再々延長でも「春のおとずれ」は素敵です

 意味不明のタイトルで申し訳ありません。“再々延長”は1都3県に出されている緊急事態宣言で、「春のおとずれ」は1973年に大ヒットした小柳ルミ子さんが歌った曲の題名です。作詞は山上路夫さん、作曲は森田公一さんです。

 それで、私も様々な医師など専門家の皆さんのご意見をお聞きし、日々の陽性者の数字を見ているのですが、その期間が21日までと迫ってきていますので、再々延長がされるのかどうか気になります。また、そうなった場合の期間はどのくらいなのでしょうか。

 私や妻は、「うちは仮にそうなっても、いつもと同じ生活だね」と若干の強がりを言っていますが、気候が良くなってくると、その気持にも変化が出てくるかもしれません。でも、我慢の限界はまだ遥か遠い先のことのように思っています。

 これは友人の医師が言われていたことですが、高齢者への接種が終了するであろう6月末までの延長が望ましいという考え方もあるということです。「そんなに待てないぞ!」という声も聞こえてきますが、一つの選択肢としては否定しきれません。

 ところで、「春のおとずれ」の歌詞はとても素敵ですね。特に2番がいいです。私も妻の実家に始めて行ったとき、こんなふうにできていたらと思うこともありましたが、新潟県柏崎市の海岸からはけっこう入ったところだったので、“なぎさ(渚)”はなかったです。

 以上、だらだらと前置きが長くなりましたが、その春を感じる森永製菓のお菓子たちと、何と!35年の歴史がある「キリン 午後の紅茶」を並べてみました。こうして、楽しいお菓子と飲料を見ているだけで幸せな気分になるのは不思議ですね。

 特に「午後の紅茶」の社会的存在意義(これをパーパスと称するそうです)は、「いつでもお客様に幸せなときめきを届ける 」だそうです。なので、今までも飲んでいましたが、さらに幸せなときめきをもらおうと思います。「春のおとずれ」を聴きながらです。東京の桜の開花もずいぶん早くなるようですし。

JCBのとても丁寧な対応に感謝!

 少し前に、JCBカードとハワイのABCストアがコラボしてお得なネット通販を行っていることをお伝えしました。第一弾は25%ディスカウント、二弾は送料無料で、私もそのことの記事と写真をアップしています。

 ところが、送料無料で送られてきた商品が違っていました。エコバッグを注文したのですが、柄は同じものの、トートバッグが届いたのです。まあ、約11ドルと約4ドルの差ですし、トートバッグも可愛いので、そのままにしておこうと思いました。

 でも、小売業で働いていた私は何となく、「ちゃんと知らせたほうがいいかな」と考え、JCBのお客さんセンターみたいなところに電話して事情をお話しました。オペレーターさんは、「それでは、海外担当からあらためて連絡させていただきます」と言われました。

 そのとき、「コロナの状況から少しお時間をいただくようになります」と付け加えられたので、「まったく問題ありませんよ。そんなに急ぐことではありませんから」と答えましたが、翌日にそのセクションから電話があったので、少し驚きました。

 そして、その方とやり取りをしたのですが、納品書と現物の写真を送ってくださいということだったので、そのとおりにしたら、すぐに電話があり、「ありがとうございました。それでは、現地からの連絡をお待ちくださいと言われました。

 それから、それなりに時間がかかるのだろうと思っていましたが、これまたすぐに、ハワイのJCBラウンジから国際電話があり、「ABCストアに連絡しました。商品の発送番号が決まったら、ご連絡します」と、これも素早い対応でした。

 これが現地からの1回目ですが、番号がもう少しで決まります。この番号で発送しますと、計3回の電話があり、いずれも女性の方でしたが、とても親切に丁寧に内容を伝えてくれましたので、「このような場合の管理がしっかりしているだな」と感じました。

 また、その3人の皆さんからはハワイの現状、例えば、街中の様子、日本人観光客の入境状況などを教えてもらいましたし、私からは僭越なことと思いながら、「こんな企画がいいのでは」といくつかのことを提案させていただきました。

 ということで、個人的なことですが、JCBの優れた対応を書いてみました。あと、「その間違った商品はどうなったの?」と思われている方もいらっしゃるでしょう。それについては、「そのままお使いいただいてけっこうです」となりました。

 

スイーツ・百恵ちゃん・単焦点レンズ

 最近はときどき、写真を合成してちょっとした効果を狙っていますが、きょうの上下の百恵ちゃんはそうしたものではなく、実際にテーブルの前にいるところを撮りました。つまり、彼女の目の前にはカメラを構えている私がいるわけです。

 それで、テーブルのスイーツはセブン-イレブンで買った新商品のパンケーキと、ご近所の方からいただいたバームクーヘンです。こちらは「治一郎」という名前が付いていますが、しっとりとしてとても美味しかったです。

 そして、2枚の写真はいずれもソニーの一眼レフカメラに単焦点レンズを装着して撮りました。ご承知のとおり、単焦点レンズの魅力は独特の“ぼけ”ですが、上は百恵ちゃんにピントが合っていて、下はテーブルがそうなっています。

 それぞれの特徴がで出ていますが、やはり、百恵ちゃんのお顔がちゃんと写っているものがいいですね。あと、余談ですが、お酒の減量により、スイーツへの傾斜が高くなっています。それはそれで、注意しなければと思っています。

やっと「台湾パイナップル」を入手!

