『憧憬の杉並区荻窪』

地下鉄丸ノ内線に乗っていたら、住友不動産が販売している杉並区内の二つのマンションの広告が目に付きました。一つはその路線の支線終点・方南町駅近くの物件で、ご覧のように、『駅徒歩1分、ついにこの地が目を醒ます』と誰が考えたのだろうかと思ってしまう文章が気になりますし、龍が地中から湧き出てくるような予感がします。

それで、この方南町ですが、住居表示としては方南1丁目と同2丁目があり、衆議院の選挙区は東京第8区から7区に変わってしまいました。杉並区は全国でも数少ない「1自治体=1小選挙区」だったので、何となく寂しい気持ちがあります。余談ですが、その7区はやけに縦に長い選挙区になっています。

ただ、「ついに目を醒ます」という意味は、方南町駅が大改造して、支線の車両数が3両から6両になり、しかも、新宿、四ツ谷、霞ケ関、銀座、東京などへ直通電車が走る予定があるということが大きいようです。確かにもの凄く便利なことで、通勤通学環境が飛躍的に向上することになります。

それから、もう一つの『憧憬の杉並区荻窪』ですが、ここは静寂な住宅地で都立公園も近く、JR、丸ノ内線、東西線を利用できる荻窪駅からも徒歩圏内(南阿佐ヶ谷駅も)で、マンション群内には駅までのバスも運行しています。わが家の愛犬の散歩でも毎朝、ここを通っています。

ところで、「憧憬」ですが、“どうけい”でも“しょうけい”でも読みは良いようで、“あこがれ”と発音するのも素敵です。これをほかの地域に使ったらどのようなイメージになるのか想像してみました。区内では、『憧憬の杉並区高円寺』とか『憧憬の杉並区久我山』とかで、地域によってけっこう響きが異なってくるようです。

さらに、区外ではどうなるのか勝手に試してみました。『憧憬の新宿区歌舞伎町』『憧憬の大田区田園調布』『憧憬の足立区竹の塚』『憧憬の港区南青山』『憧憬の江戸川区南小岩』『憧憬の世田谷区成城』『憧憬の台東区日本堤』などなどです。同じ23区内でも感じがかなり違うようです。ほかの県や市でもやってみるとけっこう面白いかもしれません。

なお、写真はその「憧憬の杉並区荻窪」に建っているマンションを憧れっぽく見上げる私と圭佑くんで、地下鉄内にあった広告は不動産会社のホームページから引用しました。新しく杉並区民になられる皆さん、素敵な街にようこそ!

NHKがワンセグ契約を本格化させる

NHKがスマホなどワンセグ機能を搭載する機種に対する受信契約を所有者に強く求めていく方針が明らからになった。NHKの複数の幹部が当社の取材に対して認めた。ただ、明確な取り組みまでは決まっておらず、国民一人に1台の時代に世論の動向が注目される。

NHKは昨年の最高裁の判決(テレビがあれば、受信契約を結ぶ義務があり、受信料を支払わなければならない)に続いて今回、東京高裁で同様にワンセグにも適用されるという判決があり、自信を深めているようだが、さいたま地裁の判決を取り消してのものであり、原告側は上告する姿勢なので、今後の対応は慎重に進めていくようだ。

ただ、最高裁で再びワンセグ契約が“合法”であるとの期待も高くなっており、具体策の検討も進められている。いくつかのポイントがあるようだが、家庭や職場での契約と異なり、スマホなどのワンセグ機能は実態を把握しづらく、そこをどうするかが最大の課題となる。

それに対しては、街中でワンセグスマホを見つけ出す要員を配置することが有力だ。駅前や商店街などで、「すみません、ちょっとお持ちのスマホを見せていただけますか」を声を掛け、契約をしてないユーザーにはその場で契約書を手渡し、一定の期間を過ぎても契約書(インターネット契約も可)が届かない場合には訴訟手続に入るというもの。

要員については民間企業に100%委託し、その委託料は完全出来高払いにする予定だが、利用者からかなりの反発が危惧されるので、ヘルメットの着用を義務付け、委託会社と雇用を結ぶ契約社員の取り分を厚くするように指導する予定。企業の選択は地域別に1社独占とし、契約件数が芳しくないときは差し替えも考える。

なお、利用者が自主的に申告した場合は特典を付与することも予定されている。例えば、「当月から3カ月は受信料が無料!」「家庭のテレビと同時契約なら、ワンセグはずっと半額!」などだ。これによって、何かと頭の痛い一般の契約率が少しでも上げればとの期待もあるようだ。

