サッカーだったらとっくにレッドカードで退場でしょう。

なお、今日の写真はJR阿佐ヶ谷駅南口にある大手携帯電話会社の店舗ですが、過去にもお伝えしたように、閉店から開店までの長い時間、煌々と明かりを点けたままにしています。もう、完全に東日本大震災から学んだことを忘れています。というか、わざと忘れたふりをしているのでしょうか。

この風景が大好きです

 写真は湘南新宿ラインに乗車しているときに撮ったもので、左側が有名な飛鳥山公園です。まだ乗ったことはないのですが、上のほうに「アスカルゴ」がモノレール山頂駅に停車していますし、途中駅はなく、下は公園入口駅と名前が付いています。所要時間は2分、定員は16名で無料とのことです。
 それから、この写真には何かが決定的に不足しているというか、写っていません。それはもちろん、都電(荒川線:東京さくらトラム)ですが、JR王子駅のホームからもこの景色は見えるようなので、今度、お花見の時期に行ったときチャレンジしてきます。なお、飛鳥山公園は北区No1の人気スポットだそうです。

『憧憬の杉並区荻窪』

地下鉄丸ノ内線に乗っていたら、住友不動産が販売している杉並区内の二つのマンションの広告が目に付きました。一つはその路線の支線終点・方南町駅近くの物件で、ご覧のように、『駅徒歩1分、ついにこの地が目を醒ます』と誰が考えたのだろうかと思ってしまう文章が気になりますし、龍が地中から湧き出てくるような予感がします。

それで、この方南町ですが、住居表示としては方南1丁目と同2丁目があり、衆議院の選挙区は東京第8区から7区に変わってしまいました。杉並区は全国でも数少ない「1自治体=1小選挙区」だったので、何となく寂しい気持ちがあります。余談ですが、その7区はやけに縦に長い選挙区になっています。

ただ、「ついに目を醒ます」という意味は、方南町駅が大改造して、支線の車両数が3両から6両になり、しかも、新宿、四ツ谷、霞ケ関、銀座、東京などへ直通電車が走る予定があるということが大きいようです。確かにもの凄く便利なことで、通勤通学環境が飛躍的に向上することになります。

それから、もう一つの『憧憬の杉並区荻窪』ですが、ここは静寂な住宅地で都立公園も近く、JR、丸ノ内線、東西線を利用できる荻窪駅からも徒歩圏内(南阿佐ヶ谷駅も)で、マンション群内には駅までのバスも運行しています。わが家の愛犬の散歩でも毎朝、ここを通っています。

ところで、「憧憬」ですが、“どうけい”でも“しょうけい”でも読みは良いようで、“あこがれ”と発音するのも素敵です。これをほかの地域に使ったらどのようなイメージになるのか想像してみました。区内では、『憧憬の杉並区高円寺』とか『憧憬の杉並区久我山』とかで、地域によってけっこう響きが異なってくるようです。

さらに、区外ではどうなるのか勝手に試してみました。『憧憬の新宿区歌舞伎町』『憧憬の大田区田園調布』『憧憬の足立区竹の塚』『憧憬の港区南青山』『憧憬の江戸川区南小岩』『憧憬の世田谷区成城』『憧憬の台東区日本堤』などなどです。同じ23区内でも感じがかなり違うようです。ほかの県や市でもやってみるとけっこう面白いかもしれません。

なお、写真はその「憧憬の杉並区荻窪」に建っているマンションを憧れっぽく見上げる私と圭佑くんで、地下鉄内にあった広告は不動産会社のホームページから引用しました。新しく杉並区民になられる皆さん、素敵な街にようこそ!

NHKがワンセグ契約を本格化させる

NHKがスマホなどワンセグ機能を搭載する機種に対する受信契約を所有者に強く求めていく方針が明らからになった。NHKの複数の幹部が当社の取材に対して認めた。ただ、明確な取り組みまでは決まっておらず、国民一人に1台の時代に世論の動向が注目される。

NHKは昨年の最高裁の判決(テレビがあれば、受信契約を結ぶ義務があり、受信料を支払わなければならない)に続いて今回、東京高裁で同様にワンセグにも適用されるという判決があり、自信を深めているようだが、さいたま地裁の判決を取り消してのものであり、原告側は上告する姿勢なので、今後の対応は慎重に進めていくようだ。

ただ、最高裁で再びワンセグ契約が“合法”であるとの期待も高くなっており、具体策の検討も進められている。いくつかのポイントがあるようだが、家庭や職場での契約と異なり、スマホなどのワンセグ機能は実態を把握しづらく、そこをどうするかが最大の課題となる。

