もはや「官製春闘」どころではない!

 私は“官製春闘”という言い方はあまり好きではありませんが、安倍晋三さんの来春の賃上げにかける意気込みがすごいことになってきました。もう“執念”のようでもあります。しかも、一連の展開の関連性がかなり計算されていて、何が彼を動かしているのかと勘ぐってしまうほどです。
 それで、先日もお伝えした経済界に3%賃上げ要請したのに続き、今度は法人税優遇措置を持ち出してきました。端的に言えば、「社員のお給料をアップしない、設備投資をやる気のない企業には、優遇措置は止めるので、そのつもりでね」となるでしょう。
 そして、「でも、両方やれば税金をまけてやるよ」と同時にあめ玉を持たせることも忘れていません。いったい、誰がこんなことを考え出すのでしょうね。しかし、ここまでくると、脅しというか、社会主義国家の統制経済のようですし、経済界からの評判はよろしくないようでもあります。
 それから、何らかの理由で業績が低下している企業はその制度の例外としたり、賃上げをした中小企業には減税し、さらに汗をかいた中小企業には減税額を増やすということも打ち出しています。こんな政策は民主党政権を含めて歴代の政府、というか、首相では初めてではないでしょうか。極めて異例なやり方です。
 また、安倍さんはわが国の賃上げにトヨタ自動車の影響力が非常に強いことを知っていて、実際、選挙応援で愛知県に入ったとき、トヨタの会社幹部に賃上げの要請をしています。“そこまでやるか!”という感じです。
 ただ、トヨタの賃上げが関連企業や自動車産業に良い意味で影響をあたえるのは問題ありませんが、それを超えて、日本全体のあらゆる産業、特に流通や小売業まで波及するのはいかがなものかと思います。儲かっている会社でも、トヨタが渋るとそれにならい、その逆では無理をして賃上げをすることは、それぞれの産業や企業にとって、あまり良いこととは思えません。
 いずれにしても、安倍さんや政府にとって、来年春の賃上げはデフレ対策の正念場になりますが、連合や各産別、単組にとっても大切な交渉になると思います。先日の総選挙で自民党筆頭副幹事長の小泉進次郎さんが以下のように叫んでいました。少し長くなりますが引用します。
 「本来、賃上げ交渉を拳を振り上げてやるのは労働組合のはずですよね。しかしそれを今、国をあげてやっているんです。だとしたら何で労働組合は自民党を応援しないで野党を応援したままなのか。そして労働組合は連合が束ねていますが、本当に労働者の代表は連合ですか。私は違うと思いますよ。なぜなら連合の組織率は17%。何で17%の人たちが代表なんですか。今までそうだったから慣例的に代表としてやっているだけで、今の世の中の多くの労働者の代表だとは、とても言えるもんじゃないと思います」
 労働組合という組織をまったく分かっていない支離滅裂な発言ですが、そんなつまらない、空虚な連合批判を打ち負かすためにも、連合に結集するすべての執行部や役員の皆さんには頑張っていただき、政府や経済界が望んでいる以上の賃上げを必ず勝ち取ってください。
 小泉ジュニアになめられるのは我慢なりません。僭越ですが、区議選と都議選で一所懸命に私を支えていただいた連合を熱烈に応援させていただいています。今こそ、真に労働者の味方であり、民主的労働運動を牽引する連合の出番ではないでしょうか。現場で働く多くの仲間たちが期待しています。
(写真は連合のフェイスブックからお借りしました)

台北での結婚式に行ってきます

 台湾でお世話になっている友人で、中華民国外交部(外務省亜東関係協会経済部)で勤務していた(寿退社)、張嘉舫さんが結婚されることになり、私にも招待状を送っていただきました。お相手の男性は日本の方で、台湾での結婚式のあと、来年には岡山で同様に式を挙げられるとのことです。
 そして、式場はいつも私が宿泊している國賓大飯店なので、美味しく料理とお酒をいただいき、酔ったら部屋に戻って小休止もできます。これは偶然なのですが、亜東関係協会が公式レセプションや晩餐会でこのホテルを使うことが多いので、ここを選択されたのかもしれません。
 また、これまで彼女は通訳を兼ねて、自分の休みを利用して視察や観光にお付き合いしてくれました。とてもありがたいことです。写真は今年2月に行った観光地・九份で撮りました。末永くお幸せに!

えっー!24時間飲み放題

 このような居酒屋さんの企画が、わが国の経済がなかなか抜け出せない“デフレ”と関係あるのかどうかは分かりませんが、このポスターを朝のワンコの散歩のとき見て、とても驚きました。「業界初!」だそうです。
 私も若いころでしたら挑戦していたかもしれませんが、それにしても、24時間飲み放題で2400円とはすごいですし、その途中で店を出て自宅などにいったん帰り、再入店してもOKというのですから採算は取れるのでしょうか。
 また、毎月24日は価格が十分の一の240円ですから、お財布にも優しすぎですね。なお、同じJR阿佐ヶ谷駅南口近くの二つのお店のお得なセットのポスターも載せておきました。デフレは当分の間、終わりそうもありません。