いずれにしても、将来にNHKがインターネット配信を始めれば、スマホにしても、携帯にしてもネットに接続する機器を所有していれば、必ず受信契約をしなければならないことになり、今後の国民の論議が注目される。NHKもそれにはかなり気をもんでいるようだ。

また、一部で指摘されているように、「NHKもWOWOWやスターチャンネルみたいにスクランブルにしちゃえば」には苦悩しているようだ、確かに有料放送はスクランブル契約になっており、現在では極めて簡易な方法で、受信したり、解約したりできるシステムになっている。

つまり、NHKの番組を見たい人は申込みをして、有料でスクランブルを解除し、そうでない人は何もしなければ、公平さを担保できるとの有識者の意見も少なくなく、検討に値することではないだろうか。これが実現すると、大幅な受信料の減収が間違いなく、NHKの労務担当幹部は労組への大規模な人員削減の申し入れを模索している。
(4月1日 朝鮮日々新聞東京築地支局 特派員・宇曽鉢佰 写真出典:ウィキメディア・コモンズ)

意味不明なカセットテープ

生活や仕事にはほとんど役に立たないことを真剣に、それなりにお金を掛けてやってみて、それをネットで公開している「デイリーポータルZ」ですが、その友の会の“梅のコース”に入会し、毎月、素敵な、バカバカしいグッズが送られてくることは、少し前にお伝えしたとおりです。

それで、今月はカセットテープとケースに入れるカードが届きました。見た瞬間、「カセットデッキ、持っていないのに」と思いましたが、ここには編集部の雑談しか録音されておらず、ライターが選曲したものはYouTubeにプレイリストがありました。

つまり、カセットテープには何の意味もないのですが、イラストレーターの描き下ろしのイラストをカセットに入れて、“楽しんでね”ということのようです。でも、実際の選曲もけっこう洗練されていて、なかなか良かったです。まったくもって、趣味の世界です。

どこの場所にも、空間にも、時間にもあまり余裕のない、息苦しい時代になってしまいましたが、私はこのようなグッズでそれを十分に埋め合わせていますので、ストレスなどとは無縁です。流行りの言葉では、モチベーションが上がるということでしょうか。

ところで先日、新宿の東急ハンズに行ったら、ラジカセの特集コーナーがありました。けっこうな値段でしたが、店員さんにお伺いしたら、「飛ぶように売れるわけではありませんが、根強いファンがいらっしゃって、物によっては納品までかなりの時間をいただいています」と言われていました。なるほど。

再び「FLYiNG GET」の誘惑にかられる

 スーパーやコンビニの店頭に並ぶのは、せいぜい10日か2週間先なのですが、日清食品のオンラインストアのホームページに、「限定」「特別先行」「世間より一足先に新商品をゲット!」と文字が押し寄せてくると、もう購入手続きを始めています。
 今回は、「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」「カップヌードル スキヤキ ビッグ」でしたが、限定販売個数はそれぞれ3百個という狭き門で、何とか競争に勝ち抜き、文字どおり、ゲットすることができました。
 もちろん、新製品の評価は人によって異なるのでしょうが、わが家では結局、「やっぱり、焼きそばもカップヌードルもオリジナルのものが一番だね」となります。世の中も同じようで、だからこそ、お店の棚にはこれらがいつもあるのでしょうね。

井村屋さんの『やわもちアイス』

 テレビの情報番組で、お菓子メーカーの井村屋さんの業績が急上昇し、それは「やわもちアイス」の販売が順調だからと伝えていました。ならば、早速購入して食べてみなければと思い、4種類がアサートされたセットを選びました。合計24個で、お値段は3360円(税込み)。3千円以上は送料無料に惹かれてしましました。
 「つぶあんミルク」「抹茶つぶあん」「京きなこつぶあん」「わらびもち」はどれもがとても美味しく、単品で業績が回復した理由が分かったように感じました。また、このお餅が冷凍しても固まらない製法に特徴があるようです。食感が何とも言えず、ロッテの雪見だいふくとは別の魅力がありますね

枝野幸男さんの改憲試案は?