 何かと話題になっている台湾(中華民国)産のパイナップルですが、やっと購入することができました。場所は先日、お伝えした西友の阿佐ヶ谷店で、ご担当者にお伺いすると、「定期的に納品はされませんので、次はいつになるか分かりません」とのことですから、入荷時期のお店への問い合わせなどは出回るまで、控えたほうがいいかもしれません。

 それで、私ですが、この店舗が24時間営業していることを利用して、散歩と買い物を組み合わせ、あまりお客さんのいない時間に日参しました。青果売り場に向かい、なければすぐにお店を出て、残りの散歩を続けました。そうして、3日目である昨日、愛しの台湾パイナップルと出会うことができ、エコバックに入る限界の5個を購入してきました。

 なお、台湾パイナップルがどうしてこんなに人気になっているのか、どこぞの国の政党が嫌がらせをしたのかなどは、せっかくのパイナップルが不味くなりますので、今回は割愛ですが、皆さんはすでにご承知のことですよね。あと、価格ですが、1個497円(税別)です。昨日は東日本大震災からちょうど10年でしたが、その日にもの凄くお世話になったお国の名産をゲットできて、とても嬉しかったです。
(私はハッシュタグは付けないのですが、人気サイト「TAIPEI navi」が呼びかけていますので、それに賛同します)#みんなで台湾パイナップルを食べよう

十年一昔と言うけれど~東日本大震災

 10年前のきょうのことは今でもはっきりと覚えています。都議会の第一回定例会の最終日で、都知事の石原慎太郎さんの挨拶を終えて、会派の控え室に戻り、「今晩の打ち上げの場所はどこだったかな」と思っていたら、すごい揺れが始まりました。

 そして、自席から外を見ると、京王プラザホテルの隣の高層ビルが左右に動いていました。「ビルって、あんなに揺れるんだな」と思いましたが、それがあの大規模な震災の始まりだったとは思いも寄りませんでした。

 それから、妻の携帯に電話をしましたがつながらず、卓上の電話から再度してみると今度はつながり、自宅には特に被害がなかったことが分かりました。そうしたら、同僚が「車で帰るから乗っていったら」と誘ってくれました。

 都議会を出て青梅街道をまっすぐに杉並方向に向かいましたが、新宿中央公園では近くのビルから出てきた大勢のサラリーマンが白いヘルメットを被り、まるで訓練のように集結していて、「しっかり落ち着いているんだな」と感じました。

 そうして、阿佐ヶ谷にある事務所まで1時間ほどで着きましたが、沿線の両側には目立った被害を見ることはなかったものの、1軒だけ土蔵のような建物の屋根が壊れていた風景が忘れられません。

 事務所はすでに事務のパートさんは勤務を終えていて、鍵を開けて入ると、棚に飾ってあったものが数点だけ落ちていました。しかし、それ以外は変化はなく、歩いて数分の自宅に戻りましたが、こちらも問題はありませんでした。

 その後、津波や原発崩壊のビデオを繰り返し、繰り返して見ることになるのですが、現在でもその様子を思い出すと、虚しさと悲しさが何度も襲ってきます。あらためて、亡くなられた皆さんのご冥福をお祈り申し上げます。 

 なお、写真は現地の役所にご迷惑をお掛けしないようにして、被災地から学び、義援金をお届けするために訪れた石巻市で撮ったものです。後ろに見えるのは市立門脇(かどのわき)小学校です。

 私のルーツは文字どおり、この辺りにあって、黒く焼け焦げた校舎やその日でめくられることがないカレンダーは一生、忘れることはありません。特に被害を受けなかった私たちもこの災害を後世に伝えていかなければならないと思っています。

 また、同じ市立の大川小学校のことはとりわけ衝撃的でした。当時、友人の宮城県会議員にお願いして、いろいろなことを教えてもらったのですが、将来ある小学生74人が一つの学校で命を落としたことに今でも胸が締め付けられ想いです。

福八さんの「天ぷら」&「牛しぐれ」弁当

 以前にも紹介したJR阿佐ヶ谷駅北口にある「ふぐ割烹 福八」さんですが、今回は「天ぷら弁当」と「牛しぐれ弁当」を購入しました。お値段は900円と千円(税込み)でしたが、期待どおり、すごく美味しく、お腹がいっぱいになるボリュームでした。

 緊急事態宣言も2週間の延長になり、何だか、1都3県は“居残り”のペナルティを課せられているようですが、そんな中で、お弁当は数少ない楽しみの一つです。なお、スムーズに受け取るには事前に電話で予約することをお勧めします。また、写真はお店の女将さんです。

訳あってキットカット新商品を購入

 一昨日の日曜日のことですが、ネット上で台湾パイナップルがこの日から西友で販売されるという記事を見ましたので、24時間営業している阿佐ヶ谷店に午前8時すぎに行きました。もちろん、少しでも台湾のパイナップルを応援したいからです。

 しかし、果物売り場にはそれはなく、近くで品出しをされていた店員さんにお聞きすると、すでに趣旨を理解されていて、「私もそのことは知っていますし、昨年は販売しましたが、きょうからということはありません」と答えてくれました。

 ネット情報はご承知のとおり、玉石混交ですが、今回の場合はフェイクとかニセとかではなく、台湾応援の気持ちが高じて、正しくない内容をアップしてしまったのでしょう。まあ、それをもとに西友に行った私も賢くはなかったですね。

 それで、その店員さんは親切に対応していただき、「西友のホームページで販売時期を発表するかもしれません」と言われましたので、私は「近くを通ったときにまた、売り場を覗いてみます」と応じて出口に向かいました。