『戦わずして勝つ』とはこのこと

 他国からの侵略や戦争を避けることは大切なことですが、敵意を剥き出しにして、「日本列島を木っ端微塵にして海に沈めてやる」とがなり立てている国が相手の場合、日本(国民の生命と財産)を守ることはけっこう難しいと思います。
 そして、わが国は陸上イージス(イージス・アショア)やSM-3のブロック2Aへのバージョンアップなど、ミサイル防衛システムの強化を急いでいますが、その間に彼の国がミサイルの性能がさらに進めば、いわゆる“イタチごっこ”となり、迎撃することが難儀になります。
 それでは、どうしたら戦争を防げるか考えてみました。もちろん、話し合いなど平和的手段で解決することが良いのですが、その対象の国が聞き耳を保たなければ、雪隠詰になってしまう可能性が高くなるというか、今の東アジア情勢がそれを示しているようにも思えます。
 それで、結論というわけではないのですが、ミサイルを打ってきそうな国が、「あの国(&同盟を結んでいる国)とは戦いたくないな。こっちが損しちゃうから」と思わせるのが一番優れたやり方ではないでしょうか。
 そこで、今日の写真ですが、先日の日本海での日米共同訓練で撮られたもので、米国太平洋軍や同海軍が提供しています。簡単に絵解きを載せておきます。
A:先頭を航行しているのが米空母ドナルド・レーガン、その真後ろが日本ヘリ空母いせ、その左が米空母ミニッツ、同右が米空母セオドア・ルーズベルトです。また、その後ろには護衛艦まさなみいなづまが続いています。上空にはちょっと見にくいのですが、右端に向けて米爆撃機B1と戦闘機F/A18ホーネットが飛んでいます。
B:この写真はもの凄いです。空母やミサイル駆逐艦はAと同じですが、上空真ん中には「空の要塞」と恐れられているB52が飛んでいますし、何と!2隻の原子力潜水艦が少しだけですが顔を出しています。空母打撃群には必ず原潜が同行していますが、トランプ大統領が言っていたとおりでした。ただ、その姿を公表するのは極めて異例でしょう。
C:セオドア・ルーズベルト D:ミニッツ E:ドナルド・レーガンですが、3隻とも戦闘機などをこぼれ落ちそうなほど満載しています。原潜を含めれば数え切れなほどの巡航ミサイルでの攻撃が可能で、空母からの発進ではありませんが、B1やB52もスタンバイ完了です。
 アメリカという国とは嫌なことが多少あっても、お付き合いを続けていかなければならないと以前から思っていました。生意気ですが、この数枚の写真を見て、あらためて、自分の考えがそんなには間違っていなかったと感じています。
 それから、このオペレーションに参加している海上自衛隊(航空自衛隊も)は米軍からとても高く評価されているそうです。専守防衛に徹し、国家と国民を守るために日々、厳しい訓練を重ねているわが自衛隊の皆さんに拍手です

「ともえ庵」のたい焼きが旨い

 今月5日に開催された河北総合病院のイベントに出店してくれた、たい焼きの「ともえ庵」さんに行ってきました。パールセンター商店会の中ほどにあり、JR阿佐ヶ谷駅、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から徒歩数分の便利な場所にあります。行列ができていることも多いです。
 購入したのはたい焼きが10匹入ったもので、私が持っている化粧箱がとても可愛いです。箱代は掛からず、1500円ですが、贈り物にしても喜ばれること間違いないでしょうし、電話で予約することもできます。もちろん、1匹150円から買えます。
 それから、了解をいただいて、焼いているところを撮らしてもらいました。“一丁焼”というそうで、お店のサイトでは、「たい焼き一匹分の金型にそれぞれ柄が付いている『ハシ』等の呼び名で呼ばれる器具を用いて焼くたい焼きを指します」と説明されています。要するに、1匹1匹を丁寧に焼いていることで、これを“天然もの”と称するそうです(まとめて焼くのは“養殖もの”)。
 また、このお店の完全オリジナルの“たいやきの開き”は絶品です。こんな美味しいものを作ってしまったのは、ひとえにたい焼きへの深い愛情とお客様に喜んでいただきたいと思う優しい気持ちからでしょう。こちらも是非、お試しを。あんこが季節限定のたい焼きもあります。

頑張って!小池百合子さん

 今になって考えてみると、衆議院選挙直後に行われた希望の党の両院議員総会で、実に3時間の長丁場で厳しい批判を受けた小池百合子さんが皮肉を思い切り込めて発した、「民進党ではこうやっていたんですね。自民党は決まったら従うのよ」のころには代表を辞めたいと思っていたようです。もちろん、その総選挙で惨敗したことが一番の要因だったでしょう。
 そして、国政や都政ではありませんが、お膝元の東京の葛飾区議会議員選挙では、都民ファースト所属の都議会議員がローテンションを組んで全力で応援しました。しかし、公認候補が1人しか当選できず、残り4人は落選してしまい、さらに追い打ちをかけるように、本番前に都民ファーストの公認を辞退した2名が当選するという、踏んだり蹴ったりという結果も影響したように想像しています。
 なお、公認で当選した「うてな英明」さんは前回の選挙で惜敗し、この4年間、しっかりと地域活動を継続してきた候補者です。また、民進党公認で2位当選した「かわごえ誠一」さん、無所属で当選した「米山真吾」さんも民主党時代からの同志で、3名の当選は私にとっても嬉しい限りです。
 さて、1年数カ月前に開幕した“小池劇場”もいったんは幕の内になったようです。現在は何幕目か、千秋楽がいつになるのかは分かりませんが、小池さんにはタイトルのように東京都政で頑張っていただきたいと願っています。ただ、その情勢はかなり厳しいようでもあります。
 一つは“泣きっ面に蜂”なのですが、つい少し前にに小池知事与党を宣言した公明党が、再び急旋回して「や~めた」となってしまったことです。この会派の幹事長は、「必要であれば自民との対話もしていきたい」とも言っていますので、かなり不安定な都政・都議会運営になることが気がかりです。
 ちなみに、私の比較的身近にいる方は以前、「門脇さん、公明党は選挙後数カ月で自民党とよりを戻しますよ」と言っていました。当時「いくらなんでも、そんな無節操なことはないだろう」と思っていましたが、そのとおりになり、その方の政局を読む能力に感心しています。
 それから、私の勝手なもう一つの心配は東京都の職員さんたちのモチベーションのことです。表向きにはあまり話題になりませんでしたが、都政新報という新聞に数回にわたって掲載された職員の知事に対するアンケート調査の結果を見ると、背筋が寒くなるほど、職員の皆さんの小池さんに対する評価は厳しいのです。
 まさかそんなことはないと思いますが、今回の代表辞任→知事業務専念について、「お帰りなさい」と歓迎する職員が、「できれば、代表を続けて‥‥」と変な期待をする職員より一人でも少ないとすれば、それはとても怖いことです。確かに、“都知事に専念することが良い”が7割という世論調査結果は職員のそれではなく、都民の意識ですから、そこがやや気になります。
 それと、地方議員の在職期間が長かった私の危惧は、1年半後に迫っている統一地方選挙と来年の町田、日野、立川の市議会議員選挙のことです。希望の党と都民ファーストとの関係はよく分かりませんが、このままだと、さらに希望の党が分裂すると、区議会や市議会で都民ファーストの公認や推薦で立候補しようとする人がいなくなってしまうのではないということです。特に夏の都議選で初当選した新人都議さんは、選挙までに直系の候補者を擁立することは極めて困難ではないかと思います。
 最後になりますが、先の総選挙での小泉進次郎さんの演説を思い出しました。「あえて単純に今回の選挙の構図を言えば、『責任対無責任』の戦いだ。小池都知事は無責任。都知事選、いつやったか。去年だ。(衆院選に立候補すれば)都政を投げ出す無責任。逆に、出なければ出ないで無責任。なぜか。せっかく民進党をなくしたのに、出てくれないんですか。出ても無責任、出なくても無責任の、『無責任のジレンマ』に陥った」
 これを聞いて小池さんは、「キャンキャンとはやし立てている」とちょっと引きつった笑顔で答えていましたが、結果的には“言い得て妙”というか“当たらずといえども遠からず”になってしまいました。とても残念なことですが、依然として熱烈な小池ファンは少なくなく、3年後のオリンピック・パラリンピックの成功に向けて頑張ってください。
(写真はテレビの映像をスマホで撮ったもので、お顔の色の濃淡がブレていて申し訳ありません)