写真は私のワンコとの散歩コースにある公明党(公明新聞)の掲示板で、朝の40分ほどの時間ですが、数カ所に同様の紙面が貼ってあります。きっと、熱心な創価学会のお宅なのでしょう、手書きの赤線やマーカーで文章を強調しています。

さて、その内容ですが、強烈な立憲民主党に対しての批判です。だいたいの想像はつかれると思いますので、詳細は省略しますが、タイトルは「行き場所失った民進左派の集まり『立憲民主党に日本は託せぬ!」で、中見出しの「希望合流へ一度は安全保障法制容認。筋を通したはウソ」「民主党政権で日本をダメにした張本人たちが結集」「(共産党と)小選挙区で候補者を一本化。平和安全法制廃止で連携」と辛辣な文字が並んでいます。

それぞれの中見出しのあとには細かい解説が書いてあります。私は公明党・創価学会と立憲民主党の支持者(層)はあまりかぶらないと思っているのですが、もしかしたら、立憲民主党が一定の支持率を維持していることに脅威はオーバーですが、ちょっとした不安を感じているのかもしれません。

ところで、その立憲民主党ですが、代表の枝野幸男さんに党内権限をかなり集中しているようです。彼は憲法改正、とりわけ、9条についてはどのような見解を持たれているのでしょうか。少し先のことですが、来年には参議院議員もありますので、気になるところです。

それで、「枝野幸男 憲法改正」で検索してみたのですが、けっこうなボリュームの記事などがヒットします。もう、5年近く前のことですが、やはり、ネット検索能力が飛躍的に向上し、比較的簡単に見つけることが可能になっています。最近、政界でやはりの“ブーメラン”も昔でしたら、過去の記録などは残っていないか、残っていてもたどり着くことは極めて困難でしたので、いろいろな意味で大きな進歩です。

そして、枝野さんは確かに2013年の文藝春秋10月号で、「憲法九条 私ならこう変える 改憲私案発表」とのタイトルで投稿されています。こちらも詳細は省きますし、その後に“撤回”されたとも聞いています。ただ、その試案を素直に読めば、集団的自衛権の行使や多国籍軍への派遣を容認していることは間違いありませんし、9条に「自衛権に基づく実力行使のための組織」(つまり自衛隊)を追加することの明文化がはっきりと示されています。

私は撤回されたことが事実なら、個人的には“そんな必要はなかったのに”と残念ですが、国政にとって最大の使命である外交と防衛(安全保障)について、ほぼ180度、考えが変化してしまうのはいかがなものかと思います。立憲民主党は政権を獲得することを放棄してしまったのでしょうか。

なお、今日の記事は枝野幸男さんや立憲民主党を安易に批判しているのではありません。どちらかと言うと、インターネットやその強力な検索機能により、ブーメラン事件がたびたび発生していることを憂いてということです。直近ではお線香配りですが、あれほど勢い良く経済財政担当大臣の茂木敏充さんの首を取りにいったのに、玉木雄一郎さんを筆頭に野党からも次々に同罪者が出てきたら、いつの間にか“なかったことに”では、恥ずかしくて仕方ないでしょう。

その結果、国民や有権者の皆さんの間には、「またか、野党も自民党と同じことをやっているじゃないか。パフォーマンスはもうたくさんだ!」と繰り返される自虐行為に飽き飽きしているのではないでしょうか。山尾志桜里さんの秘書ガソリン問題、玉木雄一郎さんの獣医師政治連盟からの献金は象徴的でした。また、国税庁への抗議行動も酷かったですね。あんなことで、国民の皆さんが拍手喝采するとでも思っているのでしょうか。とても残念です。

IPhoneが3年以上使って新品同様!?

アップルが旧型のiPhoneに問題のあるプログラムを仕込んだと報道され、ほとんど自社のミスを認めないそのアップルが、「バッテリー交換を廉価でやります」となりました。詳しいことは私には分かりませんが、“ヤバイな”と思ったのでしょう。

それで、使っているのはiPhone6で、もう3年以上、問題なく活躍してくれています。ただ、一応、バッテリー交換が必要かどうかの劣化度をチェックしてもらおうと思い、表参道にあるストアーに予約をして行ってきました。

そして、予約時間ほぼピッタリに係の人が状況を確認してくれました。その結果なのですが、劣化スコアーが何とゼロ!で、逆に言うと100満点でした。つまり、数字上は新品と同じということになりますが、購入してから電池交換はしていません。

彼もかなり驚いた様子で、「私もこんなことは初めてです」と言っていましたし、念のため、もう一度チェックしたのですが、100点満点の表示が彼のiPadに再び表示されました。確かに大切に使ってはいるのですが、とても不思議なことです。

それから、説明ではアップルの基準として、約500回充電するとスコアーが80になるそうです。私のスマホは現在、約400回していると教えてくましたが、そんなことまで分かるのですね。すべて、目の前でやってくれました。