 そうしたら、そこにキットカットの新商品が超山積みされていて、店員さんにお聞きしたら、「きょうから発売です」と言われましたので、新しもの好きの私としては買わない選択肢はなく、手ぶらでお店を出るのも失礼なので購入した次第です。

 なお、家に帰って分かったことですが、この新商品のCMに女優の門脇麦さんが出られているそうです。もしかしたら、8代くらい遡ると親戚かもしれませんので、この製品にも親しみが湧いてきました。美味しかったですよ。

百恵ちゃんと武蔵境にお買い物

 イトーヨーカドー100周年の様々な記念商品が販売されていますが、ネットでは売り切れのものもあり、百恵ちゃんと二人で武蔵境店にそれらを買いに行ってきました。彼女と区外に出るのはとても久しぶりですが、それもあってテンションはかなり上がっていたようです。

 自転車を荻窪駅南口の駐輪場において、中央快速に乗って武蔵境駅で下車、今から42年前に勤務してしたお店に入り、100周年版ジャポニカ学習帳と同じくマドラー付きのカルピスを購入しました。そのほかにも、百恵ちゃんの好きなお菓子やお姫様のポシェットなどもです。

 また、帰りに駅構内のコンビニで「鬼滅の刃 信玄餅」が売られていて、おまけのトートバッグを目当てに買いました。何種類かあったので、彼女に聞いたら「禰豆子がいい!」と言うので、もう、ジイジとしてはそのとおりにするしかありませんでした。もっとも、これは以前から欲しかったので良かったです。

 それから、電車に乗ったのですが、すぐに抱っこで寝てしまいました。そして、荻窪駅で無理やり起こしたのですが(この間10分くらい)、意外に機嫌は悪くなく、エスカレーターで地上に上がってからは、駐輪場まで問題なく歩きました。ただ、私はけっこう疲れましたね。

ついつい買ってしまう『鬼滅の刃』グッズ

 スーパーやコンビニで「鬼滅の刃」の関連商品があると、“売り切れる前に”と勝手に思って、ついつい購入してしまいます。もちろん、孫たちのためですが、自分自身も気持ちのどこかで喜んでいるようです。

 それで、写真の4品はクッキーなどのお菓子で、JR阿佐ヶ谷駅北口にある西友で買いました。また、右は百恵ちゃんのお兄さんの稜ちゃんで、幼稚園の年中組ですが、ご覧のようにマスクやポシェットを鬼滅で決めています。

 このブームはまだまだ続くのでしょうが、私は映画「無限列車編」の次の作品が楽しみです。ちなみに、孫たちの家は鬼滅グッズでいっぱいですが、百恵ちゃんも稜ちゃん以上にほとんどの登場人物をすでに覚えているようです。

これは旨い!『チョコ沢ゴリ蔵』

 「ガリガリ君」シリーズで不動の地位を築いていると言ってもよい赤城乳業さんから、「やりすぎシリーズ」に続いて、「チョコ沢ゴリ蔵」が新発売になりました。セブン-イレブン限定ですが、ご覧のようにパッケージは3種類あります。

 それで、何だかふざけた名称ですが、ちゃんと意味があって、「ゴリゴリ食感の粒チョコ入りチョコアイスバー」ということです。それでも、「沢(ざわ)」や「蔵(ぞう)」はよく分かりませんが、まあ、フィーリングということで。

 そして、袋の右端にはサラリーマンの悲哀のようなことが書かれていて、けっこう面白いですし。もちろん、3種類が別々の文章です。また、裏面のバーコードの上にもその課長が顔を出しています。

 それから、肝心のお味ですが、とても美味しく、文字どおり、食感の良い粒チョコレートが“ゴリゴリ”ですし、これで税込み138円でしたらお買い得と思います。食べたくなった方はセブン-イレブンへ急いでくださいね!

立憲民主党の「ゼロコロナ」を評価する

 立憲民主党が「ゼロコロナ戦略」を発表しました。感染封じ込めを徹底して、罹患者がゼロになったら、経済活動を行うとのことで、その間は事業者などに手厚い支援を講じるそうです。一方、現政権は感染防止と経済を両立させる「ウィズコロナ」を基本としていますので、秋までの衆議院選挙に向けて、もっとも大切な政策がはっきりと対立することになり、有権者の選択という意味でもとても良いと思います。タイトルはそのことを表したのもので、年がら年中、週刊誌ネタを材料にして、「ここに書いてあることは事実なのか?」と虚しい追求を繰り返すより、よっぽど生産的でしょう。

 ただ、今のところ、具体的な工程表は示されていないようなので、そこがちょっと心配ですが、余計なお世話と思いつつも、最低でも以下の二点はやらなければダメだろうと思います。まずは緊急事態宣言ですが、COVID-19ワクチンの接種が概ね終了するまでは継続する必要があります。これについては予想が難しいのですが、それこそ、衆議院選挙が実施される今年の秋までは続けなければいけないでしょう。もう一つは東京オリンピック・パラリンピックの中止(または延期)です。残念なことではありますが、ゼロコロナ実現のためには絶対に避けて通れないでしょう。それでなければ、辻褄が合いません。

 それから、立憲民主党代表の枝野幸男さんは台湾、ニュージーランド、オーストラリアなどいわゆる「島国」をお手本とされているようですが、だったら、例えば台湾が現在でももの凄く厳しい感染対策を継続していることも真似てもらいたいです。公共交通機関でのマスクの着用が義務付けられていますが、当然、立民はそのこと一つとっても法律の改正を求めなければなりませんし、ニュージーランドの女性首相が自国民から「そこまでやるか!」と反発を受けながら、強力な対策を行ったことも同様です。