それに対しては、街中でワンセグスマホを見つけ出す要員を配置することが有力だ。駅前や商店街などで、「すみません、ちょっとお持ちのスマホを見せていただけますか」を声を掛け、契約をしてないユーザーにはその場で契約書を手渡し、一定の期間を過ぎても契約書(インターネット契約も可)が届かない場合には訴訟手続に入るというもの。

要員については民間企業に100%委託し、その委託料は完全出来高払いにする予定だが、利用者からかなりの反発が危惧されるので、ヘルメットの着用を義務付け、委託会社と雇用を結ぶ契約社員の取り分を厚くするように指導する予定。企業の選択は地域別に1社独占とし、契約件数が芳しくないときは差し替えも考える。

なお、利用者が自主的に申告した場合は特典を付与することも予定されている。例えば、「当月から3カ月は受信料が無料!」「家庭のテレビと同時契約なら、ワンセグはずっと半額!」などだ。これによって、何かと頭の痛い一般の契約率が少しでも上げればとの期待もあるようだ。

いずれにしても、将来にNHKがインターネット配信を始めれば、スマホにしても、携帯にしてもネットに接続する機器を所有していれば、必ず受信契約をしなければならないことになり、今後の国民の論議が注目される。NHKもそれにはかなり気をもんでいるようだ。

また、一部で指摘されているように、「NHKもWOWOWやスターチャンネルみたいにスクランブルにしちゃえば」には苦悩しているようだ、確かに有料放送はスクランブル契約になっており、現在では極めて簡易な方法で、受信したり、解約したりできるシステムになっている。

つまり、NHKの番組を見たい人は申込みをして、有料でスクランブルを解除し、そうでない人は何もしなければ、公平さを担保できるとの有識者の意見も少なくなく、検討に値することではないだろうか。これが実現すると、大幅な受信料の減収が間違いなく、NHKの労務担当幹部は労組への大規模な人員削減の申し入れを模索している。
(4月1日 朝鮮日々新聞東京築地支局 特派員・宇曽鉢佰 写真出典:ウィキメディア・コモンズ)

意味不明なカセットテープ

生活や仕事にはほとんど役に立たないことを真剣に、それなりにお金を掛けてやってみて、それをネットで公開している「デイリーポータルZ」ですが、その友の会の“梅のコース”に入会し、毎月、素敵な、バカバカしいグッズが送られてくることは、少し前にお伝えしたとおりです。

それで、今月はカセットテープとケースに入れるカードが届きました。見た瞬間、「カセットデッキ、持っていないのに」と思いましたが、ここには編集部の雑談しか録音されておらず、ライターが選曲したものはYouTubeにプレイリストがありました。

つまり、カセットテープには何の意味もないのですが、イラストレーターの描き下ろしのイラストをカセットに入れて、“楽しんでね”ということのようです。でも、実際の選曲もけっこう洗練されていて、なかなか良かったです。まったくもって、趣味の世界です。

どこの場所にも、空間にも、時間にもあまり余裕のない、息苦しい時代になってしまいましたが、私はこのようなグッズでそれを十分に埋め合わせていますので、ストレスなどとは無縁です。流行りの言葉では、モチベーションが上がるということでしょうか。

ところで先日、新宿の東急ハンズに行ったら、ラジカセの特集コーナーがありました。けっこうな値段でしたが、店員さんにお伺いしたら、「飛ぶように売れるわけではありませんが、根強いファンがいらっしゃって、物によっては納品までかなりの時間をいただいています」と言われていました。なるほど。

再び「FLYiNG GET」の誘惑にかられる

 スーパーやコンビニの店頭に並ぶのは、せいぜい10日か2週間先なのですが、日清食品のオンラインストアのホームページに、「限定」「特別先行」「世間より一足先に新商品をゲット!」と文字が押し寄せてくると、もう購入手続きを始めています。
 今回は、「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」「カップヌードル スキヤキ ビッグ」でしたが、限定販売個数はそれぞれ3百個という狭き門で、何とか競争に勝ち抜き、文字どおり、ゲットすることができました。
 もちろん、新製品の評価は人によって異なるのでしょうが、わが家では結局、「やっぱり、焼きそばもカップヌードルもオリジナルのものが一番だね」となります。世の中も同じようで、だからこそ、お店の棚にはこれらがいつもあるのでしょうね。

井村屋さんの『やわもちアイス』

 テレビの情報番組で、お菓子メーカーの井村屋さんの業績が急上昇し、それは「やわもちアイス」の販売が順調だからと伝えていました。ならば、早速購入して食べてみなければと思い、4種類がアサートされたセットを選びました。合計24個で、お値段は3360円(税込み)。3千円以上は送料無料に惹かれてしましました。
 「つぶあんミルク」「抹茶つぶあん」「京きなこつぶあん」「わらびもち」はどれもがとても美味しく、単品で業績が回復した理由が分かったように感じました。また、このお餅が冷凍しても固まらない製法に特徴があるようです。食感が何とも言えず、ロッテの雪見だいふくとは別の魅力がありますね

枝野幸男さんの改憲試案は?