ちなみに、アップルストアーまでは表参道をJR原宿駅から歩き、帰りは久しぶりに明治神宮に参拝しました。お土産屋さんでは写真の「ごま大福」を買ったのですが、これがとても美味しく、暖かさも手伝って、何となく至福の一日となりました。

5億円のマネー・ロンダリング

お得意さん回りや窓口での来客対応をされている行員の皆さんに何の責任もありませんが、銀行というところはモラルが高いのか、そうでないのかよく分かりません。少し前には三つのメガバンクが大規模なリストラ案を発表しましたが、「徹底したリストラを実施します」と得意気に言う前に、「経営陣の能力不足で行員の皆さんが職場を去ることを本当に申し訳なく思います」がどう考えても先でしょう。

もっとも、大手銀行の労働組合の執行部人事は会社が決めているようで、こんな表現を使いたくはありませんが、「御用組合」の典型でどっちもどっちです。会社に選ばれて組合役員になった人は順調に出世コースを歩むそうです。酷いものですね。

さて、そのメガバンクの一つ、三井住友銀行の新松戸出張所(写真:Googleマップ)に勤務していた女性行員がお決まりのやり方で、約5億円のお金をだまし取ったと報道がありました。約5億円は被害総額で、この容疑者は、「FX(外国為替証拠金取引)に使った」と事実を認めているそうです。

それで、FXとは何かなと思って少し勉強してみたのですが、どのような金融商品なのかさっぱり理解できませんでした。ただ、すごくハイリスク・ハイリターンであることだけは分かりましたし、昼間から金融庁公認で賭場を開いて博打をやっているようにも感じました。私には今までもこれからも、まったく縁のない世界であることは間違いありません。

ところで、だまし取った莫大なお金はFXという金融商品を通じて、いわゆる“マネー・ロンダリング”されたことになります。どこかの誰かが合法的に儲かったのでしょうが、けっこう凄いことではないかと思いました。銀行はこのような不祥事に備えて保険をかけているのでしょうか。

それにしても、銀行の支店などでは1円でも帳尻が合わないと、残業してでも合うまで帰れないと聞いたことがあります。行員の皆さんは難儀だと思いますが、一方で今回のような事件がときどき起きています。やっぱり、銀行はよく分からない企業ですね。

これは便利!スマホ望遠レンズ

最近はコンパクトデジタルカメラを使うことはあまりなくなりました。SNSで発信する写真はスマホで十分ですし、その性能も以前に比べて格段に向上しています。ただ、被写体を拡大する撮影はいわゆる“デジタルズーム”ですから、光学ズームの一眼レフやコンデジにはかないません。また、ソフトフェアで編集すれば同じことになります。

そこで、何か良い方法はないかなと思っていたのですが、フェイスブック友だちがスマホ専用の望遠レンズを購入して、“なかなか便利”と投稿したので、私も真似して同じ様な製品を買ってみました。値段は1195円で、高いのか安いのかはよく分かりませんが、使ってみるとお買い得の感覚は確かにあります。

写真のように前後のカバーもあり、スマホにはケースを付けたままで装着できますが、手で持って撮影することはブレが激しくできませんので、ミニ三脚が必要になります。そして、ズームではなく、12倍の固定望遠レンズです。比較した2枚の写真を載せてありますが、けっこう優れた出来栄えのように感じています。

また、ちょっと不気味な写真がありますが、このレンズは「単眼鏡」としても使えます。公安の刑事さんが集会での視察にで覗いているあれで、前述の使い方も同じですが、ピントを合わせるのがなれるまで少し難儀です。目に当てるアダプターみたいのも同梱されています。これから、旅のお供に持っていくのが楽しみですね。

困ったときの孫頼み

「困ったとき」とは、ブログやフェイスブックの記事が枯渇してしまったときです。現職議員でも毎日はそう変化のある活動や生活をしているわけではありません。一線を引けばなおさらでしょう。そんなとき、便利で“いいね!”もいただきやすい孫たちの話題です。これからも活躍してもらいましょうね。余談ですが、後ろに写っているプラレールから稜ちゃんを引き離すのが難儀でした。

ピコ太郎さんは古坂大魔王?