 つまり、相当な覚悟を持って今回のゼロコロナ政策を国民の皆さんに訴えていただきたいということです。その戦略にある『①医療現場を支援 ②感染を封じ込める ③暮らしと事業を守る』は肝心なことですが、そんなことは小学生だって分かっていることです。また、限りなく罹患者をゼロにするのですから、中国共産党が武漢市でやったことも大いに参考になると思います。徹底して抑え込むには、私は賛成できませんが、一つのやり方であることも間違いないでしょう。だいたい、以上ですが、立憲民主党と共産党の連立政権実現に向けて、注目される政策になることを見守りたいと思います。

 あと、これも何度も申し上げてきたのですが、長い人類の歴史の中で、根絶した感染症は「天然痘」でけです。もちろん、その後、薬剤やワクチン、医療機器なども進歩していますが、COVID-19感染者をゼロにすると主張し始めたのは世界でもわが立憲民主党だけのようです。さすがにあの独裁専制の中国共産党ですら、そんなことは言っていません。つまり、立憲民主党がゼロコロナを勝ち取れば、国内だけなく、海外からも最大限に称賛されるでしょう。逆にそうならなかったとき、「与党が我々の言うとおりにやらなかったから失敗した」との言い訳は卑怯です。

 このことも含めて秋までの総選挙で優劣が決まるでしょうから、立民の「ゼロ」と与党の「ウィズ」は有権者にとって絶好の判断材料になるでしょう。ただ、枝野さんはときどき、「私はぶれない」と言われているようですが、本当にぶれない人はご自分からそんなことをは言わない気がします。数年前に彼は「改憲私案」を発表し、集団的自衛権の行使にも積極的に発言し、それを現在は盟友となった共産党からコテンパンにやられていましたので、今度こそゼロコロナについて、きちんと落とし前をつけなければなりませんね。

 なお、立憲民主党のコロナゼロは上述のように「0」ではなく、「ほぼゼロ」ということだそうです。それはそれで理解できますが、だったら、「ほぼゼロ」とはどのくらいの数なのかを示さなければならないでしょう。例えば「東京都で陽性者が1日3人以下になったとき」とか具体的にです。すごく心配なのはこの政党が自信満々で主張していた「原発ゼロ」もいつの間にか、枝野さんによると「100年単位の話」になっていました。これって、「ゼロ原発」ではなく、もはや「with原発」になったようです。

久しぶりに吉祥寺でお買い物

 カンタベリーショップの吉祥寺店が移転リニューアルしたので、無理くりに散歩のロングバージョンということにして、平日なのにとても賑わっている街中を通ってお店まで行ってきました。

 そこでは、定番の布製サコッシュバッグを購入して、ストラップと缶バッチをおまけでもらいました。そして、元の店舗もアウトレットとしてしばらくは営業するとお聞きしたので、そちらでは写真の2点を買いました。

 それから、お約束の「さとう」で丸メンチカツと牛(うし)カツ、自家製焼豚を求めましたが、いつも長い列ができているこのお店も平日の午前中でしたら、並んでも10分以内にレジまで進むことができます。

 そして、寄り道をしないで駅に向かいましたが、何と!中央快速線のホームには「209系」がいました。以前にもお伝えしましたが、トイレ改造などのためにわずか2編成のみが投入されています。

 当日はカンタベリーや「さとう」では良い買い物ができましたし、209系のプレゼントまでありました。この間、1時間半くらいの行程でしたが、やはり、たまに街に出るのもいいですね。

『所得税法違反で告発しました!』

 と言われたら困ってしまうのですが、杉並税務署から携帯に電話がありました。もちろん、タイトルは冗談ですが、源泉徴収票を改ざんし、申告書に虚偽の数字を騙す目的で書けば、その可能性がまったくないことはないでしょう。

 それで、税務署からの指摘は、二つの公的年金の合計が間違っていたというものでした。それで、すぐに提出した確定申告書の控えを見てみたら、確かにどこで勘違いしたかは分からないのですが、少なくなっていて、それは完全に自分のミスでした。

 ただ、杉並税務署の担当者の方はとても優しく、「その箇所を訂正したものを送りますので、必要な項目だけ書いて送り返してください」というもので、控えを含めてすべて正しい数字の記載が終わっている申告書に名前などを追加するだけでた。

 ちなみに、このことによって還付される金額が5万円ほど少なくなりましたが、それで、「この社会 あなた税がいきている」を実感できるのですし、「元都議、脱税の疑いで逮捕される!」とはなりませんでしたので、一安心です。良かった!

古希のお祝いは友人たちと盛大に!