稜ちゃんとジイジの小旅行

 午前8時に区内下井草に住んでいる次男の家に稜ちゃんを迎えに行き、近くの西武新宿線の踏み切りで電車を見て、井の頭線の西永福駅と永福町駅の間で同じく孫とジイジの鉄ちゃん修行をして、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から新宿駅に向いました。
 それから、入場券を買って山手線の内回りホームから行き交う電車を見学しました。次から次へとやってくる山手線、総武緩行線、中央線などに稜ちゃんは大興奮で、あずさ、成田エクスプレス、金色のスペーシアが走っている姿も見ることができ、ジイジも負けずと感激でした。
 そして、東口アルタ前で鳩と遊んでもらい、伊勢丹に到着、ベビールームでおむつを取り替えましたが、すごく充実して綺麗なスペースでした。また、屋上の庭園も素晴らしく、簡易な遊具もあり、新宿の喧騒が嘘のような空間です。ここは穴場スポットですね。
 ジイジバカになりますが、1歳9カ月の稜ちゃんはこの間、抱っこをしないで自分の足ですべて歩き、なかなか良い子と感じました。ただ、帰りのJR阿佐ヶ谷駅までの僅かの時間に寝てしまいました。次回は新宿御苑に二人で行ってみようと思います。

『政治家としてはなかなかの腕だ』

 中国共産党の心臓部「中南海」にかなりの情報網を獲得している読売新聞ですが、最近の記事で以下のように書いています。習近平さんの9月に行われた内部会議での発言だそうです。「(首相の安倍晋三さんの政治)手法は好きになれないが、政治家としてはなかなかの腕だ
 なるほど、“仏頂面”という言葉が世界一似合う指導者が握手をして、初めて笑顔になりましたので、そのとおりなのでしょう。わが国にとっての見方はいろいろありますが、嫌々でも、仕方なくでも、間違いなく良いことです。しかも、揉み手をしたり、領土や防衛などの原則を曲げての“微笑み”ではありませんので、なおさらです。
 その理由ですが、やはり、第19回党大会がすべては思いどおりにはならなかったものの、政敵も数多く追い落としたし、次期後継者の芽も摘んでおいたし、そして、最大の成果は共産党総書記、国家主席、軍事委員会主席の3点セットの3選が見えてきたことにより、一種の“余裕”が出てきたことと思います。そして、私は以前から“終身も夢ではない”と申し上げてきましたが、100%冗談とも言えなくなってきました。
 それから、これは冒頭の発言どおり、今日の国際情勢、とりわけ日本と米国の連携が半端ないほど強化されたことが原因の2番目でしょう。さらに安倍さんは、あまり上手くいっていませんがロシアとの関係も少なくても悪くはないし、ASEAN諸国やインド、オーストラリアともとても良好な関係です。
 次に、TPPを実質的に牽引しているのは日本で、アメリカが離脱して貿易総額は萎んでしまいましたが、もしかしたら、安倍さんはトランプさんのあとを見越しているのかもしれません。と言いながら、私はTPPがわが国にとっていいことなのか、そうでないことなのか、いまだに判断がつかないという情けない思考回路です。
 また、北朝鮮のミサイルと核実験の脅威など、所詮はヨーロッパ各国にとってどうでもいいことですが、安倍さんは「欧州にも届くぞ!」と脅かして、彼の国に対してのECによる制裁措置を発動させることに成功しています、合わせて、今、開催されているASEAN首脳会議でも加盟国の多くは北朝鮮と国交があるのですが、安倍さんの強力な根回しもあって、次々と北に対する態度を硬化させています。
 それで、さすがにここまで来ると、「地球儀の俯瞰外交なんて、安倍さんの個人的旅行だ」とか「(アフリカなどに)大盤振る舞いして開発援助しているが、安倍さんのポケットマネーじゃないんだから」とう声はほとんど聞こえなくなりました。立憲民主党や民進党もその成果を評価せざるを得なくなっていることは本音でしょう。
 そして、ついにはトランプ大統領に“自由で開かれたインド太平洋戦略”をサジェッションするという、今まで誰もやったことのない離れ業まで実行してしまいました。この戦略タイトルには南シナ海や東シナ海という名称がなく、インドという名前が入っていて、何やら意味深のところがミソです。奥ゆかしく、同時にすごく影響力がありそうです。
 一方、野党は政府や与党を追求することが最大の任務ですので、あまり物分りの良いそれは存在価値がないでしょう。ただ、国政の最大の任務が外交と防衛(安全保障)だとすれば、いつまでも「もりかけだー!」とばかり叫んでいるのはいかがなものかと思います。皮肉を好みませんが、私には“自虐ネタ”のようにも感じてきました。
 立憲民主党が誕生したことは有権者の選択肢も分かりやすくなり良かったのですが、それでも、巨大連立与党の六分の一の勢力ですし、希望の党の内部事情は旧・民進党がそのまま二回りくらい小さくなったようです。世界を見回したとき、わが国の野党がガラパゴス化しないことを期待しています。
★★★余談ですが、トランプ大統領は京劇がお好きではないようでした。やっぱり、ゴルフなんでしょうね。紫禁城の貸し切りよりピコ太郎さんで、晩餐会はもの凄く盛り上がったようでした★★★