 私はとても恥ずかしいのですが、超売れっ子のピコ太郎さんと古坂大魔王さんが一人二役であることを、つい数日前に知りました。ただ、古坂さんは「ピコ太郎のプロデューサーだ」と言い張っているようですね。彼はトランプさんを歓迎する晩餐会では大活躍だったようです。ピコ太郎のツイッターに安倍首相とのスリーショットもありますが、想像できないくらい優しいお顔でトランプさんが写っています。
 それで、東京都が進めている省エネ施策の一環で、“使えなくなった白熱電球を二つ持っていくと、無料でLED電球を一つ差し上げます”というのがあります。私は「電球くらい、自分で買うよ!」と思っていましたが、交換目標数に遠く及んでいないとお聞きし、近所の電気屋さんでもらってきました。手続きは簡単でしたが、お店の人がわざわざ納品書に記入したり、なるほど、これでは量販店では無理と理解しました

話題の銚子電鉄「本銚子駅」

「24時間テレビ」ですっかり有名になった、銚子電鉄の本銚子駅ですが、大正ロマン風というか、童話のチョコレートの家というか、なかなか素敵に生まれ変わりました。駅のすぐ上にある小学校の生徒が作ったステンドグラスもとても綺麗でした。大工さんになったヒロミさんは言葉遣いは少し乱暴なところもありますが、松本伊代さんともオシドリ夫婦のようですし、優しく好感のもてる方ですね。なお、切符売り場で切符は売っていませんし、トイレはありません。SuicaやPASMOは使えませんが、車内で可愛い車掌さんが切符を売ってくれました。

おめでとうございます!水卜麻美さん

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが「好きな女性アナウンサーランキング」(ORICON STYLE)のランキングで、4年連続ナンバーワンに選ばれたそうです。私も森麻季さん(箱根駅伝の中継で母校を応援しすぎて先輩から注意された)の次に好きな方ですが、1年間にかなりの数の女子アナが誕生している中で、4連覇とは凄いですね。
 ちなみに、「上司にしたい女性」部門でもトップで、週刊文春の好感度ランキングアンケートでは2位(加藤綾子さん)との票差は倍以上あったようです。また、男性では1位の安住紳一郎さんと2位の桝太一さんが同様に抜けています。
 それで先日、妻とその水卜さんのことが話題になったとき、私が「世の中、結局はそういうことだね」と言ったら、返事がなかったので、「どういう意味がわかる?」とさらに続けると、「分かっているわよ」と返してきました。どうやら、感じていることは同じだったようです。
 水卜さんが24時間テレビで華やかなモデル姿で登場したときは少々ドキッとしましたが、10月から担当番組が変わっても頑張ってください。夫婦でテレビのこちら側から応援しています。

素敵なGoogleフォト

 容量無制限でクラウド保存できる『Googleフォト』はとても便利なオンラインストレージです。しかも無料で、私にとってはスマホとWiFiとGoogleフォトの組合せは必需システムになっています。
 また、クラウドサイトでいろいろとユニークなことを“勝手”にやってくれます。今日のビデオは孫の圭佑を過去の写真の中からピックアップし、BGMも付けてスライドショーにしてくれました。多分、顔認識をしているのでいるのでしょう。
 その他にも、アニメーション、「この日の想い出」、コラージュ、アルバムなども作成しれくれますし(自分でやることもできます)、撮影場所や人物などで検索も可能で、なかなかの優れものと思います。

iPhone7に機種変更?

社会的にあまり評判の良くない携帯電話会社の「解約月」が間もなくやって来ます。ガラケーからiPhone5、同6と2年ごとに変更してきましたが、同7にするかどうか迷っています。私は比較的大切に扱っていますので、写真のように5も6も傷などはありませんし、箱もキレイなままです。来年はiPhone発売10年になるので、大幅なバージョンアップがあるとも噂されていますので、当分は迷う時間が続きそうです。
img_9703

パソコンのリサイクル回収

 クロゼットの中を整理してると以前使っていた2台のデスクトップパソコンとCRTディスプレイが出てきました。
 それで、これをリサイクル回収してもらう手続きを始めましたが、自作PCの場合は、「一般社団法人パソコン3R推進協会」という団体にWebから申し込み、1台4000円(税別)の費用を振込むと、“エコゆうパック”の伝票が送られてきます。
 それから、自分で梱包して郵便局に取りに来てもらいます。この間、1週間くらいですが、リサイクル回収にはお金が掛かりますね。なお、簡易な梱包で良いと説明書にはありましたが、郵便局の方が怪我すると大変なので、ワンコのオシッコパッドのダンボールを再利用して丁寧に包みました。
 ちなみに、左側に半分だけ写っているCRTディスプレイはEIZO製ですが、購入したときはけっこう高額だったと思います。今は使用している人はいませんが、もの凄く重いです。これは次にリサイクル回収してもらいます。
 また、ネットで見てみると無料で引取ってくれる会社があるようですが、環境のためには少し注意が必要かもしれません。
img_9184img_9185xy