 数日前のことですが、夕食時に妻が言った「もう、お互いにこの歳になったのね。そんな感じはまったくないんだけど」が私と同じ思いであったことが分かり、ちょっと安心しました。ただ、もう結婚して足掛け45年になり、金婚式まであと5年、古希までは3年になりました(妻は年上なので2年)。二人とも口には出しませんが、「よく別れないでやってきたな」と心の奥ではつぶやいているような気がします。

 それで、COVID-19についてですが、ワクチンには大いに期待するものの、集団免疫がある程度まで確立し、以前のようにマスクなしでの明るく、楽しい懇親会などが実現するにはどうも3~4年はかかりそうです。もちろん、接種の進み具合にもよりますが、その接種は“努力義務”ですので、スピードが驚異的に早くなることはないでしょう。担当大臣の河野太郎さんも一所懸命にやられていますので、誰を恨むこともできませんね。

 そして、そのように仮定すると、私は前述のとおり、古希を迎えるあたりに幸せの時間がやってくるようです。長いような短いような気がしますが、逆算して3年少し前には何をしていたんだろうと振り返ってみました。そうしたら、出てきたのがきょうの写真です。鎌倉の建長寺の裏山に登ったときのものですが、右下にその建長寺の建物が、奥には鎌倉の市街と相模湾が広がっています。

 そこで思ったのは、「楽しい時間が訪れるまではそんなに長くないな」ということです。この鎌倉探訪もつい先日とは言いませんが、それほど過去のことではないと感じているからです。なので、それまでは外野の雑音は気にせずに、私たちが民主的に選んだ人たち言動を信じ、多少の文句もありますが、今までどおり、それを尊重して行こうと考えています。古希祝いは盛大にぱあーっとやりたいです。

後輩の想いが実現したボールペン

 私のことを「東京のお父さん」と呼んでくれる母校の後輩が開発に携わったボールペンが新しく発売されました。彼女は日本を代表する大手文具メーカーに入社して2年になろうとしていますが、今回のことをとても喜んでいるようです。

 それで、私も即、通販で10本セットを買い、いつも使うであろう3色とその替え芯を追加で購入しました。ご覧のようにカラフルなボールペンが10本並んでいて、孫たちのお絵かきにも使えそうです。

 そして、このボールペンは「エナージェルインフリー」という名前で、特徴としては、乾きが早く、書きやすく、書いた字が上手に見えるということです。また、左下の鳥の絵はこのメーカーのホームページからお借りしたものです。

 ボールペンというと事務的なイメージが強いですが、この新商品は絵画などに使うことにも適しているみたいですし、私のFB友だちにもボールペンで素敵な絵を描く方がいますので、彼には使い心地なども聞いてみたいと思っています。

台湾から素敵なマスクが届きました

 日本でも布やウレタンのマスクはカラフルなものもありますが、感染防止にもっとも効果的と言われているサージカルマスクは残念ながら、白色かブルーやピンクの淡色のものしかなく、これからもけっこう長いお付き合いになることが確実なマスクですので、どこかに可愛い、素敵なものがないかと探していました。

 それで、ありました!やっぱり、世界でいちばんのCOVID-19対策を講じている台湾(中華民国)のサイトに様々なマスクが販売されていることが分かり、早速、いろいろな種類のサージカルマスクを購入しました。右下は孫のためですが、ちゃんと、サンリオの承諾シールも付いていました。

 その以外は大人用のものですが、早く着けたくなるようなものばかりです。ほかにもすごくたくさんの種類があって、見ているだけでも楽しくなります。ここにあるごく一部はわが国での販売も始まったようですが、品数は限られていて、やはり、現地の豊富な種類から選ぶのはそれだけでもウキウキしてきます。

 そして、価格も比較的廉価(サージカルマスクですから使い捨てです)で、梱包や納品書などもしっかりしていました。航空便事情はあまり良くないと思うのですが、発送から1週間でわが家に届いたのはちょっと驚きでした。なお、台湾のサイトでは値段が「$」と表示されいることがありますが、これは米ドルではありません。

 それから、使い方はそれぞれでしょうが、例えば、上の段の4種類はプライベートのお出かけに、下の薄い花がらのものは職場にはどうでしょうか。このくらいの淡い色や柄でしたら、多分、上司から注意されることはないでしょうし、同僚から羨ましがられるかもしれませんね。

セブンの惣菜パンは美味しいですね

 昨日からセブン-イレブンのアプリからpaypayが使えるようになり、これでますます、セブンでの買い物が増えそうです。ただ、こうなると、7payの失敗はとても残念だったと思います。まあ、今言っても詮無いですね。

 それで、そのセブンから美味しい惣菜パンが発売になりました。「ローストビーフロール山わさびソース」「たんぱく質が摂れるたっぷりサラダチキンロール」ですが、お値段は少々高めなものの、それだけの価値はあると思います。

 ところで、最近はコッペパンがブームのようですが、今回紹介した商品も作りはコッペパンのようです。小学生のころは給食で毎日のように出てくるコッペパンがあまり好きではなく、たまに登場するお砂糖をまぶした揚げパンが楽しみでした。

ハワイABCストアでのお買い物(第2弾)

 誰もが大好き「ハワイ ABCストア」とクレジットカード・JCBのコラボ企画の第2弾は、何と!送料の無料でした(現在はこのキャンペーンは終了しています)。海外から商品を購入するときの最大の難点は送料の金額が大きいということではないでしょうか。場合によっては商品の価格よりも送料が上回ってしまうということもあり、それがネックになっています。

 もちろん、今回はABCストア限定ですが、ここの通販はけっこう品揃えも豊富で、とても信頼感があります。実際、私も前回のキャンペーン(25%ディスカウント)を利用したときも、まったく問題ありませんでしたし、お馴染みのナッツチョコレートは差し上げた皆さんの評判も良かったです。何よりも海外から荷物が送られてくることはそれだけで楽しいです。

 そして、写真はごちゃごちゃしていて恐縮ですが、今回、買ったものはキティちゃんグッズがほとんどです。4種類のトートバッグ、真ん中はちょっと見にくいのですが、チョコレートのお得パッケージです。それから、写真にはありませんが、定番のLIONコナ・コーヒーも注文してみました。ちなみに、私が着ているのは生地を裏返しにしたアロハシャツのボタンダウン版です。