久しぶりに“全員集合”

昨日は門脇家全員がとても久しぶりに集まりました。いつもお伝えしているとおり、次男一家は区内に住んでいますので、毎週末にはやってくるのですが、長男一家は茨城県古河市にいますので、年に数回の実家帰りとなります。ワイワイ、ガヤガヤと楽しい一日でした。

幸せになれそうなピンクハウス

ワンルームのアパートなのでしょうが、写真の建物は杉並区阿佐谷南3丁目の中央線高架横にあります。左上の白い壁の内側を電車が走っています。それにしても、鮮やかなピンク色で、ご近所から浮いているというか、突出しているというか、童話の世界のお家のようです。8世帯が入っているようですが、何となく、入居者の皆さんは幸せになれそうですね。

アフリカのバラ&船橋屋のこよみ

 今まで2回ほど紹介させてもらいましたが、広尾駅から徒歩数分の「アフリカの花屋」でとても綺麗なバラを求めました。お世話になっている方の奥様にプレゼントするためですが、毎回、その美しさにに驚嘆を繰り返しています。今回はお店で、ケニアの装飾品や花瓶なども販売していました。
 そして、その帰り道には亀戸天神のくず餅で有名な船橋屋さんが創業200年を記念して開店した「こよみ」があり、いつもは素通りなのですが、たまたま空いていたので、一番の売れ筋“くず餅プリン”を購入しました。店員のお嬢さんの笑顔が素敵で、とても良い買い物をしました。

革マル派がUAゼンセンを批判

 革マル派(日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派:あ~長いな!)が機関紙「解放」第2493号で、私の出身母体でもある産別「UAゼンセン」を“企業発展のための労組づくりに狂奔する労働貴族”の見出しで、ほぼ1頁全面を使って批判しています。
 革マル派の歴史や思想は長くなるので省きますが、ほかの新左翼(警察用語は極左暴力集団)諸派と比べ、“組織づくり”をもっとも大切な活動と考えているようです。同時にその秘密主義は公安機関でもなかなか解明できていないと言われています。
 ところで、その革マル派が旧“同盟”の中核産別であり、当時の民社党を強力に支援していたUAゼンセン(当時はゼンゼン同盟)を批判することは本来、ありえないことで、その対象は共産党系の全労連以外では、自治労や日教組、全逓(現・JP労組)など、昔の総評系の産別であり、あとは私鉄総連や電機労連(現・電機連合)くらいまでです。私たちには迷惑千万なことですが、革マル派にすれば、「所詮、資本家の手先にすぎない同盟系労組など、批判の対象にする価値もない」が本音でしょう。
 それなのに、革マル派はUAゼンセンに対する批判記事、論文を何度も掲載しています。今回も同様ですが、概ね“労働貴族”がお約束のキーワードなのです。一般的にこれが使われるケースは、組合費を使って幹部が豪勢に飲み食いをしている、組合を踏み台にして会社での出世を目指している、などですが、彼ら彼女らの文章からそれを見つけ出すことはできません。
 もちろん、「わずかばかりの賃上げ・処遇改善と引き換えに生産性向上(搾取の強化だ!)への強力を資本家に誓っているのだ」というような革マル派ならではの部分もありますが、いつものことでもありますし、それほど強烈なイメージはありません。
 というか、1ページ全体の字の小さい論文を読むと、ありがたいくらいにUAゼンセンの歴史と組織実態を詳細に説明している、連合が組織人員を減らし続ける中で唯一組合員の数を増やしている(現在は172万人)、非正規雇用労働者(パートさんなど)を積極的に組織化している、組織化戦略と現場でそれを担っている職員を『専従営業マン』と呼び(そうは書いてありませんが何となく)頑張っているな、うらやましいなと、そのように不思議と私には感じてしまうのです。
 このあたりに、革マル派がUAゼンセンを繰り返して機関紙で取り上げている理由がありそうですし、感心しているのではありませんが、実に組織の内情を調べ上げていると思います。表現を気を付けなければいけませんが、“さすが革マル派”であり、過激派だから、所詮は数千人の団体だからと見くびってはいけないでしょう。
 そのことは、なぜ、警視庁公安部が革マル派の視察をほとんど行わず、“失われた10年”と悔やまれる期間があったのか、なぜ、同派が世界最大級の旅客鉄道株式会社の労組や上部産別にかなりの影響力を有しているとの政府答弁書(民主党政権での閣議決定)が今でも生きているのかに現れているのではないでしょうか。
(デモの写真は購入した機関紙と同じものを同派のWebより引用しました)

助川ダンス教室とお疲れ様会

 青山学院大学の先輩でもある助川友朗さんがオーナーを務めている助川ダンス教室ビルにあるイタリアンレストランで、9月に開催された青学同窓祭・ダンスイベント委員会の打ち上げが行われました。とても素敵なお店で、お料理とワインも美味しかったです。また、ビルに掛けられた懸垂幕の内容が素敵でした。
 そして、その懇親会の前に少し時間があったので、2階の教室を見学させてもらいました。フロアーはかなり広く、何組かの皆さんがワルツを優雅に踊っていらっしゃいました。ちなみに、助川友朗先生は世界的に著名な方で、「門脇さんも(ダンス)を始めなさいよ」とアドバイスをいただきました。やろうかな~。
 それから、ここでのお開きのあとは帰宅方向が同じの後輩と酉の市で賑わう花園神社に向かいしました。境内は大変な混雑で、後輩も、「凄いですね、凄いですね」といたく感激していました。勢いも手伝ってお酒の量も進み、翌朝は久しぶりの“痛飲”でしたが、とても充実した楽しい時間でした。