お散歩途中のポケモン

今日の朝の午前4時45分から6時前までのワンコの散歩途中の成果です。レベル4にアップ。ゲットしたポケモンと道具は、キャタピー2、コラッタ2、コイキング2、スパット1、ドードー4、フシギダネ1、メノクラゲ1、ラッタ1、モンスターボール128、おこう2でした。バッテリーは100%から63%になり、ボケモンなどはJR阿佐ヶ谷駅周辺に集中していました。もちろん、歩きスマホは厳禁ですね。私はスマホを胸ポケットに入れ、ポケモンが現れると振動しますので、止まってからゲットします。
7zE2B717zE4051

超優れものスピーカー

 私たちは昭和の「テレビっ子」と言われていていた世代で、実際に自分の学生時代を振り返るとその通りだったと思います。ただ、今はテレビを見ることは以前と比べて少なくなったようです。各局ともバラエティー番組が多くなり、芸能人の私生活の切り売り暴露合戦みたいのことはちっとも面白くないと友人が話していました。私はNHKBSの二つのチャンネルを選択することが多くなりました。
 さて、一方ではラジオの時代が復活しているようです。事務所や自宅で仕事をしているときも、差し障りがない範囲で聴くこともあります。「大沢悠里のゆうゆうワイド」が終了してしまうのはとても残念ですが。
 それで、就寝するときに枕元でラジオを聴くためにアマゾンのタイムセールで購入したのが、写真のスピーカーです。大変コンパクトですが、1回の充電で24時間利用でき、車の中や屋外でも活躍しそうです。また、WiFi→スマホラジオアプリ→Bluetooth→スピーカーで音を出しています。デザインもシンプルで素敵ですし、ステレオの音質もこのサイズでは優れていると思います。気持よく眠りに入っていけますね。
IMG_5996

「いいね!」の関西弁がユニーク

Facebookに新しいリアクションボタンが加わり、私もすべてではありませんが、投稿された記事や文章によって使い分けをしています。特にスマホでは六つのボタンがアニメーションになっていてPCより楽しいです。また、設定により関西弁になってこれが面白いですね。「いいね!→ええやん!」「超いいね→めっちゃええやん!」「うけるね→笑たわ」「すごいね→すごいやん」「悲しい→悲しいわ」「ひどいね→そら怒るわ」となります。お時間のあるときに(≧∀≦)
iineiroiro

Googleフォトのアニメーション

Googleフォトでは連続して写真を何枚か撮ると自動的にアニメーションにしてくれます。どのようにして作られているのか分かりませんが、とてもユニークですね。スーパーのフードコートでおにぎりを食べる圭佑君です。
IMG_5558-ANIMATION

リニューアル阿佐谷本店

JR阿佐ヶ谷駅南口にある「コイデカメラ阿佐谷本店」がリニューアルしました。ご覧のようにお客様ご自身がデータを持ち込み、いろいろな種類のプリントができるようになっています。以前からこのシステムはあったのですが、さらに楽しいプリントの種類が増え、“缶バッチ”もできますよ。また、操作が分からないときは店員さんが教えてくれます。完成までの時間は混雑具合にもよりますが、それほどかかりません。もちろん、普通の写真の注文は今まで通りですし、各種の証明写真、ポートレート撮影のミニスタジオもあります。
IMG_3365

PCの劇的速度アップ

 現在、事務所ではデスクトップパソコンを2台、自宅ではデスクトップパソコンを1台とノート型を1台有していますが、ノートパソコンは次男のところに貸し出しています。私は以前はPCを自分で組み立てていたこともあるのですが、上述3台のデスクトップパソコンはいずれもメーカー製のもので、エプソン、デル、ヒューレットパッカードになります。
 これらのPCは内臓ハードディスク、グラフィックボード、サウンドカードなどは一部を除いて増設できませんし、仮にやってしまえば、その瞬間にサポートの対象外になる制度となっているケースが多いようです。つまり、面白みのない構造で、中を見てくると「こんなに安い部品を使っていたのか」と思うこともありますが、まあ、価格のことを考えれば仕方ないですね。
 一方、メモリーの増設は空きスロットがあれば簡単です。最近、自宅PCメモリーを8GBから16に、事務所のそれを6GBから16GBに増やしました。事務所のもう1台はシステムの関係で4GB以上にはできませんので、購入したときのままです。
 さて、このメモリー増設によって、コンピューターの速度が文字通り、劇的に速くなりました。Windows起動、アプリケーションの動きなどですが、本当にサクサク反応するので、業務の効率も上がります。しかも、メモリーの価格はどんどん安くなっています。PCの動きが良くないのはメモリーが少ないことだけが原因ではありませんが、やってみる価値はあるかも知れません。なお、PC内部を変えることはご自分の責任でお願いします。前述の通り、メーカーによってはサポート外になってしまうこともありますので(≧∇≦)
IMG_3231IMG_3232IMG_3241IMG_3242