 ちなみに、今回の買い物の合計は$47.88で、通常時の送料は$28.82です。また、JCBからは日本円で請求されますので、この金額が5097円でした。これを見ても、送料が無料というのはいかにメリットが大きいか分かります。なお、JCBでは現在、第3弾として$40.00以上の利用があれば、25%のディスカウントになるキャンペーンを実施中です。こちらは来月末までとなっています。

Uchi Café&八天堂のコラボスイーツ

 どこの地下鉄の駅かは忘れたのですが、そのに続く通路の途中にあった八天堂の「くりーむパン」がとても美味しかったです。その後、それに出会うことはなかったのですが、今度はローソンでコラボ商品を見つけました。

 2種類あって、「かすたーどチョコたい焼き」と「かすたーどチョコロール」で、チョコロールは普通に美味しかったですし、たい焼きはあのもちもち感が懐かしかったです。どちらも、一昨日から販売されているようです。

 また、お値段ですが、チョコロールは220円(税込み)、たい焼きは180円(同)でした。それから、カロリーはそれぞれ、259kcal、212kcalです。八天堂ファンの皆さんは試されたらいかがでしょうか。

「プライチ」の罠にはまってしまった

 セブン-イレブンの「プライチ+1」を知ってから、いい意味で罠に落ちたようです。もっとも、会員カードやクーポン(券)を買い物で使うことをしなかったのは、私が今まで面倒くさいのでそうしてきただけのことです。

 それで、先々週に「午後の紅茶 おいしい無糖」を購入し、先週はそのご褒美で「午後の紅茶 MILK TEA」をもらいました。同じく先週には「ワンダ 極 微糖」「ワンダ 極 カフェオレ」と買って昨日、「ワンダ 極 贅沢な糖類ゼロ」を2本もらいました。

 さらに、この2本をゲットしたとき、次のプライチ商品「キリン ファイア ワンデイ ブラック」を2本、お約束的に購入してしまいました。もちろん、来週には同じものか「キリン ファイア ワンデイ ラテ微糖」が合わせて2本、無料でもらえます。どうやら、無限連鎖への突入です。

 これからは、毎週火曜日が楽しみになりますが、お店の方にお聞きしたら、「1箱お買いになれば、もう1箱差し上げますよ」と言われていました。つまり、“お一人様◯個まで”という縛りはないようです。もちろん、好きでもないものを買っても仕方ありませんね。

 ところで、私のSNS友だちにはセブン-イレブンのオーナーさんが何人かいるのですが、こういった場合の経費は全額を本部で負担するそうです。ですので、お店としては2個が売れたということになり、それを聞いてちょっと安心しました。無料のおむすびも同じ理屈なのでしょう。

鉄分補給が少し苦しくなってきました

 昨年の今ごろまでは休日を使って、毎週のように大好きな電車に乗り、日帰りですがどこかに出かけていました。それが昨年3月3日の高尾山参拝を最後に、その回数が激減したというか、趣味の領域では完全にゼロになりました。

 ですから、鉄オタの私の鉄分は著しく欠乏状態になるところですが、何とか工夫して補給しています。そのほとんどが先日も紹介したYouTubeで、とりわけ、前面展望動画になります。これも同様に4Kも増えているので、ありがたいことです。

 それで、写真の説明ですが、大好きな京阪電車本線の守口市駅手前の様子で、乗っているのは特急の淀屋橋駅発、出町柳駅行きです。京阪は種別が多いので、京橋駅⇔七条駅ノンストップの快速特急「洛楽」の動画もちゃんとあります。

 また、映像を観ながら、「森小路ってもりしょうじと読むんだ」「パナソニック本社の最寄り駅は門真市ではなく西三荘だったのか」「滝井駅と土居駅の間はすごく近いよな」「朱色の柱が見えたら伏見稲荷駅だな」など、楽しみは尽きません。

 こんな感じですが、最近はほとんど関西の私鉄やJRの新快速の動画を観ることが多くなりました。まだまだYouTubeで我慢できそうですが、いつかは大阪のホテルに5連泊くらいして、電車を乗りまくり、あいりん地区や飛田新地も再訪したいですね。

これは懐かしい!「復刻版ホームランバー」

 「メイトー」という名称は「共同乳業株式会社」の商品ブランドだということを初めて知りましたが、そのメーカーが製造している「ホームランバー」を小学生のときは毎日のように食べていました。現在はどうなっているのか分かりませんが、その「バー」に当たりが刻印されていて、しかも1塁打だったら1本、本塁打だったら4本をもらえたような記憶があります。

 そして、この製品そのものは継続して製造販売されていたようですが、1960年の販売当時の銀紙デザインの復刻版をコンビニで見つけ、早速、購入しました。もう数十年前のことですが、お味は変わっていないように感じました。正統派のラクトアイスですね。ただ、昔はチョコレート味はなかったと思いますが、それはそれで、そちらも美味しくいただいています。

接種日はおニューのラグビージャージで

 COVID-19ワクチンの先行接種が医療従事者を対象に始まりましたが、その第1号となられた国立病院機構東京医療センター院長の新木一弘先生の言葉を目にしました。いわく「注射は好きじゃないが、痛くなくて良かった」と言われたようです。

 私などはこの一言で接種への怖さが氷解しました。あの長い針が垂直に入っていく光景を見ているだけでビビっていましたが、これで一安心です。あとは接種日ですが、私たち夫婦の順番は4月以降と伝えられています。