安倍総理が賃上げ3%を明言

 少し前に開催された安倍晋三さんが議長でもある経済財政諮問会議で、「経済界では来年の労使交渉で3%の賃上げを是非、前向きな取り組みをお願いしたい」と発言されました。首相が賃上げ要請するのは5年連続ですが、具体的な数値を示したことは初めてです。
 それで、“官製春闘”というフレーズはマスコミが作ったのでしょうが、私はあまり好きな響きではありません。首相は賃金と可処分所得の継続的拡大の視点からお願いしたいと言ったので、労使交渉に介入しているわけではありませんし、実際、その労使交渉で「お互いに頑張って欲しい」と期待しているわけです。
 ところで、安倍さんの要請はすり合わせは当然あったと思いますが、民間議員の学習院大学教授・伊藤元重さんの『民間議員3名は3%の賃上げの実現について提案する』との提案を受けての対応でした。あとお二人は東レ株式会社相談役の榊原定征さんとサントリーホールディングス社長の新浪剛史さんです。
 そこで、私は思いました。確かに榊原さんは一企業の相談役としてこの会議に参加しているのですが、経済界の総本山・経団連の会長でもいらっしゃるので、イコールでないにしても、限りなく“わが国の経済界”を挙げて3%賃上げを目指しているのだと。若干、願望も込めて申し上げれば、来年の賃上げの最低ラインが3%に設定されたということでしょう。
 もちろん、経済や企業の指標は見る角度によって、希望的にも、絶望的にも捉えられますが、“景気”というくらいですから、できれば明るく考えたいものです。また、国会の日程はよく分かりませんが、働き方改革に関連する法律(労働基準法)改正審議も、新しい勢力図のもとで与野党ともにしっかりとやっていただきたいと思います。
 なお、安倍さんは「賃上げは、もはや企業に対する社会的要請だと言える」とも言い切っています。私の勝手な解釈ですが、企業の社会的責任であれば、労使交渉のもう一方の当事者である労働組合も社会正義の実現と組合員の生活水準の向上がいつになく重要になっているようにも感じます。
 僭越ですが、わが国で民主的な労働運動を推進されている産別や労組の皆さんにも頑張っていただき、「よーし!そちら(政府と使用者)が3%なら、現場でまじめに働く仲間たちのために、こちらは最低でも5%を勝ち取るぞ!」との意気込みで交渉に臨んでいただければ嬉しいです。

杉並健康ライフ2017

 社会医療法人・河北医療財団主催の「around杉並健康ライフ」が今年も区立阿佐谷区民センターで開催されました。私も毎年参加していますが、今回は例年よりもお客様がかなり多かったようです。企画や準備、当日のスタッフも皆さんに感謝申し上げます。
 4本の講演も充実し、骨密度、血管、血糖値など体験測定も多くの方々で賑わっていました。また、今年から中庭で阿佐谷パールセンター商店街や河北総合病院近くのいくつかのお店が美味しいものを販売してくれました。写真は人気店「ともえ庵」さんです。
 何回かお伝えしていますが、私はこの財団の顧問を務めさせていただいています。理事長の河北博文さんとはいつもお話しをしているのですが、病院の全面移転・新築など、地域の皆さんのお役に少しでも立てるよう活動してまいります。

とても嬉しいこと~ASEAN世論調査

 わが国の外務省から、ASEAN(東南アジア諸国連合)の加盟国で実施した“対日世論調査”の結果が発表されました。この連合の構成国は人口の多い順に、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ラオス、シンガポール、ブルネイの10カ国で、域内人口はEUよりも多く、約6億4千万人です。
 それで、日本を「とても信頼できる」と「どちらかいうと信頼できる」との回答を合計すると91%で、2年前の調査から18%も増加したそうです。凄いですね。
 次にわが国との関係については、「友好関係にある」が前回より14%アップの89%、そして、ここが特に重要と思うのですが、「平和国家としての日本を評価するか」に対しては、“そう思う”が6%増えて88%だったそうです。
 ちなみに、G20の中で過去50年間に一番ASEANに貢献した国はどこか?の設問(複数回答可)では、多い順に、日本55%、中国40%、アメリカ32%、韓国24%、オーストラリア23%との結果です。
 躍進するアジア諸国がこれだけ日本を評価してくれ、好感をもってくれていることは、嬉しいし、ありがたいです。もう、これだけで、繰り返される中国、韓国の反日発言や行動に反論することがバカバカしくなります。書店に山積みされている嫌韓、反中本を購入して溜飲を下げることも必要ないでしょう。
 そういえば、何度も指摘して恐縮ですが、韓国の親北ではなく、従(属)北(朝鮮)大統領の文在寅さんが先日、「日本が北朝鮮の核を理由に軍事大国化の道を歩むとすれば、ASEAN国家との関係でも望ましくないことだ」と言っていました。こういうのは“大きなお世話”ですが、次第にその本性を現しているようです。
 それから過去、長い間にわたって続いてきた大臣などと記者のやり取りですが、最近は気合の入った大臣も登場しています。内容はいつものとおり、靖国神社参拝や防衛費増額などほとんどお約束のものです。
記者:「アジア各国の反発が懸念されますが?」
大臣:「それはどの国のことですか?」
記者:「中国と韓国です」
大臣:「それ以外の国はどこですか?」
記者:「‥‥‥」
 なるほど、そういうことなのですね。

とても素敵な英国風パブ

 昨日の記事は新橋での友人との会食などでしたが、今日はそのあとの二次会の話題です。と言っても、タイトルのように新橋駅近くの英国風パブに繰り出して、美味しくお酒をいただいたということだけですが、内装や雰囲気、支払いシステムなども素敵でした。場所がらでしょうか、サラリーマンやOLの皆さんが多く、それほど長居をする飲み屋さんではないようでした。
 それから、大きめのトートバックですが、お客様の荷物入れとして各テーブルの端にぶら下がっていました。ロンドン名物の二階建てバスが可愛くデザインされていて、四面ばかりか底にもユニークなイラストがありました。「俺をよく見つけたな!」みたいなこと言ってます。
 非売品と思ったのですが、「これって売ってますか?」とキュートな女性店員さんに聞いたら、どなたかに確認して、「ハイ、300円です」と教えてくれました。あまりそんなことをリクエストする人はいないようでしたが、なかなか良い買い物をしたと思います。

ゴジラ・ストアと新橋亭

 新宿マルイアネックスの1階に日本初の「ゴジラ・ストア」が開店し、とても賑わっていると評判なので、行ってきました。独立した店舗ではなく、フロアの一角に展開していて、思ったよりスペースは大きくありませんでした。
 それから、友人と会食するため新橋に向かったのですが、少し時間があったので、徒歩で新宿御苑の新宿門前を通り、新宿通りを丸ノ内線四ツ谷駅に到着、赤坂見附駅で乗り換え、虎ノ門駅に到着しました。
 場所は老舗の「新橋亭」で、かなり昔のことですが、当時の民社党本部が近くにあったので、ときどき利用していました。“しんきょうてい”と読みます。お土産でいただいた肉まんセットも美味しそうです。なお、時節がら、話題は超満載でした。

欅坂46の『不協和音』が素晴らしい!