久しぶりの秋葉原

IMG_3044 自宅にあるPCのパーツがいろいろ入っている箱を整理してたら、ヤマハ製のUSBスピーカーが出てきました。はっきりと価格は覚えていないのですが、1万数千円したと思います。これを事務所で使おうと考えたのですが、ACアダプターとオーディオケーブが見つかりませんでした。これらがないと音がならないことはもちろんですね。
 それで、事務所に民主党本部と同都連からお客さんが来られたあと、同じく国会議員の秘書さんも訪ねてこられました。少しお話をしてからJR阿佐ヶ谷駅近くで食事を済ませ、ついでというわけでもありませんが、上述の部品を購入するために同駅から総武線に乗って秋葉原駅に向かいました。
 とても久しぶりの秋葉原の街は以前とずいぶん変わったようです。電気街は健在ですが、“オタクの聖地”と称されるように、コミック、ゲーム、カフェなどがかなり増えていました。その分、電気機器などのパーツを扱うお店は減少していると私の友人も言っていました。時代の流れでしょうか。
 ところで、肝心のアダプターやケーブルはそれなりに“苦労”して見つけることができました。どのお店の従業員さんも親切でしたが、ケーブルを選んでもらったお店の隣で、「このカメラを靴の先につけると良いですよ」と聞こえてきたのは驚きました。
 それから、秋葉原に数多くあるメイド喫茶のお嬢さんたちが通行人に声を掛けていましたが、普通の女子高生の制服を着た女の子たちは何の営業をしているのか分かりませんでした(≧∇≦) 不思議な街ですね、秋葉原は。

Excelを再び学ぶ

IMG_1648 私は同世代の皆さんと比べて、まあまあ、パソコンを使いこなしていると思いますし、少し前まで、自宅で使うPCはパーツをそれぞれ購入して、自分で組み立てていました。また、ハードウェアの故障なども難しくなければ、これまた、自分で直しています。
 一方、ソフトウェアは“相性”もありますが、業務で使用しているものは問題なく使っています。ただ、自分でプログラムを書いたりすることは出来ません。ホームページも特定のソフト(WordPress)を利用して作っていますし、後援会名簿管理は“Access”をベースにして友人に構築してもらっています。
 さて、その数々のソフトウェアですが、上述のように相性という意味では、エクセルとのそれが良くありません。はっきり言えば“苦手”なのです。友達などがエクセルにどんどん数値を入力して、一覧表などを作成している様子を見ているだけで尊敬してしまいます。
 それで、最近のことですが、写真の解説本が発売され、「これが最後のチャンス」のコピーに惹かれて買いました。漫画仕立てになっていますが、「一日で上達!」の文字も購入の動機です。
 もちろん、そんな簡単にマスターできるとは思いませんが、お盆休みもありますので、この本を先生としてエクセルをしっかり学ぶ予定です。その結果と成果はまた報告します。乞うご期待!

使い勝手の良いコンデジ

IMG_3412 写真右のスマホはiお馴染みのphone6で、左のコンパクトデジタルカメラはキャノン製の「IXY630」です。どちらも特に特徴のある外観ではありませんが、デジカメにwifi機能があります。なお、このカメラのモデルには新機種が発売されていまので、かなり廉価で購入することができました。
 そして、スマホの画面はキャノンから無料で提供されているアプリで、これとカメラ側の簡単な操作で、デジカメで撮った写真をとてもスムーズに転送することができます。
 また、事務所や自宅、地下鉄やJR、セブンイレブン、公共施設などで利用可能なwifi環境で転送できるだけではなく、それ以外の場所、地域でも二つの機器同士でつなげることが可能ですから、基本的に日本でも外国でも、wifi環境があってもなくても、スマホに写真を送ることができます。
 それから、スマホの写真はそれを使って撮影した写真を含めて、wifi使用可能な場所でこの5月から提供されている「Googleフォト」に自動転送されます。これが一連の流れですが、本当に便利になりましたね。
 ただ、スマホのあの小さなカメラ機能が飛躍的に進歩していますので、そう遠くない将来にはコンデジが必要なくなるかもしれません(≧∇≦)