 ただ、ワクチンの供給日程が遅れることもあるでしょう。前回も申し上げましたが、それまで静かに待っています。これまでも少々窮屈な生活を過ごしてきましたので、半月や1カ月くらいは十分に我慢の範囲ですね。

 それから、先行接種は1~2万人と聞いていたのですが、4万人の皆さんが手を挙げてくれたようです。それに続く一般の医療従事者の希望者も当初より100万増えて、合計で500万人くらいになりそうです。

 これはとてもありがたいことです。もともと、ファイザーのワクチンは日本人の治験(臨床試験)の数が少ないと指摘されていました。もちろん、そのことを含めて承認されたのですから、大きな問題ではないと思っていました。

 ただ、罹患者や重症者、死者の数を世界の国々と比較すると桁違いに少ないので、「日本(人)の何らかの特徴が影響しているのでは」と言われていました。ですから「だったら、そのワクチンは日本人に打って大丈夫かな」との疑問もありました。

 でも、これだけの医療従事者が大変失礼な言い方になりますが、日本人への「治験」を大規模にやってくれると言えなくもありません。もちろん、承認されているのですから治験ではありませんが、国民にとってこんな力強いことはないでしょう。

 しかも、1万人についてはその後の経過、副反応などをシビアに追い続けるのですから、すごく参考になることは間違いありませんし、実際、これによって、国民の皆さんのワクチンへの不安が少なくなってきているようです。

 それで、その医療従事者の皆さんからワクチンを打ってもらうのですから、きちんと清潔な服を着て、謙虚な気持ちで臨まなければなりません。また、上腕への筋肉注射ですから、半袖が望ましいと思います。

 ということで、大好きなカンタベリーのラグビージャージを購入しました。3週間後にはもう一回、接種しますので、2枚を用意しました。あとはできればですが、接種直前に「チクッとしますよ」と言ってもらうとよりありがたいです。

 それと、海外の接種とその効果についてはイスラエルのケースが連日、報道されています。まだまだ分からないことも少なくないCOVID-19ですが、同時にワクチンの有効性もかなり明らかになってきました。感染、発症、重症化などです。

 私は天の邪鬼ですから、もしも、イスラエルの結果が惨憺たるものだったら、日本はどうしたのだとうかと想像してしまいました。これは結果ですが、少し前に書いたように、日本の接種の遅れが逆にアドバンテージとして役立っているようです。

 追加です。ワクチンの保存については超低温冷凍庫が必要で、このことが流通や接種場所での管理の隘路になっていましたが、ファイザーでは一般的な医療用冷凍庫でも2週間は保存できると発表しました。

 これから、アメリカはもとより、日本でも厚労省の承認が必要になりますが、ぬか喜びは禁物だと分かっているものの、それで問題ないとなれば、接種環境が劇的に向上します。なお、温度はマイナス15~25度だそうです。

「ミラクルギフトパレード」を観たいです

 以前に百恵ちゃんとサンリオピューロランドに行ったことをお伝えしましたが、彼女からは会うたびに、「また、来週行こうね」とリクエストがあります。なぜ“来週”なのかは不明なのですが、すごく楽しかったのでしょう。

 それで、諸般の事情からすぐに行くことは現在のところ避けていますので、YouTubeのお世話になっているのですが、特に「ミラクルギフトパレード」は素晴らしいですね。30分くらいのショーですが、何回見ても感動します。

 しかも、4K配信をしてくれている動画も多くなっていますので、55インチテレビで観るとかなりの迫力です。また、同じショーでも多くの皆さんがそれぞれの角度でアップしてくれているので、飽きることもありません。

 ただ、こうなるとLIVEで観たいという気持ちも高まってきます。残念ながら、COVID-19の影響でショーは中止されているそうですが、いつかきっと、百恵ちゃんの「来週」が実現できるでしょうし、それを今から楽しみにしています。

「鬼滅の刃」マグネットコレクション

 映画「鬼滅の刃 無限列車」の次回作が今から楽しみですが、孫の稜ちゃんはグッズ集めに夢中ですし、ジイジとバアバもそれにできる限りお手伝いしています。それで、そのグッズはシールが多いのですが、冷蔵庫などに貼るマグネットを見つけ、どうせならと思って、全14種が入っているコンプリートBOXを購入しました。

 また、この手のものは単価✕個数よりもけっこう割高になっていることが多いのですが、比較的良心的な価格で買うことができたのは良かったですし、結果、ダブリがなくて経済的です。また、その大きさも想像していたより大きく、そんなに頑丈ではありませんが、今までの中ではすごくかっこいいと思いました。稜ちゃんの反応が楽しみです。

特典などをちゃんと使うことにします

 私は今まで、コンビニなどで精算するとき、お店の人が「◯◯カードはありますか?」とか「クーポンをお持ちですか?」とか言ってもらっても、面倒くさいので否定の意味で「いいです」とずっと返していました。

 ところが、先日、セブン-イレブンの1個買うともう1個もらえる(これを「プライチ」と称するそうです)ことにすっかり味を占めてしまい、「それでは、使えるものはすべて使ってみよう!」と一念発起しました。

 それで、直近では写真の商品を購入してきました。「午後の紅茶おいしい無糖」は後日、同じく「ザ・マイスターズ・ミルクティー」がもらえました。ただ、無糖レモンも買ったのですが、こちらは対象になっていませんでした。

 それから、スマホに届くクーポンでおにぎりを1個、無料でいただきました。マリオたちのお菓子パンは、スマホのバーコードを店員さんが読み取ってくれて、抽選ですが、オリジナルグッズが当たるとのことです。