 やはり、わが国には“共産党は嫌だけれど、保守や中道も好きじゃない”という人たちがけっこう大勢いらっしゃいます。一般的にはリベラルや左派という範疇なのでしょうし、まったく同じ理念や政策を持っているわけではありませんが、立憲民主党は過去の日本社会党の再来と言っても、そうは間違っているとは思えません。
 僭越ですが、私自身の安全保障や憲法など国の基本政策に関わるカテゴリーでは、考え方が異なります。しかし、前述のように、国民や有権者の皆さんの“選択肢”が増えたことは本当に良かったと感じています。民進党にはけっこう保守の議員も多かったので、ある意味、すっきりしたのでしょう。
 ところで、マスメディアでもネットメディアでもかなり話題になっているようですが、その立憲民主党のリーダー・枝野幸男さんの最近の生き方と欅坂46の「不協和音」の歌詞が妙にマッチングしていると評判です。私も早速、聴いてみましたが、恐ろしいほどダブっていて、作詞をされた秋元康さんが枝野さんの今日を予想していたのではと思うほどです。YouTubeの公式リンクを下に貼っておきましたので、よろしかったらご覧ください。枝野さんもこの曲がえらくお気に入りのようです。
 さて、いきなり話題は異なりますが、民進党にいくらお金が残っているかとあちこちで書かれたり、話されたりしています。100億から140億が多いのですが、実際には今回の選挙でかなり使っていますので、80億円くらいが残金のようです。
 なお、これまた噂が先行している希望の党の“供託金”問題ですが、確かに候補者擁立の段階では、振り込め詐欺と揶揄されても仕方ないほど、きつい集金方法が行われていたようですし、そもそも、それを指示していた人も、電話を掛けて請求していた人も公職選挙法のことを知らなかったのでしょう。そして結果は、マスコミ報道がこれ以上に高まり、落選した人たちから訴訟を起こされることを防ぐために“返金”を決めたようです。それにしても、小池百合子さんの最側近も含めて、彼女から離れていくことが加速していくのでしょうか。
 また、民進党職員の次の就職先ですが、特に30歳代、40歳代の方々は大変でしょう。立憲民主党には民進党の事務局長だった人がいち早く移籍していますし、それ以外にも十数人はこの党で働いているようです。一方、希望の党はほとんど人気がなく、俗な表現で申し訳ありませんが、内輪もめのスピードが増していくのでしょうから、党事務局をしっかりした組織にするのはとても難しそうですね。
 もちろん、民進党も存続しますので、特にこの党のもとで戦ってきた全国の地方議員の皆さんを資金的なことを含めて、1年半後には統一地方選挙もありますし、大切にケアしていただきたいと願っています。
欅坂46『不協和音』https://www.youtube.com/watch?v=gfzuzDrVRVM

大好きな黒ごま煎餅ですが

 私は黒ごま煎餅が大好きで、数日前、通販サイトのポイントが間もなく無効になるので、それを利用して写真のお煎餅を購入しました。1袋約400円でいつも食べているものの倍近い価格です。
 それで早速、食べてみましたが、あまり美味しくありませんでした。“なぜなんだろう”と思って、裏側の表示を比べてみて分かりました。それがすべてとは考えませんが、昆布エキス、発酵調味料、アミノ酸などの調味料が含まれていなかったのです。
 もちろん、このサイトを運営する会社は有機栽培、無農薬、無添加などを“売り”にしていて、それが価格にも反映されているのですが、正直なところ、「美味しいごま煎餅がいいな」と思いました。
 そういえば、無添加の類いではありませんが、「美味しいものは糖と脂でできている」というお茶のCMがありました。健康第一と美味しさのせめぎ合いが時代の雰囲気とともに激化しているようです。迷いますね。

カウンター席の楽しさ

私は昔から飲食店のカウンター席に座るのが大好きです。料理を作ってくれる様子も見られますし、美味しそうなお魚やお肉などが目の前にあれば、「それ、お願いしします」とリクエストできます。店主や女将さん、中居さんたちとも話しやすいロケーションですし、料理以外のお酒などの注文もスムーズです。そして、何よりもご一緒した先輩や友人が横に座っているので、意見や情報の交換がとてもうまくいくケースが多いですね。

宮崎岳志さんはユニークです

 週刊誌のWeb版で、“希望の党 落選者座談会”という企画があり、今回の選挙で民進党から希望の党に移り、惜しくも小選挙区で落選し、比例区での復活も叶わなかった4名の皆さんがそれぞれの思いを話されています。
 そのお一人は東京の町田市を中心とした選挙区から千葉3区にお国替えした櫛渕万里さんですが、私はいまだに何故、希望の党から立候補したのかまったく分かりません。この方ほど立憲民主党の立党精神に合っている人はいないと思います。
 さて、タイトルの宮崎岳志さんですが、群馬1区から立候補され惜敗された方です。私はよく存じ上げないのですが、国会の本会議や委員会で声を張り上げて激高し、ときとして何を言っているのか不明の印象が強い人でした。
 それで、彼は座談会の中で、「民進党のままで戦っていれば当選できただろうなと正直思っています」と発言したら、そのあとすぐに、「支持者からは『立憲民主党から出ろ』と言われたし、実際そうしたら受かっていたかもしれない」とも言われています。
 なるほど、なかなかユニークな方と失礼ながら苦笑してしまいましたが、落選した悔しさや口惜しさから出てきたことは理解できます。ただ、言い古されたフレーズですが、「選挙は勝てば皆さんのおかげ、負ければ自分の不徳のいたすところ」は仮に腹でどう思っていても、少しも揺るがない定説でしょう。
 上から目線で恐縮ですが、人生だって政党だって企業だっていいときばかりではありません。政党やそのリーダーの人気で当選したときは素直に喜べばいいし、その逆のときは悪口や文句、愚痴を言わず、次の戦いに備えることが大切のように思います。