みかんせいじんとストレイシープ

IMG_1373<阪神淡路大震災発生から今日で20年、あらためて犠牲になられた多くの皆さんのご冥福をお祈りいたします>
パソコンソフトのCDを整理していたら、写真の「みかんせいじん」「ストレイシープ」のCDが出てきました。調べてみたら1996年の発売でした。約20年前ですね。
ただ、私は比較的物持が良いほうで、写真の2枚のCDも状態はとても良く、ヤフオクに出しても(出しませんが)、そこそこの値段は付きそうです(≧∇≦)
さて、このCDはラベルに書いてある通り「Windows95」専用です。ずいぶん前のOSですが、このころから私はPCにそこそこはまっていました。区議会議員時代ですが、大変懐かしく感じます。
ところで、私の自宅PCの現在のOSはWindows8.1です。95から何世代目でしょうか。そこで、「どうせ、動くわけないよな。その前にインストールができないだろう」と思いましたが、ダメもとでやってみました。
結果はディスプレイに写っている通り、みかんせいじん、ストレイシープともにまったく問題なくインストールができ、スクリーンセーバーとして機能を始めました。
どうしてそうなるのか分かりませんが、とにかくすごく懐かしいキャラクターが稼働してくれて嬉しく、得した気分です。液晶ディスプレイが普及し、スクリーンセーバーの役割も変わりましたが、変な音をだし、イレギュラーな面白い動きをするみかんせいじんをみていると、少し嫌なことがあっても忘れてしまいます。

らくらくスマホ

IMG_0693もうずいぶん前からですが、妻は私の携帯電話のお下がりを使っています。その間、機種変更はしていますが、二人目の孫も生まれ、お嫁さんたちが写真を送ってくれますので(自分でも撮っています)、ガラケーの画面では物足りなくなったようです。
それで、契約をしているのは私ですから、長男、次男に勧められていた「らくらくスマートフォン」に変更しました。二人で行った阿佐ヶ谷のパールセンターのドコモショップのお嬢さんはとても親切でしたが、引き渡しまで15分ほどの待ち時間も含め2時間かかりました。
らくらくスマホは富士通製だそうですが、使い勝手はかなり感じました。ただ、待ち受け画面がご覧のような設定になっていて、私のスマホや妻のガラケーのように孫の写真ではありません。
もっとも彼女は、「圭祐と颯之介のどちらかの写真だと不公平になるので、ワンコにしようかな」と言っていましたので、ちょうど良いかもしれません。まあ、これで一安心です。なお、ガラケーはしばらくの間、圭祐のおもちゃになる予定です。

初代iPadの使い方

IMG_0314つい先日、新しいiPadが発売されましたが、写真は数年前に購入した初代のiPadです。
それなりに”活躍”してくれましたし、現在は携帯電話番号は解除されていますが、WiFi機能は”健在”です。ですから、facebookのメッセージが送られてくると自動的に「〇〇さんから友達リクエストが届いています」などと表示されます。
そして、今はピクチャーフレームとして使っています。最新バージョンのiPadは分かりませんが、これに付いているスライドショーの”折り紙”という表示はなかなかの優れものです。
しばらく見ていても飽きませんし、写真の表示が次々ランダムに変わっている様子はとても楽しいですね。
第一線を退いたとはいえ、しっかりと働いてくれています。感謝!

OSの再インストール

IMG_0009IMG_0136IMG_0015y

 

 

 

自宅PCのOS(windows7)が不安定になり、これから、再インストールをします。
数カ月前から業務作業はおもに事務所で行っていますので、特段の支障はないのですが、毎日のブログやfacebookは自宅PCから更新する場合もありますので、再インストールの進み具合では若干、それが滞ることがあるかもしれません。fbの「いいね!」クリックも同様です。ご理解をお願いします。
過去からのメールやファイルもこの機会に消去したいものあり(´∀`)、ある意味、気持ちの転換を図る良いチャンスかもしれません。
なお、今日の写真は孫の圭佑で、3枚とも最近撮ったものです。記事とは関係ありませんが、ご覧をいただけたら幸いです。