写真は私のワンコとの散歩コースにある公明党(公明新聞)の掲示板で、朝の40分ほどの時間ですが、数カ所に同様の紙面が貼ってあります。きっと、熱心な創価学会のお宅なのでしょう、手書きの赤線やマーカーで文章を強調しています。

さて、その内容ですが、強烈な立憲民主党に対しての批判です。だいたいの想像はつかれると思いますので、詳細は省略しますが、タイトルは「行き場所失った民進左派の集まり『立憲民主党に日本は託せぬ!」で、中見出しの「希望合流へ一度は安全保障法制容認。筋を通したはウソ」「民主党政権で日本をダメにした張本人たちが結集」「(共産党と)小選挙区で候補者を一本化。平和安全法制廃止で連携」と辛辣な文字が並んでいます。

それぞれの中見出しのあとには細かい解説が書いてあります。私は公明党・創価学会と立憲民主党の支持者(層)はあまりかぶらないと思っているのですが、もしかしたら、立憲民主党が一定の支持率を維持していることに脅威はオーバーですが、ちょっとした不安を感じているのかもしれません。

ところで、その立憲民主党ですが、代表の枝野幸男さんに党内権限をかなり集中しているようです。彼は憲法改正、とりわけ、9条についてはどのような見解を持たれているのでしょうか。少し先のことですが、来年には参議院議員もありますので、気になるところです。

それで、「枝野幸男 憲法改正」で検索してみたのですが、けっこうなボリュームの記事などがヒットします。もう、5年近く前のことですが、やはり、ネット検索能力が飛躍的に向上し、比較的簡単に見つけることが可能になっています。最近、政界でやはりの“ブーメラン”も昔でしたら、過去の記録などは残っていないか、残っていてもたどり着くことは極めて困難でしたので、いろいろな意味で大きな進歩です。

そして、枝野さんは確かに2013年の文藝春秋10月号で、「憲法九条 私ならこう変える 改憲私案発表」とのタイトルで投稿されています。こちらも詳細は省きますし、その後に“撤回”されたとも聞いています。ただ、その試案を素直に読めば、集団的自衛権の行使や多国籍軍への派遣を容認していることは間違いありませんし、9条に「自衛権に基づく実力行使のための組織」(つまり自衛隊)を追加することの明文化がはっきりと示されています。

私は撤回されたことが事実なら、個人的には“そんな必要はなかったのに”と残念ですが、国政にとって最大の使命である外交と防衛(安全保障)について、ほぼ180度、考えが変化してしまうのはいかがなものかと思います。立憲民主党は政権を獲得することを放棄してしまったのでしょうか。

なお、今日の記事は枝野幸男さんや立憲民主党を安易に批判しているのではありません。どちらかと言うと、インターネットやその強力な検索機能により、ブーメラン事件がたびたび発生していることを憂いてということです。直近ではお線香配りですが、あれほど勢い良く経済財政担当大臣の茂木敏充さんの首を取りにいったのに、玉木雄一郎さんを筆頭に野党からも次々に同罪者が出てきたら、いつの間にか“なかったことに”では、恥ずかしくて仕方ないでしょう。

その結果、国民や有権者の皆さんの間には、「またか、野党も自民党と同じことをやっているじゃないか。パフォーマンスはもうたくさんだ!」と繰り返される自虐行為に飽き飽きしているのではないでしょうか。山尾志桜里さんの秘書ガソリン問題、玉木雄一郎さんの獣医師政治連盟からの献金は象徴的でした。また、国税庁への抗議行動も酷かったですね。あんなことで、国民の皆さんが拍手喝采するとでも思っているのでしょうか。とても残念です。

IPhoneが3年以上使って新品同様!?