 あとは「春木屋監修チャーシュー麺」ですが、こちらは50円引きになっていました。夕方になると値引きになるのとは違って、終日、この価格のようです。だいたい、こんなところですが、これからも追い求めて行きますね。

肩車が大好きになった百恵ちゃん

 正確には「大好きになった」ではなく、「(私が)大好きにさせた」ですが、特に最近は彼女からのリクエストが多くなっています。もちろん、十分に注意をしてやっていますが、彼女いわく「だら~んもやって!」が追加注文になりました。

 それで、縦長の写真ですが、時間は極めて短く、足首を持って安全にやっています。やはり、二人のお兄ちゃんの影響は大きいようですが、問題は私の体力がいつまで続くかということですし、さらに難しいことを要求してきそうです。

 ところで、百恵ちゃんはまた、髪の毛を切りました。本当は2枚の写真のように縛るととても可愛いのですが、どうも嫌がってそうさせません。ですので、一段といたずら度が増したようなお顔になり、ジイジは楽しく悩みそうです。

 

マスクと消毒液が購入できる幸せ

 今になってみれば、「大変だったけど、何とか工夫して乗り切ったのかな」という思いです。もちろん、COVID-19の影響で、街中からマスクや消毒液がなくなり、どちらも、購入することがとても難しくなった当時のことです。

 それが、それほどの時間がかからずに、どこのお店でも買えるようになりましたし、価格も安定しています。現在では、マスク、手指消毒、3密回避が誰でもが守っている約束事になりましたが、あの時期はそのうちの二つがそもそも入手困難でした。

 当時を思い出してみると、お店やレストラン、公共施設などの入り口に置かれていた消毒液はまるで「しばられ地蔵」のようになっていました。盗難防止だったのでしょうが、どこでも、誰でもが厳しい体験をしていました。

 ですから、私などは店頭に、通販サイトに、これらの品物が不足なく出ていることをありがたいと感じています。3密回避は行動変容で対処できましたが、マスクや消毒液は現物がなければ防ぐことができないので、なおさらそう思います。

 ところで、写真ですが、国産の白十字製のマスクとイトーヨーカドー100周年限定のそれ(中国産)です。どちらも、社名の彫刻印が右下にありますし、イトーヨーカドーのものは30枚入りで個別包装されていました。

 また、右端にはあの「サラヤ」とセブン&アイがコラボした消毒液(後ろは詰替え)ボトルがあります。サラヤ製品は一時期、絶望的に店頭から消えていましたが、こんな素敵なコラボで登場したことは嬉しいです。

ワクチンクーポンを静かに待ちます

 わが国でも最前線の医療従事者へのCOVID-19ワクチン接種が間もなく始まります。その後の接種日程については概略が発表されていますが、様々な制約もあり、それが遅れることもあるでしょう。

 もちろん、それについての批判報道も当然のように出てくるでしょうし、ワクチンの効果そのものに対しての疑義みたいなものも飛び出すと予想されます。日本は民主主義国家ですから、それを抑え込むことはできません。

 ただ、接種業務を担う全国の区市町村は一所懸命に頑張っていることも事実で、未曾有の国難に対処しているのです。私は長い間、地方公務員の皆さんに接してきましたが、大きな目標には全力を出し切ることを知っています。

 ともすると、「お役所仕事」などと揶揄されることもありますが、少なくても今回のことについては接種体制を確立するために、地元の基幹病院や医師会とも連携して、仕事を黙々と進めています。

 しかし、何と言ってもこれだけの業務は初めてなので、関係機関とのコミュニケーションがなかなか順調にできていないこともありますが、必ず隘路を切り拓いてくれると確信しています。

 実際、杉並区長の田中良さんともメールでやり取りをしていますが、彼も「区、病院、医師会のコミュニケーションがとても大切です。これが固まることによってスムーズな接種体制ができます」と、準備に余念がありません。

 ですから、私と妻は自宅にクーポンが届くのを落ち着いて待ちます。考えてみれば、個人は何もしなくても、多少の遅れはあるでしょうが、その指示に従っていけば、ワクチンの接種を受けることができるのです。しかも、すべてが無料です。

 ありがたいですね。でも、心配なこともあります。それは欧米での接種の様子をビデオを見ていると、「あんな長い針を垂直にズブっと刺したら痛いだろうな」と、ちょっと怖くなることです。私は注射が小さいころから苦手なのです。

 それにしては、打ってもらっている皆さんの顔の表情に特に変化はないようですし、筋肉注射が必ずしも痛いとは限らないと聞いていますので、接種までの時間、「筋注は痛くないぞ!」と信念強化しなければと思っています。

販売停止の決定取り消しは大歓迎です

 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ビール缶に表記されている英語のスペルが間違っていたことにより、ファミリーマート限定の「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」が販売停止になっていました。

 それが、ファミマとサッポロで慎重に検討を重ね、お客さんのご意見を真摯に受け止めた結果、そのままで発売することにしたそうです。つまり、スペルはそのままということです。

 そのスペルですが、「LAGER」と表記するべきを「LAGAR」となっています。EとすべきところがAになっていたということです。ただ、表示はご覧のように極めて小さく、言われてみなければ分からないレベルです。

 でも、上述のように両者で悩み、それを公表し、廃棄をしなかった選択は大いに評価できるような気がします。ですので、私も近所のファミマで早速、購入しましたが、お世辞抜きで美味しかったです。レトロなデザインも素敵ですね。