河北総合病院の病診連携・懇親会

 今年もJR高円寺駅北口にある“座・高円寺”で、河北総合病院 病診連携・懇親会が開催されました。病診連携とは文字どおり、規模が比較的大きい病院と開業医(診療所やクリニック)さんとの関係強化のことです。
 開業医の先生から病院に患者さんを紹介することが多いのですが、逆のケースも少なくありません。私はこれらのことを話し合う“地域医療支援病院運営協議会”の委員も務めさせていただいています。このこともあり、私のお隣にお座りの方は杉並区医師会会長の甲田潔さんです。
 当日は総合病院を統括している社会医療法人・河北医療財団理事長の河北博文さんから冒頭講演があり、彼からは欧州と米国の医療制度や政策のことなどが独特の視点から語られ、とても勉強になりました。
 続いて2階に会場を移して懇親会が行われました。地元の先生方とも懇親できましたが、病院と関連の健診センター(人間ドックなど)に勤務する二人の女性医師との会話も有意義でした。特に乳がん発見に有効であるマンモグラフィ検査と比較してより高い精度が期待できるMRIのことを教えてもらったのは良かったです。
 それから、近くのうどん屋さんで理事長や若手医師たちとの二次会となりました。専門的な単語が飛び交い、美味しい日本酒で少し酔いが回っていましたが、とても楽しい時間でした。

一眼レフを押入れから出してくる

 スマホに搭載のカメラもかなり性能が良くなり、私も一般的な写真、例えばブログなどに載せるものはスマホで撮っています。ですから、WiFi機能もあるコンパクトデジカメもほとんど使わなくなりました。
 ただ、観光地など人が大勢集まる場所に行くと、一眼レフカメラをぶら下げた人が多くなっているような気がします。特に女性が本格的な一眼レフを持っている姿はとってもかっこいいですね。
 というわけで、数年前に購入したキャノンの一眼レフを出してきました。望遠レンズと単焦点レンズも一緒ですし、ストラップはたすき掛けができるものに付け替えています。
 それから、2枚の写真は以前に撮ったものですが、背景の“ボケ”がなんともいい味を醸し出しています。やはり、このような写真を見ると、「スマホも便利だけど、一眼レフは素晴らしいな」と思います。

芋焼酎の最高峰“霧島シリーズ”

もちろん、芋焼酎が大好きな皆さんはそれぞれがご自分の“最高峰”があると思いますが、私はタイトルのとおり霧島ファミリーになります。赤霧島と茜霧島は以前に紹介させていただきましたが、この「黒霧島」も美味しいですね。あとは白鵬関がCMをやっている「白霧島」ですが、この6個パックを飲み終えたら購入する予定です。

「いかがなものかな」と思う人たち

 確かに小池百合子さんの“排除”や“さらさら”はあまり感じが良くなかったのですが、希望の党の混乱の第1章は若狭勝さんの場当たり的な発言でした。初手では「今回確実に政権交代できる見通しがあるなら、国政に出ることもありえる」と得意気に語り、舌の根も乾かぬうちに、「『次の次で確実に交代できる議席数に達する』という思いでいるとすれば、今回の衆院選に小池代表が出なくてもかまわない」と支離滅裂な発言で追い打ちをかけています。
 それから、ご自身の敗北が決まると、「小池氏の不出馬がはっきりしたのが遅かったため、風が止まり逆風になった」と、事務所に集まった僅か数名の支援者に対して言い訳をしていました。東京地検特捜部副部長さんの経験がある方でもこの程度なのかと悲しくなりました。
 また、選挙期間中に、「自民党は組織票をいっぱい持っています。組織票を固めて私とか小池さんを潰しにかかるという、そこだけを念頭において自民党は戦略を立てています」と絶叫していました。この方、大丈夫でしょうか。東京5区で落選した福田峰之さんとそっくりです。ちなみに、この二人はとても仲が良いそうです。
 自民党に味方するわけではありませんが、つい1年前の衆院補欠選挙で自民党公認で勝たせてもらったのに酷いものです。表現は良くありませんが、“裏切り者”ですから、自民党が党を挙げて潰しにかかるのは当たり前のことでしょう。その組織票で当選したことがまったく分かっていないというか、忘れてしまったのようです。
 そして、希望の党の国会議員さんたちもかなり荒れているようですし、小池さんの責任を追求する声が大きくなるのでしょうか。しかし、私は“ちょっと待ってください”と申し上げたいのです。小池さんの人気に便乗して、小池さんのネームバリューだけを頼りにして、民進党から集団脱走した方々にそんな資格があるのでしょうか。
 それもつい先日のことで、小池さんにも責任はあるでしょうが、彼女のやり方や性格を見抜けなかったほうが問題だと思います。政治の世界では騙される側が悪いのです。ですから、「代表!私たちの地元での活動が足りずすみませんでした」、「小池さん、引き続き二足のわらじを履いて、私たちをご指導ください!」という根性のある議員が一人くらいいないのかと残念で仕方ありません。
 さらに、数カ月前まで小池代表(都知事)のスポークスマンみたいな顔でテレビに出まくっていた音喜多駿都議ですが、都議選で彼女から支援をもらったことはすっかり忘れて、小池都政や離党した都民ファーストのことをきつく非難しまくっています。都議会会派としての都民ファーストも同じなのでしょうが、もともと、小池さんが作った組織です。彼は今月号の月刊Willに“小池独裁 教えず、聞かず、語らせず”、月刊Hanadaには“三枚舌、小池都知事は最大の反面教師”とのタイトルで寄稿していますが、今になって言うのは卑怯の一言です。単なる目立ちたがり屋でしょう。
 合わせて、都議会会派としての都民ファーストの皆さんですが、夏の都議会議員選挙では文字どおり、小池人気一点で当選されています。これは新人の方はもちろんですが、民進党からの移籍組もまったく同じで、民進党を離党しても、小池党からの公認または推薦がなければ全滅だったでしょう。
 彼ら彼女らは8年間または4年間、一緒に活動した私の大切な仲間ですが、音喜多さんのように義理を欠いた行動をされないことを切望しています。むしろ、小池さんを積極的に支えていくことが大切と思います。葛藤と自己矛盾の克服もあるでしょうが、頑張って乗り越えてください。
 それにしても、小池さんのお友だちというだけで、近畿ブロック比例単独1位で余裕の当選をした樽床伸二さんが「希望の党の安保政策は民進党と一致しています」と言ったり、「すべてが想定済み」の前原誠司さんが「結局うまくいかなかった」と嘆いたり、シェイクスピアではありませんが、悲劇を通り越して“喜劇”になってしまいました。まるで漫画の世界です。
 最後に東京都政ですが、「これからは都の仕事に専念する」と言っている小池さんに対して、“おかえりなさい!”と歓迎する職員が、“八つ当たり”を懸念している職員より一人でも多くいることを願っています。この1年数カ月で職員さんのモチベーションが落ちるところまで落ちてしまったので、ただただ、そのことが心配です。