アップルが旧型のiPhoneに問題のあるプログラムを仕込んだと報道され、ほとんど自社のミスを認めないそのアップルが、「バッテリー交換を廉価でやります」となりました。詳しいことは私には分かりませんが、“ヤバイな”と思ったのでしょう。

それで、使っているのはiPhone6で、もう3年以上、問題なく活躍してくれています。ただ、一応、バッテリー交換が必要かどうかの劣化度をチェックしてもらおうと思い、表参道にあるストアーに予約をして行ってきました。

そして、予約時間ほぼピッタリに係の人が状況を確認してくれました。その結果なのですが、劣化スコアーが何とゼロ!で、逆に言うと100満点でした。つまり、数字上は新品と同じということになりますが、購入してから電池交換はしていません。

彼もかなり驚いた様子で、「私もこんなことは初めてです」と言っていましたし、念のため、もう一度チェックしたのですが、100点満点の表示が彼のiPadに再び表示されました。確かに大切に使ってはいるのですが、とても不思議なことです。

それから、説明ではアップルの基準として、約500回充電するとスコアーが80になるそうです。私のスマホは現在、約400回していると教えてくましたが、そんなことまで分かるのですね。すべて、目の前でやってくれました。

ちなみに、アップルストアーまでは表参道をJR原宿駅から歩き、帰りは久しぶりに明治神宮に参拝しました。お土産屋さんでは写真の「ごま大福」を買ったのですが、これがとても美味しく、暖かさも手伝って、何となく至福の一日となりました。

5億円のマネー・ロンダリング

お得意さん回りや窓口での来客対応をされている行員の皆さんに何の責任もありませんが、銀行というところはモラルが高いのか、そうでないのかよく分かりません。少し前には三つのメガバンクが大規模なリストラ案を発表しましたが、「徹底したリストラを実施します」と得意気に言う前に、「経営陣の能力不足で行員の皆さんが職場を去ることを本当に申し訳なく思います」がどう考えても先でしょう。

もっとも、大手銀行の労働組合の執行部人事は会社が決めているようで、こんな表現を使いたくはありませんが、「御用組合」の典型でどっちもどっちです。会社に選ばれて組合役員になった人は順調に出世コースを歩むそうです。酷いものですね。

さて、そのメガバンクの一つ、三井住友銀行の新松戸出張所(写真:Googleマップ)に勤務していた女性行員がお決まりのやり方で、約5億円のお金をだまし取ったと報道がありました。約5億円は被害総額で、この容疑者は、「FX(外国為替証拠金取引)に使った」と事実を認めているそうです。

それで、FXとは何かなと思って少し勉強してみたのですが、どのような金融商品なのかさっぱり理解できませんでした。ただ、すごくハイリスク・ハイリターンであることだけは分かりましたし、昼間から金融庁公認で賭場を開いて博打をやっているようにも感じました。私には今までもこれからも、まったく縁のない世界であることは間違いありません。

ところで、だまし取った莫大なお金はFXという金融商品を通じて、いわゆる“マネー・ロンダリング”されたことになります。どこかの誰かが合法的に儲かったのでしょうが、けっこう凄いことではないかと思いました。銀行はこのような不祥事に備えて保険をかけているのでしょうか。

それにしても、銀行の支店などでは1円でも帳尻が合わないと、残業してでも合うまで帰れないと聞いたことがあります。行員の皆さんは難儀だと思いますが、一方で今回のような事件がときどき起きています。やっぱり、銀行はよく分からない企業ですね。

これは便利!スマホ望遠レンズ

最近はコンパクトデジタルカメラを使うことはあまりなくなりました。SNSで発信する写真はスマホで十分ですし、その性能も以前に比べて格段に向上しています。ただ、被写体を拡大する撮影はいわゆる“デジタルズーム”ですから、光学ズームの一眼レフやコンデジにはかないません。また、ソフトフェアで編集すれば同じことになります。

そこで、何か良い方法はないかなと思っていたのですが、フェイスブック友だちがスマホ専用の望遠レンズを購入して、“なかなか便利”と投稿したので、私も真似して同じ様な製品を買ってみました。値段は1195円で、高いのか安いのかはよく分かりませんが、使ってみるとお買い得の感覚は確かにあります。

写真のように前後のカバーもあり、スマホにはケースを付けたままで装着できますが、手で持って撮影することはブレが激しくできませんので、ミニ三脚が必要になります。そして、ズームではなく、12倍の固定望遠レンズです。比較した2枚の写真を載せてありますが、けっこう優れた出来栄えのように感じています。

また、ちょっと不気味な写真がありますが、このレンズは「単眼鏡」としても使えます。公安の刑事さんが集会での視察にで覗いているあれで、前述の使い方も同じですが、ピントを合わせるのがなれるまで少し難儀です。目に当てるアダプターみたいのも同梱されています。これから、旅のお供に持っていくのが楽しみですね。