「アウトレイジ最終章」が面白い

新宿歌舞伎町にあるTOHOシネマズで、「アウトレイジ最終章」を観てきました。ネタバレは禁物ですが、「シン・ゴジラ」で内閣総理大臣を演じていた大杉漣さんが関西最大の暴力団・花菱会の会長を、同じくタバ作戦戦闘団団長のピエール瀧さんが同会の変態幹部だったのは何かの因縁でしょうか。それと、西田敏行さんの演技がかなり良かったです。半分くらいはアドリブではと感じました。そして、貼り付けが終わったばかりの巨大なアニゴジラポスター前で記念の1枚を撮りました。鑑賞後は酉の市の準備が進む花園神社を参拝し、小田急西口ハルク地下の屋台村「ハル★チカ」の串かつ屋さんに行きました。ここはいつも利用していますが、とても美味しいです。

おめでとう!王滬寧さん

 中国共産党の第19回大会が終了しました。204名の中央委員、172名の同候補も選出され、今日のお昼すぎには、中央政治局員と常務委員が第1回中央委員会総会で選ばれて発表されます。
 それで、7名の常務委員に誰が入るのか注目されていましたし、私も何回が予想をお伝えしてきました。結果は、「重慶市書記の陳敏爾さんはないだろう。最後の一人は中央組織部長の趙楽際さんではないか」との最終予想は的中しましたが、意外なところをミスしてしまいました。
 それは、陳敏爾さん一緒に共青団のエースで広東省書記の胡春華さんが外れてしまったことです。つまり、競馬予想ではありませんが、6勝1敗で、晴れて常務委員に昇格したのは、党中央政策研究室主任の王滬寧さんでした。
 推測ですが、胡春華さんと陳敏爾さんの“1回お休み”は両派(習近平さん&共青団)の妥協の産物だったと思いますし、習近平さんの見事なくらいの後継者潰しでもあったのでしょう。こうなると、独裁色を一段と強めている習近平さんの5年後の3選も現実味を帯びてきました。もしかしたら“終身”もまったくないとは言い切れませんね。
 いずれにしても、報道のとおり、政治局メンバーも習おじさんが好きな人たちが多数派を占めることは間違いないでしょうし、あとは常務委員の業務分担、とりわけ、中央規律検査委員会書記にどなたが就任するのかも焦点になります。
 なお、王滬寧さんは良く存じ上げないのですが、もともと大学教授ですし、習近平さんの政策(特に意味不明の“中国夢”“中華民族の偉大なる復興”)も彼が考えたようです。昇進お祝いで党大会会場にご本人の写真を貼っておきました。いかにも、学者肌の方のように感じます。
 最後に無事に引退される王岐山さん、本当にお疲れ様でした。これで暗殺の心配がほぼなくなり、静かな余生をお過ごしください。中国共産党に入党するのは一人残らず出世と私腹を肥やすためですから、それを摘発するのはさぞかしご苦労が多かったと推察いたします。

公明党議員不祥事報道の不思議

 衆議院選挙は終わりましたのが、今日の記事は少し前の話題です。公明党所属の国会議員が二人、続けて不祥事を起こし、一人は現職の復興副大臣で、離党したばかりではなく参議院議員を辞職しています。もう一人は衆議院議員でかつて文部科学大臣政務官を務めていて、総選挙の公認辞退をして離党しています。こちらは議員辞職はしていないようです。
 私は他人のプライバシーにはほとんど興味がなく、それは国会議員でも同様です。今回は二人とも女性問題のようですが、“男女の関係”や“一線超え”を含めて、そのこと自体にもあまり関心がありません。関係者の間でよく話し合って解決してくださいねというレベルです。
 ただ、タイトルのように新聞各社やこの種の話題が大好物なワイドショーも含めて、その扱いはとても僅かでした。新聞はベタ記事程度、テレビも辞任などの事実を伝えた程度でした。
 私は公明党の二人をもっともっと晒して懲らしめるべきだなどとはまったく思っていません。ただ、どうなんでしょうか、最近、与野党問わず頻発していた不倫騒動の報道ボリュームと比べても極端に少ないように感じています。
 もちろん、二人の離党や辞職がかなり早かったということもあると思いますし、政党という組織の危機管理対策という意味では正解なのですが、何となく“公明党だけどうしてなんだろう”と考えてしまうのです。
 それから、自民党議員に不倫問題などが発覚したとき、必ず公明党代表の山口那津男さんなど幹部が、「緊張感を持って職務に当たってもらいたい」とコメントを出します。でも、今回のような逆のケースでは、自民党の副総裁や幹事長が同様なコメントを出すことは皆無です。両党の議員数は異なりますが、連立与党を構成したいるわけですから、これも同じく“なんでなんだろう”と率直に感じます。
 また、さらに不思議なことに、野党も公明党の不祥事についてはまったくではありませんが、何か理由があるのか、追求ということをしません。今回の二人がもし自民党所属議員だったらと仮定すれば分かりやすいでしょう。巨大なブーメランが突き刺さってしまった山尾志桜里さんなどは元気よく自民党議員を批判していたのですから、変な世界ですね。

地方自治での政策も大切です

衆議院選挙が終わりました。この選挙で勝利された方も、惜しくも負けた方も、お疲れ様でした。また、焦点にはほとんどなりませんでしたが、“党内民主主義”の視点では厳格な結果だったと思います。そして、国政がとても大切なことはもちろんですが、これからの時代、申し上げるまでもなく、身近な自治体である都道府県や区市町村の役割はより一層重要になっていくことは間違いないでしょう。わが杉並区も人口が57万人に迫り、様々な課題も少なくありません。なお、写真は杉並区長の田中良さんですが、時節がら、話題満載の楽しい懇親会でした。